FC2ブログ
血糖調節機構
おはようございます。ようやく春めいてきた今日この頃です。

「春は曙やうやうしろくなりゆく山際 少し明かりて紫だちたる雲の細く棚引きたる。」

いやはや、格調高い枕草子の「をかし」の世界とはほど遠い、下々の京都生活の江部康二です。

さてたかが血糖値、されど血糖値・・・。

なかなか複雑な人体の仕組みで維持されていますね。血糖調節には食事以外に、肝臓のグリコーゲン分解・糖新生、運動、ストレスなどいろいろな要素が絡みます。

1、空腹時には肝臓のグリコーゲン分解と糖新生が血糖の供給源となります。

2、摂食時には消化管から吸収されたブドウ糖はまず肝臓に約50%取り込まれて、それ以外が血液の大循環に回ります。

糖尿人では<肝臓のグリコーゲン分解と糖新生>が摂食時にも抑制されにくいので、食後高血糖となります。また糖尿人は、肝臓のブドウ糖取り込みも低下しているので、この面でも食後高血糖を起こしやすいのです。

糖質摂食して血糖値が上昇すれば、正常人では速やかにインスリンが追加分泌され、筋肉細胞・脂肪細胞の表面に糖輸送体(Glut4)がでてきて、血糖を取り込みますので血糖値もすぐ下がります。取り込まれず余った血糖はインスリンにより中性脂肪に変換されます。

しかし糖尿人の場合は、血液中のブドウ糖(食後高血糖)は<インスリン分泌不足>と<筋肉や脂肪細胞におけるインスリン抵抗性>により処理されにくいので、食後高血糖が遷延します。

またインスリン作用不足による脂質代謝異常、アミノ酸代謝異常、高血糖そのものによるインスリン作用低下、インスリン拮抗ホルモン優位、など様々な因子が重なり合って、高血糖が持続するのですね。

3、運動時(筋収縮時)には筋肉細胞の糖輸送体(Glut4)がインスリン追加分泌がなくても細胞表面にでてきて、血糖を取り込むことが可能となり、血糖値が下がります。筋肉細胞が血糖を取り込んで筋肉中のグリコーゲンが満杯になれば、取り込みはストップします。脂肪細胞は運動には無関係です。

安静時にはインスリンの基礎分泌はありますが少量なので、糖輸送体(Glut4)は細胞表面にでてこれず、筋肉細胞・脂肪細胞は血糖をほとんど取り込まめません。

4、ストレスがあると、アドレナリン、グルカゴン、副腎皮質ステロイドホルモンなど血糖値を上げるホルモンが分泌されますので血糖値が上昇します。


血糖値は、1.2.3.4などの因子が複雑に絡み合って調節されています。
なかなか一筋縄ではいきませんね。\(´×`)/

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ゼロカロリー飲料について
こんばんゎ
2型病歴1年、インスリン治療をしている みやびといいます。先生のブログ、いつも楽しく拝見させていただいています。『主食を抜けば糖尿病は良くなる 糖質制限食のすすめ』『実践編』両方とも読ませていただきました。とてもわかりやすく、しばらく読書離れしていた私でも、サクッと読めました♪先月半ばあたりから、主治医には内緒で自分流ではありますが糖質制限しています。ヘモ値がどれくらい変化しているか、まだわからないですが、日々の値はかなり落ち着いてきて いぃ感じです。次の外来が楽しみです。

私が発病したきっかけは、実践編にもかかれてあった 若者に急増中の『ペットボトル症候群』です。発病前は一食に1.5リットルの炭酸飲料を飲み干すほどでした。今考えれば、病気としかいいようがない飲みっぷりでした(笑)

発病をきっかけに、大好きなビールは一滴も飲まなくて平気になったのに、やはり あの炭酸のスカッとさ(笑)が忘れられません。最近暖かくなってきたので余計に飲みたくなります。今 ペプシネックスとかコカ・コーラゼロといった ゼロカロリー飲料が出ていますが、先生はどう思われますか?飲んだことがありますか?表示を見ると、カロリー・炭水化物ともにゼロなんですけど。

記事とは異なる内容ですみません。
2008/03/13(Thu) 19:59 | URL | みやび | 【編集
勉強になります
「たかが血糖値、されど血糖値・・・」、血糖調節機構は複雑なのですね。いつもわかりやすい解説をありがとうございます。
2008/03/14(Fri) 00:15 | URL | たかたろう | 【編集
いつも楽しみにしております。何回も更新されていないかぁ~と
覗いてしまいます!

わからない事があります。
糖新生とは肝臓にキープされているグリコーゲンを血中に放出する事ではなくて、脂肪や筋肉からケトンを作り出す事を言うのでしょうか?
(どこかのサイトを覗いた時に、そのように書かれていました。)

その場合、肝臓もそのケトンをエネルギーとして使えるのでしょうか?
(そのサイトには、作り出している肝臓自身は使えないと・・・ そうしたら肝臓はとっくに死んでしまうと思うんですが・・・)

糖が足らなくて作り続けていて、肝臓は疲れないのですか?
(脂肪肝が解消する時には良いと思うのですが)

すごく無知な質問で恥ずかしいのですが、今一、頭の中で整理が付かなくて・・・。

近頃、起床時の血糖値が105と、だんだん糖代謝が悪くなってきているので、早めに対処したいと考えています。
やはり、糖の代謝が弱っているところに、ムチうって糖質を摂る事は好ましくないと思います。

よろしくお願いいたします。

早速、先生の本、注文しました。拝見するのが楽しみです。
2008/03/14(Fri) 19:07 | URL | coco | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック