FC2ブログ
一日一食と 糖質制限食
おはようございます。今日もとても良い天気ですが、若干の春霞ですね。

さて、東山さんからコメント・質問いただきました。

『おはよーございます
年末に釜池先生の本読みましたーいやぁ確かに厳しいですね、ラカントダメナッツ類ダメ味噌ダメ葱などもダメでしたよね他にもあったような?釜池先生のブログには醤油も必要ありませんとか書いていたような…一日一食を江部先生もされたんですよねどうでした?一日一食とゆう考えには前から興味がありましてこれを体得できたら糖質制限+一日一食で鬼に鉄棒かなぁなんて思っとるんですが…
ところで話は変わりますが先生は学生時代数学と物理好きでしたよね?美味しく楽しく数学と物理だったでしょうか?
2008/03/11(火) 06:11:38 | URL | 東山』


東山さん。いつもコメントありがとうございます。

一日一食で三ヶ月くらいやったことがありますが、やっぱり欲に負けましたね。糖質制限食だと腹が減って動けないというような強烈な空腹感はありません。糖質を食べているとこの強い空腹感が生じるのですが・・・。

それで一日一食ペース、腹減って挫折したのではなくて、「何か食べたいという欲望」です。これに負けました。

絶食療法も10回以上やってますが、期間限定ですから少々の我慢はできます。ちなみに、絶食中も脂肪酸-ケトン体が燃えてますからそんなに飢餓感はないのですが、絶食療法が終了したら、あれが食べたいこれが食べたいという欲望はたっぷり湧いてきます。

一生一日一食だと、何といっても食事回数が減ります。特に団体旅行に行った時など、周囲の人々とのコミュニケーションとか間が持ちません…、とかいろいろ言い訳してますが、まあ、<肉、魚、貝、蟹、海老、ナッツ類、豆腐、納豆、野菜、果実・・・> 何でもいろいろ食べたいという欲望がすべてなのです。

それで、キャッチコピーとしては「美味しく楽しく 糖質制限食」ということで「清く正しく」とはおさらばして、我慢することなく長続きすることを目指しているのです。

まあ「敵を知り己を知れば百戦危うからず」・・・ (孫子)
( 敵はあんまり知らんけど、己の軟弱さはそこそこ知ってますので・・・分相応に)
ということなのです。

一日一食、釜池師匠のマネは到底できません。(*_*)己を知って、「ベストよりベターでまあいいか」といったのりで生きていきます。

朝食を抜いているのは、おそらく人類は一日二食だったろうということと、とりあえず朝の忙しい時間が有効利用できてとても便利ということにつきます。本ブログも朝食抜きの恩恵に結構与ってます。

「ところで話は変わりますが先生は学生時代数学と物理好きでしたよね?美味しく楽しく数学と物理だったでしょうか?」

小学校・中学校・高校時代は文学少年で、漫画とか本ばかり読んでました。「風と共に去りぬ」とか「罪と罰」とか「赤と黒」とか・・・ 従って漢字を書くのは苦手ですが、国語が得意でした。

ああ「カラマーゾフの兄弟」「チボー家の人々」は挫折しましたよ。(´_`)物理・数学は苦手で、医学部受験は生物と世界史でしたね。

なお、京大医学部時代は、全共闘運動が華やかなりし頃でストライキが多く、いろんな学年で最も授業時間が少なかった世代だそうです。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
京都は雨…雨…雨
いつも取り上げて頂きありがとうございます!北海道講演も成功されたようでお疲れ様です!
一日一食先生の意見にそーそーそーなんだよと激しく同意糖質制限なんでお腹は空かないけどなんか食べたいとゆう欲解りすぎる自分が悲しいです糖質制限食をしながらちょこちょこ一日一食するんですがさすがに三ヶ月でも続けた先生は偉いっす!自分は己の軟弱さを知りつつもがき苦しみ自分に希望を捨てられないあほーのような気がします
ところで先生から「風と共に」が出てくるなんてウヒォーと感激しました「カラマーゾフ」は亀山氏訳で最近出て中高年に密かに人気らしいですね私は先生みたいに文学少女ではなかったですが中学時代に谷崎読んでる変態でしたし太宰にやられて「人間失格」のこの世の草は私には合いませんに共感したり村上龍よしもとばななマンガは岡崎京子や吉田秋生その他いろいろです思春期は刹那的少女でしたねぇそれまではりぼんなかよしちゃお少コミ別マジャンプコロコロコミックみんなで回し読みしてた小学生のガキだったのにある日世界は変わってしまうんですよねぇ…うわっ長々とすいません!
2008/03/20(Thu) 08:02 | URL | 東山 | 【編集
東山さん。

文学少年はボチボチとして
漫画のほうは
吉田秋生のバナナフィッシュ、名作ですね。全巻もってますよ。
大学生まではリボンやなかよしも愛読して
有閑倶楽部(今テレビでやってますね)や
ときめきトウナイトなどまでみてましたね。
2008/03/20(Thu) 09:39 | URL | 江部康二 | 【編集
わっはっは
先生、エトランゼこと江藤蘭世ですね。
私もバナナフッシュは実家に保管しております、最近医龍(マンガの方)と食わず嫌いだった新ブラックジャック(立花隆氏推薦を見て)を買いました透析をしている重い糖尿病の赤城がテーマになってますね万波医師の病気腎移植について厚労省の対応医療界の現実を左、右に偏っている政治的見解を除いて科学的な真実を誰かノン・フィクションとして書かないのかなぁ…一般市民はそいゆう方法でしか知ることができないですからね 今日のテーマ飲料水についてですが私は炭酸水愛飲ですちょっと前まではペリエとサンペレ位だったのにコンビニでもいろんなのが並んでますね私はイタリアペルージャの炭酸水に一時期はまってました。
2008/03/20(Thu) 15:16 | URL | 東山 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック