FC2ブログ
人類に必須糖質はない。では、人類にとって糖質の存在意義は何?
<必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、微量元素、食物繊維>

こんばんは。

『必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、微量元素、食物繊維』

これらは、人類にとって必須であり、食材から摂る必要があります。

必須アミノ酸、必須脂肪酸は、厳然として存在します。

人体で生産することができないアミノ酸と脂肪酸は、必ず食物から摂取する必要があります。

また、ビタミンも体内で合成できないものがほとんどで、食物から摂取する必要がありますし、ミネラルや微量元素も同様に必須です。

共存する腸内細菌のために食物繊維も必要です。

必須脂肪酸は厳密にはリノール酸とαリノレン酸の2つだけです。

しかし、EPAとDHAも必須脂肪酸にカウントすることもあります。

これはEPAとDHAはαリノレン酸から人体の中で作ることもできるのですが、効率が悪いので、魚から摂取したほうが合理的だからです。

なお、スーパー糖質制限食なら、これらは全て充分量摂取できるので安心・安全です。


<人類に必須糖質はない>

これに対して、必須糖質は存在しません。

体内で必要なブドウ糖は、肝臓で糖新生してまかなうので、糖質を食物から摂取する必要はないのです。

国際食事エネルギーコンサルテーショングループの報告では、

「炭水化物(この場合は糖質とほぼ同義)の理論的な最小必要量はゼロである」(☆)

と明記されています。


<糖新生と赤血球、脳とケトン体>

人体内で唯一絶対にブドウ糖を必要とするのは、赤血球です。

赤血球は、人体の細胞で唯一、ミトコンドリアというエネルギー生産装置を持っていないので、ブドウ糖しかエネルギー源として利用できません。

空腹時や睡眠時などを含めると赤血球へのブドウ糖供給は、ほとんどが肝臓の糖新生によってまかなわれており、食材からは少量です。

脳はミトコンドリアを持っているので、脂肪酸の分解物のケトン体をいくらでもエネルギー源としますし、ブドウ糖も利用します。

他の心筋、骨格筋、体細胞は日常的には脂肪酸・ケトン体を主エネルギー源として、時々ブドウ糖も利用します。


<狩猟・採集時代炭水化物(糖質)の役割>

繰り返しますが、人類に必須糖質は存在しません。

それでは、人類にとって炭水化物(糖質)の存在意義および価値は何でしょう?

ひらたく言うと、人類にとって糖質は何のためにあるのでしょうか?

実は人類の進化の歴史において、農耕が始まる前の狩猟・採集時代700万年間においては、食材としての糖質の役割は、中性脂肪蓄積が第一義であったと考えられます。

初期の人類において、中性脂肪を体脂肪として蓄えておくことは、日常的に襲ってくる飢餓への、唯一のセーフティーネットであったと考えられます。

狩猟・採集時代に時々手に入った糖質は、野生の果物類、ナッツ類、そして山芋・百合根など根茎類です。

運良くこれらを得たとき、インスリンが追加分泌されて、筋肉細胞や脂肪細胞のGLUT4が細胞表面に上がり、血糖を取り込みます。

筋肉で利用せずに余った血糖は、全て脂肪細胞が取り込み中性脂肪に変えて蓄えます。

狩猟・採集時代においては、「インスリンと糖質」のコンビは、血糖値を下げる役割というよりも、もっぱら、脂肪蓄積装置として、稼働していたと考えられます。

また果物の果糖は、ブドウ糖にはほとんど変わりませんが吸収されて肝臓に至り、ブドウ糖より速やかに中性脂肪になり蓄積されます。果物の糖質には、ブドウ糖、ショ糖、果糖などがあります。

このように、人類の進化の過程では、糖質は時々しか手に入らないラッキー食材であり、貴重な中性脂肪蓄積のもとだったと考えられます。

<現代の糖質頻回・過剰摂取と肥満、生活習慣病>

本来、中性脂肪蓄積が第一義であった糖質を、農耕が定着して以降は、日常的に摂取するようになりました。

さらにこの200年は、精製炭水化物を常食するようになったので、大量の追加分泌インスリンがでて、大変中性脂肪が蓄積されやすい状況となり、肥満が発症しやすくなったのです。

今となっては、インスリンは肥満ホルモンとされていますが、狩猟・採集時代には、その卓越した脂肪を蓄積する能力が人類のご先祖を飢餓から救っていたのですから、インスリンそのものに罪はないと思うのですが・・・。

まあ、インスリンを大量に分泌せざるを得ない現代の食生活こそが、諸悪の根源と言えるでしょう。

そして大量のインスリンを分泌し続けて、40年、50年・・・

膵臓のβ細胞が疲弊し分泌能力が低下すれば、糖尿病を発症します。

700万年間の狩猟・採集時代は、β細胞はほとんど働く必要もなくのんびり過ごしていたと考えられます。

精製炭水化物登場以降の現代は、β細胞にとって朝から晩まで過剰に働き続けざるを得ない、受難の時代と言えるでしょう。

β細胞が過労死になってもおかしくないのが、現代の糖質過剰時代なのです。

そして糖質の頻回・過剰摂取による食後血糖値の上昇と大量のインスリン分泌がさまざまな生活習慣病の元凶と考えられます。


(☆)
Eur J Clin Nutr. 1999 Apr;53 Suppl 1:S177-8.
Report of the IDECG Working Group on lower and upper limits of carbohydrate and fat intake. International Dietary Energy Consultative Group.
Bier DM, Brosnan JT, Flatt JP, Hanson RW, Heird W, Hellerstein MK, Jéquier E, Kalhan S, Koletzko B, Macdonald I, Owen O, Uauy R.


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
血糖値とアミラーゼ基準値以下の関係性
初めまして、江部先生
数年前より本HPにて、糖尿について色々と考えさせられています。
先月に成人病健診が終わり、結果が出ました。
やはり、少し気になっていた空腹時血糖値が137となりました。
昨年は109でした。
若い頃からアミラーゼの数値が低く、35~42程度…。
只今、年齢は43歳
身長174、体重77程度です。

情報が乏しいですが、
お忙しいところすみませんが、ご教授お願いいたします。
2015/10/23(Fri) 21:01 | URL | ヨッシー | 【編集
薬の副作用
江部先生、はじめまして。スイス在住です。
繊維筋痛症の治療薬として、トリプタノールを上限まで服用しています。この薬を服用し始めてから、体重が8kgも増えてしまい、日本から江部先生の本を二冊取り寄せて、スーパー糖質制限を始めて一ヶ月以上になりますが、全然痩せません。朝は、ココナッツオイル入りのコーヒー一杯、お腹がすけば胡桃か、ゆで卵、昼食、夕食は肉、卵、豆腐、チーズなどを沢山食べて糖質抜きです。
それでも、痩せないのは薬の副作用ですか。
忙しいとは思いますが、時間が有りましたら返信をお願いします。
2015/10/23(Fri) 21:24 | URL | じゅんこ | 【編集
Re: 血糖値とアミラーゼ基準値以下の関係性
ヨッシー さん

空腹時血糖値137mg/dlなら、糖尿病型です。
糖質制限食を実践されれば、速やかに血糖コントロールできると思います。
同時に体重も速やかにBMI25をきってくると思います。
2015/10/24(Sat) 07:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 薬の副作用
じゅんこさん

トリプタノールは太ります。
スーパー糖質制限食を続けつつ、摂取カロリーが多すぎないように気をつけて、
以下のサイトを参照してください。

せせらぎメンタルクリニック
http://seseragi-mentalclinic.com/atpfat/
精神科、心療内科
2015/10/24(Sat) 07:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質
先生、いつもありがとうございます。
私は糖質制限と運動を続けて減量に成功しBMI 20、体脂肪率11%となりました。
しかし、小ぶとりの方が長生きするとも言われますし、現代社会においては老いや病気に備え、ある程度の脂肪を蓄えておく必要があるとも考えられます。そういう意味ではある程度の糖質摂取も必要なのかもしれないと最近考えることがあります。悩ましいです。
2015/10/24(Sat) 08:14 | URL | HK | 【編集
御返事ありがとうございます。
すいません。もう一つ質問よろしいでしょうか。
私はたんぱく質の摂取のために市販のソーセージを主に食べていましたが、昨日ソーセージが意外に糖質が高めであることを知り愕然としました。
また、それまで空腹をあまり感じなかったのですが、何故か昨日の夜からいきなり強い空腹を覚えるようになりました。
ソーセージを食べ過ぎて糖質制限が失敗していたのか、それとも先生の仰るようにカロリー不足が原因なのでしょうか?
お答えいただけないでしょうか
ちなみにソーセージは一日6~8本位は食べていました。また、その他のたんぱく質は豆腐や納豆を朝と夜にに食べ、卵を1日に3個、糖質2.7g程度の量のソイプロテインを1日2.3回摂取しております。他には低糖質の野菜や、その日毎に糖質に気をつけて魚や肉料理を食べています。
2015/10/24(Sat) 08:28 | URL | もっさい | 【編集
もっさいです。
すいません。もう一ついい忘れていたことがあります。
今朝、体重と体脂肪率を測って見ると、糖質制限を始める前より値が増加していました。
そこがまた不安です。昨日はちゃんと大便が出たので便秘で体重が増えたとも思えません…
2015/10/24(Sat) 08:36 | URL | もっさい | 【編集
Re: 糖質
HK さん

「糖質制限と運動を続けて減量に成功しBMI 20、体脂肪率11%」

これは、節制して、成し遂げた成果ですので、健康です。
心配いりません。

普通に糖質を食べて、運動もなしなのに、BMIが20未満というような場合が
やや、問題です。
2015/10/24(Sat) 11:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 御返事ありがとうございます。
もっさい さん

このメニューだと、明らかなカロリー不足です。
動物性脂肪を充分量摂取しましょう。
豚バラ肉、鶏モモ肉、牛バラ肉などで、摂取カロリーを増やしましょう。
2015/10/24(Sat) 16:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: もっさいです。
もっさい さん

体組成の計測値は計測のタイミングや体調等によって変動があり、
計測は常に同じ時間・条件で計測することが大切です。
細かい変化にとらわれず、長期的な変化傾向をみるようにしましょう。
以下のタニタのサイトをご参照ください。

正しい体組成計の使い方
http://www.tanita.co.jp/health/detail/38
2015/10/24(Sat) 16:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
本筋とは関係のない、純粋にサイエンス的な疑問なのですが、

樹液だけ吸って生きてるカブトムシみたいな、「糖分だけで良い」生き物達って、体の中で何が起きているんでしょうかね?
2015/10/26(Mon) 13:46 | URL | パク | 【編集
子どもへの果物
はじめまして、ゆっこと申します。

江部先生のブログや本で、色々糖質制限を勉強しながら4歳の娘にも、家庭内では糖質制限していますが

子どもも、中性脂肪に変わる果物は、やめた方が、いいですか??

日中は、保育園での給食で、もちろん炭水化物がでます。

家では、炭水化物抜けても、どのように子どもには、糖質制限していくのが、良いのでしょうか??
2015/10/27(Tue) 19:03 | URL | ゆっこ | 【編集
ゆっこさん

10月23日の同様のご質問に対して、24日にご回答くださっていますよ。
念のため、コピー&ペーストしておきますね。


妊婦・子ども・愛犬の糖質制限について

初めまして、ゆっこと申します。

糖質制限歴2年の彼が職場に配属になってから、妊婦も糖質制限した方が良いと話を聞きまして、この9月から糖質制限し、先生のブログを読みながら、勉強させて頂いてます。

只今30週となりましたが、体重増加は3.5㎏ うち、ベビーは約1.4㎏ぐらいです。
持病もありますが順調であり、一人目妊娠時より4年たちますが、体調もすごくイイです。

血糖測定器購入し、空腹時で70から80代
1時間値で高くても100代です。

私が体調も良いので、娘にも糖質オフをさせています。

今3歳10ヶ月で、保育園に通ってますので、昼間は無理ですが

夜私と同じメニューを食べさせて、
朝は、私はココナッツオイルコーヒーだけで、娘は、朝に時間がゆっくりある時は、先生の所で、購入したホットケーキや、糖質オフパンを食べますが、
朝7時には家を出るときは、何も食べなかったり、バナナだけや、野菜ジュースだけの時があります。

保育園お迎えが遅く18時回るときには、お迎え行くと空腹訴え、こんにゃくゼリーを食べさせたりしてますが、子どもには、どのように糖質制限を進めていったら、よろしいですか??


今のお腹のベビーが、順調に誕生したら、もちろん離乳食も糖質制限していきたいと、思っていますが、どのような感じで進めたら良いのか?!

保育園入りましたら必然的に昼間には、お粥などが組み込まれてきますが、突然保育園入れてから、主食を食べさせた方が良いのか、それとも、保育園入る前から、少しは食べさせて慣れさせた方が良いんでしょうか??

まだまだ、先のことですが調べてもなかなか分からず…

犬もトイプードルですが、4.75㎏あり
この4月には中性脂肪500オーバーで、減量を薦められてましたが、いつの間にか4.45㎏まで落ち 中性脂肪も、279と下がりました。まだまだ、高いですが…

犬も、糖質制限するに当たり、何か気をつけていくことは、ありますか?
たんぱく質を多く取っていたためか、BUNが、少し高めのため、たんぱく質を少し減らすように獣医の先生に言われました。


お忙しい中、長文で申し訳ありませんm(__)m



2015/10/23(Fri) 21:05 | URL | ゆっこ | 【編集】

Re: 妊婦・子ども・愛犬の糖質制限について

ゆっこさん

2014年04月23日 (水)の本ブログ記事
「子供と糖質制限食とテーラーメードダイエット、イヌイットの離乳食」
をご参照いただけば、幸いです。
Facebook に、子供の糖質制限というグループがあり、情報満載です。
犬は本来オオカミで肉食です。我が家の柴犬には、オリジンという糖質制限なドッグフードを食べさせています。


Facebook 子供の糖質制限

主催の学習塾三島塾塾長 三島学さんのメッセージです。

糖尿病(いわゆる合併症を含む)、
ダイエット対策に、糖質制限が効果的であることが分かっている。
そして、いま、子供の健康や問題解決にも糖質制限が有効であるということが分かってきた。
そこで、個人や小グループでの貴重な体験を公開する場を設けることで、
情報の共有化を図りたい。


2015/10/24(Sat) 07:54 | URL | ドクター江部 | 【編集】

2015/10/28(Wed) 12:39 | URL | 悪路邁進 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可