江部康二の検査データ及び糖質制限食実践時の検査データの推移。
こんにちは。

今回は、私自身の検査データの公開です。

それと糖質制限食実践時の検査データの推移のお話しです。

糖質制限食を実践により、血糖値や中性脂肪やコレステロール値など、さまざまな数値が改善します。

ただ、これらの検査データは、はっきり一定の傾向が出るものと、そうでないものがありますので、まずはその変化を示します。


<スーパー糖質制限食実践時の検査データの推移>

①血糖値は糖質制限食実践時にリアルタイムに改善します。
②スーパー糖質制限食なら、HbA1cは月に1~2%改善します。
③中性脂肪も速やかに改善します。
④HDLコレステロールは増加しますが、増加の程度と速度に個人差があります。
⑤LDLコレステロールは低下・不変・上昇と個人差があります。
 上昇した人も半年〜1年~2年、3年くらいで落ち着くことが多いですが、
 個人差があります。
⑥総コレステロールは、低下・不変・上昇と個人差があります。
 上昇した人も半年〜1年~2年、3年くらいで落ち着くことが多いですが、
個人差があります。
⑦尿酸も低下・不変・上昇と個人差があります。
 上昇した場合は、ほとんどが摂取エネルギー不足が原因です。
⑧尿素窒素はやや増加傾向になる人が多いですが、そのうち落ちつくことが多いです。
⑨クレアチニンは不変です。
⑩血清シスタチンCも不変です。
⑪血清カリウムも不変です。
⑫血中ケトン体は基準値より高値となりますが、生理的なもので心配ありません。
⑬尿中ケトン体は当初3カ月〜半年は陽性になりますが、その後陰性になることが多いです。
⑭脂肪肝に付随するGPTやγGTP値も改善します。


上記に記載していない血液検査や尿検査については、糖質制限食開始前後で差はありません。

LDLコレステロール・総コレステロールに関して「低下・不変・上昇」と個人差があるのですが、糖質制限食開始前に菜食中心で食材のコレステロールが少ない場合、肝臓でコレステロールをつくる能力が高まっています。

そういう場合糖質制限食で肉や卵などコレステロールの多い食材を摂取すると、一過性にLDL-コレステロール値が高くなりますが、半年~1年~2年で落ち着くことが多いです。

私自身は、HDLコレステロールはかなり増加し、LDLコレステロールは少し低下しました。

尿酸値が上昇した場合、摂取エネルギー不足のことが多いので注意が必要です。

私は2002年発覚の糖尿人で、その数年前から、早朝の空腹時血糖値109~111~112mg/dlとか、ギリギリ境界型でした。

2002年に糖尿病が発覚していらい、スーパー糖質制限食を実践しています。

食事は朝食抜きで、1984年34才から昼と夕の2回です。

身長:167cm 体重:67kg からスーパー糖質制限食を開始して半年で56~57kgとなりました。

現在57~58kgくらいです。2015年1月8日で65才となりました。


以下は2015年9月26日、朝9時、空腹時の検査結果です。

<江部康二の検査データ>
空腹時血糖値:90mg  SMBG106mg
HbA1c:5.6%(6.2未満、NGSP)
GA:13.1%
CRP:0.08mg/dl
ケトン体:320μM/L(26~122) 糖質制限食中は生理的で正常値
アセト酢酸:40M/L(13~69)
3ヒドロキシ酪酸:280μM/L(76以下)
尿酸:3.5mg/dl(3.4~7.0)
TC:243mg/dl(150~219)
TG:97mg/dl(50~149)
HDL-C:112mg/dl(40~98)
LDL-C:112mg/dl(140未満)
BUN:13.8mg/dl(8~20)
クレアチニン:0.67mg/dl(0.6~1.1)   eGFR:90.7

IRI:5.1(3~15μU/ml)

γGTP:35IU/L(48以下)
GOT:25IU/L(9~38)
GPT:24IU/L(5~39)
アルブミン:4.7g/dl(3.8~5.3)

尿中アルブミン:6.3mg/g・c(30.0未満)
尿蛋白:陰性
尿糖:陰性
尿中アセトン体:陰性

IRI:5.1(3~15μU/ml)
空腹時採血血糖値90mg SMBG106mg
<HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン値÷405>

<HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/ml)÷(空腹時血糖値mg/ml-63)>

HOMA-R:1.13     1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があり。
HOMA-β:68     正常値:40-60 68は過去最高記録


空腹時血糖値90mgですが、108mgとか120mgのこともあります。
若干、暁現象もあります。
血糖自己測定器(SMBG)の空腹時血糖値が、病院の検査値より16mg高値でした。

IRI5.1μUと、今回は正常値で、私にしては多めでした。

HOMA-βは、2002年以降ずっと、40未満でインスリン分泌能が減少でしたが、2014年4月初めて、40と基準値下限に達しました。
その後は波がありましたが、今回は68と過去最高値でした。

HbA1cは5.6~5.9%(NGSP値)くらいを行ったり来たりしています。

グリコアルブミン(GA)を、試しに私費で測定してみたら13.4%(11.8~16.0)と前回かなり良好でした。
今回は13.1%とさらに良好でした。

HbA1cの値に対して、GAが相対的にさらに良い値なのは、食後高血糖がほとんどないことを示していて大変好ましいのです。

ケトン体は320μM と基準値よりはるかに高値ですが、心筋・骨格筋をはじめ全身の細胞がケトン体をしっかり効率よく利用していて、腎臓の再吸収も良好なので、尿中アセトン体は陰性です。

尿酸は3.5mgと低いくらいですが、これは体質と思います。

一日のタンパク質摂取量は130~140gくらいと、普通人よりかなり大量のタンパク質を摂取してます。

13年間、体重あたり2.4gのタンパク質ですね。

それでも尿酸は低めですし、腎機能に何の問題もありません。

BUN:13.8mg/dl(8~20)と基準値内で、クレアチニンも正常です。

高タンパク食を13年間続けてますが、eGFRはとても良いです。

脂質もかなりの量(110g/日)食べていますが中性脂肪は97mgです。
いつもより少し高めでした。

糖質は1日に40g足らずです。

TCは243mg、HDL-Cは112mg、LDL-Cは112mg

コレステロールに関しては、HDL-コレステロールが多いのが目立ちます。

中性脂肪が少なくて、HDL-Cが多いので、真の悪玉の小粒子LDL-Cや酸化LDL-Cは少ないと考えられ安心です。

前回は、TCは251mg、HDL-Cは87mg、LDL-Cは153mg で、ここ10年間ではじめてLDL-Cが基準値を超えて??でしたが
すぐに戻りました。

糖質制限食でHDL-Cが増加しますが、程度には個人差があります。

総コレステロールは、2007年ガイドライン以降では、評価基準から外されています。

なお、お酒は、糖質ゼロ発泡酒、焼酎の水割り、赤ワイン、辛口白ワインなどを雨の日も風の日も雷が鳴っても、毎日毎日、適宜、適量??飲んでいます。( ̄_ ̄|||)

肝機能は幸い、過去から現在まで常に正常です。 (^^)


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
おしえてください
本日区の血液検査結果が送られてきました
4月に退院してから引っ越したり戻ったり
いろんな環境になにもたべられなくなったりで
祝い事もあり不規則が続きなにがどうなっちゃってるのか自分でもがんばってはいるんですが環境についていけない自分情けないです強くなりたいなと昨日「心を変えれば健康になれる!」を購入させていただきました
必死に読んでます

本題です 4月退院時との差がでたのは
以外とがんばったのかHbA1cは5.8 しかしLDLコレステロールが134だったのが160に上がってしまってるのにショックをうけてます 尿酸は8.1が6.8に まだまだきっと食事がついていってないですね 病院のメニューをながめて思い出してやってるつもりがなにか間違えているのでしょうか?
ただ自分で感じているのはうまく食事がとれない状況に早く一定した日々の生活を取り戻したいと必死でストレスぱんぱんです

あすからまた新しい仕事につきます
一定の時間になるのでまた1からスタート気分でがんばってみます
小室先生に受診おねがいしようと
ちゃんと佐々木管理栄養士さんのアドバイスも受けさせていただきながらがんばりたいとお願い致しました 数値に敏感になりすぎてるのもいけないのでしょうか?
毎朝血糖測定はしています あまり変化なしです 98~115くらいいったりきてりです
そんなに差があってもいいものなんですか?
質問ばかりですがきっちりやらないとだめな性格の自分をかえていかなきゃぴりぴりになってしまうとわかっていながら数値にびくびくです
2015/10/20(Tue) 14:42 | URL | 東京 窪田 | 【編集
Re: おしえてください
東京 窪田 さん


HbA1cは5.8
LDLコレステロールが134だったのが160
尿酸は8.1が6.8


このデータなら心配ないです。
上手くできていると思います。
LDL-Cの数値が落ち着くのは、1~2~3年くらいかかります。

朝の血糖変動もそんなものです。
私もそれくらいあります。
2015/10/20(Tue) 15:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
失礼します。
先生のブログで、妊娠糖尿病になると将来真性の糖尿病となる割合は15%~60%という記事を拝見したのですが、中には妊娠中に糖尿病と診断されても中には産後普通の人と同じような食事をしていても一生発症しない方もいるのでしょうか?また、それは稀ですか・・?
妊娠糖尿病だと将来の糖尿病は約束されたようなものなのでしょうか?(普通の食事の場合)
好きなものを食べるのをためらい、ストレスを抱えながらこの先生きていくのでしょうか。。

私は今32週の妊婦です。BMI18.5です。
糖尿病と診断されていないのですが食後の血糖値が気になって仕方がなく、指先で測る簡易測定器を購入しました。
毎食測っているのではないのですが、空腹時85前後、ご飯100グラム+おかずで1時間後が110位。
120グラム+おかずの場合で1時間値が135前後。150グラム+おかずだと1時間値160~170です。←このとき2時間値でも145であまり下がっていませんでした。
普段120グラムで食事しているのですが健常な婦さんは150グラムのご飯を取ってもここまで血糖値は上がらないと思います。
もう自分は妊娠糖尿病と思ってしまっています。
75グラム負荷検査を受けていないのですが本当に妊娠糖尿なのかどうか、婦人科できちんと負荷試験を受けてみるべきなのでしょうか?
うちの地域では50グラム試験はありませんでした。自分で測定器買わなかったら血糖値に気づいていなかったと思います。

毎日そのことばかり考えています。

もうひとつ、病院と指先の血糖値はどちらを目安に信じればよいのでしょうか?病院の数値がただしいのでしょうか?
お忙しいと存じますが、よろしくお願いします。
2015/10/20(Tue) 17:28 | URL | 妊娠糖尿病について | 【編集
度々すみません。
訂正です。150グラムとおかずの食後1時間値、160くらいと書いたのですが、170前後でした。失礼しました。
2015/10/20(Tue) 17:43 | URL | 妊娠糖尿病について | 【編集
ありがとうございます
ありがとうございました
佐々木管理栄養士さんに朝血糖値だけ
計ってつけるようにとアドバイスいただいたのでよかったです
このままスーパーで継続がんばります
先生の本読みながらやたらうなずくことばかりです
とても勉強になります
2015/10/20(Tue) 18:05 | URL | 東京 窪田 | 【編集
いつも拝見させていただいています。こちらのデータもとても参考になりました。 私は、スーパー糖質制限を始めて4ヶ月立ちます。年齢40歳175センチ、91㌔→81㌔になりました。一重に江部先生のTV出演のVTRを拝見させていただいたお陰です。そこで質問なのですが、一日の糖質摂取量を今は40g程度におさえています。 最低摂らないといけない最低摂取量ってあるのでしょうか? 減らしすぎるのもいけないような情報を聞いたので…。  お忙しとは存じますがどうぞよろしくお願いします。
2015/10/21(Wed) 11:27 | URL | 月田洋介 | 【編集
分からない事が・・・
江部先生
お忙しい所すみません。
主人が会社の検診で血糖値高めHbA1c7.6
で、先生の糖質制限実行することにしました。
先生の本を購入し、ブログ等拝見し、あまり難しく考えすぎず、極力炭水化物を食べない、ご飯、パン、麺類など一切取らず、お砂糖はラカント、飲み物には難消化性デキストリン、ポリサッカライドを多く含むお茶。を実行し、1ヶ月後にHbA1c6.9 2ヶ月後に 6.4となり喜んで、病院の先生も、努力されてます。と言って頂きました。しかし先生の本を見ると、スーパー糖質制限食なら、HbA1cは月に1~2%改善との事で、この減りで喜んでいてはダメなのではないかと?カロリー制限はしていません。高雄病院の食事から比べると食べる量は多いと思います。体重は約10キロ落ちました。
あと、もう1点、LDLコレステロールが多いです。この点は病院で指摘されます。病院の先生は糖質制限食を実行してることは知りません。
糖質制限始める前は、LDL157 HDL42 糖質制限1ヶ月後 LDL134 HDL38 2ヶ月後 、LDL166 HDL38 LDL/ HDL比が4.4 もあり、これで良いのか、調べても分からず、先生に教えて頂きたくメールさせて頂きました。
朝は、卵、チーズ、野菜、お昼も、野菜や、ささみ、夜は、魚や野菜、お肉料理など、 MEC食も参考にしています。江部先生、宜しくお願い致します。
2015/10/21(Wed) 12:44 | URL | おっど | 【編集
Re: タイトルなし
月田洋介 さん

国際食事エネルギーコンサルテーショングループの報告では、

「炭水化物(この場合は糖質とほぼ同義)の理論的な最小必要量はゼロである」

と記載されています。

ヒトにおいては
「必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、微量元素、食物繊維」
は、食材から摂取する必要があります。

葉野菜、ブロッコリー、ゴーヤなどからビタミンCを摂ることが必要ですので
その分の糖質は必然的に摂取することとなります。
2015/10/21(Wed) 14:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 分からない事が・・・
おっど さん

HbA1cの改善には個人差があります。
2ヶ月で、7.6%が6.4%ならとても良いと思います。

ヒトにおいては
「必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、微量元素、食物繊維」
は、食材から摂取する必要があります。

EPAとDHAは魚から摂る必要があります。

葉野菜、ブロッコリー、ゴーヤなどからビタミンCを摂ることが必要ですので
その分の糖質は必然的に摂取することとなります。

また、動物性脂肪もしっかり摂取してください。
肉と魚は、1:1くらいが目安です。

今後、LDL-Cはゆっくり減少して基準値に、HDL-Cはゆっくり上昇して基準値になっていくと思います。
ただ、こちらも個人差があり、半年、1年、2年、3年という差があります。
2015/10/21(Wed) 14:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
失礼します。
先生の「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」を読み
糖質制限食を始めました。
現在グルファスト・スーグラ服用
トレシーバ10単位 ビクトーザ0.9を
自己注射しています。

元々炭水化物を多く食べていたため、
リバウンド防止のため最初は
プチ糖質制限食を1か月行いました。
9月にHcA1cが8.6になったのが、
10月に7.6まで一気に下がりました!
目標の6.5がやっと見えてきた、という感じです。

また、体質的に白米が血糖値を上げやすい、
パンやパスタは血糖値が上がりにくいことがわかり、
ライ麦・全粒粉パンやパスタを使用しながら
糖質オフ食材を入手し、糖質を減らすようにしております。

1か月で1パーセント低下とは…びっくりです。
就寝前血糖も200越えが当たり前だったのが、
今では120~140台になってきました。
また、以前と比べて、炭水化物を食べたいという気持ちが
小さくなったのもびっくりです。

近くのスーパーでは糖質オフのうどんがすぐに売り切れるなど、
糖質制限は根付いてきているなあと思うこの頃です。
2015/10/22(Thu) 21:29 | URL | のっこ | 【編集
Re: タイトルなし
のっこ さん

HbA1c改善、良かったです。

ライ麦・全粒粉パンやパスタも糖質ですので血糖を上昇させます。

スーパー糖質制限食なら、
グルファスト、スーグラ、ビクトーザは必要なくなる可能性が高いです。
徐々に減量することを主治医とご相談ください。
2015/10/23(Fri) 17:44 | URL | ドクター江部 | 【編集
血糖値検査キット
玄米菜食から糖質制限食に移行中に先生のご本に出会いました。以前からパンが大好きなのですが、食べた後いつもぐったりするため、最近は極力控えています。数年前に病院で血糖値検査をしたときは問題なしだったのですが、血糖値をしばらく計ってみたいと思っています。血糖値検査キットを購入したいのですが、メーカー、価格帯がいろいろあり、どれが適切なのかアドバイスいただければ幸いに存じます。お忙しい中申し訳ありませんが、よろしくお願い致します。
2016/06/24(Fri) 14:24 | URL | 中西 | 【編集
Re: 血糖値検査キット
中西 さん

ニプロトゥルーピコ
http://sales.nipro.co.jp/freestyle/product/true_pico/


三和化学のグルテストNeoアルファ
http://med.skk-net.com/diagnostics/products/post_9.html


などが
安価で測定も早いです。
2016/06/24(Fri) 16:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可