FC2ブログ
糖質制限食で生理不順改善、体調良好に。
【15/10/14 オハナ

糖質制限4ヶ月目

江部先生こんばんは。
6月に1型糖尿病と診断された娘を持つ母です。
私も娘と一緒に糖質制限をしています。

私は糖質制限を始めるまでは生理不順で、ときに3ヶ月に一度しか生理がこないときがありました。
体調は常にだるく、カロリーを摂取してもカロリーを摂取しても気持ちよく1日を過ごす日など皆無でした。
後から分析してみると、私の食生活は大部分が糖質にたよったものでした。

ところが、糖質制限を始めて2ヶ月目で最初の生理が来て、次の月も、今月も順調に来るようになりました。
経血はサラサラ。
ドロドロ経血ではありません。
多少の睡眠不足があっても規則正しく毎月生理がきます。

毎日起きてすぐに食事が作れて、頭はすっきり。
体も軽くて、考え方も前向きに改善されました。
疲れにくくて、活動的な毎日を過ごしています。
肌の吹き出物も無くなり、キメの整った肌に落ち着いています。

糖質制限で学んだことは、そもそも人間にとって必要な栄養が糖質制限食によって満たされているということ。
必要なのは薬局で買える薬ではありませんでした。

長年悩まされていた口内炎も全く出来なくなりました。
口の中を噛んでしまい、傷がついても次の日には回復傾向にあります。
きっと、細胞の再生に必要なタンパク質の摂取が足りなすぎていたのではないかと思います。

生理不順も、次の月までに生理が始まることの出来る体になるための栄養が足りなすぎていたのではないかと思います。

糖質制限食は、炭水化物を大幅に減少させ、その足りない部分の摂取エネルギーを補うため、タンパク質や脂質やミネラルの摂取が増えるので、必然と本来、人間が必要としている量のタンパク質や脂質やミネラルが満たされていき、体の機能が正常に戻っていくのではないかと思いました。偉そうなこと言って申し訳ありません。

糖質制限食でカロリー計算をしていくと、こんなに食べるのか!と思う程、満腹な食事メニューです。

また、糖質制限食により、改めて、体は食事によって作られることを実感いたしました。

先生には感謝してもしきれません。

こんなに短期間で効果を実感出来る食事療法は他には無いのではないかと思うくらいです。】


こんばんは。
オハナ さんから、糖質制限食で生理不順が改善し、
体調も良好という嬉しいコメントを頂きました。
ありがとうございます。

糖質制限食で、身体のだるいのがとれて、毎日起きてすぐに食事が作れて、頭はすっきり。
体も軽くて、考え方も前向きに改善。
疲れにくくて、活動的な毎日。
肌の吹き出物も無くなり、キメの整った肌に。

素晴らしい改善ですね。

言い換えれば、糖質たっぷり生活だと、上記の様々な身体の不調があったということになります。

多くの人が、糖質過剰の食生活が元凶で、身体がだるい、頭がボー、疲れやすい、朝は起きにくい、吹き出物、口内炎・・・
様々な症状が生じているのに、気がついていないと思うのです。

毎日の過剰の食生活の中で、「そんなものだろう」と諦めているのでしょうね。

「糖質制限食は、炭水化物を大幅に減少させ、その足りない部分の摂取エネルギーを補うため、タンパク質や脂質やミネラルの摂取が増えるので、必然と本来、人間が必要としている量のタンパク質や脂質やミネラルが満たされていき、体の機能が正常に戻っていくのではないかと思いました。」

その通りと思います。

糖質制限食なら、「必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、微量元素、食物繊維」すべてが必要充分量摂取できます。

糖質制限食は人類本来の食事であり、人類の健康食です。
全身の血流・代謝もよくなり、自然治癒力も高まります。
あるいは、その人がもっている本来の力を取り戻すという言い方もできますね。

1型糖尿病の娘さんも、スーパー糖質制限食なら、インスリンの単位が必要最低限で済むので、身体に優しいと思います。

インスリン注射単位が多いと、肥満、高血圧、アルツハーマー病、癌などのリスクになるので、血糖コントロール良好の範囲でインスリンの単位が少なくてすめばすむほど、好ましいのです。

これからも、親子で、美味しく楽しく末長く糖質制限食をお続けくださいね。


江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
残念ながら私は逆でした・・
江部先生
いつもお忙しいなか、更新ありがとうございます!
私はアトピー、アレルギー改善のために糖質制限を始めました。
私は残念ながら、逆で糖質制限を始めて半年くらいから生理がおかしくなり始め、今は薬を使わないと全く生理が来なくなって2年以上経ちます。
幸いというか、アレルギー、アトピー性皮膚炎その他もろもろ身体の調子は格段に良くなり、QOLは比較にならないほどです。先生がこうしてネットで情報を惜しげもなく公開してくださっているおかげです。(もちろんご著書も読んでいます)
糖質制限での体重減少はほとんどなく、摂取カロリーはむしろ増えて、多すぎるくらい(1食で1000カロリーは超えています)なので、止まってしまった理由が分からないのですが、体調が良いだけに、前のベジタリアン生活に戻る気にもなれず、通院しながら様子を見たいと思っています。
他の方の改善例を伺うと自分自身でもどうしてよいか分からず(担当の婦人科医も「どうして来ないのかわからない」との見解です)時々途方に暮れてしまうのですが、急上昇したコレステロール値と共に、先生と経過観察したいと思います。
私と同様の症状から、糖質制限をしながら、再度生理が来た方のお話伺えれば嬉しいです。
ちなみに、当方41歳です。一応「早期閉経の症状ではない」とのことです。
2015/10/15(Thu) 16:34 | URL | はなのすけ | 【編集
Re: 残念ながら私は逆でした・・
はなのすけ さん

カロリー不足や体重減少による無月経ではないですね。

女性ホルモンの値などどうなのでしょう?
2015/10/15(Thu) 17:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを取り上げていただき有難うございます
糖質制限食との出会いで、見直すきっかけとなったことがいくつかあったのでコメントさせてください。
まずは、充分なカロリーと低糖質。
これは糖質制限食の基本と教わりました。
次に栄養価。
栄養士さながらの勢いで勉強させていただいてあるところです。
お肉も部位により、栄養価が違います。びっくりでした。
鉄分を多めに取りたいとか、ビタミンを多めに取りたいとか、目的別に食材の栄養価を把握していくと、食事のバランスも取りやすくなります。亜鉛が足りなくなると味覚に影響が出るから、美味しく食事をするためにレバーやカキを意識して取ろう。レバーには鉄分も豊富に含まれているから立ちくらみ防止になるな、という具合にまるで食材はサプリメントのようです。
国産牛のステーキと外国産牛のステーキでは、サーロインの部位だと国産牛の方が外国産牛の2倍近くもカロリーが摂取出来ます。
女性ホルモンに似た作用を持つとされているイソフラボンが大豆製品に豊富に含まれているんだな、など様々な食材には私たちの体の元になる栄養があることを把握し、意識して食事を作っています。
改めて、食事の大切さを噛み締めています。
自分が食べている食材は低糖質なだけでなく、こんな栄養も摂取している。こう意識して食事を摂ることも必要だと認識させていただいた糖質制限食に万歳です。
2015/10/15(Thu) 23:42 | URL | オハナ | 【編集
ありがとうございます!
お忙しいところ、お返事ありがとうございます。
確かにホルモン値が低いようなのですが、
卵巣機能の問題ではなく、脳下垂体から
上手く指令が出ていない、というようなお話でした。
一時は、大豆製品の摂り過ぎかとも思い
かなり減らしてみたのですが、改善が見られませんでした。(1年程度減らしていました)
今も摂りすぎないように、豆腐は辞めて、
イソフラボン含有率が少なめの豆乳と高野豆腐(少ないメーカーを探しました)、おから程度にしています。
2015/10/16(Fri) 13:54 | URL | はなのすけ | 【編集
Re: コメントを取り上げていただき有難うございます
オハナ さん

そうですね。
「充分なカロリーと低糖質」が基本となります。

仰る通り、いろんな糖質制限OK食材を検討していくと
それぞれ役割があるのがよくわかります。
2015/10/16(Fri) 19:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ありがとうございます!
はなのすけ さん

脳下垂体の問題ということなら
糖質制限食開始とたまたま時期が重なって生理不順となったのかもしれませんね。

糖質制限食で、脳下垂体に何らかの影響が及ぶとは、さすがに考えにくいですので・・・。
2015/10/16(Fri) 19:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
再度のお返事ありがとうございます。
江部先生
お忙しいところ、ありがとうございます。
糖質制限で、本当に人生が変わって、
生きることそのものがとても楽になり
ずっと続けていきたいと思っているので、
安心しました。
ありがとうございます。
2015/10/18(Sun) 11:45 | URL | はなのすけ | 【編集
わたしも逆でした。
こんにちわ。わたしもいつもブログ読ませてもらっています。わたしはダイエット目的から糖質制限を知って、初めて1ヶ月と少しですが今までの食事がどんなに糖質でいっぱいだったか、また自分のダイエットがどんなに間違っていたかを考えるきっかけとなり、今では体重のことより毎日摂取する栄養のことがとても気になるようになりました。そして体に変化があったのが生理でした。生理の予定日より2週間も早くはじまり、最初は不正出血かと思い婦人科を受診しましたが子宮にも内診でも問題無しホルモンバランスの乱れだろうと言われました。今まで毎月ほぼきっちり来ていたので糖質の影響かな?と思っていたら今度は10日ほどだらだらと出血が続きました。豆腐や豆乳が好きで毎日飲むようになったのが何か関係あるのでしょうか?がん検診も同時にうけ、それも問題なかったのでこの続いている出血の原因が謎で、ここのコメント記事にたどりつきました。

2016/02/16(Tue) 09:56 | URL | ゆり | 【編集
Re: わたしも逆でした。
ゆり さん

生理が早く来た理由はよくわかりませんが、
カロリー不足にはならないように気をつけましょう。

あと生理不順が続くなら、一旦緩やかな糖質制限食にするのも選択肢の一つです。
2016/02/16(Tue) 21:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございました。
お返事ありがとうございます。
わかりました!ありがとうございます!
2016/02/17(Wed) 11:59 | URL | ゆり | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可