FC2ブログ
滋賀医科大学・若鮎祭  糖質制限食・特別講演会のご案内
こんばんは。

滋賀医科大学 第41回若鮎祭 特別講演会
健康は食事から!
糖質制限食を始めよう!

<日時>
2015/10/25(日) 14:30~16:30
講演:90分間  質疑応答:30分間

のご案内です。

参加費無料の市民公開講座ですので、滋賀県民の皆さん、是非、奮ってご参加くださいね。

医科大学の学園祭で講演するのは、初めてなのでとても楽しみです。

医大生や滋賀医大の医師も参加されると思いますので、生理学的事実や科学的根拠に基づくお話もしますが、基本わかりやすく楽しく糖質制限食の最新の話題を提供したいと思います。

質疑応答の時間もたっぷりとっていますので、どんどん質問していただけば幸いです。


江部康二


滋賀医科大学若鮎祭ホームページ
http://wakaayusai.wix.com/wakaayusai



☆☆☆

以下は、案内ポスターから転載です。


<演題>
滋賀医科大学 第41回若鮎祭 特別講演会
健康は食事から!
糖質制限食を始めよう!

<参加費>
無料

<場所>
滋賀医科大学 臨床講義棟1階 臨床講義室1

<日時>
2015/10/25(日) 14:30~16:30
講演:90分間  質疑応答:30分間

<内容>
糖質制限食は、ダイエット法としてだけでなく、糖尿病治療に最適な食事療法であり、加えて様々な生活習慣病の予防・改善につながることが近年の研究で分かっています。
本講演では、糖質制限食の効果と実践法について分かりやすく解説していただきます。
また、講演の最後には質疑応答の時間を設けていますので、疑問や不安を解消しましょう。

<講演者>
江部 康二先生

<プロフィール>
医師、高雄病院理事長。
1950年生まれ。京都大学医学部卒業。
高雄病院での臨床活動を通じて、糖尿病治療の研究に取り組み、
糖質制限食による治療体系を確立。これにより自身の糖尿病も克服する。
著書『主食を抜けば糖尿病は良くなる』はベストセラーとなり大反響を巻き起こした。



<抄録>

「脂肪悪玉説」、「カロリー至 上主義」、「脳のエネルギー源 はブドウ糖だけ」といった従来 の常識は現在根底から覆ってい る。例えば全米結構調査、1971年と2000年の統計で、脂肪摂取比率は低下しているのに、肥満は倍増している。すな わち脂肪悪玉説には根拠がな かった。

さらにニューイングランド・ ジャーナルの2008年の論文 で、カロリー制限ありの脂肪制 限食と地中海食、カロリー制限 なしの糖質制限食の3者の効果 を比較検討した結果、糖質制限 食が最も体重を減少させ、 HDLコレステロールを増加さ せたことが明らかとなった。糖質制限食実践によ り、食事中にも常に脂肪が燃 え、肥満ホルモン・インスリン の追加分泌はごく少量ですみ、 肝臓でアミノ酸などから糖新生 が行われエネルギーを消費し、体重減少につながる。

米国糖尿病学会に よれば、食べ物が消化・吸収さ れたあと、糖質は直接血糖値に影響を与えるが、タンパク質・脂質は与えない。動脈硬化のリス クとなるグルコーススパイク (急激な食後高血糖)を生じる のは糖質だけである。また酸化 ストレスのもととなる一日平均 血糖変動幅を悪化させるのも糖 質だけである。糖質制限食なら 食後高血糖は生じず、平均血糖 変動幅は速やかに改善する。一 方カロリー制限をしても糖質を 摂取すれば必ず食後高血糖を生 じ、平均血糖変動幅の悪化を招 き、酸化ストレスが亢進する。
 
2型糖尿病高雄病院入院患者に おいて、同一カロリーにそろえ た従来の糖尿病食(高糖質食) と糖質制限食における血糖の日 内変動を比較検討してみた。その結果、糖質制限食では従来の 糖尿病食(高糖質食)に比べて 顕著な食後血糖降下効果が認められた。

脳はブドウ糖だけでなくケトン 体をエネルギー源としていくら でも利用する。ケトン体は肝細 胞内で「脂肪酸→β酸化→アセ チルCoA→ケトン体」という 順番で日常的につくられてい て、肝臓では使われずに、他の 臓器・脳・筋肉のエネルギー源 として供給される。日常生活で は空腹時は心筋・骨格筋など多 くの体細胞は脂肪酸・ケトン体 を主エネルギー源としているの に対して、赤血球・脳・網膜な ど特殊な細胞だけがブドウ糖を 主エネルギー源としている。なお赤血球はミトコンドリアがな いのでブドウ糖だけが唯一のエ ネルギー源である。ミトコンド リアは細胞内のエネルギー生産処置である。

人類700万年の進化と食生活 について考察した。さらに食前 と食後の血糖変動の観点から人 類の食生活を3段階にわけて検 討した。糖尿病・メタボ以外の生活習慣病とがんに関しても若干の考察を加えた。日本人の5大疾病、4大死因と糖質制限食についても検討した。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
特殊なのでしょうか?
いつもブログ楽しみにしています。

先日も食事と運動のタイミングについて質問させていただいたものですが、実験の結果を見て教えていただければうれしいです。

ご飯を150g(糖質55g)での実験なんですけど、
(運動なし)では
空腹時93、30分後117、60分後183,120分後211、180分後175でした。

次に運動なんですけど、
(食後30分で30分間ウオーキング)をして計測。
空腹時90,30分後132、60分後170、90分後167、120分値216、150分値196、180分値175でした。

これでは、ほとんど、ウオーキングの効果が見られないので、先生のおっしゃるように血糖が上がり始めている60分後にウオーキングをして効果を見ました。
(食後60分で30分のウオーキング)では、
空腹時112、30分後120、60分後172、90分後206、120分後217、150分後260、180分後が256でした。

なんと、上がってしまいました…(^^;)しかも3時間たっても下がりが悪くなってしまいました。
さすがに260という血糖は今まで見たことがなかったので怖くなりました。
運動負荷すると血糖上がる人というのはいるのでしょうか?私の体で何が起こっているのでしょうか?

(普段の食事では炭水化物を抑えているので結構たくさん食べても、ピークの2時間値が170を超えることはありません。)
よろしくお願いします。



2015/10/09(Fri) 16:43 | URL | miko | 【編集
ようこそ滋賀県へ。何をかくそう私は滋賀県在住です。滋賀医大にはかつて日本糖尿病学会の重鎮がいらっしゃいましたが・・・・企画運営された医学生に心よりエールを送ります。是非拝聴させていただきます
2015/10/09(Fri) 18:19 | URL | DMのDDS | 【編集
Re: 特殊なのでしょうか?
miko さん

運動して血糖値が下がるのは、

1)自分自身のインスリン基礎分泌がある程度以上確保されている人
2)BMIが25未満の人

となります。
1)2)でない人は、運動の効果があまりありません。

それと、心拍数が上昇してアドレナリンが出るくらいの運動だと、アドレナリンにより血糖値が上昇します。

2015/10/09(Fri) 20:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
DMのDDS さん

滋賀医科大学 第41回若鮎祭 特別講演会
へのご参加、ありがとうございます。

できるだけ楽しくわかりやすいお話を目指します。
2015/10/09(Fri) 20:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
よくわかりました。
わたしのBMIは19です。
おそらく、1)が原因だと思います。(^^;)
今さらながらに立派な糖尿人なのですね。

でも糖質制限をしている限りは実験上も血糖は上がらず、食事もバランスよく食べられますので、運動は食後にこだわらず、楽しんでいきたいと思います。ありがとうございました。

2015/10/09(Fri) 22:26 | URL | miko | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可