FC2ブログ
必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン・・・」と糖質制限食
こんにちは。

ヒトには人体で作れない栄養素があります。

従って
「必須脂肪酸、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、微量元素、食物繊維」
は食事から摂取する必要があります。

高雄病院のスーパー糖質制限食では、魚介類、肉類、卵、卵製品、乳製品、野菜、海草、茸、大豆製品・・・まんべんなく摂取するので、これらが不足することはまずありません。

一方、MEC(肉・卵・チーズ)食についてよく質問されるので、考察してみました。

A)必須アミノ酸
糖質制限食ではMEC食も含めて、魚介や肉や卵を充分量摂るので不足はまずないです。

B)必須脂肪酸
厳密にはαリノレン酸とリノール酸の2つだけが、必須脂肪酸です。
α-リノレン酸からEPAやDHAは合成できるのですが、効率は悪く、体内合成量だけでは足らない可能性があります。
従って、魚をしっかり摂取するのがよいと思います。
EPA、DHAは、サバ、サンマ、イワシなど青物の魚やクロマグロ、ミナミマグロの脂身等に豊富です。
逆に言えば、MEC(肉・卵・チーズ)だけだと、EPAとDHAは不足しますので注意が必要です。
また、αリノレン酸は、エゴマ油やなたね油、くるみ、マヨネーズ、油揚げ、湯葉、大豆製品に豊富です。
従って、MEC(肉・卵・チーズ)だけだとαリノレン酸が不足しますので注意が必要です。

C)ビタミン
ビタミンCは、野菜や海苔などに豊富です。
MEC(肉・卵・チーズ)だけだと、ビタミンCが不足するので注意が必要です。

D)微量元素

ゲルマニウム、バナジウム、リチウムは、MEC(肉・卵・チーズ)に含まれいないので
不足しないように注意が必要です。

E)食物繊維
大腸の唯一のエネルギー源は短鎖査脂肪酸(酢酸、プロピオン酸、酪酸など)です。
食材としては、バターくらいにしか含まれていません。
従って、ヒトは摂取した食物繊維を大腸の腸内細菌(酪酸菌など)が餌にして酪酸などの短鎖脂肪酸を
作ることで、大腸のエネルギー源を確保していると考えられます。
従って、食物繊維の摂取は、ヒトにとって必須と言えます。
糖質制限食では、野菜、海草、茸、大豆製品などから食物繊維を摂取できます。
MEC(肉・卵・チーズ)だけだと、食物繊維が不足するので、注意が必要です。


MEC食は、わかりやすくて取っつきやすい利点があると思います。
一方、B)C)D)E)に関しては留意して実践するのが安全と思います。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんにちは
父方母方両方が糖尿の家系で、自分も20代ですが太り気味なのでダイエットがてら2週間ほど前に糖質制限を始めた者です。
スーパー糖質制限+ビリー隊長のキャンプに参加しています。
先生の本やブログの過去の記事、ネットに溢れる情報を漁り、自分がいかに糖質に依存していたかと痛感しています。大学時代に自炊をし、安く済ませようと糖質中心の食事をし始めたのが太り始めた原因の一つだったようです。
これからの自分の体重と身体変化が楽しみです。

近年トクホ飲料で、難消化性デキストリン、ケルセチン配糖体、高濃度茶カテキン、コーヒー豆マンノオリゴ糖などダイエットに役立つと謳う飲料が巷に溢れていますが、これらは糖質制限で体重をコントロールするのに役に立つものなのでしょうか?
トクホだけに頼るのは良くないことだと分かっていますが、少しでも健康のために役立つのならこれらも利用したいと考えております。
2015/09/30(Wed) 01:43 | URL | 新任少尉 | 【編集
ありがとうございます。
お世話になります。

Facebookでは、糖質制限食からMEC食に移って、落ちていた体力が改善した、ダイエットがうまくいった、などの書き込みがたくさんある一方、
MEC食で便秘、腹満がひどくなった、肌が荒れるようになったなどの書き込みも、たくさん見かけます。

MEC食の利点、欠点がよく分からなかったのが、先生のクリアカットなご説明で大変よく分かりました。

糖質制限食でダメだったという人は、玄米菜食から移ってきて、肉や卵がダメという思いが抜けないまま糖質制限をしていたり、一日一食や拒食症のまま糖質制限をしていたのでないかと想像します。

「糖質制限」という言葉が誤解されやすいのかなと思ったりします。

一日一食や拒食症の人のように食べることに罪悪感を持っている人にとっては、
糖質「制限」という「糖質を食べちゃダメだよ」というマイナスの言葉より、
「MECを食べましょう」というプラスの言葉の方が耳障りがよく、罪悪感から解放されやすいのかもしれません。

かといって「糖質制限」以上に適当な言葉があるとは思わないのですが…。

渡辺信幸先生は、魚は推奨の肉200gにカウントしないと言われていて、過激だな~と思っていましたが、やはりちょっと無理があるようですね。

敵は糖質万歳の既成概念、食文化、グルメ、スーパー、コンビニ、食品産業、日本糖尿病学会etc…など外にあり、糖質制限食とMEC食は内輪もめしている場合でなく、仲良くするべきと思います。

MEC食で減糖がうまくいった人が、さらに糖質制限食に移ればもっといいなと思います。

今後もご指導よろしくお願い致します。

いのうえメンタルクリニック
井上 浩一
http://inoue-mental.com/
http://blogs.yahoo.co.jp/ino_iti
2015/09/30(Wed) 04:37 | URL | いのいち | 【編集
青魚について
青魚は焼くとEPA, DHAが壊れるので刺身で食べたほうが良いと聞いたことがありますが、いかがでしょうか?
2015/09/30(Wed) 07:14 | URL | HK | 【編集
Re: タイトルなし
新任少尉 さん

トクホ飲料で少しは、血糖値の上昇はゆっくりになると思います。
従って、砂糖入り飲料をのむよりはいいです。

しかし、根本的に大事なのは、摂取する糖質の絶対量です。
トクホ飲料を飲んでも、糖質を普通に食べれば、減量効果はほとんど期待できないと思います。
2015/09/30(Wed) 07:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
おはようございます
復習を兼ねて、またまた勉強させてもらっています。
私の朝のメニューは固定ですが、必須脂肪酸は煮干しを毎日食べているので、少しはマシでしょうね。
キャベツ、玉ねぎ少々、プチトマト2個ほど、煮干し、スライスチーズが定番で、後は季節の野菜を少し入れてチン!ゴマドレを少しだけかけて食べます。
食後のコーヒーとヨーグルト、バナナを親指の半分くらい食べて終わりです。
ざっと総糖質量11g程度です。これがほぼ3年の朝食メニュー定番です、はい。
2015/09/30(Wed) 07:33 | URL | クワトロ | 【編集
Re: 青魚について
HKさん

そのようですが、焼くくらいは、まあOKと思います。

大阪ガスのサイトをみると
https://www.osakagas.co.jp/company/efforts/rd/labo/no5_3.html

「保持率は、焼きの場合、EPAで約88%、DHAでは約85%。フライの場合、それぞれ約49%(EPA)、約55%(DHA)。」

と記載してありました。

2015/09/30(Wed) 08:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可