FC2ブログ
日本初代糖尿人、後一条天皇の摂政太政大臣藤原道長。
こんにちは。

日本の歴史の中で、糖尿病と関わりがある有名人はかなりいると思いますが、文献上の初代は、おそらく藤原道長(966~1027年)でしょう。

後一条天皇の摂政太政大臣であり、紫式部の『源氏物語』の主人公である光源氏のモデルとも言われています。
道長は平安貴族のなかでも、栄耀栄華の頂点を極めた人物と言えます。

しかし、自ら著した『御堂関白記(みどうかんぱくき)』によれば、30才をすぎた頃から病(胸病)を患っていたようです。

胸痛や胸苦しさを繰り返し起こしているので、いわゆる心臓神経症だったのかはたまた狭心症だったのか、まあ、あまり健康ではなかったようです。

51才のとき三条天皇を譲位させ、後一条天皇を擁立して外祖父となり、ゆるぎない地位を確立しました。
53才のとき娘の威子(いし)を後一条天皇の中宮としました。

このときの宴で詠んだのが

「この世をば我が世とぞ思ふ望月(もちづき)の欠けたることもなしと思へば」

という有名な歌です。

この歌は、同時代の貴族である右大臣の藤原実資(957~1046年)の著した『小右記(しょうゆうき)』に記載されています。

藤原実資は、藤原道長のライバルともいえ、数少ない道長に隷属しない対等の関係の人物でした。

その『小右記』に、道長が51才のとき、「外出中に気分が悪くなり帰途についたが、そのおりしきりに水をほしがっていた」とあります。

道長はしばしば口の渇きを訴え、昼夜なく水をほしがり、脱力感にもおそわれていました。

これは客観的にみて、かなり進行した糖尿病の症状です。

53才で「この世をば・・・」を詠んだときには糖尿病はさらに進行していたことでしょう。

事実、目の具合がかなり悪くなっていたことが『御堂関白記』に書いてあり、糖尿病網膜症あるいは糖尿病白内障を患っていたと思われます。

道長は、62歳で亡くなりましたが、晩年は糖尿病合併症による症状のオンパレードに苦しめられていたようです。

最終的に背中に大きな膿瘍ができて、コントロール不能となり死亡したようです。

栄耀栄華を極めたとは言え、頂点のころには視力低下、脱力感など、決して幸せではなかったと思われます。

糖尿人の先達、藤原道長さんのようにならないよう、我々平成の糖尿人はせっせと「糖質制限食」に勤(いそ)しみましょう。



江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
盛者必衰の理を・・・
世の中は思い通りになったかもしれませんが、身体の中は逆だったのですね(笑)
『楽しくお腹いっぱい糖質制限』
私は非糖尿人であり、皆様のようなプレッシャーに押しつぶされる状態ではありませんが、1度左目に霧がかかり、右往左往し糖質制限にたどり着いた者です。
血液検査では正常ですが、眼底出血。
大学病院での検査漬けでも原因不明。
私的推論では、過度の糖質を摂取したために、身体の弱い部分の血管が破れたのでしょう。それがたまたま左目眼底だったということと理解しました。
それから満3年が来ようとしてます。
当初は1日5g以下のウルトラ糖質制限でした。
1ヶ月してスーパー糖質制限に移行。
今では週末にはスタンダードになったり、プチになったりと自由度を満喫しております。
このブログに来れば、受診したのと同じコメントをいただいてるように思います。
江部先生の他者貢献のおかげです。
ありがとうございます。
また、全国のセイゲニストのコメントも生の言葉なので大変勉強になります。
これからもよろしくお願いします。
毎日の感謝を込めて!
2015/09/26(Sat) 21:09 | URL | クワトロ | 【編集
Re: 盛者必衰の理を・・・
クワトロ さん

眼底出血からの回復良かったです。

原因不明の病気の多くが、ベースに「糖質頻回過剰摂取」と「インスリン頻回過剰分泌」が
ベースにあるのではないかと、最近は思っています。

人類700万年の進化の歴史から考えたら、<穀物中心に糖質摂取比率50~60%>という食生活は
とんでもないバランスだと思います。

狩猟・採集時代700万年間の食生活すなわち糖質制限食こそが人類本来の食事であり、人類の健康食なのだと思います。
2015/09/27(Sun) 07:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
食後高血糖の危険性
江部先生 はじめまして。

つい1か月半ほど前から、先生の著書および食品別糖質量ハンドブックを片手に主に糖尿病予防のため糖質制限(スーパー糖質制限)を行っています。
実はスーパー糖質制限を行う以前に糖負荷試験(ブドウ糖75g)を受けたのですがその結果が
血糖値(空腹時) 96  インシュリン値 2
(30分後) 175      18
    (60分後) 231
(90分後) 201
  (120分後) 133 
ということで、医師からは「正常型ですが糖尿病になりやすいタイプみたいなので1年に一回の検査を受けてください。」といわれ、食後の高血糖についての説明は一切されませんでした。
私は、負荷試験受ける2週間ほど前から、先生の著書を読んでプチ糖質制限(糖質量1日100gくらい)を実行していて、「確かに、プチ糖質制限で耐糖能が落ちているかもしれないが、これは明らかに江部先生のいう食後高血糖だ!」と自分で気が付いたため、その後糖質制限を本格的に取り組むようになりました。
本当に先生には感謝してもしきれません。
私のような食後高血糖タイプの人間が一人でも多く救われるように糖質制限が広がっていってくれたらいいなと思っています。
先生、本当にありがとうございます。
最後に一つ、私のような食後高血糖のタイプがいわゆる緩やかな糖質制限では問題が生じるのでしょうか?

2015/09/27(Sun) 09:40 | URL | 糖質制限初心者 | 【編集
小麦粉不使用の食材では食事は成り立たない!?
江部先生お世話になります。毎日のブログ更新を楽しみに「スーパー糖質制限」を実践している魚田フラントです。お陰様であれから5週間を過ぎまして、定期検査でHbA1cが7.2から0.2下がって7.0になりました。
 ほぼ毎日色々なシチュエーションで調べてきた自己血糖測定器での値~全データ62回平均血糖値120.5~からすると、今回のHbA1cは今イチ納得のいく値ではないのですが、先生の仰るそれぞれの検査器械の「誤差」と考えるようにし、S糖質制限を続けて、5週間後に期待します。前に一週間と空けずに他の病院で検査したらHbA1cが何と0.5も違っていましたから。しかしながら改善しているので良かったと思っています。スーパー糖質制限の効果を得られてとてもうれしいです。ありがとうございます。
 ところで、先日の読売新聞夕刊に「~(中略)日本人の2人に1人はがんになる。3人に1人はがんでなくなる~(略)」という記事が載っていましたが、これには日本人の糖質の過剰摂取も少なからず影響しているのだろうと勝手に考えた次第です。さらにパン好きの小生は「小麦フスマパン」を食事のメニューに入れることが多いのですが(勿論糖質20g以内のなかで食べる)、小麦フスマは糖質的には優等生でも、コメント欄で拝見する「ちくてつ」さんもレビューされている「小麦は毒?」という本をみますと、ラーメン同様、フスマは小麦の外側で、食の安全性という点ではどんな感じなのでしょうか?今日私たちが食する物の殆どに小麦は配合されていますが、その小麦のフスマはむしろ一番外側で危ないのかと、不勉強な小生は混乱したりもしているのですが…。
 お忙しい中、昨今の小麦への江部先生のお考えをお伺いできるならば幸甚です。
2015/09/27(Sun) 10:39 | URL | 魚田フラント | 【編集
先生初めまして!
先生初めまして!いつも大変参考になります。ありがとうございます。
29歳で出産前に20キロ太ってしまいました。尿に糖はおりていましたが、妊娠中には良くあると言われて血液検査もしないまま帝王切開で出産、あまりの出血で、もう少しで死ぬところでした。お医者様は首を傾げるのみ。糖尿も指摘されないままでした。その後半年ほど、足のだるさ、あまりの喉の渇きに専門医を受診、Ha1cは10を超えていました。同時に脂肪肝も指摘されました。
妊娠時から糖尿だったと思います。
その後専門医でネルビスを処方頂きa1cは7台で頭打ち。決心を固め糖質制限を自分なりに頑張りました。
すると体重は20キロ近く落ち、血糖値はみるみる良くなりました。今ではa1c5.3から5.5で安定しています。
江部先生には大変感謝しています。
お薬も無くなりました。そして肝機能も全て正常値!アルコールを飲みませんので、むしろ低いくらいまでになりました。
前置きが長くなりましたが、ここで一つ問題が出てきました。先日腹部エコーで肝臓に軽度鈍化が見られると言われたのです。
肝機能その他血液検査に異常はないので、特に追加検査も言われていませんし、定期検診も指示はありません。以前の脂肪肝が影響しているだけかもしれません。生検を受けていない為分かりませんが、以前の脂肪肝はナッシュだったのかもしれません←素人考えです。
ナッシュだった場合減量が第一ですが、脂質や鉄分を抑えた食生活になるとおもうのですが、糖質制限は続けると危険でしょうか?
消化器内科では特に何も言われませんでした。
2015/09/27(Sun) 18:18 | URL | さわ | 【編集
今日は
初めまして、いつも拝見させていただいてます。
今日は富山市で講演会なんですよね。
行く気満々だったのに、急用が入り行けませんでした。残念です。
また機会があったら是非行きたいと思います。

今日は先生に相談があります。
8月の血液検査で血糖値が高めと言われ、色々巡って先生のブログにたどり着き、9月に入ってから一応スーパー糖質制限をはじめました。
実は逆流性食道炎の治療も合わせてやっています。(今年の春から)

なかなか胃の痛みや背中の痛みが取れないので、今回また血液検査をやり、結果が出たのですが肝数値があがっていました。

8月
AST 24
ALT 30
γ-GT 43
ALP 284

9月
AST 66
ALT 86
γ-GT 138
ALP 481

でした。
8月と9月では検査した病院が違うのですが、基準値はほぼ同じです。
この結果からまた別の病院でエコー検査をする事になりました。

数値悪化に糖質制限は関係あると思いますか?
8月と9月で違う点と言えば、
・糖質制限をはじめた
・逆流性食道炎の薬に漢方薬が一つプラスされた
『ツムラ43番』
・サプリメントをはじめた
『サラシアプラス』『ナットウキナーゼ&DHA&EPAセット』

位だと思います。
サプリメントのサラシアプラスは、血糖値を下げる効果があるとのことではじめましたが、今は止めていて、ナットウキナーゼの方だけは続けています。

体重は糖質制限をはじめてから4~5kg落ちましたが、もともとメタボなアラフォーおばちゃんなのでまだまだですね。

今回の数値、別の病気が発症したのかと思うと怖くて仕方ありません。
担当の医師は『取り敢えず検査しましょう』みたいなスタンスでしたが。。。

後、背中の痛みがひどい時は市販の鎮痛剤も飲んでいました。
これも関係あるのでしょうか?

関係のない江部先生に質問するのは間違っているとは思うのですが、先生の意見を聞かせていただけたら嬉しいです。

早く検査日が来てほしいような怖いような、落ち着かない気分で夜もなかなか眠れません。因みに今年に入ってから酒、煙草はやめました。
よろしくお願いいたします。
2015/09/27(Sun) 19:04 | URL | ミンミン | 【編集
Re: 小麦粉不使用の食材では食事は成り立たない!?
魚田フラント さん

日清食品によれば、遺伝子組換え小麦を原料として使用していないとのことです。

やはり日清食品によれば、
輸入小麦へのポストハーベストについては、日本では、
輸入時に残留農薬について検査を行い、食品衛生法に照らし問題のないことを確認して使用してるとのことです。

食品衛生法とかあるていど信用するしかないとは思います。

私も、小麦胚芽や小麦タンパク入りのパンを食べています。
小麦フスマパンを食べることもあります。
2015/09/28(Mon) 18:52 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 先生初めまして!
さわ さん

20kgの減量成功で、NASHではないと思いますよ。

NASHの場合も、スーパー糖質制限食が最善の治療法です。

糖質の頻回過剰摂取こそがNASHの元凶と思います。
このまま糖質制限食を続けて何の問題もありません。
2015/09/28(Mon) 19:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 今日は
ミンミン さん

スーパー糖質制限食で、
逆流性食道炎の症状は改善することがほとんどです。

きちんとスーパー糖質制限食を実践されれば、薬もサプリもいらないと思います。

糖質制限食で肝機能悪化というのは聞いたことがありません。
2015/09/28(Mon) 20:02 | URL | ドクター江部 | 【編集
という事は
新たに何かの病気が出てきたという事なのでしょうか?
もともと不規則な夜型生活でして、仕事柄なかなか変える事が難しいのです。
痛みだけでも取れれば少しは精神的にラクになるのですが。。。
取り敢えずは腹部エコーを受けてみないことには、はっきりしませんね。
ご意見、有難うございました。
2015/09/28(Mon) 20:41 | URL | ミンミン | 【編集
お返事ありがとうございます
先生お忙しい中ご回答ありがとうございます。
20キロ減量前の脂肪肝がナッシュだった可能性があるとは思います。これは肝機能改善している今、過度な心配は不要ですね。
このまま糖質制限していきます゚+。(o・ω-人)・.。ありがとうございます!
2015/09/29(Tue) 08:09 | URL | さわ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可