FC2ブログ
揚げ物の糖質量は?
こんばんは。

糖質制限食実践中の糖尿人やメタボ人の皆さん、やっぱりたまには豚カツや天ぷらなど食べたいですよね。

かく言う私も時々食べてます。

そこで、糖質制限食のレシピ本で栄養計算をしてもらっている、高雄病院の管理栄養士・橋本眞由美さんに、豚カツや天ぷらの糖質量を聞いてみました。


<外食時>

外食時の1人前の「カツ類」、「フライ」、「てんぷら」、「唐揚げ」、「フライドチキン」などの衣として使う小麦粉、パン粉などの量は、肉の量にもよりますが、以下の如くです。


◆カツ類

・小麦粉 5-10g

・パン粉 10-20g
      
糖質の総量はおおよそ9-19g

例えば、食品別糖質量ハンドブックの100ページ、とんかつ(肉100g)で糖質量は11.3gです。

◆えびフライ
・小麦粉
・パン粉
例えば、食品別糖質量ハンドブックの108ページ、えびフライ3尾(えびエビ70g)の糖質量は4.9g


◆てんぷら

揚げる種類や量によりますが

・小麦粉 20~30g

糖質の総量はおおよそ14-22g

◆唐揚げ

・片栗粉(または小麦粉)5g

糖質の総量はおおよそ4g
例えば、食品別糖質量ハンドブックの100ページ、鶏の唐揚げ3個(肉90g)の糖質量は4.2g

◆フライドチキン

・小麦粉少量

例えば、食品別糖質量ハンドブックの100ページ、フライドチキン(肉96g)の糖質量は2.2g

◆ケンタッキーフライドチキン
オリジナルチキン1個87g(可食部平均重量)で、炭水化物7.9、食物繊維0.3・・・糖質7.6g

ナゲット5ピース110gで、糖質10.6g


となります。大体1人前の分量はこれ位でしょうね。

1gの糖質が2型糖尿人の血糖値を3mg、
1型糖尿人の血糖値を5mg上昇させます。


唐揚げはともかく、豚カツとてんぷらの衣はやや要注意ですね。

私もやや見苦しいのですが、1-2切れ食べた後は、衣を半分はがして食べたりしています。


<家庭で作る場合>
橋本管理栄養士によりますと、

「家庭で作る場合、 糖質制限食的には、フライの衣として、

・小麦粉の代わりに大豆粉
・おからをレンジでチンして、水分をとばしたもの
・おから粉

をパン粉代わりに使用すれば、糖質制限なフライにはなります。」

「天ぷらはちょっと難しいです。大豆粉に、つなぎになるくらいの小麦粉を少量使用するくらいなら、許容範囲内かもしれません」

「唐揚げは、大豆粉を利用すれば結構美味しくできあがります」

とのことです。

工夫次第で、糖質制限OKなフライやカツや唐揚げは、美味しく楽しくできそうですね。 o(^-^o)(o^-^)o


江部康二




<追加>
さちこさん と 月夜野うさぎ さんから、トンカツや唐揚げの衣に、高野豆腐を使うと美味しくて安価というコメントをいただきました。
ありがとうごさいます。


【15/09/10 さちこ
高野豆腐
江部先生

こんばんは(^^)

トンカツの衣ですが、江部先生の御著書を参考に、高野豆腐を使っています。
おろしたり包丁で刻んだり色々やってみましたが、軽く水で戻してフープロにかけてフワフワの粉状にして乾燥させるのが一番衣として付きやすく、美味しくいただいてます。
衣は小麦粉と卵ではなく、マヨネーズと高野豆腐です。
手も汚れにくいし、マヨネーズでほどよあ良い味もつくからソースもいらないし、何よりも美味しいです。
糖質制限を抜きにしても美味しいです(*^^*)
衣を作るのは手間暇かかりますが、美味しいし、私にとっては粉豆腐よりも使いやすいです。

いつも美味しい揚げ物をいただけているのも、先生の御著書のレシピを参考にさせていただいてるおかげです(*^^*)
ありがとうございます(*^▽^*)】



【15/09/10 月夜野うさぎ

高野豆腐の粉もおススメです。
唐揚げの衣には、高野豆腐を粉状にすりおろしたものでもいけますよ~。
すでに粉になった高野豆腐も売ってます。大豆粉より安く、これでパンケーキなども作れます。
http://www.asahimatsu-shop.com/products/detail.php?product_id=426


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
輸液について
毎日読ませていただいておりましてありがとうございます。
先生のご本はほとんど購入しており、かなり読了いたしました。
将来入院した時の輸液について教えていただきたくお願いたします。
20年前に2型糖尿病を発症して、3年半前から糖質一日10g以下の超スーパー糖質制限食をしている65歳男性です。
現在、HbA1c5.6位、朝空腹時100前後、空腹時インスリン値は1.5で少し少ない状態です。毎日肉300g、卵3個、魚1~1.5匹、チーズ、バター、葉野菜少々食べてます。
お陰様で現在体調は非常に良いですが、将来、入院したり、経口食ができなくなったりした時のことを考えますと食事や点滴等が大変心配です。
ブドウ糖なしの蛋白質と脂質等だけの栄養補給をしていただきたいのですが、そのような輸液はあるのでしょうか、どのような輸液を医師にお願いすれば良いのでしょうか、その時に何か注意事項等があれば教えていただきたく宜しくお願いいたします。
2015/09/10(Thu) 21:51 | URL | エルトン | 【編集
高野豆腐
江部先生

こんばんは(^^)

トンカツの衣ですが、江部先生の御著書を参考に、高野豆腐を使っています。
おろしたり包丁で刻んだり色々やってみましたが、軽く水で戻してフープロにかけてフワフワの粉状にして乾燥させるのが一番衣として付きやすく、美味しくいただいてます。
衣は小麦粉と卵ではなく、マヨネーズと高野豆腐です。
手も汚れにくいし、マヨネーズでほどよあ良い味もつくからソースもいらないし、何よりも美味しいです。
糖質制限を抜きにしても美味しいです(*^^*)
衣を作るのは手間暇かかりますが、美味しいし、私にとっては粉豆腐よりも使いやすいです。

いつも美味しい揚げ物をいただけているのも、先生の御著書のレシピを参考にさせていただいてるおかげです(*^^*)
ありがとうございます(*^▽^*)
2015/09/10(Thu) 21:53 | URL | さちこ | 【編集
高野豆腐の粉もおススメです。
唐揚げの衣には、高野豆腐を粉状にすりおろしたものでもいけますよ~。
すでに粉になった高野豆腐も売ってます。大豆粉より安く、これでパンケーキなども作れます。
http://www.asahimatsu-shop.com/products/detail.php?product_id=426
2015/09/10(Thu) 22:20 | URL | 月夜野うさぎ | 【編集
点滴について
はじめまして。
認知症の母を介護しているものです。
その母にスーパー糖質制限をさせて3年以上経ち心身ともに良好になりました。
しかし8/16に誤嚥し誤嚥性肺炎で入院。嚥下障害で点滴のみの栄養摂取を余儀なくされております。
救急搬送のため病院や医師を選ぶ余地も無く
高糖質の点滴に頼らざるを得ない状況に日々苦慮し、糖への譲歩・妥協を繰り返しながら医師とのせめぎあいが続いております。
当初より医師からは厳しい見解を告げられ、経口摂取訓練は所詮無理・無駄とのことで放置状態でしたが、今週からなんとかリハビリ医に診てもらうことができるようになりました。
しかし、これもまた糖質と水分だけでできておりあまり食べさせたくないものです。
糖尿病ではないのですが、衰弱しながら糖尿病にさせられていくであろうという現実に、24時間付き添う家族は心身ともに限界に近づいております。
点滴における糖質制限対応できる医師・病院はやはり皆無なんでしょうか。


2015/09/11(Fri) 07:57 | URL |  | 【編集
エクア50㎜1錠
江部先生、セイゲニストファミリーの皆様、いつもこちらの掲示板を楽しみに拝見させて頂いています。
私は、今年の5月にかねてよりの2型糖尿病を悪化させてしまい江部先生の御著書と掲示板を大いなる参考として6月5日からスーパー糖質制限を試みております。
5/12 Hb1c 11..3 血糖値459
グリメピリド服用
6/5 Hb1c 10.1 空腹時血糖 117
ジャヌビア1錠 メトグルコ1錠に変更
  s糖質制限開始
7/24 Ha1c7.2  空腹時血糖 91
  エクア50㎜1錠/1日のみに変更
9/11 Ha1c6.2 でもまさかの空腹時血糖119(もしかして、、これが噂の暁さんか)??でした。

今回からは、薬なしになると思っていたのですがまた、エクアを処方されました。

糖質制限の効果で順調に改善していた糖代謝の値ですが、空腹時血糖が悪かったのは少々ショックでした。。
また、S糖質制限の割には今回のHa1c6.2という値は、少し制限が緩かったかなとも思い血糖値を自己計測しながら糖質制限をして、薬を飲まずにコントロールしていこうかと考えています。

主治医とは、つかず離れずの距離をたもっていたのですが「血糖値は、タンパク質を摂取しても上がる」とか糖質を制限していても「エクアの服用は必要」との意見を聞くと違和感を感じてしまいます。
エクアは、飲まずに糖質制限を続けたいのですが、江部先生のご意見を頂戴できればと思い投稿いたしました。
どうぞ、宜しくお願いいたします。

ちなみに、LDLも、TGも超改善のはるか標準値以下!
体重は、69キロ→58キロになり、こちらも標準めざして頑張ります。
2015/09/11(Fri) 13:42 | URL | 猫婆娘 | 【編集
Re: 輸液について
エルトン さん

拙著の御購入、ありがとうございます。

ビタミンC確保のため、葉野菜、ブロッコリー、ゴーヤ、ピーマンなども摂取しましょう。


ヨーロッパでは脂肪がメインの高カロリー輸液が一般的なようです。
かえって日本の糖質メインの輸液は特殊であるかもしれません。
脂肪製剤を開発したのが,スウェーデンのArvid Wretlind先生だったからか、
ヨーロッパは脂肪製剤での高カロリー輸液が多いようです。
日本では一般的に、高カロリー輸液では糖質がメインでカロリーをとるような輸液がほとんどです。
しかし、脂肪製剤(イントラファット,イントラリピッド等)は末梢からでも点滴が出来ます。
脂肪製剤を中心として、必須アミノ酸(末梢血管から投与可能です)、
ビタミンと微量元素を末梢血管から投与すれば、中心静脈栄養は必要ないかもしれません。
また中心静脈栄養(高カロリー輸液)にしても、脂肪製剤とアミノ酸製剤を主とすることも可能と思います。
2015/09/11(Fri) 18:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 点滴について
ヨーロッパでは脂肪がメインの高カロリー輸液が一般的なようです。
かえって日本の糖質メインの輸液は特殊であるかもしれません。
脂肪製剤を開発したのが,スウェーデンのArvid Wretlind先生だったからか、
ヨーロッパは脂肪製剤での高カロリー輸液が多いようです。
日本では一般的に、高カロリー輸液では糖質がメインでカロリーをとるような輸液がほとんどです。
しかし、脂肪製剤(イントラファット,イントラリピッド等)は末梢からでも点滴が出来ます。
脂肪製剤を中心として、必須アミノ酸(末梢血管から投与可能です)、
ビタミンと微量元素を末梢血管から投与すれば、中心静脈栄養は必要ないかもしれません。
また中心静脈栄養(高カロリー輸液)にしても、脂肪製剤とアミノ酸製剤を主とすることも可能と思います。

医師にお願いしてみてはどうでしょう。
2015/09/11(Fri) 18:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: エクア50㎜1錠
猫婆娘 さん

早朝空腹時血糖値、91mg・・・119mg
このていどの変動はよくありますので気にしなくていいです。

このままスーパー糖質制限食を続けて、エクアなしで
様子をみられても良いと思います。
2015/09/11(Fri) 18:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 点滴について
お忙しい中、早速のお返事有難うございます。
大変参考になりました。
点滴における糖云々の要求はレベルが高すぎてもう対処できないといわれ強制退院となり、在宅ケアの予定です。
今後は個人病院に点滴依頼するためどれだけ考慮してもらえるか、容易ではなさそうですが提示してみたいと思います。
名前の書き忘れ、また突然の不躾な質問をお許しくださいませ。
2015/09/11(Fri) 21:05 | URL | nao | 【編集
ありがとうございました
ご返答を頂き有難うございました。
エクアなしで、スーパー糖質制限に励んでみます。
血糖値の計測器も予約しました。

10月4日の御講義も心待ちにしております。
2015/09/13(Sun) 16:06 | URL | 猫婆娘 | 【編集
Re: 点滴について
江部先生、いつも勉強をさせていただいています。
点滴のお話があったので、少し調べてみました。脂肪製剤は、現在、日本ではイントラリポスしか売っていないようです。以前は、イントラファット,イントラリピッドも売られていたようです。
糖質制限を点滴で達成できるのかどうか?脂肪を食べ物からを食べた場合と点滴した場合とで違いはないのでしょうか?糖やアミノ酸は水に溶けますが、脂肪はt水に溶けないので、点滴では特殊な技術を用いているのでしょうか?
点滴で糖質制限ができればいいのですが、あまりにも非生理的な印象があります。いかがでしょうか?
2015/09/13(Sun) 16:44 | URL | じょん | 【編集
Re: Re: 点滴について
じょん さん

そうですか。
イントラファット,イントラリピッドが消えてしまいましたか。

ともあれ、ヨーロッパでは、脂肪輸液のほうが、主なので、問題ないと思いますよ。

以下のサイトが参考になります。

http://www.peg.or.jp/lecture/parenteral_nutrition/02-01.html

Chapter3 静脈栄養
2.中心静脈栄養法(TPN)
2.1 TPN の特徴と適応
帝京大学医学部外科 福島亮治
色付きの文字
2015/09/13(Sun) 17:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:Re:輸液について
お忙しい中、回答いただきまして大変ありがとうございました。
ビタミンC、野菜類を増やすようにいたします。
また、静脈栄養法の参照サイトの照会をいただきまして、ありがとうございました。
2015/09/13(Sun) 20:45 | URL | エルトン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可