人体の基礎代謝の比率。信頼度の高いデータ。

7 -
こんにちは。

人体の基礎代謝の比率に関して、いろんなデータがネット上で出回っています。

その中で一番信頼できるデータが、

<人における組織・器官の代謝率>
肝臓27%、脳19%、心臓7%、腎臓10%、筋肉18%、その他19% 


であり、「 FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告」1989、13ページのTABLE 2に記載されています。

一般に通説として筋肉が基礎代謝の40%とか言われていて、私も深く検証せずにそう思っていたのですが、肝臓27%、筋肉18%というのは意外でした。 (=_=;) 

ともあれ、糖質制限食(高脂質・高タンパク食)においては、人体最大の基礎代謝率を占める肝臓が、糖新生で活性化されるので、糖質制限食で基礎代謝が増加するという仮説は、なかなか説得力があると自画自賛しています。(^^)

通常は、筋肉量の増加が基礎代謝の増加なのですが、例えば甲状腺機能亢進症でも、基礎代謝の増加のために体重減少が生じますね。

「エネルギー・蛋白質の必要量―FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告-ヒトにおける基礎代謝率」は、医歯薬出版 (1990/03)で単行本になっているのですが、とっくに絶版です。


以下が原著です。

今回、同級生の中村保幸氏の協力を得て、やっと原著を記載してあるサイトをつきとめることができました。

中村君に、謝謝です。 m(_ _)m

http://www.fao.org/3/contents/3079f916-ceb8-591d-90da-02738d5b0739/M2845E00.HTM

Joint FAO/WHO/UNU Expert Consultation on
Energy and Protein Requirements

Rome, 5 to 17 October 1981

BASAL METABOLIC RATE IN MAN

by J.V.G.A. Durnin University of Glasgow Glasgow Scotland


TABLE 2 .Metabolic Rates of Organs and Tissues in Man(13ページ)



アマゾン
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A8%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%BB%E8%9B%8B%E7%99%BD%E8%B3%AA%E3%81%AE%E5%BF%85%E8%A6%81%E9%87%8F%E2%80%95FAO-WHO-UNU%E5%90%88%E5%90%8C%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B0%82%E9%96%80%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A%E5%A0%B1%E5%91%8A-WHO%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA-UNU%E5%90%88%E5%90%8C%E7%89%B9%E5%88%A5%E5%B0%82%E9%96%80%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A/dp/4263702476

エネルギー・蛋白質の必要量―FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告 (WHOテクニカル・レポート・シリーズ)
単行本 – 1990/3
FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会 (著), 井上五郎 (著)医歯薬出版 (1990/03)




江部康二

ページトップ