FC2ブログ
糖質制限食実践時の検査データの推移。2015年8月。
おはようございます。

今回は、糖質制限食実践時の検査データの推移のお話しです。

糖質制限食を実践により、血糖値や中性脂肪やコレステロール値など、さまざまな数値が改善します。

ただ、これらの検査データは、はっきり一定の傾向が出るものと、そうでないものがありますので、まずはその変化を示します。


<スーパー糖質制限食実践時の検査データの推移>

①血糖値は糖質制限食実践時にリアルタイムに改善します。
②スーパー糖質制限食なら、HbA1cは月に1~2%改善します。
③中性脂肪も速やかに改善します。
④HDLコレステロールは増加しますが、増加の程度と速度に個人差があります。
⑤LDLコレステロールは低下・不変・上昇と個人差があります。
 上昇した人も半年〜1年~2年、3年くらいで落ち着くことが多いですが、
 個人差があります。
⑥総コレステロールは、低下・不変・上昇と個人差があります。
 上昇した人も半年〜1年~2年、3年くらいで落ち着くことが多いですが、
個人差があります。
⑦尿酸も低下・不変・上昇と個人差があります。
 上昇した場合は、ほとんどが摂取エネルギー不足が原因です。
⑧尿素窒素はやや増加傾向になる人が多いですが、そのうち落ちつくことが多いです。
⑨クレアチニンは不変です。
⑩血清シスタチンCも不変です。
⑪血清カリウムも不変です。
⑫血中ケトン体は基準値より高値となりますが、生理的なもので心配ありません。
⑬尿中ケトン体は当初3カ月〜半年は陽性になりますが、その後陰性になることが多いです。
⑭脂肪肝に付随するGPTやγGTP値も改善します。


上記に記載していない血液検査や尿検査については、糖質制限食開始前後で差はありません。

LDLコレステロール・総コレステロールに関して「低下・不変・上昇」と個人差があるのですが、糖質制限食開始前に菜食中心で食材のコレステロールが少ない場合、肝臓でコレステロールをつくる能力が高まっています。

そういう場合糖質制限食で肉や卵などコレステロールの多い食材を摂取すると、一過性にLDL-コレステロール値が高くなりますが、半年~1年~2年で落ち着くことが多いです。

私自身は、HDLコレステロールはかなり増加し、LDLコレステロールは少し低下しました。

尿酸値が上昇した場合、摂取エネルギー不足のことが多いので注意が必要です。

私は2002年発覚の糖尿人で、その数年前から、早朝の空腹時血糖値109~111~112mg/dlとか、ギリギリ境界型でした。

2002年に糖尿病が発覚していらい、スーパー糖質制限食を実践しています。

食事は朝食抜きで、1984年34才から昼と夕の2回です。

身長:167cm 体重:67kg からスーパー糖質制限食を開始して半年で56~57kgとなりました。

現在57~58kgくらいです。2015年1月8日で65才となりました。


以下は2015年6月19日、朝9時、空腹時の検査結果です。

<江部康二の検査データ>
空腹時血糖値:109mg 
HbA1c:5.8%(6.2未満、NGSP)
グリコアルブミン:13.4%(11.8~16.0)
総ケトン体:606μM/L(26~122) 糖質制限食中は生理的で正常値
アセト酢酸:106μM/L(13~69)
βヒドロキシ酪酸:500μM/L(76以下)
尿酸:3.4mg/dl(3.4~7.0)
TC:251mg/dl(150~219)
TG:51mg/dl(50~149)
HDL-C:87mg/dl(40~98)
LDL-C:153mg/dl(140未満)
BUN:17.9mg/dl(8~20)
クレアチニン:0.60mg/dl(0.6~1.1)  eGFR:102.4ml/min./1.73m2
シスタチンC:0.58mg/dl   (0.53~0.95) eGFR:131.6ml/min./1.73m2

IRI:3.2(3~15μU/ml)
γGTP:30IU/L(48以下)
GOT:19IU/L(9~38)
GPT:18IU/L(5~39)
アルブミン:4.4g/dl(3.8~5.3)

尿中アルブミン:6.5mg/g・c(30.0未満)
尿蛋白:陰性
尿糖:陰性
尿中アセトン体:陰性

IRI:3.2(3~15μU/ml)
空腹時採血血糖値109mg
<HOMA-R=空腹時血糖値×空腹時インスリン値÷405>
<HOMA-β=360×空腹時インスリン値(μU/ml)÷(空腹時血糖値mg/ml-63)>
HOMA-R:0.86  1.6以下が正常で、2.5以上は抵抗性があり。
HOMA-β:25.0   正常値:40-60


空腹時血糖値109mgですが、98mgとか120mgのこともあります。
若干、暁現象もあります・

IRI3.2μUと、今回は正常値でした。

HOMA-βは、2002年以降ずっと、40未満でインスリン分泌能が減少でしたが、2014年4月初めて、40と基準値下限に達しました。
その後は波があり、今回は25.0と再びやや低値でした。

HbA1cは5.6~5.9%(NGSP値)くらいを行ったり来たりしています。

グリコアルブミン(GA)を、試しに私費で測定してみたら13.4%(11.8~16.0)とかなり良好でした。

HbA1cの値に対して、GAが相対的にさらに良い値なのは、食後高血糖がほとんどないことを示していて大変好ましいのです。

ケトン体は606μM と基準値よりはるかに高値ですが、心筋・骨格筋をはじめ全身の細胞がケトン体をしっかり効率よく利用していて、腎臓の再吸収も良好なので、尿中アセトン体は陰性です。

尿酸は3.4mgと低いくらいですが、これは体質と思います。

一日のタンパク質摂取量は130~140gくらいと、普通人よりかなり大量のタンパク質を摂取してます。

13年間、体重あたり2.4gのタンパク質ですね。

それでも尿酸は低めですし、腎機能に何の問題もありません。

BUN:17.93mg/dl(8~20)と基準値内で、クレアチニンとシスタチンCも正常です。

高タンパク食を13年間続けてますが、eGFRはとても良いです。

脂質もかなりの量(110g/日)食べていますが中性脂肪は51mgです。

糖質は1日に40g足らずです。

TCは251mg、HDL-Cは87mg、LDL-Cは153mg

コレステロールに関しては、HDL-コレステロールが多いのが目立ちます。

糖質制限食でHDL-Cが増加しますが、程度には個人差があります。

総コレステロールは、2007年ガイドライン以降では、評価基準から外されています。

LDL-Cが今回は基準値を超えていますが、中性脂肪が少なくて、HDL-Cが多いので、真の悪玉の小粒子LDL-Cや酸化LDL-Cは少ないと考えられ安心です。

なお、お酒は、糖質ゼロ発泡酒、焼酎の水割り、赤ワイン、辛口白ワインなどを雨の日も風の日も雷が鳴っても、毎日毎日、適宜、適量??飲んでいます。( ̄_ ̄|||)

肝機能は幸い、過去から現在まで常に正常です。 (^^)


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
おひさしぶりです。
やさぐれです。

体を張っての実践報告(笑)、いつもありがとうございます。だからこそ、先生のお話には説得力がありますね。
私も、身をもって周囲にアピールできたら……医学的知識を学ぶと共に、日々精進いたします。今後ともご指導、よろしくお願い致します……なんて、何やら急に堅苦しいでしょうか(笑)

この夏、資格を取り、介護職として働き始めました。激務ですが、体調はすこぶるよくて、この夏もバテずに何とか乗り切れそうです。
1年前まで運動を止められていた私ですよ。この変わり様といったら!
糖質制限のおかげです。ありがとうございます。

先生のますますのご健康(え、これ以上?)と、ご活躍をお祈り致します。


PS お忙しい事でしょう。返事はイラナイですよ~。では、また。

2015/08/14(Fri) 10:01 | URL | やさぐれ1人反省会 | 【編集
ケトン食
久しぶり の投稿になります。江部先生の検査値すごいです、私もこの7月で先生とおなじ65になりました、ついこのまえケトン体をはかっくれる病院を探しだして《それまで通院履歴がないとかの理由で小児かと内科3けんことわられました、、江部先生の数値すごいです、感動しました、先生も約10年位前に糖尿病発覚とありますが私はそれ以上まえからかなり悪かったと思います、その後先生の本に出会いほぼ全ての本を読破しました、いまでは全ての本が座右の銘です、さてケトン結果ですがかなり厳格にケトン食ーーほぼ8-9わりの脂肪摂取でタンパク質もかなりおさえてました、ほとんど主エネルギーはココナッツオイルとs mctちゅうさしぼうさんあとチーズとナッツ少し、。、でしたのでもう少し高い数を期待してましたが総ケトン体2824 アセト酢酸410. ヒドロキシ酪酸2414. グリコアルブミン13.8 でした、総コレステロール304. Hdl69. Ldl208でグリコアルブミン以外は全て異常やからスタチン出しますて言われましたがやんわり断って帰ってきました、ひとつだけきになる事があります、それは尿素窒素は25位でずっと高かったのですが今までクレアチンが低いので気にせんでよいと言われてましたが上限値いっぱいの1.08でした、腎機能が落ちているのでしょうか?過去に何度か尿管結石した事あります、あまりケトン食が厳格すぎるのでしょうか?50歳くらいまであれ程大食漢だったのにケトン食始めたら腹へりません、先生の本と一緒に断食やオートファジーの本を読んでプチ断食で無理やりケトン値上げるような人体実験みたいなことが腎機能には悪いのでしょうか?しかし今はケトン体代謝になっていると思いますのでいまさらブドウ糖代謝にはもったいなくて戻れません、先生のようにテニスは出来ませんが週3-4ペースでかなりハードな筋トレしています、しかし挙げればきりがありませんが糖質制限食のおかげで花粉しょう肌の痒み歯槽膿漏風邪ひかない熟睡できるなどなど本当に感謝感謝デス、忙しいところ長くなりました、同年代の先生に負けないよう長生き目指します、ありがとうございました。
2015/08/14(Fri) 12:43 | URL | きくち | 【編集
はじめまして80107d45@ezweb.ne.jp
はこんにちは。反応性低血糖の症状がつらく、異常なのどの乾きをおぼえ、OGTTで30分値が200を超え、二時間値150で境界型糖尿病と診断されました。
今は糖質制限をかなりきびしめにやってますが、a1cが5.2から5.4くらいで空腹時も90から110くらいです。
他の方のブログなど見てるとわたしよりかなりゆるい糖質制限なのにa1cも空腹時もありえない低さで、そんなの見ては検診のたびに落ち込んでしまいます。
まわりのひとは気にしないで食べたらいいっていうけど、どうしたらもっとさげられるのでしょうか。
身長170センチ、体重46キロ痩せ型です。
糖質制限してから生理がとまってしまいました。
好酸球性胃腸炎にもなりいまはおちつきました。

卵やエビなど食べる機会が増え一時LDLがかなり高くなり肝機能もわるくなりました。
今日の結果はALTが34で高いです。
あと、ckが一時期700以上あり、今も358です。足が頻繁につります。

2015/08/14(Fri) 14:24 | URL | しゃしゃ | 【編集
はじめまして
私は妊娠糖尿病からずっと糖質制限をして無事出産しましたが産後も境界型です。今疑問がありまして、もし良かったら教えてください。痩せ型ヘモが低めでもブドウ糖検査で境界型が発覚する方が沢山世の中にはいらっしゃいます、、その方たちは普通に生活して特に問題無くそのまま境界型で過ごせていく場合が殆どと聞きます。
何年か経って発症する場合もあるでしょう、、
では私達のような糖質制限をする境界型が糖質制限を辞め、普通に生活して食べだしたらヘモはどうなるのでしょうか?
境界型糖尿病の殆どが糖質制限せず皆特に問題なく生きていますが、私のようは境界型は糖質制限を辞めたらどんどんヘモが上がると思うのですが、世の中の所謂境界型と一体何が違うのでしょうか?境界型糖尿病でも発症している、していないがあるのでしょうか?何を持って境界型糖尿病なのか最近わかりません。わかりにくくて大変申し訳ありません、、もしお時間ありましたらどうぞよろしくお願い致します。
2015/08/14(Fri) 14:37 | URL | まろん | 【編集
Re: ケトン食
きくち さん

花粉症、肌の痒み、歯槽膿漏、改善良かったです。
「風邪ひかない、熟睡できる」もいいですね。

腎機能に関しては
血清シスタチンCを測定してみましょう。
シスタチンCが最も正確に腎機能を反映します。

クレアチニンは脱水気味だと上昇するので、注意しましょう。
筋トレでも、クレアチニンが高めになることがあります。

ケトン体値ですが、早朝空腹時は少し低めにでます。
寝ている最中に骨格筋・心筋などがケトン体をエネルギー源として利用するからです。

例えば、お昼の12時頃に、ケトン食を食べて、夕方の食事前とかが、一番ケトン体値が高いと思います。
2015/08/14(Fri) 17:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして80107d45@ezweb.ne.jp
しゃしゃ さん

糖質制限で生理はとまりません。

「170cm。46kg。BMI:15.9。」

カロリー制限のし過ぎで、痩せすぎて、生理が止まったと考えられます。

「HbA1cが5.2から5.4くらいで空腹時も90から110」
正常値ですので、これ以上下げる必要はありません。

肝機能もCKも、摂取エネルギー不足による可能性が高いです。
しっかり脂質・タンパク質を食べて、充分なカロリーを摂取して、体重を増やせば、生理が復活すると思います。
2015/08/14(Fri) 18:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
しゃしゃさんへ
しゃしゃさんはじめまして。
私も境界型で空腹時が高くちょっと糖質制限をゆるめたらヘモが一気に上がりました、、
かなりハードで、5.3とかしゃしゃさんと同じです、、ガリガリになりました、、
先ず不思議に思うのが、しゃしゃさんがブドウ糖検査をやるまでは普通に食べて生活していたのですよね?ヘモも低かったのですか?だとしたら今も普通に食べても変わらないのではないかと?普通の境界型の人は皆そのまま暮らしているのですよね、、それともしゃしゃさんが普通に糖質制限を辞めたらヘモが一気に上がるのでしょうか?今日先生にも質問してみているのですが、何が境界型なのか良くわからなくて、、、急に横から大変失礼致しました。
2015/08/14(Fri) 18:06 | URL | まろん | 【編集
Re: はじめまして
まろん さん

2008年05月21日 (水)の本ブログ記事
「糖尿病は治る?境界型は治る?」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-427.html

境界型と将来の糖尿病発症
2008年08月27日 (水)の本ブログ記事
「境界型と将来の糖尿病発症」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-525.html

をご参照いただけば幸いです。
2015/08/14(Fri) 18:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
はじめまして。
Webニュースか何かで見ましたが、健康保険組合ごとに、組合員の健康維持が出来ているかを競争させ、成績が良いと保険料が下がる、という取り組みが始まるそうです。
私も、血糖値は正常範囲にあるものの、高脂血症、高血圧でしたが、糖質制限で改善しました。
いろいろな健康保険組合が糖質制限を取り入れて、良い成績を出せば、医学会も糖質制限を認めざるおえなくなりそうですね。
自分の保険料を安くするためにも、自分の組合には糖質制限を強く進めていきたいと思います。
2015/08/14(Fri) 21:32 | URL | こう | 【編集
Re: タイトルなし
こう さん

健保組合に、「健康のために糖質制限食」という動きが広がれば面白いですね。
2015/08/15(Sat) 16:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
News
健保の健康対策に競争導入…成績で負担増減方針

http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150814-OYT1T50003.html


タクシー運転手の脱メタボ支援 日の丸交通とローソン

http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ30HB3_U5A810C1TI5000/
2015/08/16(Sun) 21:22 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: News
精神科医師A さん

興味深い情報をありがとうございます。

「都内のタクシー大手、日の丸交通(東京・文京)はローソンと組み、ドライバーの「脱メタボ」を支援する。ドライバーがローソンで販売する糖質を抑えたパンを購入すると「Ponta(ポンタ)」ポイントをもらえるようにし、8月から3カ月間の糖質制限に取り組む。突然の心筋梗塞などタクシー業界で課題になっている健康問題を原因とした交通事故を未然に防ぐ。

 メタボリック症候群と判定されたドライバー30人から始め、順次…」


タクシー運転手さんは、メタボや心筋梗塞が多いのですね。
糖質制限を導入とは素晴らしいです。
2015/08/17(Mon) 07:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可