FC2ブログ
「元気過ぎる医師が語る、糖質制限食 ~ロコモ・糖尿病 」 コラボ大阪講演会
こんにちは。

相変わらずしつこく猛暑が続く京都です。
夕方、局所的雷雨もあるのですが、気温は下がりません。

本日はコラボ大阪講演会のご案内です。
今回は、一般向けの講演会です。

「元気過ぎる医師が語る、糖質制限食 ~ロコモ・糖尿病 」

と題して、テレビ東京系列「主治医が見つかる診療所」でもおなじみの中村巧先生(中村整形外科リハビリクリニック)と江部康二のコラボ講演会です。

中村先生は、2003年 から肥満外来を開設され、二人の管理栄養士と共に、12年 間で約2500例 のロ コモ肥満患者に糖質制限食と運動指導により健康的な減量指導を行って、素晴らしい成果をあげておられます。

ご自身は、軽くてしなやかな身体(細マッチョ)を作りあ げ100歳を超えて人生を走 れるように、自分の身体で挑戦 しておられます。

100歳まで生きるという現物を見たい方は是非ご参加のほどを・・・



江部康二



以下、事務局からのお知らせです。

☆☆☆
ブログ読者の皆様、講演会へいつも多数ご参加いただきまして、ありがとうござ います。

8月30日(日)、大阪・中之島で、

「元気過ぎる医師が語る、糖質制限食 ~ロコモ・糖尿病」

と題して、一般の方向けの講演会を開催いたします。

今回の講師は、マスターズ陸上の選手兼普及部長であり、テレビ東京系列「主治医が見つかる診療所」でもおなじみの医師、中村巧先生(中村整形外科 リハビリクリ ニック)と江部康二理事長です。

過密スケジュールもなんのその、ことさら元気な両医師が糖質制限を熱く語ります。

関西地区の皆様をはじめ、多数のご参加を心よりお待ちしております。


///////////////////ご案内/////////////////////

一般社団法人日本糖質制限医療推進協会主催 講演会(大阪)

元気過ぎる医師が語る、糖質制限食
~ロコモ・糖尿病

■日 時: 8月30日(日)13:50~16:30頃 
  ※入場受付・開場は13:30~

■会 場: 大阪大学中之島センター 10F
     「佐治敬三メモリアルホール」

〒530-0005 大阪市北区中之島4-3-53
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php

■内 容:

◆講演1:『細マッチョ』が最後に笑う(糖質制限と生物進化体操)
        ―健康長寿な日本人づくり― 

講師: 中村 巧 医師
    医療法人社団 中村整形外科リハビリクリニック 理事長
    株式会社 抗加齢医学研究所 代表取締役

◆講演2: 糖尿病と糖質制限食

講師: 江部 康二 医師
    (一財)高雄病院 理事長
    (一社)日本糖質制限医療推進協会 理事長   

◆質疑応答

※講演は各60分を予定しています。

※講演後、両講師による質疑応答を30分程度予定しています。


■受講費: 賛助会員 2,500円 / 一般(非会員) 3,000円

■お支払い方法:

クレジットカード/銀行振込/郵便振替  ※事前決済のみとなります。

■お申し込みの流れ:

1. 下記「お申し込み方法」の該当するものからお申し込み下さい。
2. 事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3. 入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4. 当日、直接会場までお越し下さい。

■お申し込み方法:

★賛助会員の方:事務局までメールにてお申し込み下さい。

★賛助会員入会をご希望の方:

  1. 入会案内および会員規約をお読み下さい。
   http://www.toushitsuseigen.or.jp/#!membership/cdt9

 2. お申し込みは下のフォームからお願いします。
   「通信」欄に「8/30 大阪講演会受講希望」とご記入下さい。
   http://www.toushitsuseigen.or.jp/contact
  
★一般(非会員)で、講演会の受講のみご希望の方:
  下のフォームからお申し込み下さい。
  http://www.toushitsuseigen.or.jp/seminar-gen

■その他:

・予約制です。当日参加はできません。
・キャンセルは8月28日(金)までに事務局までご連絡願います。

(掲載サイト:http://www.toushitsuseigen.or.jp/activity
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
歴史上の事実、大黒屋光太夫!
都内河北 鈴木です。

江部先生の糖質制限理論実践し、で重症化した糖尿病21年から3か月足らずで正常化し糖尿病完治生還してから、諸々思考力広がりました。

今も映画「おろしや大黒屋光太夫」見ていて冒頭から、1782年にロシア漂着直後から厳寒の地で生きながらえる為に食べるしかなかった食材は鳥獣類の肉だったのですね。

当時の日本の食生活は鳥獣類を食べることは禁忌だった事は理解しています。

しかし漂流者17人は3年余り後に日本に帰国するまで生きながらえたのはの糖質制限食生活だったのですね!!
まさしく糖質制限食生活証明者先駆者ですね!!

歴史からも真理が見え繋がります!!

江部先生、私はじめ知人で糖質制限食生活実践し改善体感した者は、私同様日々理解感動する事溢れています。

病態改善感動だけでなく思考力広がり未来が明るく期待できます。

しかしながら、患者に選択肢さえ与えない日本
医療界の隠蔽体質は何とも情けなく考えます。

私の父親は第二次大戦中、静岡連隊で玉砕地ガダルカナルの数少ない生還者です。

生死かけ自国の為と称し戦地へ往った父に、現在も可能性無いカロリー制限食理論を信奉する現在の日本医療界・日本糖尿病学会の現実を知ったらどの様に考えるのか聞いてみたいです。
現在はできません。

治療と称し対価受け取り真実隠蔽し後遺症残した私はいつまで正常心でいられのか悩む日々です。

只、江部先生の糖質制限食生活でどこまで改善するのか期待と葛藤の毎日です。

敬具

2015/08/09(Sun) 11:35 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
Re: 歴史上の事実、大黒屋光太夫!
都内河北 鈴木 さん


大黒屋光太夫のことは知りませんでした。
情報をありがとうございます。
2015/08/09(Sun) 11:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
大黒屋光太夫について訂正
都内河北 鈴木
先のメール内容訂正します。
大黒屋光太夫は、ロシア漂流帰国まで9年でした。
2015/08/09(Sun) 12:19 | URL | 都内河北 鈴木 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可