FC2ブログ
「糖質制限の教科書」 (洋泉社MOOK) 。ネット書店では、ジュンク堂にあります。
こんにちは。

洋泉社から
「糖質制限の教科書」
(洋泉社MOOK) ムック  ¥1080




が2015年6月12日に発売されました。
私が「監修」した本です。

教科書と題したムックですので、とてもわかりやすい構成となっています。

図や写真も豊富で、読みやすい内容です。

日頃、本が苦手の人でも、すっと一気に読めると思います。

これから糖質制限食を始める人には
おおいにお役に立てると思いますので、
是非ご一読いただけば幸いです。



お陰様で売れ行き好調です。
現在、インターネット書店では、ほとんど売り切れ状態で、ご迷惑をおかけしています。
一般書店では、在庫わずかの書店もありますが、まだいけると思います。

いま現在すぐに送料無料でオンラインでご購入いただけるネット書店さんですと
ジュンク堂に在庫がありました。
http://www.junkudo.co.jp/mj/products/detail.php?product_id=3000373672



出版社によるとお盆明けには、インターネット書店にも出荷できる手はずとのことです。

江部康二



☆☆☆

以下は洋泉社の内容紹介です。

基本から実践、理論までこの1冊でわかる正しいやり方で、無理なくやせる、健康になる!

・満腹OK! 血糖値を上げない!ひと目で分かる食材の選び方
・献立のつくり方
・知って納得!糖質制限でやせる仕組み
・続けるほど健康になる!症状別
・糖質制限の効果・疑問や不安を一気に解消する糖質制限Q&A

【監修】江部康二(えべ・こうじ)医師。
一般財団法人高雄病院理事長。
一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長。
1950年京都府生まれ。
1974年京都大学医学部卒業。
京都大学胸部疾患研究所第一内科(現京大呼吸器内科)を経て、
1978年より高雄病院に医局長として勤務。
1999年、高雄病院に糖質制限食導入。
2000年理事長就任。
2001年から糖質制限食にとり組む。
2002年に自身の糖尿病に気づき、自ら糖質制限食を実践、肥満と糖尿病を克服。
豊富な症例をもとに糖質制限食の研究を続けている。
主な著・監修書に『食品別糖質量ハンドブック』
『江部先生、「糖質制限は危ない」って本当ですか?』(ともに洋泉社)、
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2実践編 新版』(ともに東洋経済新報社)など多数
ブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」http://koujiebe.blog95.fc2.com/


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
某氏の記事より
この人はゆるい糖質制限に近いようですが、言ってることが定まらず(進化?)、困った人ですがスルーもできず。
一部転載いたします。

ttps://m.facebook.com/story.php?story_fbid=851450984939013&substory_index=0&id=396644500419666&refid=17&_ft_=top_level_post_id.851450984939013&__tn__=%2As
崎谷
『大脳の発達には炭水化物が必須:パレオダイエット』
・・・人類の大脳サイズの巨大化はここ3百万年にわたって起こった「食事」の変化がもたらしたものと認識されるようになっています。
特に肉の消費および火を使った調理がその大きな要因になっています。
今回の研究では、それに加えて調理したデンプン質の炭水化物とデンプンを分解する「アミレース」という唾液に含まれる酵素。
これらも大脳のサイズを大きくしたことに寄与していることが報告されました(The Quarterly Review of Biology, 2015; 90 (3): 251)。
人間の脳は全エネルギーのなんと25%を消費します。糖の消費にいたっては60%の過半数をしめます。
このような糖の大食い器官である脳を維持するには、糖質制限するような低炭水化物食ではとうてい維持できません。
(他のエネルギ―源があると主張される方。それはとても危険なことですよ~)
とくに妊娠中、授乳中の母親はさらに糖の需要が高まります。
このような時期に低炭水化物だと子供や孫の脳に悪影響を及ぼします。
原始人も農耕革命で穀物を定期的に摂取する以前から大脳を維持すべく炭水化物にちゃっかりアクセスしていました。・・・
2015/08/08(Sat) 10:00 | URL | 糖質制限食1年半 | 【編集
Re: 某氏の記事より
糖質制限食1年半 さん

「 FAO/WHO/UNU合同特別専門委員会報告」1989
によれば、
人体の基礎代謝の比率は
肝臓27%、脳19%、心臓7%、腎臓10%、筋肉18%、その他19% 
です。

確かに、空腹時でも脳、赤血球、網膜などは、ブドウ糖をエネルギー源としますが、
脳や網膜は、ケトン体をいくらでもエネルギー源とします。
唯一赤血球だけはミトコンドリアを持っていないので、ブドウ糖だけが唯一のエネルギー源です。

小児ケトン食実践中は、ケトン体が脳の主たるエネルギー源であり、ブドウ糖はほとんど使いません。

そして胎児の主たるエネルギー源はケトン体であることが、宗田 哲男医師の研究で
明らかとなっています。

2015年01月13日 (火)の本ブログ記事
「宗田先生ポスター発表。ケトン体は安全。日本病態栄養学会。」
をご参照いただけば幸いです。

2015/08/08(Sat) 17:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
電子書籍化を希望します
2015/08/10(Mon) 06:59 | URL | darekasan | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可