FC2ブログ
本ブログのコメント・質問・記事などに関するお願い
【本ブログのコメント・質問・記事に関するお願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

糖質制限食に関する質問についてですが、実際に高雄病院や江部診療所に来院されて診察した患者さんに対しては、医師としての責任・債務がありますので、個別に説明もしっかりさせて頂いていますし、フォローもしております。

一方、ブログ読者の皆さんの質問に関しては、糖質制限食に詳しい医師として、ボランティアで回答させていただいています。

診察もしておりませんしフォローもできませんので、責任もとれません。

私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見とお考え頂けば幸いです。

また、ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見とお考え下さい。

従いまして、読者の皆さんが私の参考意見を読まれて、どのように利用されるかは、自己責任でよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

そして読者の皆さんからもご意見いただきましたが、普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、ご自分の主治医にご相談頂けば助かります。

またネットで簡単に検索可能なことは、ご自分でお調べください。

質問が増えてきましたので、糖質制限食と関わりがないと判断した質問にはお答えできない場合もありますので、ご了承ください。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文記事にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。

質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、質問がかなり増えてきていますので、なかなか即、お答えすることが困難となってきています。

糖質制限食に関わりのある全ての質問に、本文かコメントでお答えするようできるだけ努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。


江部康二



【15/07/28 鳥ちゃん
甘味料
江部先生、いつも書籍とブログで勉強し、 実践して、 「HbA1c」を基準内にコントロール できているものです。
私は、糖尿病と宣告をされたのをきっかけに始めました。

さて、教えて頂きたいことは、 甘味料についてです。
☆パルスイートは、3g当たり、 エネルギーは0kcalで糖質は3.0g
☆ラカントは、100g当たり、 エネルギーは、0kcalで炭水化物が99.5g

私は、食べ物の成分を見るときは、 炭水化物(糖質)を見て、 食べていいもの悪いものを判断していましたが、 これらの甘味料のように、カロリーが0ならば、 他に成分があってもOKということでしょうか?
(カロリー0ならば、他の食べ物も安全ということでしょうか?)

以上、よろしくお願いします。】



【15/07/29 高安
鳥ちゃんさん
甘味料について、江部先生はこれまで何度も書いておられます。
ブログ左のカテゴリー案内に、「甘味料」がありますよ。
炭水化物と糖質の違いも、ネットで検索すればすぐに出てきます。
この程度のことでお忙しい先生の手を煩わせないで、まずご自分で調べてみては如何です?】



【15/07/29 鳥ちゃん
申し訳ありません
大変申し訳ございませんでした。

ただ、このようなことでも、 簡潔にお答えを頂ける、 私たちの味方の先生だと思い、 甘えてしまいました。

以後、気をつけます。


【15/07/29 老婆心
タイトルなし
調べればわかることを 尋ねる人も人ですが ブログの管理人でもない人が 質問を妨げるのもどうかと 思います

質問をされた人の気持ちを ブログ管理人の気持ちを 第三者が壊すのはよくないと 思います

質問にお答えになるかどうかは ブログ管理人の意思

あなたの意思ではないと思いますが いかがでしょうか】



鳥ちゃん さん

まず、エネルギーが0kcalならば、その食材が血糖値を上昇させることはあり得ません。

そして糖質・脂質・タンパク質のなかで、消化・吸収されて直接血糖に変わるのは糖質だけです。

脂質・タンパク質は、消化・吸収されて直接血糖に変わることはありません。

このように血糖値を直接上昇させるのは糖質だけなのですが、血糖値を上げない糖質もあるのです。

すなわち糖質に分類されている中でエリスリトールと合成甘味料は、血糖値を上げません。

エリスリトール以外の糖アルコールは、砂糖の半分くらい血糖値を上げます。

上記以外の残りのほとんどの糖質は、どのような食材でも同じように血糖を上げます。

糖アルコールは糖質ですが、その中でエリスリトールだけは、ゼロカロリーで血糖値も上昇させません。

キシリトールやマルチトールやソルビトールなどの糖アルコールは、砂糖の半分くらい血糖値を上昇させます。

エリスリトールは、

ラカントS(サラヤ)
パルスイートRカロリーゼロ(味の素KK)
シュガーカットゼロ顆粒(浅田飴)

の主成分です。

すなわち、ラカントSやパルスイートやシュガーカットゼロ顆粒は糖質制限OK食材です。

エリスリトールの安全性は、EUでもFDAでも認められていて、総量規制も特にありません。

まあ大量に摂取すれば、まれに下痢することはありえるとは思います。


さて、質問の件ですが、高安 さんの仰るように、自分でサクサクと検索できるようなれば一番いいのですが、なかなか難しい場合も多いですね。

扉ページのカテゴリーで甘味料 の項に66の記事がありますので勉強にはなると思いますが、情報が大量で大変です。

ともあれ、グーグルで
「甘味料 江部」
「糖質 血糖上げない 江部」
「人工甘味料 天然甘味料 江部」
とかで検索すると、早いです。
これらで、欲しい情報に辿り着けば、目的達成です。

一方ご自分で、上手く検索できないときは初歩的なことでも、糖質制限に関する質問なら、OKですよ。

初歩的でも大切な情報は、反復して記事にするようにもしていますので。


高安さんも老婆心さんもコメント、ありがとうございます。

ブログ読者の皆さん、それぞれ、ご自分の意見があると思います。

批判的な意見、辛口の意見、ニュートラルな意見、賛同の意見、質問・・・いろいろあると思います。

その中で冷静に意見交換したり議論するのは、とても、よいことと思います。

個人攻撃など不適切なコメントの場合は、管理人が削除しています。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ケトン食
糖質制限開始後の暫くの間は顕著に幸福感に包まれる気分が継続しました。(小学生の頃の遠足前日や、来週から夏休みが始まるようなワクワク感の様な。)今はそこまででもないのですが、マイナス志向が減り、日々の生活に向かう気持ちが楽になっております。(気持ちだけなのですが、、、笑)

こちらのブログのhttp://rokushin.blog.so-net.ne.jp/index/3
7/16の記事にある脳内の神経細胞の膜の電位変化が、健常人でも良い方向に影響を与える気がいたします。


2015/07/30(Thu) 12:02 | URL | tama | 【編集
糖質制限を始めて1ヶ月が経ちました。
江部先生、いつもブログを拝見し、勉強させていただいております。
私は、糖尿病ではありませんが、お菓子・甘いものが大好きで、食べ過ぎだと自覚もしており、なんとかしたいと思っていた時に、糖質制限に出会い、約1ヶ月が経ったところです。
寝付きが良くなり、体脂肪はもともと標準でしたが、3%減りました。特に、内臓脂肪のレベルが1つ下がったのには、驚きました。
ですが、気になる症状もいくつかあります。
便秘・口臭については、ある程度の期間で落ち着くと先生のブログにありましたので、それを待とうと思っておりますが、
むくみと皮下脂肪についてお聞きしたいのです。
糖質制限を始めた頃から、むくみ(特に脚)がひどくなってきました。
元々むくみやすい方でしたが、今までは、夜むくんでいても、朝起きると元に戻っていました。
今は、言葉が悪いですが、お昼頃にはパンパンで、足首がなくなり、象さんの脚のようになってしまいます。朝起きても、元に戻ることはなく、むくんだままです。
今までは、こんなむくみ方はしたことはありませんでした。
自分で、マッサージ・ストレッチ等をして、何とか解消しようと試みてますが、すぐに象さんに戻ってしまいます。
水分を取る量変わっていないのですが、糖質制限と関係があるのでしょうか?
また、体脂肪が減っているのに、お腹の脂肪(皮下脂肪ですね)が、かなりブヨブヨしてきました。
内臓脂肪が減った影響なのか、やわらかくなって取れる前兆なのか、糖質は制限してもカロリーオーバーで、新たな脂肪がついてきているのか、不安になっています。

お忙しいところ恐縮ですが、教えていただけると大変嬉しいです。
よろしくお願い致します。
2015/07/30(Thu) 15:19 | URL | りぃこ | 【編集
旧六号通り診療所の「石原藤樹」氏は要注意人物
tama さん、

> 糖質制限開始後の暫くの間は顕著に幸福感に包まれる気分が継続

そうそう、糖質制限して蛋白質をタップリとることで、幸福物質「セロトニン」の材料も豊富に摂取できますから、精神も安定します。

かつ血漿タンパクとして各種の栄養素を運搬してくれる「アルブミン」の濃度も正常化しますから、精神も筋肉も、機能が正常化します。

ところで・・・

> こちらのブログの
> http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/index/3
>7/16の記事にある脳内の神経細胞の膜の電位変化が、
>健常人でも良い方向に影響を与える

URL は正確には次の通りですね。
http://rokushin.blog.so-net.ne.jp/2015-07-16-2

これは旧六号通り診療所の「石原藤樹」医師のブログ記事です。上記の論文紹介の記事は、まぁマトモですが、それは石原氏が優れていたからではなく、紹介された原論文が優れていたからでしょう。

もちろん「過大な興奮が抑制される」というケトン体のメリット自体も、素晴らしいですが、これとて石原氏の功績ではなく、ケトン体の功績です。

この石原氏そのものは、要注意人物です。何故なら、次の本で、さんざん糖質制限の悪口を彼は言ってるんですが、

   http://www.amazon.co.jp/dp/4048661434/

なんと、その根拠に、あのBMJの2012論文を出してくる、という情弱ぶりです。
  (それが如何に低レベルかということは、「BMJ 江部」で
   検索すると、すぐ分かります。)

おまけに、この石原氏は、上記の自著の中で、こんな大嘘を言っています。

  「筋肉のエネルギーになるのは炭水化物なので、
   炭水化物が同時に補充されなければ、
   運動の効果もないのです」

この医師は、農耕革命以前の原始人が、699万年間、糖質制限しながら、野山を疾走して動物を狩猟していたことを、知らないんでしょうか? であれば、救いがたいバカです。もう「要注意」どころでは、ありません。

たぶん高蛋白食で血漿アルブミン濃度が正常化することも、そのアルブミンが各種栄養素を「筋肉」など全身に届けていることも、知らないんでしょう。たいへん危険ですよ、これは。

彼は、信州大卒ですか。偏差値「65」。まぁ、こんなもんですかね。
2015/07/30(Thu) 16:58 | URL | さとし | 【編集
Googleで江部先生のブログを検索するには
>ともあれ、グーグルで
>「甘味料 江部」
>「糖質 血糖上げない 江部」
>「人工甘味料 天然甘味料 江部」
>とかで検索すると、早いです。

Googleでサイト内のみを検索することも可能です。「人工甘味料」で江部先生のブログ内をGoogle検索したかったら、Googleの検索ボックスに:

site:koujiebe.blog95.fc2.com 人工甘味料

このように入力します。

あるいはGoogleカスタム検索というサービスを利用すれば、このブログ内にGoogle検索ボックスを挿入することも可能ですが、これはブログを管理している方でないと出来ません。

※FC2のブログ内検索は検索結果がちょっと使いづらいですね


2015/07/30(Thu) 17:07 | URL | J | 【編集
HbA1c5.6に改善しました(^^)
江部先生、ありがとうございます。
糖質制限を続けて9か月の劇症1型糖尿人、64歳、BMI22の男性です。
今日、月一診察でした。
ヘモグロビンA1cは前回から0・1改善し、5・6になりました。
「5・0の目標が見えてきました」
と主治医に言いましたら、
「インスリンポンプを使っている患者さんで、7・0を切る人すらいません」
と言いました。
なんででしょう?
理解できません。
たくさんの、ほんとうにたくさんの役にたつ情報が開示されています。
読んで、実践すればいいだけです。

ということで、「糖尿国」に来て9か月、私は、ジョナサン・スィフトの気分を味わっています。

「糖尿国」って、もしかしたら、「ヤプー国」なんですかねぇ?
2015/07/30(Thu) 17:15 | URL | ちくてつです | 【編集
色素沈着が消えました・・・?
いつもブログを楽しみに拝見しています。
4月から糖質制限を初めて3か月が経過したものです。

体質改善、ダイエットと思い、軽い気持ちで始めたらもう3か月以上たって驚いています。(糖尿病ではありません)

ただ、糖質制限をはじめてしばらくは、だるさ、生理不順、色素性痒疹などに悩まされされました。先生の以前のブログを拝見いたしましたところ、これらの症状は<摂取エネルギー不足によって生じうる症状>にあてはまっているのですが、私の場合、体重はそれほど減ってないのが、不思議です・・。(BMIは現在22.5です)
とはいえ、これからも試行錯誤しながら、続けていこうとおもっています。

ところでお聞きしたいのは、色素沈着についてなのです。私は2,3年ほど前にお腹の上の方に5百円玉くらいの大きさの灰色の色素沈着が3つもできてしまいました。目立つし、質感もざらざら、まるでそこだけ像の肌のようでした・・。
特に心当たりもなく、謎でしたが、消える気配が全くありませんでした。ところが、糖質制限を初めて3週間後に薄くなってることに気づきました

初めに気付いたのは3週間後でしたが、2ヶ月経つ頃には注意して見なければ気づかないレベルで、3ヶ月たった今は完全に消えています。
実は色素性発疹によるかゆみがあまりにもひどいので、皮膚科に行き、ついでにそちらのほうも見ていただきましたが、そのころにはすでに薄くなっていました。先生は、「タイプがちがうものだろう」とはおっしゃってはいましたが・・

色素沈着が消えたことと、糖質制限を始めたことは無関係なのかもしれませんが、あまりにもタイミングが良すぎて気になっています。それとも単なる偶然でしょうか?
2015/07/31(Fri) 01:00 | URL | 安野 | 【編集
Re: ケトン食
tama さん

糖質制限食で血糖値の乱高下がなくなるので、心理的に安定することは間違いないようです。

幸福感は、もしかしたらケトン体の効果かもしれませんね。
2015/07/31(Fri) 13:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限を始めて1ヶ月が経ちました。
りぃこ さん

糖質制限でむくみを生じることはありません。
塩分の取り過ぎにご注意ください。
あとは、糖質制限とは無関係にむくみが生じている可能性があるので
気になれば、病院で検査してみましょう。

糖質制限で体脂肪率が減って、内臓脂肪が減っているなら、皮下脂肪が増えることはないです。
2015/07/31(Fri) 13:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: Googleで江部先生のブログを検索するには
J さん

とても役に立つ情報をありがとうございます。

しりませんでした。助かります。

これから私も「site:koujiebe.blog95.fc2.com ○○」で検索します。
2015/07/31(Fri) 13:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: HbA1c5.6に改善しました(^^)
ちくてつ さん

劇症1型で、HbA1c5.6%とは、素晴らしいの一言です。
2015/07/31(Fri) 14:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 色素沈着が消えました・・・?
安野 さん

色素性痒疹では、苦労されたのですね。
2~3年ずっとあった、色素沈着が消えたのなら、糖質制限食が効いた可能性はあると思います。
2015/07/31(Fri) 15:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
ちくてつさま。

心療内科に通院し、
向精神薬がないと生活できません。
何がいけませんか?
2015/07/31(Fri) 18:47 | URL | まや | 【編集
インスリンの温度管理って、大事みたいです
 インスリンの温度管理の重要さに気づき、実践し始めて1週間です。
 インスリンの効果が以前よりずっと良くなりました。
 以前は、ポンプを胸に密着させていました。
 自分の体温でポンプ内のインスリンを30度以上にしてしまっていたのです。
 重大なミスでした。
 ですから、取り外したポンプ内の気泡を発見して、ぞっとしました。

 この猛暑、たいへんな気温になっていますから、インスリン注射を持ち歩いている方もぜひ、ファイテンのウォータクールタオルでインスリンの温度を30度以下に管理してください。

 血糖コントロールへの大切な近道です。

 ところで、まささま。
 私のコメントが誤解につながりましたら、お詫びします。

 そして、私の親友の女性が、若いころからの頻尿とパニック障害を、らくらく毛管運動で完璧に克服しましたから、良かったらどうぞ。
 彼女は、外出するときは、トイレのある駅を確認してからでないと、外出できなかったほどの状態から、完璧に復活しました。
 いまやたいへん元気で、笑顔が輝く68歳です。

 パニック障害を克服されたドクターが本を出されています。
 克服のキモは、股関節マッサージだと明かされていました。
 らくらく毛管運動の時に両足を90度くらいに開脚しますと、股関節がとても楽になり、爽快な気分にもなります。

 良かったら、お試しください。

 私は2006年からこの運動を工夫して続けてきました。
 劇症1型という極めて重篤な状態から生還し、全身を精密検査して「どこもわるくないです」と認定されたのも、らくらく毛管運動のおかげです。
 劇症1型発症の原因は、自己免疫が、小麦でダメになったのかな、とか自分で思っています。
 糖尿病死亡率ワースト1が、うどん県の徳島県。ワースト2が香川県。
 ワースト3の福島県、ワースト4の宮城県は、カップ麺の消費量が全国1位、2位のレベルだそうです。

 小麦は、控えたいですねぇ。私は麺類もピザも、パンも、食べ過ぎていました^^;
 
 全身の毛細血管がとくに集中する手足を微振動させることで、毛細血管の若返りが期待できます。
 
 糖尿病になって、毛細血管の重要性を認識しましたので、以前より熱心に行っています。

 最近は、朝の4時半くらいに目覚めますと、30分から40分行います。するとお腹が動いて、快便にもなりますし、朝食がほんとうに美味しくいただけます。

 そしてこの1か月で体重が1キロ減りました。
 ボディ・マス・インデックス=BMIは20くらいに落ちました。
 くわえて、これまで一度も、シックデイを体験していません。

 私の体験が1型糖尿人の役に立ちましたら、しあわせです。
2015/08/01(Sat) 10:27 | URL | ちくてつ | 【編集
ちくてつさま
私が聞きたいのは、
精神薬は麻薬で、副作用は恐るべきもの。
精神科の恐るべき実態とゆうもの。

全く理解できませんでした。
らくらく毛管運動というのは、
ちくてつさまが出されてる著書ですね。

江部先生、この様な使用をしてしまい、
申し訳ございませんでした。
2015/08/01(Sat) 17:42 | URL | まや | 【編集
Re: インスリンの温度管理って、大事みたいです
ちくてつ さん

インスリンポンプの場合、もインスリン注射の場合も、温度管理が大事です。
この酷暑ですが、それぞれ工夫して、自己管理で30度以下を保たなくてはなりませんね。
2015/08/01(Sat) 18:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
軽い糖質制限の場合
糖質制限を調べていくうちにこのサイトにたどり着きました。
今年30になるのですが、健康診断で血糖値がぎりぎり高め(100ちょうど、hba1cは5.3)だったので、糖尿病になるのを予防するために糖質制限を始めたのですが、どうしても一日あたり130グラムから160グラム程度の糖質を摂ってしまっています。
正直この程度の糖質制限では糖尿病予防には効果はないのでしょうか?
糖質制限を始める以前は少なくとも一日350グラムから450グラム以上糖質を摂っていたと思うので、これでもかなり削ったつもりなのですが
2015/08/01(Sat) 20:29 | URL | フルスイングいなり寿司 | 【編集
このブログについて、クスリについて、私の考えです
まやさま、精神科の薬についての私の情報は、内海聡さんの著書を参考にしています。

そして、私の友人の親戚や、私自身の親戚で精神科にかかって、いろんなことがあった人のことを参考にしましたが、詳しくは申せません。ですから、言及すべきでなかったと反省しています。

それに、江部先生のこのブログは、糖尿病の関係者のブログですから、それ以外の情報に触れたことが私のミスでした。
どうぞ、江部先生の管理人の方、私の情報を削除してください。

私が情報開示、提供できるのは、私の個人的な体験であり、工夫だけだと思います。

また、クスリは、反対から読むとリスクですから、すべてのクスリにはリスクがあります。

しかし、リスクもありますが、効用もあるのが、クスリです。

私は劇症1型を発症する前は、1日1箱のたばこを40年以上吸ってきました。
タバコによって緊張しすぎの精神を和らげてきました。
それに、タバコの効用については、たくさん情報があり、本にもなっています。

ただし、糖尿人は厳禁です。
血管が傷つき、合併症への近道となるからです。
私は江部先生の本で、入院中にそれを知り、禁煙し、今日に至りました。
夢にも見ないくらいに、完璧にタバコを絶ちました。
1日1箱のタバコ代は月1万5000円の出費でした
それが、月に1度の診察費の合計1万9000円前後になりました。
タバコ代が治療費に代わりました。
自分で苦笑してしまいます^^;

本題に戻ります。

私は1型糖尿病人です。
1型の仲間に貢献したいと思います。
それ以外のことに言及するのはやめます。

そして、江部先生は信頼できる2型糖尿人です。

このブログは2000万人はいると思われる1型、2型、それに予備軍の方が、健康で暮らせて、「合併症にならない」という目的のために運営されていると思います。
私も糖尿人に関係する、役に立つ情報を得たいと思っていますので、今後共、よろしくお願い致します。


2015/08/01(Sat) 20:35 | URL | ちくてつ | 【編集
Re: 軽い糖質制限の場合
フルスイングいなり寿司 さん

「一日350グラムから450グラム以上糖質摂取」

に比べれば

「一日あたり130グラムから160グラム程度の糖質」

摂取は、糖尿病発症予防効果に関して、はるかに、ましです。
現在、正常型ですので、それでまず大丈夫と思います。

さらに踏み込めば、120g/日くらいの「緩やかな糖質制限食」
なら、糖尿病発症予防効果に関して、一定のエビデンスがあります。
糖尿病予備軍レベルの方々が、69.4%正常型に改善しています。

2014年07月20日 (日)の本ブログ記事
「糖質制限食英文論文、新潟労災、前川智先生。境界型が正常型に。」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3036.html

をご参照いただけば幸いです。
2015/08/02(Sun) 09:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
【回答ありがとうございました】Re: 糖質制限を始めて1ヶ月が経ちました。
江部先生、お忙しいところ、回答下さり、ありがとうございました。
むくみは糖質制限と無関係、安心しました。
塩分も気を付けたいと思います。
糖質制限を始めてから、ちょっと体に不調が出ると、周りの人が『糖質制限のせいだ!すぐ辞めなさい!』と否定的なことばかりいいます。
ですが、信念?を貫き、続けていこうと思います。
これからも、先生のブログで勉強させていただき、また励みにもさせていただきたいと思ってます。
そして、何とかして、炭水化物漬けの旦那も、巻き込みたいです…。
ありがとうございました。
2015/08/03(Mon) 12:26 | URL | りぃこ | 【編集
江部先生お返事ありがとうございます。
糖質を一日あたり120グラム程度まで減らせば糖尿病予備軍から回復できるのなら、ゆるい糖質制限でもかなり効果があるのですね。
とりあえずは糖質を一日150グラム程度までに抑えていこうと思います。
2015/08/04(Tue) 19:59 | URL | フルスイングいなり寿司 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可