FC2ブログ
「なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか」 重版決定
「なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか」

江部 康二 (著)
ナツメ社
2015年5月18日刊行




こんにちは。

「なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか」
おかげさまで、重版が決まりました。
ブログ読者の皆様には、感謝・感謝です。m(._.)m


糖質制限のしくみ、食品の選び方・食べ方がこの本1冊でわかります。

糖質制限食がなぜ糖尿病によいのか、何を避けて何を食べればよいのか、また注意すべきことは何か。
この1冊で詳しく解説します。

この本は2010年に出版した
「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」ナツメ社
の内容を刷新した新版です。


旧版は、2014年9月現在で20刷を記録し、豊富なイラストと図解が読者から好評をいただき、発売から4年が経っても増刷を続けています。

旧版以降に糖尿病の研究が大幅に進み、日本の内外で糖尿病治療に大きな変化がありました。

新版を出すに当たり、そうした変化に応じて内容を一部改めました。

江部康二


以下は、「なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか」のはじめにです。

はじめに

2013年以降、糖質制限食に関連して5つのうれしい変化がありました。

1つ目はアメリカで、糖尿病の食事療法の1つとして正式に認められたことです。これは、米国糖尿病学会が2013年10月に出した栄養療法に関する声明で発表されました。さらに同声明では「唯一無二の糖尿病食事療法はない」と明言しています。日本糖尿病学会の2013年3月の提言においては、「腎障害や脂質異常の有無に留意して・・・炭水化物の摂取比率が50%エネルギーを下回ることもありうる。」という記載もあります。しかし基本は相変わらず唯一無二のカロリー制限食(糖質50~60%)を推奨していますので、米国糖尿病学会の声明は日本糖尿病学会への痛烈な批判となっています。

また、日本腎臓病学会は「CKD治療ガイド2013」で、eGFRが60ml/分以上あれば、顕性タンパク尿の段階でも、タンパク質制限の必要なしとしました。即ち糖尿病腎症第3期でも eGFRが60ml/分以上あればタンパク質制限の必要なしなので糖質制限食も実践しやすくなりました。eGFRが60ml/分未満の場合は個別に相談して糖質制限食を導入するか否かを相談することとなります。

さらに2012年度の厚生労働省の調査で、糖尿病の患者数の増加率が激減し、予備群は調査を開始して以来、初めて減少したことが、2013年に発表されました。その背景には、2008年から2010年の調査で97年以来13年ぶりに炭水化物摂取比率が減少(60.4%→59.4%)し、97年以来13年ぶりに脂質摂取比率が上昇(24.9%→25.9%)したことがあります。ここ数年糖質制限食が急速に広まってきたことが大きな要因であることは間違いないでしょう。

4つめとして、血中ケトン体高値の安全性が確立されました。日本病態栄養学会年次学術集会(2014)において宗田哲男先生が、胎盤絨毛のケトン体値は成人基準値の20~30倍であることを報告され、ケトン体への懸念は払拭されました。
5つめとして、2014年7月の日経メディカルアンケートにおいて、回答した2263名の医師の過半数が「糖質制限」支持であることがわかりました。 

こうした、糖質制限食への追い風ともいえる情報が、ここ数年続々と現れています。

この本は2010年に出版した「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」の内容を刷新した新版です。旧版は、2014年9月現在で20刷を記録し、豊富なイラストと図解が読者から好評をいただき、発売から4年が経っても増刷を続けています。

旧版を出版した当時は、「糖質」という言葉も一般的ではありませんでしたが、近年「糖質制限食」は雑誌やテレビで糖尿病の治療としてよく取り上げられ、広く認知されています。ダイエット法や健康法としてもよく聞かれるようになりました。

また、糖質オフのビールやスイーツ、パンも開発が進み、コンビニやスーパーで手軽に手に入るようになりました。糖尿人にとっては、かなり過ごしやすい環境になったのではないでしょうか。

糖質制限食の方法としては、やはりスーパーが一番のお奨めです。特に糖尿人においては、食後高血糖を生じない唯一の食事療法が「スーパー糖質制限食」です。旧版以降に糖尿病の研究が大幅に進み、日本の内外で糖尿病治療に大きな変化がありました。新版を出すに当たり、そうした変化に応じて内容を一部改めました。

基本的に糖質制限食は安全な治療法ですが、進めていく上でトラブルが起きたり、まれに不快な症状が現れたりする人もいます。それに対する解決法も示しています。糖質制限食が広まったことで出てきた批判にも返答していますから、不安や心配を払しょくし、安心して糖質制限食に取り組んでいただけます。2015年2月現在の糖質制限食の最新情報を網羅していますから、旧版や既刊を購入いただいた方にも、今回の新版はお役に立つでしょう。

本書が、糖尿人ならびに糖質セイゲニストの豊かな生活と食事の一助となりますことを、心よりお祈りします。

2015年4月
高雄病院理事長  江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
はじめまして
先日の、縄文人の虫歯のお話、とても興味深かったです。
しかしナッツ類に含まれる糖質は少なそうですけど、それでも虫歯になってしまうものなんですね?
3歳の子供のおやつに何をあげようか迷ってしまいます。(お菓子とジュースはあげていません)
それともいくら木の実といえど、やはりダラダラ食べていると虫歯になりやすいのでしょうかね?
2015/06/26(Fri) 18:54 | URL | ぼて丸 | 【編集
Re: はじめまして
ぼて丸 さん

お菓子やジュースに比べれば、ナッツは断然OKです。
くるみはとくにいいです。

さらにいいのは、天日干しのスルメとか、小魚、小エビなどですね。
アボカドもいいですよ。
2015/06/26(Fri) 19:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
ライザップ騒動
週刊新潮に他にも「隠し球」がある? ライザップ社内で不安も

http://news.livedoor.com/article/detail/10277552/
2015/06/26(Fri) 22:10 | URL |  | 【編集
お伺いしたいことがございまてコメント欄より問い合わせをさせていただきました。どうぞよろしくお願い申し上げます。

実の姉(45歳)が1型糖尿病になり15~16年になります。この糖質制限食治療を勧めたいのですが、姫路市在住でございまして、姫路市内または兵庫県下で糖質制限食での糖尿病治療をしていただける病院をお教えいただけないでしょうか。

また主人の父(79歳)は糖尿性腎症4期で左足指先より壊疽も始まっており現在は足のカテーテル検査と治療をするべく入院中でございます。

糖尿性腎症4期ではやはり糖質制限食を実行するのは難しいでしょうか。
治療後、足の血流が確保されても高血糖状態であれば数か月後には再び血管が閉塞するのではないかと思います。

ただパン食や間食、甘いものも大好きで自己制御も聞かない状態でございますので、今後どのように接すればよいかと悩んでおります。

私は主人の両親とは同居しておりまして私が家族の食事を作らせていただいております。現在義父の食事はカロリー1日1600キロ、タンパク質と塩分制限食を作っております。

糖質制限食が無理であれば少しでも体が楽になり余命を伸ばせるように食事面で私ができることはございますでしょうか。

お忙しいところ突然このようなことをお伺いいたしまして申し訳ございません。
どうぞよろしくお願い申し上げます。
2015/06/26(Fri) 22:37 | URL | aki | 【編集
糖質オフ食品は血糖値上昇をさせない、追加インスリン分泌をさせないのですか?
2015/06/26(Fri) 23:16 | URL | まぁみ | 【編集
akiさん糖質制限食をおすすめします
 akiさま、劇症1型糖尿病を昨年11月に発症し、幸運にも救われて、入院していた大学病院のローソンで江部先生の「糖質オフ健康法」を発見し、その日から糖質制限を始めた者です。
 お役に立てるかもしれませんので、参考にしてください。

 まず、私の血糖値の推移です。月に1度、1型は主治医の診察が必須ですね。毎回、数値を知らされます。
 発病1か月後、退院直後の12月9日 HbA1c 7.0
 1月20日 同 5.7
 2月17日 同6.0
 3月19日 同6.3
 4月23日 同5.5
 5月28日 同5.8
 6月25日 同5.7

 主治医は「合併症は出ません」と言ってくれます。しかし、主治医の担当する糖尿病の患者さんで、HbA1cが6.0以下の人は皆無であり、ほとんどの人が8.0を切ろうと四苦八苦しているそうです。
 「あなたのような患者さんばかりなら、医者は楽なんですけれどねぇ」と苦笑して明かしてくれました。

 HbA1cが6.0は平均血糖値が135mg/dlです。これ以下なら合併症のリスクはとても小さいとされています。
 しかし、7.0なら170mg/dl、8.0なら205mg/dlです。
 血糖値が180mg/dlから血管内皮が傷つき始め、合併症のリスクが出てきます。

 なぜ多くの糖尿人が血糖をコントロールできないのでしょうか?
 以下、理由を考えました。

 1)正しい知識を学んでいない。
 合併症を予防するために、知識が必要だとしっかり認識しなければなりません。

 糖尿病の家族の看病、介護などの負担は、その他の家族にのしかかってきます。失明、下肢切断、血液透析などになったら、本人も家族も大変です。医療費の負担も大きくなります。
 私の場合で、月に診察費、インスリンポンプのレンタル代その他で1万9000円くらいかかっています。
 これが一生、かかります。

 「自分を助け、家族を助けるために」、知識を学ぶということが絶対に必要です。

 しかし、糖尿病は、akiさんの課題でなく、お姉さま、そして義理のお父様の課題です。
 「お姉さん、この情報を読んで、実践してくれたら、私はうれしいわ」
 「お父さん、この情報を実践してくださったら、私はうれしいです」
 あくまでもサポート役というアプローチでなければ、聞き入れてもらえないでしょう。そして、相当な知識がなければ、説得力がないでしょう。
 まずは、akiさんが江部先生の代表的な本、アマゾンで人気のある順番に4冊くらい、1冊を4回読み返しましょう。4色ボールペンを用意し、大事なところに線を引きます。1度めは黒、2度めは青、3度めは緑、最後の4度めは赤。
 これで大事なことが脳に刻まれます。

 2)血糖値の測定が絶対に必要ですが、行っていない人が多い。
 1型糖尿病は保険で、1日4回の血糖測定コストがサポートされています。
 また、並行輸入品の血糖測定器はセンサーが200枚で1万円程度と超安価です。
 お父様にも血糖測定の意義を知っていただきたいですね。

 そして血糖測定の記録を毎日つけると、励みになり、本当にコントロールができるようになります。
 たとえば、昨日、私の血糖の推移はこうです。

 朝イチ 103mg/dl
 昼前102 
 モスバーガーでレタスばさみのハンバーガーとコーンスープの昼食をいただいた2時間後149
 午後7時の夕食前120
 就寝前130

 糖尿病の人で、これほどフラットにコントロールできている人は少ないと思いますが――。
 でも、私ができたのですから、誰でもできる「はず」ですね。

 3)糖尿病になったら、「糖質制限食」しかありません。
 白いご飯、寿司、パン、パスタ、そば、うどん、ラーメン、ピザ、お好み焼き、お菓子、清涼飲料水、日本酒、ビールなどなど、すべて「厳禁」です。
 が、たくさん、いただけるものがありますから、江部先生の本で学んでいただきたいですね。

 糖尿病になって、食生活を変えないのは「合併症へまっしぐらの道」だと理解しましょう。
 
 4)糖尿病の人は足のケアが絶対に必要です。

 このことについては、こちらのブログに足のケアのことを書きました。「バーンスタイン先生の糖尿病の解決」で知った知識を実践しています。
 多くの友人、お母さんたちが私に賛同して、グレープシードオイルによる足のマッサージを行っています。
 糖尿病の人から「痛かったタコの痛みが数日で消えました。3週間くらいでタコが柔らかくなっています。消えると思うのです」と報告がありました。
 
 以上です。
 同じ「糖尿国」の一員として、皆さんがこの知識を活かされることを私は希望します。

 
2015/06/27(Sat) 09:01 | URL | ちくてつです | 【編集
Re: akiさん糖質制限食をおすすめします
ちくてつ さん

コメントをありがとうございます。

akiさん、私もちくてつさんと同意見です。

アドラー心理学的には、
糖尿病は、akiさんの課題でなく、お姉さま、そして義理のお父様の課題です。
ご本人達が、自分で納得して、糖質制限食を選択するということから
始まると思います。


2015/06/27(Sat) 09:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re ちくてつ様
ちくてつ様 コメントいつも拝見させていただいてます。私も1型ですが、今回のような食事の例の際、インスリンは何を何単位打ってますか?15年やっていますが、やっと糖質制限食にたどり着き5月から試行錯誤で量を調整しています。まだプチとスタンダードの中間です。よろしくお願いします。
2015/06/27(Sat) 12:11 | URL | ラスおやじ | 【編集
Re akiさん糖質制限食をおすすめします
ちくてつ様 先生のブログと共にいつもコメント拝見させていただいてます。私も1型で15年前からインスリンを使用しています。2005年には先生の本に出合っていたのですが、1型には難しいと思いあきらめていました。最近コントロールが極端に悪くなり、糖質制限のこのブログにたどり着き、先月から少しずつ実践しています。まだ試行錯誤なのですが、ちくてつさんの今回の食事例の場合は、インスリンの量は何単位なのでしょうか?人によりさまざまですが、参考にさせていただければ幸いです。
2015/06/27(Sat) 12:50 | URL | ラスおやじ | 【編集
Re: タイトルなし
まぁみ さん

糖質オフは、糖質ゼロに比し、糖質含有量が少し多いです。

糖質オフは、その食品や飲料に含まれている糖質が、
一定量(食品100g当たり5g、飲料100ml当たり2.5g)以下であれば「オフ」といえます。

糖質ゼロは100ml中糖質0.5g未満を、糖質0(ゼロ)で表示できます。

2009年06月25日 (木)の本ブログ記事
[カロリーゼロ、糖質ゼロ、糖類ゼロ、甘味料]

をご参照いただけば幸いです。
2015/06/27(Sat) 14:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
荒らしの権兵衛さんへ。ライザップの件なら
すでに江部先生が、ご回答済みです。

http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3425.html

そんなに糖質制限へのネガキャンがしたいんですか? なかなか某学会も、しつこいですね。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3344.html
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3408.html

この記事でも読んで、心を入れ替えましょう。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-3252.html
2015/06/27(Sat) 15:28 | URL | さとし | 【編集
ちくてつ様、江部先生、ご返答をありがとうございました。 akiより
ちくてつ様、

本当に心あるご返答を頂戴いたしまして、感謝の念が堪えません。

姉は長年「エネルギー制限食」での糖尿病治療を行っておりましたが、今年の初めごろ高血糖で倒れ、救急病院に緊急入院いたしました。
その日は昼食を食べそこねたため、インスリンを注射しなかったようです。医師の説明不足であったと思われますが、インスリンを注射する、しないを自己で判断していたそうです。
入院先の救急病院で新たな医師に出会い、現在は「カーボカウント」を実行しています。

ちくてつ様のHbA1cと血糖値の数値の変化には大きな勇気とはげみをいただきました。
以前姉に私が糖質制限食を始めてみる旨を伝えましたところ、「臓器をキズつけるので多少は糖質のとらないといけないよ」と返事が返ってまいりました。
私はそのようなことはなくて、むしろ良くなると思っておりますが、まだ知識不足のため説得力に欠けております。

現在、先生のご著書の「なぜ糖質制限をすると糖尿病が良くなるのか」を熟読しています。
アドバイスどうり4回ラインを引きながら読んでみようと思います。
もちろん糖質制限食を私自身も実行しながらです。


江部先生、

義父には健やかに余生をすごしていただきたいと願っております。義父の状態では糖質制限食が可能かどうかわかりませんが、高雄病院の受診を視野にいれて、興味をもってもらえるように家族と相談しながら一歩づつ前進できればと思います。


江部先生、ちくてつ様、ご返答を本当にありがとうございました。今後もブログやご著書より勉強をしていきたいと思います。
ありがとうございました。







2015/06/27(Sat) 16:03 | URL | aki | 【編集
ラスさま、良かったら参考にしてください
 らすおやじさま、1型の先輩ですね。
 15年、長い年月ですね。
 しかし、糖質制限によって、「糖尿国」に希望の光を灯していただきたいですね。
 私もそう思って努力しています。
 1型糖尿病の方は、インスリンがでませんから、1921年にインスリンが発明されるまでは「死病」でした。
 インスリンもイーライリリーの良い製品が発明されて、副作用のない、50年以上打ち続けても生きられる人が多くなりました。
 
 でも、いちばん大事なことは血糖値のコントロールです。
 私の7か月の体験から、バーンスタイン先生が5.0くらいでコントロールされている、それで80歳になられているということは信じられませんでした。
 そもそも、「血糖値はコントロールできない」と、ほぼすべての医者が考えていたのに、技術者のバーンスタイン先生は、科学的思考で、「できる」と思いつき、実践し、実現されました。その方法を、1型の患者さんに教えています。
 
 ひけつは何でしょうか?

 1も2も3も4も5も、糖質制限に尽きます。
 糖質制限以外に、血糖をコントロールすることはできません。

 しかし、ラスおやじさんのように、血糖値のコントロールが難しい人が大勢います。
 
 私のコントロール方法が参考になりましたら、幸いです。できるだけわかりやすく紹介します。

 まず、劇症1型で意識不明となり大学病院へ運ばれ、死にかけました。その時、うちの奥ちゃんは「ダメかもしれない」と覚悟したそうです。そう実の姉、姉の夫に話しました。
 ところが、幸運にも生還。
 入院した直後に、本当に幸運にも、大学病院のローソンの本棚で「糖質オフ健康法」を発見し、その日から始めました。
 朝食のパンは8分の1くらい、ご飯も4分の1とかにしました。
 ナースは「どれくらい食べました?」と聞いてきます。
 周りの糖尿病患者たちは、「完食しました」と元気よく答えていましたが、血糖値は200超え、300超えでした。
 私も200超えが長く続きました。
 そして、退院してもいいと許され、「あなたならインスリポンプを使えるでしょう」と、習熟訓練を数日間した後で、インスリンポンプ生活の退院になりました。

 インスリンの量は、私は当時、体重60〜61キロでした。
 主治医が定めてくれた基礎インスリンの量は毎時0.35単位の24時間分ですから、8.4単位です。
 現在は、多少いじって、暁現象に対処するために、7.5単位にしています。
 インスリンポンプに使うインスリンはリスプロ(速攻型)のヒューマログというインスリンです。
 基礎インスリンは、毎時、0.35とかが入るようになっているので、「注射よりはるかに楽で、コントロールが容易です」
 ボーサルという注入は、食事の前に行います。
 たとえば、私は毎朝、奥ちゃんが用意してくれる「野菜サラダ」(各種の野菜とココナッツオイル、納豆など)を1皿、それに味噌汁をいただきます。
 たまぁに、パンを頂く時は、江部先生監修の糖質制限パンを1切れバターをつけていただきます。
 奥ちゃんも付き合ってくれていますが、この糖質制限パンと糖質制限食のおかげで10キロ減量し、理想体重に近づいています。スタイルが良くなった、若返ったとほめられるので、私の糖質制限にしっかり協力してくれています。

 ボーサルの量は、その時で違います。

 コントロールが容易だと、ボーサル量も本当に容易で、「血糖の予測」ができるのです。
 
 朝イチの血糖値を測り、ボーサルのインスリン投入量を計算し、昼前の血糖値を測定すると、予定した範囲内に収まっている。
 1型糖尿人には、想像できないコントールかもしれませんが、「できます」。

 そのためには、
 1)朝食のメニューを固定する。
 2)昼食もできるだけ固定する。私は野菜スープですが、週に何度か浮気します。ハンバーグ定食(ごはんはいただきません)、モスバーガーのハンバーグをレタスで挟んだもの+コーンスープ。
 コーンスープはほんとうはNG食品ですが、モスバーガーのコーンスープは炭水化物18グラム相当で、私の血糖値を80〜90mg/dlもあげますが、その分2単位のインスリンを入れて、相殺します。
 コーンスープの美味しさに、糖質制限を緩めているわけです^^;
 
 では具体的に、1型糖尿人のインスリン投入量を算定する方法を紹介します。

 私の6月26日の0640時の血糖値は103mg/dlでした。
 これに対し、いつもの決まった朝食をいただきますから、午前中の自然な血糖値の上昇も加味し、また午前中には毎時0.3単位がポンプかた供給されていることも考慮し、インスリン1.5単位を朝食前に入れました。
 昼前の1044時の血糖値は102mg/dlでした。
 きちんとコントールできています。
 インスリン投入量を決定する方法は、
1)食前の血糖値を測定する
2)食後2時間の血糖値を測定する
 試行錯誤でしか、わかりません。
 ですから、朝食は毎日、同じものをいただく必要があるのです。
 
 食前の測定、食後の測定。
 これを繰り返すことによって、「何をどう食べれば、血糖値がどうなるのか?」、体験的にわかってきます。
 そして、「これはちょっと控えよう」と量を減らせるので、血糖値のコントロールができやすいのです。

 私の場合、バターピーナッツは大好物ですから、血糖値があがるとわかってもやめられません。が、量や食べる時間帯、食べ方を工夫し、「血糖値が跳ねない」ようにしました。
 まだまだコントロールが難しく、試行錯誤の状況ですが、インスリンポンプを使い、こんな具合のコントロール状況です。
          基礎インスリン  ボーサル   合計       血糖値の合計÷回数
 6月23日    7.5単位   5.2単位   12.7単位  126mg/dl
 6月24日    7.5単位   6.5単位   14.0単位  111同
 6月25日    7.5単位   9.5単位   17.0単位  129同
 6月26日    7.5単位   8.0単位   15.0単位  120同

 かなり良好なコントールができるようになりました。目標はHbA1c5.0前後です。
 低血糖を起こさず、この状態を維持することが課題です。
 その一方で、できるだけ工夫して、コーンスープ、お寿司(親指大のものを懇意な板前さんに握ってもらっています)、天ぷら(衣は剥がします)、糖質制限パン、糖質制限チョコ、同シュークリム、同ケーキなども、たまぁにいただいています。
 そして毎日、焼酎、糖質ゼロ&プリン体ゼロのビールや、赤ワインもいただいています。
 つまり、食べることにストレスなく、血糖値をコントロールしたいと願い、工夫を重ねてきたわけです。

 結論です。
 ラスおやじさん、
 1)糖質制限は絶対です。
 でも、私たちおやじには料理その他で、難しいです。
 どうしても、家族の協力が必要です。
 糖尿病は私たちの課題ですから、家族に料理その他で協力してもらうには、「私は糖尿病合併症になりたくない。失明したくない、下肢切断したくない、血液透析したくない」と詳しく説明しましょう。
 とくに糖尿病由来の血液透析は、5年生存率が50%。2人に1人が死ぬ、死のロシアンルーレットになってしまうということを家族に説明しましょう。
 「そして、どうか、私のために協力してほしい」とお願いします。
 家族の協力なしに、糖質制限はできません。
 男性は無理です。

 2)血糖の測定が絶対に必要です。
 私は毎日4,5回、指に針を刺して測定しています。
 「痛いですか?」と聞かれます。
 もちろん、「痛いです」
 が、この痛みは「生き延びるための痛み」だと思えばどうということはなく、耐えられます。
 測定の工夫も大事ですね。
 測定する指を、血糖値ログに記入しておきます。
 6月27日でしたら、
 朝イチ1a  昼前1b 午後2a 夕食前2b 就寝前3c
 1は親指、aは手前で、bは向こう側です。指の両面に、a、bと記号をつけておけば順番に針を打つことができます。

 以上ですが、1型糖尿人21万人の方の参考になることを、私は希望します。

 
 

2015/06/27(Sat) 18:03 | URL | ちくてつです | 【編集
こんにちは 質問させていただいてもよろしいでしょうか?
40歳女性 身長167センチ 体重53キロ 体脂肪19% 最近hba1cを測ると 5.5でした 空腹時血糖値は101でした

やや高いように思います

正常値ではありますが 今から軽い糖質制限をしていくべき値でしょうか?
普段から満腹になるまで食べてしまう 癖があるので 今後の方向性について 悩んでおります
周りなどは 正常値なのだから大丈夫だと言いますが どうでしょうか
2015/06/27(Sat) 19:54 | URL | 心配 | 【編集
Re: タイトルなし
心配 さん

日本糖尿病学会は、2008年空腹時血糖値の正常域のうち、
110mg/dLから100mg/dLを「正常高値」としました。
日本人を対象とした研究で、空腹時血糖値が従来の正常域である「110mg/dL未満」であっても、
「100mg/dL以上」の場合は糖尿病への移行率が有意に高かったそうです。

従いまして、今から緩い糖質制限をしておけば、
将来の糖尿病発症が予防できると思います。
2015/06/28(Sun) 10:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re:ラスさま、良かったら参考にしてください
ちくてつ様 詳しいご説明ありがとうございました。1型で、糖質制限を実践していらっしゃる方のお話を始めてお聞きしました。
ものすごく勇気が湧いてきます。私も最初はHba1cが7.0%前後で推移していましたが、5年経ち10年経ちと0.5%ずつ悪化してきて最近では10.0%を超えてしまい途方に暮れていました。
血糖値の測定をこの3か月1日3回以上行うようになり、少しずつ改善してきて、今月は8.6%までなりました。次回は7%台を目指しています。
1gの糖質が4~5ml血糖値を上昇させると計算してインスリンの量を決めています。基礎インスリンはトレシーバ16単位で食前はヒューマログを4~8単位打ってます。しかしなかなかぴったりと合わず、食後2Hが180以上とか逆に70とかになることで、安定しません。
やはり食事の時間や内容を決めておくことが大切ですね。しかし、朝空腹時血糖値が100前後に安定してきているので心強く感じています。
アルコールも糖質0のビールを開発してくれたメーカーの方に感謝しつつ楽しんでいます。ある意味、以前よりも食事が気持ちよく楽しめています。
先日江部先生の「食品別糖質量ハンドブック」を購入し持ち歩いて眺めています。いろんなものが食べられそうで希望が湧いてきます。
これからもコメントよろしくお願いします。
2015/06/28(Sun) 10:56 | URL | ラスおやじ | 【編集
お忙しい中 お返事ありがとうございました 空腹時血糖値は確かに高いですね
 hba1cについても5.5という数値は 今から緩い糖質制限をしていったほうが良いと思われる数値でしょうか?
すみません その1点だけおしえていただけたらありがたいです
2015/06/28(Sun) 19:01 | URL | 心配 | 【編集
Re: タイトルなし
心配 さん

その通りと思います。
2015/06/28(Sun) 19:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生優しいですね!
江部先生

いつもブログの更新をありがとうございます。
毎日先生のブログにお邪魔するのが楽しみで、色々勉強させていただいてます。

色々な方のコメントも読ませていただいてますが、先生はお忙しいにも関わらずほとんど全てのコメントに返信して下さってますね。本当にありがたい事だと思いますが、大変だろうなあと感じています。

素朴な疑問ですが、皆さん、少しはご自分で考えたり勉強したりしておられるのでしょうか?
このブログは、単なるお悩み相談所ではないはず。
江部先生の御著書を読んで、ブログを読んで、糖質制限を少しでもやってみて、そのうえでの悩み事ならわかります(基礎疾患があって糖質制限が難しい人は例外です)が、コメントを読んでいると、???と感じる事が多いです。
毎回それらに答えて下さる江部先生は、さすがだなあと・・・。
私も、色んな場面で色んな質問をされますが、それら全てに答えられるわけではなく、必要があれば自分なりに調べて、そのうえでお答えしたり、分からないと正直にお伝えしたり。
ただ、ここで、一般の方が質問されるのはまだ、仕方ないのかなと思えますが、残念だなと思えるのは、私より学歴も上で経験も上である上司がご自分ではろくに調べもせずに安易に私に質問される事。しかも同じ事を何度も。

私自身もまだまだ勉強不足だなあと感じていますが、自分の身体・自分の事は自分自身にしか分からない事もたくさんあります。ですから自分なりに勉強して色々考えたうえで、それでも分からない事があれば質問させていただきたいなあと思います。

江部先生、日頃から感じていた素朴な疑問を投げかけてしまいました。申し訳ございません。お返事は不要です。
また、このコメントが掲載されるのに問題がある様でしたら、コメントは破棄もしくはスルーして下さい(^^)

さちこ
2015/06/28(Sun) 21:19 | URL | さちこ | 【編集
らすさま、ご参考まで
 らすさま、情報開示、ありがとうございます。
 1型糖尿人は、重篤な病気(インスリン無しで生きられない)ですから、「1型糖尿国」という運命共同体のために、情報開示できる人は積極的に、そうしたいですね。
 意義のある貢献だと思います。
 らすさまの8.6は、ぜひ、もっと下げていただきたいですね。
 私の体験から、いちばん影響があるのが、夕食の血糖値だとわかっています。
 たとえば6月11日、夕方が88mg/dlでしたので、インスリンを入れずに食事をするという間違いを犯しました。
 じつは焼酎で酔っ払っていて、失念したのです^^;
 就寝前に測ると、240mg/dl!
 あわてて3.5単位をベーサルで入れました。
 が、翌朝は184mg/dlと、高血糖状態でした。
 ということは、就寝時から朝まで、かなり高い数値であったと想像できます。暁現象を考慮しても、高いと思います。
 しかも、7か月間の血糖値ログを点検すると、このパターンがかなり頻繁に起きていると判明しました。
 そこで、夕食の炭水化物はもちろんゼロですが、糖質もコントロールするようにしました。
 そして最近やっと、就寝時が低く、朝も低い状態になってきました。
 「血糖コントロールのカギは夕食にあり」
 らすさまも、就寝時の血糖を下げるという目標で、糖質制限されれば、きっと成功すると思います。
 成功されることを、私は希望します。

 1型の方に美味しい情報です。
 モスバーガーの「菜摘みハンバーガー」は血糖がほとんどあがらないとわかりました。
 コーンスープを一緒にいただくと、炭水化物が18グラムありますから、私の血糖をほぼ90mg/dlあげました。
 これはインスリン2単位分です。
 コーンスープ1杯とインスリン2単位の取引は、人それぞれでしょうね。
 私の場合、若干引き気味になりました^^;

 新宿三丁目の焼肉のお店、「ブラックホール」のハンバーグ定食は1000円で、たいへん美味です。
 ご飯、ポテトはいただかない食べ方で、私の血糖値を105mg/dlあげました。
 インスリン2.5単位です。
 この美味しいハンバーグをいただくために、食前に2.5単位注入するのは、歓迎です(^^)

 こんな風に、私はバーンスタイン先生の方法を習って、何かいただくときは食前の血糖値を調べ、食後1時間の血糖値を調べて、インスリンをできるだけ低めに、有効に使いたいと努力しています。

 また、経験から、血糖値を低くコントロールできているときは、インスリンの誤差が小さい=効き目が良いとわかりました。

 以上です。
 参考にしていただければ幸いです。
2015/06/29(Mon) 08:19 | URL | ちくてつです | 【編集
Re: らすさま、ご参考まで
ちくてつ さん

いつも参考になる情報をありがとうございます。

「夕食の炭水化物はもちろんゼロですが、糖質もコントロールするようにしました。」

タンパク質は、どのようにしておられますか?

内因性インスリンがゼロの場合、タンパク質(リジン、ロイシン、アルギニンなどのアミノ酸)が、
グルカゴンの糖新生を介して、間接的に血糖値を上昇させますので。
2015/06/29(Mon) 08:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
魚、卵、お肉をいただいています
 江部先生、いつもお世話さまです。
 多くの人がこのブログで勇気づけられています。
 私も一員です。
 私の夕食は、魚、卵、豆腐、お肉、野菜サラダ、衣を剥がした国産ヒレカツなどです。
 炭水化物はゼロです。
 たまぁに糖質制限パンをいただきます。
 昨日、糖質制限シュークリームを半分いただきました。
 たいへん美味しかったです(^^)

 そして、バーンスタイン先生が「1型糖尿病は固形物を食べれば血糖値があがる」と言われていることを念頭に置いています。
 また、タンパク質も、糖質ほどではありませんが、血糖値はあがります。
 ですから、バーンスタイン先生の「腹八分」の心掛けも、念頭に置いています。

 外食も、工夫して、週に2度くらい、行っています。
 お寿司は、刺し身の盛り合わせ、魚のあら汁でお腹を少し満足させて、懇意な板前さんに、以前から糖尿病だと明かしていますので、「酢飯を親指大でお願いします」と言って、コハダなどを2、3貫握っていただき、それに鉄火巻きをいただいています。
 これで血糖値が跳ねることはありません。
 おでん屋さんも大丈夫です。
 刺し身を出すお店ですので、刺し身をいただいてから、糖質の低い、豆腐、タコ、コンニャクなどです。
 体重の変化は退院直後の61キロ前後から、現在は59キロ前後で変化のない状況です。
 身長168センチですから、ほぼ理想体重です。
 尿アルブミン値も正常です。
 
 ところで、私の血糖コントロールのいちばんの決め手は「インスリンポンプ」のトラブルが解消したことでした。
 インスリンのでない1型糖尿人にとって、ポンプのトラブルは本当に深刻です。メーカーである日本メドトロニックの24時間電話サポートの窓口に、6、7回電話をかけました。半年間に6、7回です。
 そして、助言通りに、針を取り替えて、インスリンを入れて1時間後に測定すると、「下がっていない!」という深刻なトラブルも経験しました。また針を交換しようと古い針を抜くと、血がぴゅっと飛び出すトラブルも経験しました。血管に触っていたのです。

 そして5月17日、「いままでのやり方はダメ」と覚悟して、いちばん皮下脂肪の多いお尻に針を置くことにしました。それまではお腹でした。
 その日以来、6月29日の今日まで、ポンプのトラブルは皆無です。
 ポンプが快調なので、血糖のコントロールが上手にできるようになったと思います。
 
 ところで、1型糖尿病の方は、多くの方がインスリン注射だと思います。
 私も入院中は注射でした。
 ポンプ生活7か月のいま、注射とポンプとどちらを選ぶかと聞かれれば、躊躇なく、「ポンプです」と答えます。
 
 その理由は、
 1)針は3日目に交換すれば良い。これは楽です。今回は6月27日に交換しましたから、30日の明日が交換日です。
 ちなみに、針の設置は「まったく痛くありません」、とくに皮下脂肪の厚いお尻は「チクリともしません」。
 2)ベーサル(基礎インスリン)の設定が自分で変えられ、0.05単位刻みの細かい設定ができること。
 私は午前4時から7時までは暁現象に対応するために毎時0.4単位の注入に設定しています。それ以外の時間は毎時0.3単位です。1日のベーサル量の合計は、リスプロ(即効性)の「ヒューマログ」を7.5単位です。
 3)食事前に注入するボーサルの設定、注入が容易であること。
 食事に合わせて、「ヒューマログ」を2.2単位とか設定し、ボタンを押すだけです。本当に簡単です。
 それに、スクエアという注入モードもあります。
 たとえば、昨夜の就寝前に血糖値を測定すると134mg/dlでした。
 そこで、ほんの少し注入しました。
 ボーサルのスクエアというモードです。注入量を何時間で入れるか、30分単位の設定ができます。
 昨日は、1.5単位を2時間で入れました。
 ベーサルが1時間0.3単位の設定ですから、ボーサルの1時間0.75単位と合わせて、1.05単位を2時間入れた計算になります。
 今朝の朝イチ血糖値は118mg/dlでした。ほんのわずかに高い数値ですが、私の許容範囲内です。
 4)お風呂、シャワーも問題ありません。
 意外かもしれませんが、針のキャップを取り替えれば、お風呂、シャワーも問題なく利用できます。
 風呂からあがったら、もとのポンプについているキャップに取り替えるだけです。
 私の場合、トラブルはまったく生じていません。

 以上です。
 1型糖尿人の参考になりましたら、うれしいです。
2015/06/29(Mon) 10:46 | URL | ちくてつ | 【編集
Re: 魚、卵、お肉をいただいています
ちくてつ さん

いつも詳細で具体的な情報をありがとうございます。

ヒトはビタミンCを、体内で合成できないので、
食事から摂取する必要があります。
従って、スーパー糖質制限食でも、ビタミンCの豊富な
ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリ、葉野菜などを摂取します。
野菜には少量ですが糖質が含まれているので、スーパー糖質制限食でも、糖質ゼロではありません。

高雄病院給食のスーパー糖質制限食メニューの平均が、糖質12%、脂質56%、タンパク質32%くらいとなります。

バーンスタイン先生も炭水化物
朝6g、昼12g、夕12gを推奨しておられますね
2015/06/29(Mon) 11:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
お礼 口径薬中止
江部先生   あまりの嬉しさのメ-ルです


本日の定期健診にて正式に糖尿病と高血圧薬剤服用中止指示を頂きました
実は2015/3/22より糖質制限食開始にあたり、自己責任で服用中止していました

服用中止剤
ノルバスク5mg
コレバイン500mg
ゼチ-ア10mg
トラゼンタ5mg゙

数値推移 (実際は3ヶ月に一度検査)

2015/6/29
HbA1c   6.4
食後血糖 124
HDL    52 
LDL    131
BUN    23.5
UA     6.6

2015/4/13
HbA1c   6.8
食後血糖 146
HDL    52 
LDL    150
BUN    22.6
UA     6.6

2015/3/22
ス-パ-糖質制限食開始


2015/1/26
HbA1c   7.4
食後血糖 200
HDL    47 
LDL    81
BUN    21.9
UA     6.6

2014/1/24
HbA1c   7.0
食後血糖 134
HDL    45 
LDL    109
BUN    14.1
UA     4.5


2000/5 脳内出血で左半身不自由 降圧         薬服用開始
2010/3 糖尿病境界型診断 降下糖薬           服用開始 

主治医の先生は糖質制限食を理解されており体重が基準より下回らない様注意と血圧管理をすることのみアドバイス頂きました

先生の「主食を抜けば糖尿病は良くなる」
小生が過去購入した本の中で最高です
 64歳
 163cm
 62Kg 
 男性
本当にありがとうございます

2015/06/29(Mon) 15:19 | URL | 佐藤政利  | 【編集
食後2時間血糖値ばらつき
以前、3月にeGFR<60で質問しました2型予備群の小坂です。
本日前回(5/12)のシスタチンCの検査結果の報告を病院で受けました。

5月12日      eGFR
 クレアニチン 1.01 58.4
 シスタチンC 0.84 88.5
6月29日
 クレアニチン 1.03 56.9

シスタチンCは外部検査委託のために即座に検査結果を知ることが出来ません。
又、保険適用する為に3ケ月毎の検査としました。
何れにせよ、eGFRcysの結果から高タンパク質摂取に腎臓が耐えられそうなので、一安心です。様子を見ながらこのままスーパー糖質制限食を続けます。アドバイス有難うございました。

さて、最近血糖値上昇で気になることが有り質問いたします。
毎日夕食2時間後の血糖値を測っています。血糖値は110~130mg/dlで140mg/dlを超えることは殆どありませんでしたが、最近4月頃から140mg/dlオーバーが頻繁にあります。
その都度何が悪かったか食事内容を見直しますが、魚や肉以外では野菜のみでいつもその原因探しに窮していました。
そこで1週間前から9gブドウ糖でミニグルコース負荷試験をしてみました。

6月21日17時開始(30分ごとの測定)
 開始93→118→114→107→82(ここで普段の夕食摂取)
 開始82 →  96 → 110(60分毎測定)
6月22日(普段の夕食)
 開始89→113→140(60分毎測定)
6月23日9g負荷試験18時開始(30分ごとの測定)
 開始 96→137→137→111→107(ここで普段の食事摂取)
 開始107 →  116 →  131(60分毎測定)

以下は普段の夕食摂取で、上記試験結果から糖質摂取は10g程度と推定します。
6月24日 2時間後血糖値145
6月25日 2時間後血糖値176→134→117(60分毎測定)
6月26日 2時間後血糖値111

血糖値ピークは、ブドウ糖では1時間後に対して普段の食事は2時間後です。
これは即吸収されるブドウ糖に対して消化後に吸収される普段の食事の違いかと推測します。

6月23,24,25日は特に25日は蒸し暑く汗をかく天候でしたが、一転して26日は涼しい天候でした。
糖質1g当たりの血糖値上昇は21日が約3mg/dlに対して23日は約5mg/dlです。
血糖値上昇はその時の体調でこんなにも変化するものでしょうか。

色々調べましたが該当する記事に行き当たりませんでした。
お忙しい中、申し訳ありませんがご回答いただけたら幸いです。
宜しくお願いいたします。

小坂
2015/06/29(Mon) 19:19 | URL | 小坂 | 【編集
Re: お礼 口径薬中止
佐藤政利 さん

拙著のご購入、ありがとうございます。

4種の薬剤中止とは素晴らしいです。

主治医のドクターも、理解していただいて、良かったです。
2015/06/29(Mon) 20:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 食後2時間血糖値ばらつき
小坂 さん

食後血糖値は結構ばらつきます。

1gの糖質が3mg血糖値を上昇させるというのは、かなり大ざっぱな話です。
個人差もありあmす。
そして、血糖値は体調により、かなり変化します。

風邪などのシックデイには、上昇するのは有名ですね。
睡眠不足でも怒りでも血糖値は上昇します。

また朝食が一番上がる人、昼食が一番上がる人、夕食が一番上がる人、いろいろなタイプがいます。

あと、野菜も大量に食べればそれなりの糖質量になります。
2015/06/29(Mon) 20:38 | URL | ドクター江部 | 【編集
美味しい話です(^^) ぜひお試しを
 テニスの世界一、ジョコビッチ選手のベストセラーを読みました。
 彼に小麦アレルギーを気づかせた医者は、キネシオロジーで「彼自身に判定させました」。
 この本にはキネシオロジーの「キ」の字も出てきませんが、有名なOリングテストよりもはるかに正確に、食べ物との相性が判断できます。
 筋肉反射テストです。
 これは科学です。

 私はフラワーエッセンスを学んでいた10年前、キネシオロジーの日本一の大家から、直伝を受けました。
 が、使っていませんでした。
 ジョコビッチさんのベストセラーを読んで、「そうだ使おう」と、いま、考えているところです。

 これは余談です。
 ジョコビッチの選手の本で触発されて、小田急のデパ地下で、店員さんに、「グルテンフリーの麺はありますか?」と聞きました。
 なんと、即座に、「こちらです」。
 それが、紀文の「おからとこんちゃくで作った麺です。糖質0麺」!
 今日は29日、ニク=肉の日ですから、デパ地下で三重県の和牛の大バーゲンを行っていました。
 かなり安値ですき焼き肉を購入。
 非常に美味しくすき焼きをいただきまして、シメをこの「糖質0麺」にしました。
 すき焼きの鍋に麺を入れていただきました。

 極うまっ! でした。
 良かったら、皆さんも、お試しください。

 その後、糖質制限では厳禁のスイカをいただきました。
 カットスイカをデパ地下で購入、3切れをいただき、残りは奥ちゃんに食べてもらいました。
 電子計量器で測ると、50グラムで、糖質は5グラム程度であり、私の血糖を25mg/dlあげます。
 
 就寝前に血糖値を測り、夕食の血糖上昇を相殺し、明日は100mg/dlくらいになるようにインスリンを注入します。

 血糖コントロール、なんだか、楽しくなってきたというのが、この2、3日の感想です。
2015/06/29(Mon) 21:23 | URL | ちくてつです | 【編集
Re: 美味しい話です(^^) ぜひお試しを
ちくてつ さん

記文の「糖質0麺」
私も重宝してます。

スイカも、ちくてつさんのように計算すれば、少量なら食べることができますね。
2015/06/30(Tue) 08:37 | URL | ドクター江部 | 【編集
メトグルコと糖質制限
メトグルコを内服し糖質制限しています。
HbA1c5.8です。痩せています。
アルコールをビール1杯 ウイスキー1ハイ飲むと低血糖になります。
メトグルコ内服しているとアルコールはやはり禁止ですか?

そして、糖尿病は、薬物療法で改善はしますが、内因性インスリンを蓄えている膵臓を無理矢理働かせる事になりますので、薬にだけ頼ってると、数年のうちにインスリン注射が必要になり、それでも生活習慣を改善できなければ、新たな合併症との闘いになる。とききました。

メトグルコ内服も膵臓に負担かかるのでしょうか。
2015/06/30(Tue) 13:50 | URL | ゆほ | 【編集
Re: メトグルコと糖質制限
ゆほ さん

低血糖ということなら、薬剤はもう必要ないと思います。

メトグルコは、米国では、第一選択剤であるように、定評と実績があるよいお薬です。
メトグルコは、膵臓への影響はありません。

メトグルコには、夜間空腹時の肝臓の糖新生をブロックする作用があります。
肝臓での糖新生の抑制が主で、
その他消化管からの糖吸収の抑制、末梢組織でのインスリン抵抗性の改善などがあります。
従ってSU剤とは違って、膵臓に直接作用するのではなく、
膵外作用で血糖値を下げますので、膵臓には優しい薬といえます。

アルコールも糖新生をブロックする側面があるので、メトグルコとアルコールを合わせると
低血糖になりやすいと思います。

HbA1c5.8%とコントロール優秀ですので、糖質制限食だけで、メトグルコなしで良いと思います。
2015/06/30(Tue) 14:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 食後2時間血糖値ばらつき
ご回答有難うございました。

血糖値は平日に上がりやすいです。
休日はスキーや登山後の疲れが有っても上がりません。
ストレスの要因も大きいですね。
2015/07/01(Wed) 08:12 | URL | 小坂 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可