FC2ブログ
糖質制限食と腎機能検査、BUN、クレアチニン、シスタチンC
こんばんは。

スーパー糖質制限食開始後は、血糖値とHbA1Cは速やかに改善しますが、尿素窒素(BUN)が上昇することがあります。

尿素窒素(BUN)の一般的な正常値は8~20gm/dlくらいですが、スーパー糖質制限食中は、21~30mg/dl程度に上昇することがあります。

腎機能検査の一つである、BUNが基準値より高値であれば、誰でも気になりますよね。

でも、血清クレアチニン値や血清シスタチンC値が基準値内なら、BUNが高値でも生理的なものであり、腎機能障害ではないので心配ないです。

それでは、尿素窒素(BUN)がスーパー糖質制限食実践で、何故生理的高値になるのかを考えてみます。

細胞内の蛋白質が限度まで満たされると、体液中のアミノ酸は分解され、エネルギーとして使われたり、主に脂質あるいは、わずかながらグリコーゲンとして貯蔵されます。この大部分は、肝臓で行われます。

アミノ酸分解産物であるアンモニアが、そのままでは神経毒性を有するため、肝で尿素サイクルの代謝をうけて無害な尿素が産生されます。

尿素のほとんどは、腎臓の糸球体で濾過されて尿中に排泄されますが、その一部は再吸収され、血中に戻されます。

一部再吸収されるので、高タンパク食(糖質制限食)により血中尿素窒素(BUN)が高値となることがありますが、これは生理的な現象で、腎機能障害ではありません。

また、高タンパク食(糖質制限食)で、正常な腎臓に負担がかかるということもありません。

従いまして糖質制限食実践中の方において、BUN軽度高値でも、血中クレアチニン値や血中シスタチンCの値が正常であれば問題ありませんのでご安心ください。

血清シスタチンCは、血清クレアチニンよりは、かなり鋭敏な腎機能検査の指標で、初期の腎機能障害を拾い上げることができます。

つまりクレアチンが異常値になった段階はすでに、腎障害はあるていど進んでいる段階なので要注意なのです。

血清クレアチニン値は、GFRが30ml/min前後に低下する時期から上昇するのに対し、血清シスタチンC値はGFR 70ml/min前後に低下したころから上昇します。

したがって、シスタチンCはクレアチニンより初期の段階から腎機能障害をチェックできる利点があります。

シスタチンCを用いた、eGFR (eGFRcys) は、食事や筋肉量、運動の影響を受けずに、糸球体濾過量を反映するので、実際の腎機能を示す最もよい指標と考えられます。

『CKD診療ガイド2012』において、 「るいそうまたは下肢切断者などの筋肉量の少ない場合には、eGFRcysがより適切である」と、クレアチニンを用いた場合よりもシスタチンCを用いたeGFRが望ましいとされています。

なお血清クレアチニンは、尿素窒素よりは腎機能以外の要素の影響は受けにくいのですが、筋トレとかで筋肉量が多い人は、やや高値となります。

この場合は、血清クレアチニンが高値でも腎機能傷害ではありません。

このようなとき、血清シスタチンCを検査すれば本当の腎機能がわかります。

血液による腎機能検査の基準値
尿素窒素(BUN):8~20mg/dl
クレアチニン:0.6~1.1mg/dl
血清シスタチンC:0.53~0.95mg/dl


上記数値は、検査機関により差がありますが、およその基準値です。
血清シスタチンCは、男女で基準値が違う検査機関もあります。

eGFRの計算式は「シスタチンC eGFR」で、グーグルで検索すればすぐ表示されます。

年齢、性別、血清シスタチンC値を記入すれば計算できます。

江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
先生、いつも為になるお話をありがとうございます。

私のeGFRは171なのですが(糖尿病っ各自からほぼ不変)、これは問題ない数値なのですか。
また、糖質制限によってこの数値が以前より良くなることもあるのですか?
2015/06/09(Tue) 21:06 | URL | misako | 【編集
国を動かした
砂糖に課税とのニュース

糖質制限が国を動かした
2015/06/09(Tue) 23:13 | URL | ますゆき | 【編集
Re: タイトルなし
misako さん

eGFRは90以上が正常値です。
「eGFR:171」
は高値ですが、高いのは問題ないです。

eGFRが、60未満だと、要注意です。
2015/06/10(Wed) 07:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 国を動かした
ますゆき さん

興味深い情報をありがとうございます。
記事にしたいと思います。
2015/06/10(Wed) 07:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生
いつもブログの更新有難うございます。
平成20年11月にこのブログに出会い先生の本ビデオを買い求め今日まで順調に身体が回復していたと楽観していましたが1年半ぶりに血液検査をしたところ
クレアチニンが0.78から1.14
eGRFが80から52
と云う結果がでました。
医療機関では、特に何も言いませんでしたが、今日の投稿を読むとクレアチニンが0.04オーバーでeGRFが60未満です。腎臓の精密検査をした方が良いのでしょうか?
59歳男性静岡在住です。
2015/06/10(Wed) 08:26 | URL | takasu | 【編集
はじめてコメントさせて頂きます。
糖質制限で減量中の25歳です。身長152㎝、元々58kgだった体重か約3ヶ月で54kgまで減ったのですが、それ以降変化がありません。(糖質量は1日20〜30g)
最近、血糖測定器を購入しました。空腹時血糖は80〜85です。糖質制限食摂取後(1時間半後)の血糖値は大体95〜100。1回の食事で糖質量は5gに抑えてるのに、その割には血糖値が高いのではないかと思い先生に相談させて頂きたいです。
1、糖質制限食を摂取していて、空腹時血糖+20〜10gの食後血糖はダイエットになっているのか?普通、糖質制限食は食後の血糖がほとんど上がらないとの事なので、私の食事内容がいけないのでしょうか?
2、更に減量する為には運動を取り入れた方が良いでしょうか?アドレスお願いします。
2015/06/10(Wed) 10:09 | URL | 杏菜 | 【編集
Re: タイトルなし
takasu さん

まずは
血清シスタチンCを測定してみましょう。

糖尿病とか高血圧とか肥満とか
腎機能障害のリスクはいかがでしょう?
2015/06/10(Wed) 11:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生
早速のご回答有難うございました。
ただ投稿の仕方が解らなかったもので、何通か同じものが、UPしているかもしれません。
ご容赦ください。
2015/06/10(Wed) 12:08 | URL | takasu | 【編集
Re: はじめてコメントさせて頂きます。
杏菜 さん

スーパー糖質制限食で、肥満したひとは適正体重になります。

適正体重は、BMI20以上25未満で、その個人において体調がいい体重です。

杏菜 さんは、BMI25.1から23.37になっておられますので
すでに適正体重の可能性があります。

1回の食事の糖質量が5gなら、十分スーパー糖質制限食ですので
このまま続けられたらよいと思います。

1gの糖質がその個人の血糖値を、どのていど上げるかには、個人差があります。

運動は、可能なら取り入れたらよいと思います。
2015/06/10(Wed) 14:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
杏菜 さん
似たような境遇なので、コメントさせていただきます。
私は糖質制限1年でBMI27から23.3へ体重を落とすことに成功しました。でもこれ以上体重が落ちません、1キロ落ちたと思えばもとにすぐ戻ったりの繰り返しを今年に入って続いています。
 なんとかBMI22以下にと、脂質摂取の割合を増やしながらカロリーを抑えてみたり、1日1~2食にしても落ちません。最終的には抜け毛が増えたり、集中力が持続しなかったり、昼に眠気がしだしたり・・・・でも落ちません。
 ですが変化はありました。サイズダウンしたいパーツ(太もも、ウエスト等)の筋トレ(といっても軽くですが、慣れるとこなせるようになるんですね)をすると、体重は変化がないのに「またやせたね」と言われるようになりました。実際ウエストのベルトの位置が変化し、少しづつ細くなっていきました。太ももも見た目細くなりました。体重が落ちなくても、服のサイズが変わるので結構満足しています。今は糖尿病ではない場合の運動を加味した食事量、糖質量を探っています。
ご参考程度にお願いします。
2015/06/10(Wed) 15:41 | URL |  | 【編集
双極性障害と糖質制限
江部先生初めまして。
スタンダード糖質制限(日によってはスーパー糖質制限)
3か月目に入ります。

もともと双極性障害でしてお薬も飲んでます。

糖質制限以前はたま~に鬱になる程度で
(2か月のうち半日だけ、とか)
精神症状が落ち着いていたのですが・・・

糖質制限をしてから身体的な辛さは改善したのですが、
精神的なイライラ、パニックといった発作が頻繁に出るようになりました。

双極性障害者にとっては糖質制限はあまり向いてないのでしょうか?
「糖質制限だけでは双極性障害を治すことはできない」
と本に書いてありましたが、
逆に
「糖質制限によって双極性障害の精神状態を悪くする」
というふうに考えることはできますか?

また私のような場合はどのように食事を変えることが
おすすめでしょうか?ぜひ教えて頂きたいです_(._.)_
2015/06/10(Wed) 17:38 | URL | たつのこ | 【編集
大西睦子氏による糖質制限批判
高タンパク質ダイエットって、大丈夫?

http://trendy.nikkeibp.co.jp/article/column/20150609/1065133/
2015/06/10(Wed) 21:26 | URL | 精神科医師A | 【編集
糖質制限には筋トレがお薦め
杏菜 さん

糖質制限である程度体重が落ちたが、血糖値が思ったほど下がらないケースでは、筋トレがお薦めです。

有酸素運動よりも、ある程度負荷をかけた筋トレの方が効果が高いとのことで、これはGLUT4の活性化を促すんだそうです。

頻度は週2回程度でも十分と、ジムのコーチが話していました。
2015/06/11(Thu) 05:54 | URL | 大虎猫 | 【編集
Re: 双極性障害と糖質制限
たつのこ さん

糖質制限食により、血糖値の変動幅が極めて小さくなります。

糖尿病がない人においても、血糖値の変動幅増大は、心理的な不安定さを増強させる可能性が高いです。

糖質制限食で、「双極性障害」そのものを、治すことは難しいと思います。

一方、血統変動幅増大という、心理的不安定の悪化要因は、予防することができます。
イライラやパニックが頻回なら、緩やかな糖質制限からゆっくりやっていって、試されてはどうでしょう。
2015/06/11(Thu) 08:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 大西睦子氏による糖質制限批判
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。
読んでみます。
2015/06/11(Thu) 08:47 | URL | ドクター江部 | 【編集
栄養成分表表示
アメリカなどのように、『栄養成分表表示』を義務化に近い形にすればよいと思います。
そうすれば、市販されている食品の炭水化物や糖質量がわかり、コントロールしやすくなります。
砂糖の税収の一部が使われるとよいですね (^^)
2015/06/12(Fri) 08:32 | URL | あめり | 【編集
Re: 栄養成分表表示
あめり さん

日本でも健康増進法第31条に基づき、栄養表示基準制度があり、販売する食品に、
日本語により栄養成分又は熱量に関する表示(栄養表示)することになっています。

栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー
たんぱく質
脂質
炭水化物
ナトリウム

2015/06/12(Fri) 18:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
BUN 子供の場合
はじめまして。BUNの高値で検索していたらこちらのブログにたどり着きました。昨年末に1型糖尿病を発症した3歳5ヶ月の娘がおります。入院時は7だったBUNが段々と上がり、8月の検査では26になっていました。クレアチニンは正常でタンパクも出ていないので腎臓には問題ないと言われましたが気になります。水分は普通に取っています。主人がIga腎症なので遺伝しないかも心配です。主治医が言う様にこのまま経過観察でも大丈夫でしょうか?
2015/08/14(Fri) 16:50 | URL | ゆき | 【編集
Re: BUN 子供の場合
ゆき さん

主治医の仰る通りと思います。

どうしても気になれば、血清シスタチンCを調べれば、一番正確に腎機能を反映します。
2015/08/14(Fri) 18:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
BUN
早速のお返事ありがとうございました。主治医に相談して血清シスタチンCの検査をしてもらいます。どうもありがとうございました。
2015/08/14(Fri) 20:48 | URL | ゆき | 【編集
eGFRについてお教えください
はじめましたこんにちは
先生のブログを拝見させて頂いております

腎機能を診るのにクレアチニン以外にシスタチCというものがあるのを知り、
先日の血液検査の際にシスタチンCも検査していただきました。

eGFRの値が
シスタチンc0.62でeGFR133.3
クレアチニン0.96でeGFR68.3
となっておりました。

同じものを見ているのに、数値がこれほどまでに解離するものでしょうか?
eGFRの数値があと10程度下がると、片方ではCKDになり一歩では完全に正常な値になります。

担当医の先生にお尋ねしてみましたが、シスタチンCの検査を普段されていないので、よくわからないご様子で・・・

こういった場合、どちらの数値を参考にすればものでしょうか?

どうぞよろしくお願いいたします

2015/12/16(Wed) 14:50 | URL | よし | 【編集
Re: eGFRについてお教えください
よし さん

クレアチニンからの、eGFRの計算式は、結果が比較的悪くでるので、
私の同級生の腎臓内科医も、問題であると言っています。

シスタチンCのほうが、より信頼できる検査と思いますので、私はよくシスタチンCを検査します。
2015/12/16(Wed) 21:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
お返事ありがとうございます
ありがとうございます
シスタチンCのほうがより信頼性の高い検査法になるんですね。

両者の数値が倍近く違うのでいったいどちらを信じて良いのやら迷ってしまいました。

近所のお医者さんは、シスタチンCの検査を今回はじめてされたようでよく分からないご様子で、両方とも基準値だから大丈夫といったお話しかなく・・・

ほんと助かりました

お医者さんによって持っている情報も随分と違うのですね。

糖尿がある父が通っている病院の先生が、タンパク質や脂肪でも食後血糖が上がるのでとにかくカロリーを控えた食事をしなさいと言われたり、
また違う先生はタンパク質は一日50~60gでいいので、手のひらにのる位の50~60gのお肉を取ってくださいと言われていました。

ただ父には、先生のお話を参考になるべく炭水化物をとらないようにすすめたら、HbA1c5.9といい感じになってきています。
薬も毎食後と朝一回飲んでいたのが、朝1回だけでこの状態が続いています。
ありがとうございます

2015/12/16(Wed) 22:22 | URL | よし | 【編集
腎臓が1つになった人の糖質制限食
糖尿病から腎臓が悪くなったわけではないのですが、申訳ないのですが、答えていただけたら有り難いです。
義兄は現在82歳ですが、79歳で突然癲癇になり、その入院中に腎臓がんが見つかり、悪いほうの腎臓を取り除きました。栄養士さんにはタンパク質とカリウムなどをとりすぎはいけないといわれ、肋骨が浮くほどにやせています。現在は薬を飲みながら、認知症の姉の面倒を見ていますが、めまいや耳鳴りは続いています。
姉夫婦の今までを見ていると、グルテンフリー、糖質制限をしたら、今の状況が改善されるのではないかと考えました。7月には私が一緒に済むようになるので、料理もちゃんとできるのでぜひ実行し少しでも良い方向に行きたいのですが、腎臓が1つの人はどのような注意が必要か教えていただけたら有り難いです。
ぜひよろしくお願いします。
2016/06/20(Mon) 11:47 | URL | 純子 | 【編集
Re: 腎臓が1つになった人の糖質制限食
純子 さん

腎臓が1個でも、

eGFRが60以上なら、糖質制限食でたんぱく質を摂取しても大丈夫です。

eGFRは
シスタチンCから計算するほうが
クレアチニンから計算するより、信頼度が高いです。

http://www.hdtool.net/99_blank006.html
このサイトで計算できます。

eGFRが60未満なら、腎機能検査を毎月しながら、糖質制限して、腎機能悪化がないなら続けて
腎機能悪化傾向なら、糖質制限中止です。

2016/06/20(Mon) 16:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可