FC2ブログ
日本医学会総会2015。医総会WEEK。アレルギー・健康管理と癒し。
おはようございます。

第29回日本医学会総会2015関西 が開催されます。

その中で2015年4月4日(土)から4月12日(日)までが『医総会WEEK』で、市民公開講座やコンサートが行われますが、私も参加させていただくこととなりました。

「高雄病院のアトピー・アレルギー治療と自己管理」と題して、お話します。

現在まで、250名を超える予約があり、大勢のかたにご参加いただき大変嬉しい思いです。

京都劇場という大きな受け皿なので、800席あります。

当日参加も全く大丈夫ですので、予約なしでも、お気軽にお越し頂けば幸いです。

日時 2015年4月4日(土)13:30~15:00
会場 京都劇場(京都駅ビル構内)


アトピーコップ、
『糖質制限食』とアレルギー疾患、
イヌイットにはアレルギー疾患がまれであった、
ブドウ糖ミニスパイクと生活習慣病、
アトピー性皮膚炎、気管支喘息、
ステロイド薬とアトピー、喘息、
ステロイド拒否とアトピー、喘息、
日光杉並木の歴史と花粉症、
高雄病院アトピー学校、
アトピー性皮膚炎治療目標の優先順位、
アトピー性皮膚炎とチーム医療と癒し、
チーム医療の効果、
高雄病院アトピー治療:四つのキーワード、


などなど、盛りだくさんにわかりやすく楽しくお話します。

園城三花トリオとの共演で、コンサートと講演のあとは30分ほど
4人でアトピー・アレルギー談義となります。

音楽やアトピー・アレルギーに興味がある方は、是非、ご参加くださいね。


江部康二



詳細・お申し込みは下記URLより。

★医総会Week HP

http://isoukaiweek2015.jp/

★健康管理と癒し ~アレルギーとのつきあい方~ 事前参加登録を開始

http://isoukaiweek2015.jp/program/detail/k02.html



☆☆☆

以下は医学会総会事務局のちらしです。

医学会総会2015関西

~医と健康を考える、市民のための9日間~ 医総会WEEK

アレルギー
健康管理と癒し

2015年4月4日(土)13:30~15:00
京都劇場
京都市下京区烏丸通り塩小路下る京都駅ビル内

花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎で悩む方が近年増えています。
免疫反応が過剰におこるアレルギー。
様々な要因が考えられ、過剰な反応が様々に発現します。
ある方は涙や鼻水が溢れたり、痒くなったり、蕁麻疹がでたり、発熱したり。
人それぞれに病因や症状や程度が異なり、生活、環境やストレスなどでなかなか改善できないものです。
日常生活に支障をきたすアレルギー疾患ですが、これらとどう付き合っていくか、皆さんと考えましょう。コンサートも予定しています。


プログラム

13:30~14:00 やすらぎのコンサート
園城 三花 トリオ

園城三花トリオは、ソロ・フルート奏者として長年活躍する
園城三花と京都市芸術大学出身バイオリニスト古味亜紀と
チェリスト細辻秀美によるクラシカルトリオ。京都を拠点に
西洋のメロディーから日本の調べ、バロックからJ-POPまで
をオリジナルアレンジでカバーする今話題のトリオ。
園城 三花(フルート)
古味 亜紀(バイオリン)
細辻 秀美(チェロ)


14:00~15:00 講演
高雄病院のアトピー・アレルギー治療と自己管理
講師 江部康二

プロフィール
1950年生まれ。 1974年京都大学医学部卒業。1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)にて呼吸器科を学ぶ。
1978年から高雄病院に医局長として勤務。アトピ-患者さんを多数診察。「高雄病院アトピー学校」呼ばれる入院教育プログラムを発足。気管支喘息・花粉症などのアレルギ患者さんも多数診察。
1999年高雄病院に糖質制限食導入。2000年理事長就任。2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
内科医/漢方医/(財)高雄病院理事長/社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長

著書
『ドクター江部のアトピー学校』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『一生太らない「やせる! 食べ方」 』2014年(PHP文庫)
など多数。

ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記(http://koujiebe.blog95.fc2.com/
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
モリドルチョコレート、ちょこちょこ食べて、楽しく糖質制限頑張りたいと思います。
ありがとうございます。
お忙しい先生には申し訳ないのですが、もうひとつ、お伺いしたい事があります。
私は、お米を長い間食べていないのですが、パンが好きで、ローソンの低糖質パンを、朝と昼に、1食につき糖質10gから20gくらいになるよう食べています。
しかし、家族に、ご飯を食べないでパンばかりを食べている方が糖尿病になりやすいよ、と言われてしまいました。
先生はどのように思われますか?
2015/04/02(Thu) 13:42 | URL | のろま | 【編集
Re: タイトルなし
のろま さん

一回の食事の糖質量を10~20gなら
糖尿病発症は予防できます。

糖質制限パンは、普通のパンとは違い、糖質含有量が少ないのです。

なお白米をたくさん食べる人が糖尿病になりやすいことは、研究で明らかにされています。

2012年03月18日 (日)の本ブログ記事
「白米を多く食べると糖尿病のリスクが高まる」
もご参照いただけば幸いです。
2015/04/02(Thu) 14:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
低GI食で心血管と糖尿病の危険因子は改善せず
江部先生

やはりといいますか、低GIでは防げないという結果が発表されていました。
同時にスーパー糖質制限での検証もして欲しかったところですが(^^;

-----------------------------------------------------------------------
JAMA誌から
『低GI食で心血管と糖尿病の危険因子は改善せず ランダム化クロスオーバー試験の結果』
                            2015/1/7
                            大西淳子=医学ジャーナリスト

高グリセミック・インデックス(GI)食と低GI食では、心血管疾患と糖尿病の危険因子に与える影響に差がないことが、ランダム化クロスオーバー試験の結果として示された。米Harvard大学のFrank M. Sacks氏らが、JAMA誌2014年12月17日号に報告した。

 炭水化物の含有量が同じ食品を食べても、血糖値の上昇レベルは異なる可能性がある。GIは、炭水化物50gを含む食品の摂取から2時間の血糖値の上昇度合いを、50gのブドウ糖を摂取した後の2時間の血糖値上昇度合いと比較した値で、100を最高値(ブドウ糖と同レベル)とする。数字が大きいほど血糖値は上がりやすく、小さいほど上がりにくいことを示し、ブドウ糖との違いは、その食品に含まれる炭水化物以外の成分によって表れると考えられている。

 近年、摂取する炭水化物の種類と量が健康に及ぼす影響に関心が集まっている。GI が心血管危険因子と糖尿病危険因子に及ぼす影響を調べた臨床研究は複数あるが、明確な結果は得られていなかった。著者らは、GIと摂取した炭水化物の総量が心血管疾患と糖尿病の危険因子に及ぼす影響を明らかにするために、学究的な医療施設の研究部門で、2008年4月1日から2010年12月22日に、クロスオーバー試験を行った。

 30歳以上で、収縮期血圧が120~159mmHg、拡張期血圧が70~99mmHg、BMIが25以上の過体重または肥満の189人(女性51%)を登録し、Dash(Dietary Approaches to Stop Hypertension)ダイエットとOmniHeart(Optimal Macronutrient Intake to Prevent Heart Disease)ダイエットに基づく4種類の食事(料理、スナック、飲み物の全てを含む)をそれぞれ5週間ずつ、様々な順番で提供した。5週ごとに最短でも2週間のブレイクを設け、その間は登録された人々は自分で選んだ食事を取ることが許された。個々の食事の熱量は、登録時点の体重を維持できるように対象者ごとに設定した。全員に毎日、食事の内容を全て記録するよう依頼した。

 4種類の食事は以下の通り。1)高GI食(65以上)、高炭水化物食(摂取エネルギーの58%が炭水化物由来)、2)低GI食(45以下)、高炭水化物食、3)高GI食、低炭水化物食(摂取エネルギーの40%が炭水化物由来)、4)低GI食、低炭水化物食。

 163人(平均年齢53歳、女性52%)が、少なくとも2種類以上の摂取を完了し、分析対象となった。4種類の食事のいずれか2つをペアとすると、比較が可能なペアの組み合わせのいずれでも、分析に必要なデータが揃っている人が135~150人抽出できた。

 主要評価項目は、インスリン感受性(経口ブドウ糖負荷試験中の血糖曲線下面積とインスリン曲線下面積に基づいて決定)、LDLコレステロール(LDL-C)値、HDLコレステロール(HDL-C)値、トリグリセリド値、収縮期血圧の5つに設定した。

 高炭水化物食期間の終わりに評価したインスリン感受性は、低GI食が7.1ユニット、高GI食が8.9ユニット、高GI食を参照とした場合の差は-20%(P=0.002)で、低GI食によりインスリン感受性は有意に低下していた。同様に、高炭水化物食期間のLDL-C値は、高GI食群が139mg/dL、低GI食群が147mg/dLで差は6%(P≦0.001)になり、低GI食はLDL-C値の有意な上昇に関係していた、HDL-C値、トリグリセリド値、血圧には影響は見られなかった。

 低炭水化物食期間のトリグリセリド値は、低GI食が86mg/dL、高GI食では91mg/dLで、高GI食を参照とした場合の差は-5%(P=0.02)になったが、それ以外の転帰には有意差は見られなかった。

 低炭水化物食と高炭水化物食の比較では、GIの高低にかかわらずインスリン感受性に対する影響に差はなかった。トリグリセリド値は低炭水化物食の方が有意に低かった。HDL-C値は、高GI食の場合には、高炭水化物食より低炭水化物食で有意に高かった。

 さらに、低GI食・低炭水化物食を高GI食・高炭水化物食と比較しても、インスリン感受性、収縮期血圧、LDL-C値、HDL-C値に差は見られなかった。唯一、トリグリセリド値は、低GI低炭水化物食の方が有意に低かった(86mg/dLと111mg/dL、-23%、P≦0.001)。

 血圧が高めの肥満または過体重の人々を対象とした試験において、低GI食による、インスリン感受性、HDL-C値、LDL-C値、収縮期血圧の改善を示すエビデンスは得られなかった。GIに基づいて食品を選択する方法は、心血管危険因子またはインスリン抵抗性を改善しない可能性が示唆された。

 原題は「Effects of High vs Low Glycemic Index of Dietary Carbohydrate on Cardiovascular Disease Risk Factors and Insulin Sensitivity: The OmniCarb Randomized Clinical Trial」、概要はJAMA誌のWebサイトで閲覧できる。
-----------------------------------------------------------------------
2015/04/02(Thu) 17:29 | URL | 福助 | 【編集
Re: 低GI食で心血管と糖尿病の危険因子は改善せず
福助 さん

興味深い情報をコメントいただき、ありがとうございます。

やはり、摂取する糖質の絶対量が重要であり、
「心血管疾患と糖尿病」リスクとGIは無関係ということですね。
2015/04/03(Fri) 08:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
腎結石に対応した糖質制限について
書籍・HPで勉強させていただいています。

体重を落とす目的で2月よりスーパー糖質制限を、ついでに禁煙を始めたところ、開始3週間目で人生初の腎結石・水腎症を経験する事となりました。

肉類の摂取量が急増したのと禁煙のストレスが影響したんだろうなと喫煙再開と一旦プチ糖質制限に落としています。3月に疝痛の消失と水腎症の改善を確認しました。

再度禁煙を再開し、以下のいずれかの方法で糖質制限を強化しようと考慮しておりますが、あの痛みを思い出すとなかなか一歩が踏み出せません。厚かましい申し出ですがアドバイスを頂けると幸いです。

①ストレス回避の為、禁煙は後回しにしてスーパー糖質制限を実行する。
②プチ→スタンダード→スーパーと段階的な糖質制限を実行する。
③スタンダードまでで踏みとどまる。

30代男性 身長176cm 体重93kg
HDL35 LDL82 TG91 空腹時血糖77 (H25採血時)
排石後の採血で尿酸値は5.3でした。服薬はありません。
2015/04/03(Fri) 12:56 | URL | 田中鈴木佐藤 | 【編集
Re: 腎結石に対応した糖質制限について
田中鈴木佐藤 さん

拙著のご購入、ありがとうございます。

糖質制限食開始3週間で結石ができるとは考えにくいので、
もともとあった石が、尿管に嵌頓した可能性が高いです。

低カロリー過ぎないように注意して、
スーパー糖質制限食で大丈夫と思います。

2012年06月08日 (金)の本ブログ記事
「糖質制限食と血清尿酸値について」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2113.html

2010年06月29日 (火)の本ブログ記事
「尿路結石と糖質制限食」
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-1250.html

も参照いただけば幸いです。
2015/04/03(Fri) 17:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
どうもありがとうございます。早速開始します。
2015/04/04(Sat) 09:57 | URL | 田中鈴木佐藤 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可