FC2ブログ
高雄病院のアトピー・アレルギー治療と自己管理。『医総会WEEK』
おはようございます。

第29回日本医学会総会2015関西 が開催されます。

その中で2015年4月4日(土)から4月12日(日)までが『医総会WEEK』で、市民公開講座やコンサートが行われますが、
私も参加させていただくこととなりました。

「高雄病院のアトピー・アレルギー治療と自己管理」と題して、お話します。

園城三花トリオとの共演で、コンサートと講演のあとは30分ほど4人でアトピー・アレルギー談義となります。

音楽やアトピー・アレルギーに興味がある方は、是非、ご参加くださいね。


江部康二




詳細・お申し込みは下記URLより。

★医総会Week HP

http://isoukaiweek2015.jp/

★健康管理と癒し ~アレルギーとのつきあい方~ 事前参加登録を開始

http://isoukaiweek2015.jp/program/detail/k02.html




☆☆☆

以下は医学会総会事務局のちらしです。

医学会総会2015関西

~医と健康を考える、市民のための9日間~ 医総会WEEK

アレルギー
健康管理と癒し

2015年4月4日(土)13:30~15:00
京都劇場
京都市下京区烏丸通り塩小路下る京都駅ビル内

花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎で悩む方が近年増えています。
免疫反応が過剰におこるアレルギー。
様々な要因が考えられ、過剰な反応が様々に発現します。
ある方は涙や鼻水が溢れたり、痒くなったり、蕁麻疹がでたり、発熱したり。
人それぞれに病因や症状や程度が異なり、生活、環境やストレスなどでなかなか改善できないものです。
日常生活に支障をきたすアレルギー疾患ですが、これらとどう付き合っていくか、皆さんと考えましょう。コンサートも予定しています。


プログラム

13:30~14:00 やすらぎのコンサート
園城 三花 トリオ

園城三花トリオは、ソロ・フルート奏者として長年活躍する
園城三花と京都市芸術大学出身バイオリニスト古味亜紀と
チェリスト細辻秀美によるクラシカルトリオ。京都を拠点に
西洋のメロディーから日本の調べ、バロックからJ-POPまで
をオリジナルアレンジでカバーする今話題のトリオ。
園城 三花(フルート)
古味 亜紀(バイオリン)
細辻 秀美(チェロ)


14:00~15:00 講演
高雄病院のアトピー・アレルギー治療と自己管理
講師 江部康二

プロフィール
1950年生まれ。 1974年京都大学医学部卒業。1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科)にて呼吸器科を学ぶ。
1978年から高雄病院に医局長として勤務。アトピ-患者さんを多数診察。「高雄病院アトピー学校」呼ばれる入院教育プログラムを発足。気管支喘息・花粉症などのアレルギ患者さんも多数診察。
1999年高雄病院に糖質制限食導入。2000年理事長就任。2001年から糖質制限食に本格的に取り組む。2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。
内科医/漢方医/(財)高雄病院理事長/社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長

著書
『ドクター江部のアトピー学校』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』2010年(ナツメ社)
『主食をやめると健康になる』2011年(ダイヤモンド社)
『食品別糖質量ハンドブック』2012年(洋泉社)
『糖質オフ!健康法』2012年(PHP文庫)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』2014年(東洋経済新報社)
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』2014年(東洋経済新報社)
『一生太らない「やせる! 食べ方」 』2014年(PHP文庫)
など多数。

ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記(http://koujiebe.blog95.fc2.com/
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
日本医学会総会2015関西
 高雄病院で、この日本医学会総会2015関西の江部康二先生の講演チラシを発見して、「すごい!これで、糖尿病学会の潮目も変わる!」と興奮してしまいました。
 これが江部先生のブログに載れば、閲覧者がビックリして、さぞコメントで盛り上がるだろな。。。。と思っていたのですが、あにはからんや、糖質セイゲニストたちの反応はうす~いですね。演題が「アレルギー 健康管理と癒し」になっているからでしょうか?
 日本医学会総会のブログを見ると、関西の12大学の医学部を中心に20の組織が主務機関を務める、オール関西の力の入った8年ぶり(前回は東北大震災で実質中止)の総会。特別公演は山中伸弥先生や日野原重明先生。そこで、800人の一般向けの講演を担われるのですから、総会事務局の江部先生への期待は大きいですよね。
 まして、会頭を務められる井村裕夫 元京大総長は、内分泌代謝病学・糖尿病学がご専門で糖尿病学会から坂口賞を受けている先生。そして、今回の日本医学会総会の意義として、「医療制度をどのようにして持続可能なものにしていくのか、 <中略> 山積している問題について専門を超えて議論できる機会となります。」と挨拶されています。
 こんなことを言うと、ミーハーな権威主義者みたいですが、動きの遅い糖尿病学会にしびれを切らした重鎮たちが、糖尿病学会の外堀を埋めにかかってるように見えるのです。演題がアレルギーになっているのは、一応、糖尿病学会の顔を立てているんでしょうね。とはいえ、「江部先生のアトピー・アレルギー治療は良いけれど、糖質制限食はちょっと。。。」なんて考えで講演を頼むはずがないのですから、ほぼ、全肯定されているわけでしょう?演題はアトピーでも、糖質制限食が良い成果を上げているお話は出てくるでしょうし。
 このへんを考えると、2015/3/15の山前先生のコメントの「先日地区医師会の講演会に川崎医科大学特任教授の加来先生がお見えになり、「糖尿病薬物治療の現状と展望」と題したご講演をされました。」の内容も、なんか納得できてしまいます。

4月4日の京都。この陽気では、桜も満開になりそうな。とっても楽しみです!
2015/03/18(Wed) 03:18 | URL | ミーハー | 【編集
Re: 日本医学会総会2015関西
ミーハー さん

応援ありがとうございます。
800人はさすがに、大変ですね。
まずは、200~300人くらいを目指します。
2015/03/18(Wed) 20:06 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可