FC2ブログ
朝日カルチャーセンター京都教室「糖質制限食講座」のご案内
こんばんは。

朝日カルチャーセンター京都教室講座
「糖質制限による糖尿病・肥満・生活習慣病の改善」
のご案内です。

2015年3月3日(火) 13:00~14:30
講演70分。
質疑応答20分。

糖尿病を始め、日本の4大死因、5大疾病と糖質制限食のお話しをします。
質疑応答も20分間と時間をとりました。

京都、大阪、滋賀、奈良、兵庫、福井・・・の皆さん、奮ってご参加下さいね。


江部康二


以下は朝日カルチャーセンター京都のサイトから抜粋です。

☆☆☆
講演要旨
美味しく楽しく満足するまで食べて、
血糖コントロールは良好!キーワードは「糖質制限」だけ。
あとは面倒なカロリー計算は不要で、ステーキも脂ののった魚もOKで、
お酒(蒸留酒、辛口ワイン、糖質ゼロ発泡酒)も飲めます。
糖尿病だけでなく、
肥満やメタボリックシンドロームや様々な生活習慣病もよくなります。
美味しいものを食べたいだけ食べてもOKなので、
「満腹ダイエット」「美食ダイエット」と呼ぶ人もいます。
農耕が開始されたのはわずか1万年前です。
糖質制限食は狩猟・採集時代700万年間の人類本来の食事であり、
人類の健康食ですので、
いろんな症状が良くなるのは当たり前といえば当たり前なのです。
興味がある方は是非ご参加を!

お問い合わせ・お申し込み:電話 075-231-9693 朝日カルチャー京都教室

参加費:会員 3,024円 一般 3,564円

講師紹介 江部 康二 (エベ コウジ)
1950年生まれ。 1974年京都大学医学部卒業。1974年から京都大学胸部疾患研究所第一内科(現在京大呼吸器内科) にて呼吸器科を学ぶ。1978年から高雄病院に医局長として勤務。1996年副院長就任。2000年理事長就任。2001年から糖質制限食に取り組む。2002年に自ら糖尿病であると気づいて以来、さらに糖尿病治療の研究に力を注ぎ、「糖質制限食」の体系を確立。これにより自身の糖尿病を克服。内科医/漢方医/一般財団法人高雄病院理事長/一般社団法人日本糖質制限医療推進協会理事長著書『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)作家宮本輝氏との対談、『我ら糖尿人、元気なのには理由がある』(東洋経済新報社)『主食をやめると健康になる』(ダイヤモンド社)『高雄病院の「糖質制限」給食』(講談社)『糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食』 (ナツメ社)『高雄病院 Dr.江部が食べている「糖質制限」ダイエット1ヵ月献立レシピ109』(講談社)『糖尿病治療のための! 糖質制限食パーフェクトガイド』 (東洋経済新報社)『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません: 生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント』 (東洋経済新報社)など多数。ブログ『ドクター江部の糖尿病徒然日記(http://koujiebe.blog95.fc2.com/)は、日に10000件のアクセスがあり、糖尿病のかたやそのご家族から寄せられ↓↓た質問への回答や、糖尿病・糖質制限食に関する情報の発信に、日々尽力している。
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
朝食前インスリン・ゼロに
2/2の診察で2/1から糖質制限をやってみるとお話しましたが、人工透析13ヶ月で導入時から7kg増加の結果、除水量が2kg台で、のどが嗄れてシャガレ声になり、頭痛が続くため、どうしても0.5~1.0kg減らす必要になりました 2型糖尿人時代は1600kcal 蛋白質45g/日でしたが、今は1950kcal 蛋白質75g/日で糖質は130g/日では、体重増に歯止めがかかりません そこでまず、朝食のごはん80gを止めました インスリン・ノボラピッド4+4+4でしたが、2/19現在0+3+3で食後2時間値110~150です 基礎トレシーバも7から、どんどん減らして4単位でFBG88~110で快調です 体重も1kg確実に減って、2月の火木土の4.5時間の透析での除水量は1.0~1.7kgになり、のどのシャガレ声は改善しました 頭痛は不均衡症候群(主にNa Kなどの電解質が首からしたと脳の時間差で起こるそうですが)のせいでなかなか手強いです 昼食も夕食も、ごはん80gを出来るだけ食べないでがんばっています ご存じの通り、人工透析の終了時の体重をドライウエートと言って、現在61.2kg(BMI24.2)で体調は二重丸です 腎臓病医の最近の傾向は以前の蛋白質0.58g未満はペケ CKD患者は0.8gは必要 透析患者は1.2~1.5gが延命に絶対必要 ただし蛋白質には必ず無機リンが含まれているので要注意と言われています もうすぐ76歳になりますが糖尿病歴32年で人工透析13ヶ月でも、糖質制限こそ体調管理に必要だと確信しています セイゲニスト万歳!
2015/02/19(Thu) 21:19 | URL | 柚木信也 | 【編集
Re: 朝食前インスリン・ゼロに
柚木信也 さん

糖質制限食で、減量成功で体調良好、良かったです。

やはり、少ないインスリンでコントロールできるほうが身体には優しいですね。

2012年10月07日 (日)の本ブログ記事
「人工透析中の糖尿人と糖質制限食について専門医のアドバイス。」

もご参照いただけば幸いです。
2015/02/20(Fri) 07:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
ヤフーニュースで
【ワシントン時事】健康維持のため食事による取り過ぎには注意が必要とされているコレステロールについて、米当局は19日、摂取量を制限する必要はないという新たな見解を発表した。「コレステロールは過剰摂取を心配する栄養素ではない」と明言している。
 米厚生省と農務省が設置した「食事指針諮問委員会」が報告書を公表した。各種調査結果から「食事によるコレステロール摂取と(動脈硬化などの病気の危険を増すこともある)血清コレステロールの間に明らかな関連性はない」と結論付けた。 

と、ありました。
日本は外圧に弱いですから、今年はパラダイムシフトがさらに加速しそうですね。
2015/02/20(Fri) 12:04 | URL | クワトロ | 【編集
専門医のアドバイス見ました
2012.10.7のブログ拝見しました 奈良とみがおかの松原博先生の日本透析医学会での発表で、結論的に糖尿病腎症からの透析人の糖質制限治療では,HbA1Cが下がり、インスリンも減り、HDL-cが増えたとあります+今回の糖質カットでは、家人がアマゾンで買った「高雄病院の給食」を興味深く見てやっています+カロリー不足へのオリーブオイルは調理にはすべて使用しています さらに熱に弱いオメガ3のエゴマ油は朝ヨーグルトに5g、夕納豆に5g食べています でコレステロール系の検査データはTC192/TG100/LDL110/HDL56ですし、リンの多い?チーズもナチュラルなら蛋白質もリンも1/3です GAも2/10(わずか10日の朝食ごはん80gカットで)19.3から17.0まで下がっています 栄養状態はTP7.0 Alb4.2 Hb11.9です 問題のIPは5.4~6.2で検査直前の食事内容だろうと主治医の意見ですが、透析で2.1まで下がるので、2日に1度をサボらない限り、むしろ低栄養の方が大問題なので、くれぐれもダイエットはだめと言われました 今のペースを維持すれば、4.5時間の透析で1.0kgレベルをできていずれは、不均衡症候群の頭痛が改善することを願っています  
2015/02/20(Fri) 16:22 | URL | 柚木信也 | 【編集
Re: ヤフーニュースで
クワトロ  さん

私もこの記事をみました。

興味深いです。
糖質制限食は高コレステロール食ですから、追い風です。

本ブログの記事にしたいと思います。
2015/02/20(Fri) 19:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 専門医のアドバイス見ました
柚木信也 さん

透析専門の医師、お二人が、糖質制限食OKのお墨付きをだして下さったので
安心して実践できると思います。

体重と血糖のコントロール、そして不均衡症候群の改善を目指していきましょう。
2015/02/20(Fri) 20:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可