FC2ブログ
糖質セイゲニストin大分主催「糖質制限講演会」3/1(日)
こんばんは。

糖質セイゲニストin大分主催
「糖質制限講演会&パネルディスカッション」

が、2015/3/1(日)に開催されます。

一般社団法人日本糖質制限医療推進協会が協賛です。

大分での講演会は初めてですので楽しみです。

第一部は
『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』
 -糖尿病・生活習慣病を予防&改善する糖質制限食-

と題して、私が講師をつとめます。

糖尿病を始め、日本の4大死因、5大疾病と糖質制限食のお話しを90分間します。
質疑応答も30分間とたっぷり時間をとりました。

最近の話題として

2014年6月の日経メディカルオンラインのアンケートで、日本全国の2263人の医師から有効回答があり、実に過半数の医師が「糖質制限」を支持ということでした。良い意味で衝撃的で、びっくりしました。

過半数(58.3%)の医師が「糖質制限」を支持していて、医師の3人に1人は自ら実行していました。医師の4人に1人が「患者に勧めることがある」との回答でした。

また、「今日の治療指針2015」にも、糖尿病治療食として初めて糖質制限食が取り上げられる時代となりました。


そして、講演会に加えて

パネラー
・江部康二
・立花秀俊先生 社団法人敬和会 大分東部病院 漢方・小児科部長
・井上健先生 医療法人社団上人会 上人病院 内科(循環器専門医)
・三島学氏 三島塾塾長 糖質セイゲニストin北九州世話人
・山﨑昌彦氏 九州食肉学問所学長 糖質セイゲニストin大分世話人

による、パネルディスカッションもあり、盛りだくさんな内容です。

大分を始め近隣の皆様、是非ご参加いただけば幸いです。


江部康二


☆☆☆
以下は、糖質セイゲニストin大分事務局からのご案内です。

糖質セイゲニストin大分主催

「糖質制限講演会&パネルディスカッション」

■日時:3月1日(日)10:00~13:00頃 ※入場受付は9:20~

■会場:ホルトホール大分 大会議室 ※JR大分駅より徒歩2分
    大分県大分市金池町1丁目5番1号
    http://www.horutohall-oita.jp/access/

■内容:

・第一部: 講演(講師:江部 康二)

・第二部: パネルディスカッション
 パネラー
 ・江部康二先生 一般財団法人高雄病院理事長
 ・立花秀俊先生 社団法人敬和会 大分東部病院 漢方・小児科部長
 ・井上健先生 医療法人社団上人会 上人病院 内科(循環器専門医)
 ・三島学氏 三島塾塾長 糖質セイゲニストin北九州世話人
 ・山﨑昌彦氏 九州食肉学問所学長 糖質セイゲニストin大分世話人

*主催: 糖質セイゲニストin大分
*協賛: 一般社団法人日本糖質制限医療推進協会

※詳細・お申し込み方法は、下記の糖質セイゲニストin大分HPをご覧ください。
http://sugarbuster.jp/seminar/
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
大分講演楽しみにしています!
こんにちは。大分市に住んでいます中島と言います。3月の大分講演、申し込みました。

さて、私は、4月から糖質制限&MECを実践し、減量・肌質の改善・精神的な落ち着きなどなど恩恵をたくさん受けています。もちろん今後も続けます。

実は息子11歳が昨年秋に『尋常性乾癬』と診断されました。指先、足の裏が特にひどく痛そうです。治療はネオーラルの飲み薬、ドボペットの塗り薬、紫外線の照射をやっています。あまり良くなっているようには思えません。(長く続けないと良くならないないのでしょうが。)

糖質制限でこの病気が改善された患者さんの話を先生のブログで読みました。
親として息子にも実践したいという気持ちがあります。しかし、子どもがどこまで糖質抜きの生活ができるか不安です。

大分講演の質疑応答の際にぜひ質問したいと思っています。お会いできるのを楽しみにしています。

中島
2015/02/06(Fri) 13:54 | URL | けんとママ | 【編集
イマドキ女子の6割以上が「炭水化物抜きダイエット」実施経験あり! 炭水化物を抜いた時の悪影響、第1位は「イライラするようになった」
切り餅で有名な某食品会社が行ったアンケート結果というものがありました。

が、タイトルの通り、とんでもない結果を堂々と公表しているのに驚嘆させられました。。。

-------------------------------------------------------------------------
サトウ食品「20~30代女性の朝食事情」に関する意識・実態調査を実施

                 佐藤食品工業株式会社 2014年11月28日

http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000017.000006212.html

<略>

「これまでに挑戦したことのあるダイエットをすべてお選びください。」という質問に対して6割以上の20~30代女性が「炭水化物抜きダイエット」と回答しました。さらに、炭水化物抜きダイエット経験者の中で「炭水化物を減らす・抜くことによる影響は何かありましたか」という質問に対して悪い影響があったと回答したのは全体の約7割に上り、感じた影響の上位3項目は「イライラするようになった」「集中力がなくなった」「肌が荒れた」という結果がでました。
炭水化物抜きダイエットはダイエットの手段として定番になってきていると言えますが、イライラや集中力不足の原因となり、美容への悪影響もあるため、心と身体に負担が生じるダイエット方法であると言えます。

<略>

-------------------------------------------------------------------------

これは只々、自社に都合の良い情報だけをピックアップし、自社製品の販売促進に繋げようとする卑劣なものと言わざるを得ません。

餅のGI値は80以上の高値であり、米粒のご飯より瞬時に血糖値を上げることは、もはや常識でしょう。

こんな卑怯な手を使わずに、酒造メーカーが糖質0の日本酒を続々と開発されているように、糖質オフなお餅を開発して欲しいものですね。
2015/02/06(Fri) 14:57 | URL | 福助 | 【編集
Re: 大分講演楽しみにしています!
けんとママ さん

やむを得ないとはいえ、ネオーラルは免疫抑制剤ですので副作用が少し心配です。

その点、糖質制限食なら、ルールを守る限り、副作用はないです。
イヌイットが伝統的な食生活を続けていた頃は、尋常性乾癬は、ほとんどありませんでした。
勿論、大人も子供も、生肉・生魚が中心のスーパー糖質制限食でした。

息子さんが、嫌がらなければ、お奨めですが、強制は無理と思います。

2015/02/06(Fri) 16:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: イマドキ女子の6割以上が「炭水化物抜きダイエット」実施経験あり! 炭水化物を抜いた時の悪影響、第1位は「イライラするようになった」
福助 さん

情報をありがとうございます。

佐藤食品、これはひどいですね。
「イライラするようになった」「集中力がなくなった」「肌が荒れた」・・・
捏造でないなら、これらは全て
摂取エネルギー不足による症状です。

糖質制限食は、血糖値の上下の変動幅が著明に減るので、心理的に安定します。
下記の夏井先生のアンケート結果を佐藤食品に送付してあげたいですね。
https://docs.google.com/forms/d/1l5M-yzXroALSlGwpuy1FK-qCB3zghmCMfrCWMwOb1-0/viewanalytics
2015/02/06(Fri) 16:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
インスリンと糖質制限
初めまして。いつも勉強させていただいています。
妊娠前から食後高血糖が軽くあったので糖質制限をしていました。
妊娠をして今5ヶ月ですが妊娠糖尿病になり、インスリンを打ち始めました。
病院では炭水化物をしっかり取る食事管理を指導されています。
まだ2単位のインスリンなのですが指導通りの炭水化物を取ると2時間値が基準値を超えてしまうため、炭水化物少量と低糖質なチーズやお肉を食事指導の内容よりはるかに多く食べています。
ですがインスリンを打っていてチーズやナッツやお肉などを多く食べると脂肪などを蓄積しやすいので良くないと読みました。
でもお腹と精神面を満たすため、食べたいのです。

インスリンを打ちながら糖質制限食(プラス炭水化物)を続けても健康面そして胎児に悪影響はないでしょうか?
よろしくお願い致します。
2015/02/06(Fri) 21:15 | URL | ふくまま | 【編集
インスリンと糖質制限
ふくままさん、糖質制限食で妊娠糖尿病を管理している産科医です。5か月で妊娠糖尿病であるならこれから後半はもっと耐糖能が下がってきます。今はインスリンは2単位ですがだんだん増えていきます。妊娠糖尿病は、インスリンは出ているのに効かなくなる病態なのです。ですから糖質量を抑えてきたあなたのやり方は正しいと思いますが、ほとんどの産科医も内科医も糖質は取らなければならないと信じています。ですからどんどん糖質を取らせてインスリンが増えて肥満にもなります。またインスリンは効かなくなるのでコントロールが難しくなります。胎児を肥満にしたくないはずが逆になって行きます。今炭水化物を増やさなければこのインスリン単位数でも大丈夫ですし、やめることも可能でしょう。ただインスリン量が増えるようなら糖質制限は、低血糖を起こすこともあるので注意が必要です。チーズ、ナッツ、お肉ならいくら食べてもそれほど太りませんし、心配はいりません。具体的なことでお困りだったらメールでも相談してください。
2015/02/07(Sat) 17:39 | URL | 宗田 哲男 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可