FC2ブログ
NASH(こわい脂肪性肝炎)に糖質制限食が有効。肝臓学会の発表。
【14/11/29 中年サムライ

肝臓学会にて

11/27の肝臓学会東部会に出ていました。NASHの新展開というシンポで、東北大学の諸沢DRが「非アルコール性脂肪性肝炎患者における低糖質食事療法介入と免疫能解析」という演題で発表されました。

NASH患者11症例に、糖質40%、蛋白20-25%、脂質35-40%、1600カロリーで指導。

3か月後の検査で、体重、体脂肪量の減少。肝機能の改善、肝線維化マーカーの改善、IRIの減少などが得られ、同時に末梢血分画で異常であった免疫パラメーターも正常者に近づいたとの発表でした。

某教授からは素晴らしい臨床結果とのコメントが。

全体にも好意的な反応で、今後、カロリー制限と糖質制限のコントロールstudyをやってほしいなどの意見が出ていました。
皆の印象でも、NASHの患者さんは糖質摂取が多い印象はあるようです。

糖尿・代謝学の一部では、異所性脂肪化(肝や筋肉)がメタボ~2型DMの源流であるという研究の流れが出来ているようです。】


中年サムライ さん
肝臓学会ご参加、お疲れ様です。

興味深い情報をありがとうございます。
私も、NASHそのものが、糖質摂取過剰病と考えています。
東北大学の諸沢DR、すばらしいです。

『NASH患者11症例に、糖質40%、蛋白20-25%、脂質35-40%、1600カロリーで指導』

『3か月後の検査で、体重、体脂肪量の減少。肝機能の改善、肝線維化マーカーの改善、IRIの減少などが得られ、同時に末梢血分画で異常であった免疫パラメーターも正常者に近づいた』


肝臓学会で、糖質制限食肯定の発表とは嬉しいですね。

欲を言えば、糖質40%の緩い糖質制限食でこれだけの効果がでたのですから、糖質12%の高雄病院式スーパー糖質制限食ならもっと顕著な効果が得られたと思うのですが・・・。

まあ、贅沢は言えませんね。

『糖尿・代謝学の一部では、異所性脂肪化(肝や筋肉)がメタボ~2型DMの源流であるという研究の流れが出来ているようです。』

異所性脂肪化(肝や筋肉)も、スーパー糖質制限食なら、速やかな改善が得られると思います。


江部康二


☆☆☆

参考までに
以下は2014/04/30の本ブログ記事です。

ドクター江部の糖尿病徒然日記 

脂肪肝と糖質制限食。2014年4月。

こんばんは

今日は、脂肪肝のお話です。

脂肪肝(しぼうかん)とは、文字通り肝臓に脂肪が蓄積した状態です。
近年、30代~40代を中心に増加傾向にあります。

脂肪肝は

1)非アルコール性脂肪性肝疾患(NAFLD:nonalcoholic fatty liver disease)
  a)単純脂肪肝 肥満などによるもの
  b)非アルコール性脂肪性肝炎(NASH:Non-Alcoholic SteatoHepatitis)
2)アルコール性脂肪肝 飲酒によるもの

3)妊娠に伴うもの  急性妊娠性脂肪肝(AFLP)
  AFLP:Acute Fatty Liver of Pregnancy

などにわけられます。

NAFLD(nonalcoholic fatty liver disease、非アルコール性脂肪肝疾患)は、アルコールを原因としない脂肪肝です。

NAFLDの8割から9割は炎症や線維化を伴わない「単純性脂肪肝」です。

多くは肥満が関係します。単純脂肪肝の予後は良好です。

非アルコール性の脂肪肝はかつては、放置してもさしたることはないと言われていましたが、近年、上述の「NASH」が認識されるようになり、様相が一変しました。

非アルコール性脂肪性肝炎(Non-alcoholic steatohepatitis)を略してNASHです。

NASHは、肝炎から肝硬変や肝臓癌に進展することもあり、結構こわいのです。NAFLDの1割くらいが、NASHです。

単純性脂肪肝からNASHへ進行することもあります。

肝臓に脂肪が蓄積→脂肪肝→非アルコール性脂肪性肝炎→肝硬変→肝癌

B型ウィルスやC型ウィルスや飲酒以外に、NASHからも肝癌になり得るので、ゆめゆめ油断は禁物なのです。

脂肪肝の根本要因は、脂質ではなく糖質です。

①糖質を摂取すると血糖値が上昇します。
②血糖値が上昇すると追加分泌のインスリンが大量に分泌されます。
③追加分泌インスリンにより、筋肉細胞の糖輸送体が内部から細胞表面に移動します。
④筋肉細胞の糖輸送体(Glut4)により血液中のブドウ糖は細胞内に取り込まれます。
⑤まずエネルギー源として利用し、次いでグリコーゲンとして筋肉中に蓄えます。
⑥筋肉細胞に取り込まれずに、血液中で余ったブドウ糖は全て中性脂肪に変わり、
 脂肪細胞や肝臓に蓄えられます。

このように、追加分泌のインスリンが大量・頻回に出ることが、脂肪肝や肥満の根本要因であり、インスリンが肥満ホルモンと言われる所以です。

3大栄養素「糖質・脂質・タンパク質」のうち、血糖値に直接影響を与えるのは、糖質だけです。

脂質・タンパク質は血糖値に直接影響を与えることはありません。

追加分泌インスリンが大量に必要となるのは、糖質摂取時だけです。
タンパク質は、ごく少量の追加分泌インスリンを分泌させます。
脂質は、追加分泌インスリンを分泌させません。

脂肪肝も内臓脂肪肥満もメタボリック・シンドロームも、糖質の頻回・過剰摂取によるインスリンの頻回・過剰分泌が根本要因と思います。

内臓脂肪肥満やメタボになれば、インスリン抵抗性も出現してきて、血糖値を正常に保つために基礎分泌インスリンの量も増加します。

このようにして、インスリン追加分泌も基礎分泌も過剰になり、ますます、脂肪肝や内臓脂肪肥満やメタボリック・シンドロームは進行して悪循環に陥ります。

上述の如く人体の生理・栄養・代謝面から理論的に考えてみると、

<糖質→食後血糖値上昇→追加分泌インスリン大量分泌→中性脂肪合成→脂肪肝・肥満>

ということが明確に理解できます。

つまり、糖質を普通に食べていたら、少々のカロリー制限をしても、脂肪肝が改善することは極めて困難なのです。

一方、糖質制限食実践で、例えば肉・魚・豆腐などを摂取すれば、当然高脂質・高タンパク食となりますが、この間常に脂肪が分解されエネルギー源として使われています。

つまり、糖質制限食を食べている最中にも同時に中性脂肪が分解されて脂肪酸やケトン体になり、骨格筋・心筋・内臓でエネルギー源として利用されているのです。

この「脂肪酸-ケトン体エネルギーシステム」が日常的に利用されているのが、人類本来の姿であり、農耕前の700万年間はずっとそうでした。

糖質制限食で脂肪が分解されていた人が、糖質を摂取して血糖値が上昇すると、

「糖質制限食→中性脂肪分解→脂肪酸・ケトン体→骨格筋・心筋・内臓のエネルギー源」

というパターンが

「糖質摂取→血糖値上昇→追加分泌インスリン大量分泌→中性脂肪合成」

というパターンに変化し、脂肪肝・肥満につながるわけです。

私自身、2002年の糖尿病発覚の時点で、メタボリックシンドロームの基準を満たしていました。

<身長167cm 体重66kg 高血圧140~180/90~110 腹囲86cm>

スーパー糖質制限食実践半年で10kg減量して56kg。

血圧は140~180/90~110 → 120~130/70~80。

メタボリックシンドロームの基準が全て正常になりました。

内臓脂肪CT126cm2 → 70cm2 (正常は100未満)

となりました。

腹部エコーでも脂肪肝は改善しました。

私だけでなく多くの脂肪肝の患者さんがスーパー糖質制限食で速やかに改善しています。

ブログ読者の脂肪肝の皆さん、安心して魚も肉も卵も野菜もしっかり食べて、美味しく楽しくスーパー糖質制限食で、脂肪肝改善を目指して下さいね。

なお、急性妊娠性脂肪肝(AFLP)はまれな疾患(6000~7000妊娠に1例ていど)ですが、重篤となることもあり注意が必要です。

AFLPは理論的には糖質制限食で予防できると思います。


江部康二


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生、こんばんは。

私も、調理にはラードやバターをたっぷり使い、脂身の多い肉や、卵、マヨネーズなども大量に摂取しているスーパー糖質セイゲニストですが、エコー検査では「脂肪肝の兆候すら無い、凄く綺麗な肝臓だ」と言われました。

ところで、ネットサーフィン中に見つけた、がんサバイバーであるボディビルダーの方のブログに興味深いエントリーがあったのでお知らせします。

この方が、米国CBNテレビで放送された例の番組(http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2471.html)の内容をご存じかどうかは定かではありませんが、豊富な知識を元にロジカルに考えた結果、どうやら独自に「がんには“断糖療法”が効くのではないか?」という結論に至ったようです。

それにしても、以前にこちらのコメント欄で紹介させていただいた山本義徳氏といい、ボディビルダーの方々の知識と探究心には驚かされます。

--------------------------------

「ガン断糖療法とはなにか?(理論編)」
ttp://blog.livedoor.jp/koms_club/archives/1955910.html

(前略)
この『ガンは糖をドカ食いする』ことについては色々な解釈があるが、以下のような考え方がかつて主流だった。

『ガンは無制限に増殖するために、大量のエネルギーが必要である。そのためエネルギー源を手当たり次第に取り込んでいる』

たしかにその通りに思える。実際にガンには大量のエネルギーが必要だ。しかしガン細胞は脂肪酸の”合成”が促進する(注2)など、エネルギー源を何でもかんでも使うわけではない。

どうやらガンは『糖をドカ食いする』だけではなく『糖に依存している』ようなのだ。

通常の細胞がエネルギー源として脂肪酸や、アミノ酸などをバランスよく使い、好気呼吸も行うことに比べて、なんと異常なことだろう。

エネルギーが必要なのに、効率の悪い『糖の嫌気的代謝』を使わざるをえないため、取り込む糖の量でカバーする存在。それがガンであるようなのだ。

ここでわたしはこう思うのだ。

単純に『断糖』してしまったらどうだろう?

つまり糖を極力摂取しないようにするのだ。

糖を食べないのだから、正常細胞にもガン細胞にも糖はいかなくなる。しかし正常な細胞なら脂肪酸やアミノ酸、はたまたケトン体を代謝して生きられるはずだ。しかしガン細胞は糖に依存しているため良くすれば死滅するはずである。

そして以前のエントリで書いたように私には『断糖』ができる。

私はガンを餓死に追い込むべく『断糖療法』に挑戦することにした。
(後略)

注2:『一般にがん細胞では、外来性脂質の多寡にかかわらず、脂質の新規(de novo)合成が盛んである。これは、たいていの正常細胞では外来性脂質が積極的に利用され、脂質の新規合成が抑制されている、という事実ときわめて対照的である』(実験医学増刊『ガンと代謝 何故がん細胞が好んで解糖系をつかうのか?』 Vol.30-No.15 2012 p81(2415))

--------------------------------

「ボディビルダーはなぜ糖質制限をしてコンテストに挑むのか」
http://blog.livedoor.jp/koms_club/archives/1998471.html

(前略)
糖質制限食(VLCKD)を摂ったグループでは普通食(WD)を摂ったグループに比べて有意に体重が減っている(aのグラフ)。また体脂肪も糖質制限食(VLCKD)のグループで顕著に減っている(bのグラフ)。

ここまでは普通の結果といっていいだろう。
興味深いのはここからだ。

なんとダイエットをした彼らの運動能力は落ちなかったのだ。

ジャンプスクワット、パラレルバーディップ、逆手持ち懸垂などの各種競技で、糖質制限食(VLCKD)を摂ったグループと普通食(WD)を摂ったグループで統計的に有意な違いはなかった。

つまり糖質制限ダイエットには『運動能力が落ちない』という際立った特徴があるようなのだ。

この特徴がボディビルディングと糖質制限を切っても切れない関係にしている。

私のようなボディビルダーは調整期でもウェイトトレーニングを行い、筋肉が落ちるのを防がなくてはならない。

そのためには『ダイエットしているから力が出ない』では困るのだ。

『脂肪を落とす』と『運動能力を維持する』を高いレベルで両立することは困難だ。
しかしそれが可能となるのが糖質制限ダイエットである。
ボディビルディングに限らず、体重制限のあるスポーツ、格闘競技でもこの両立は重要なのではないだろうか? 

各種競技者の調整に糖質制限は有用な手段であると私は思う。

『求めるものはここにある』
2014/12/01(Mon) 22:26 | URL | 豆蔵 | 【編集
低血糖の対処法
糖質制限を始めて、半年がたつ、40代女性です。
体重も飢餓感なく7キロ減り、20代のころの体重に戻りました。
食後の高血糖も改善され、じっとしていても息が上がる状態だったのが、長時間のお出かけも楽にできるようになりました。
反応性の低血糖もしょっちゅうで、必ず鞄に飴やチョコレートをいれていたのが、低血糖からくる極端な飢餓感から解放され、純粋な空腹感を味わうことができるようになりました。
体調がよくなって、本当にうれしいです。

ところが、半年たったころから、低血糖に悩まされるようになりました。
夕食前には、血糖値は60台になり、チーズなど食べてもなかなか回復しません。

体重も低下は止まり、20代の体重を維持できているので、よく食べていると思うのですが、夕方や、食事が遅れたとき、夜間睡眠時の低血糖(冷や汗かいて目覚めます)を防ぐにはどうしたらいいでしょうか。

午後からきつい仕事のときには、昼食にパンをとったりしていますが、そうするとスタミナが続くようです。本当は食後一時間の血糖値が150から170になるので、糖質はとりたくないのですが、やむをえないのでしょうか。

血糖値が維持できず、スタミナ不足に悩む女性は多いのではないかと思います。
血糖値維持の男女差について、男女別の糖質制限について教えていただけると助かります。

長く糖質制限を続けたいので、よろしくお願いします。
2014/12/02(Tue) 11:59 | URL | まりも | 【編集
Re: タイトルなし
豆蔵 さん

情報をありがとうございます。

ボディビルダーの方々は、とても勉強熱心ですね。
英文論文もバリバリ読んでおられてすごいです。
2014/12/02(Tue) 12:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
はじめまして
江部先生、はじめまして。

現在スーパー糖質制限を行っています。

キツかった洋服がすんなりと着られるようになり喜びを感じております。

今日はどうしても気になる事が有り、江部先生に聴いてみようかとやって参りました。

今までグリコーゲンの貯蔵量は肝臓で100g程度だとか、最高約 300kcalとか、筋肉では最高約600kcalとか、微妙に異なるものの、そんなに多くない数字が提示されていました。
溢れた分は脂肪になると言われてきたと思うのですが、最近こんな主張を見かけました。

『どの程度の摂取からDNLが働くかは実証によれば3200kcal前後の炭水化物を数日にわたって摂取したとき』

故に糖質が脂肪になるには相当な過剰摂取が必要であり現実的ではない、というものでした。

Glycogen storage capacity and de novo lipogenesis during massive carbohydrate overfeeding in man.という論文(URL欄のサイト)が貼り付けてありました。

最近どうもこれを元に『糖質は脂肪にならない』と断言する人を散見します。

江部先生はどの様にお考えになりますか?
2014/12/02(Tue) 12:34 | URL | ちいず | 【編集
Re: 低血糖の対処法
まりもさん

「夕食前には、血糖値は60台になり、チーズなど食べてもなかなか回復しません。」


60mg台で低血糖症状がでるというのは、高血糖が日常の糖尿人以外では比較的まれですね。
それから、低血糖を回復するなら、糖質の摂取が必要です。
チーズには糖質がほとんどないので、低血糖は改善しません。

空腹時の低血糖が生じやすいのは、糖新生がうまくいってないようです。
ナッツ類を間食で補充すれば、血糖値の大きな上昇もなく、低血糖を予防できると思います。

男女でとくに糖質制限のやりかたに差はありません。




2014/12/03(Wed) 20:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
ちいず さん

いろんな論文がいろんな説を展開しますので、いちいち信じて動揺することはありません。

ともあれ、インスリンが三重の肥満ホルモンであることは間違いありません。
インスリンは
1)体脂肪の分解を抑制し
2)血液中の中性脂肪を分解して脂肪細胞に取り込ませて中性脂肪に合成して蓄え、
3)血糖を筋肉に取り込ませますが余った血糖は全て脂肪細胞に取り込ませて中性脂肪に変えて蓄えます。

そして三重の肥満ホルモンインスリンを大量に分泌させるのは、糖質だけです。
「脂肪を操るインスリンを炭水化物が操る」なのです。
2014/12/03(Wed) 20:52 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生はじめまして。
江部先生はじめまして。

長年、脂肪肝で悩み肝精検を受けるや、長年食事指導を受けるやらでした。けれど肥満からの脱出成らず、体調は悪化の一途、挙句には自分をせめる日々でした。「糖質を普通に食べていたら、少々のカロリー制限をしても、脂肪肝が改善することは極めて困難なのです。」の先生の文章にウスウスそんな気がしていただけに勇気が出ました。糖尿も気に成る昨今ですので、1度受診させていただきたいと思います。先生の徒然日記に出会えて感謝!
2015/01/23(Fri) 02:16 | URL | kae | 【編集
Re: 江部先生はじめまして。
kae さん

肝生検まで、されたとは大変でしたね。
薬の内服とかなければ、すぐにスーパー糖質制限食を実践されてよいと思います。
2015/01/23(Fri) 18:28 | URL | ドクター江部 | 【編集
NASH肝硬変に対する糖質制限
江部先生
はじめてメールさせていただきます。外科医です。
昨年、BMI 39の女性が急性胆のう炎で入院されました。胆嚢外瘻を腹腔鏡下に緊急で造設し、入院を継続しながら糖質制限と運動療法を行い、3か月で約20kgの減量後に根治手術を行いました。
この方は肝臓の肉眼所見や肝生検所見からNASHで線維化を伴う肝硬変でした。
先生の著書や当ブログで肝硬変は糖新生の低下で低血糖を生ずる危険があり、糖質制限は適応外とされています。
十分なICのもと入院を継続して短期間での減量に成功しましたが、運動療法を併用しても低血糖症状は見られませんでした。
非代償性でなく糖新生が維持されていたものと思われますが、NASHによる肝硬変は通常のウイルス性と組織も異なりますし、豊富に脂質をため込んでいることが、糖質制限下のエネルギー新生に有利に働くのではないかと推察していますがいかがでしょうか。
再来週の栄養学会で症例報告予定です。
ご意見を頂ければ幸いです。
2017/02/13(Mon) 14:56 | URL | zui | 【編集
Re: NASH肝硬変に対する糖質制限
zui 先生

ウィルス性の進行した肝硬変では、正常な肝細胞がほとんど残っていないと思います。
このレベルだと、糖新生も困難と思われます。

NASHで線維化を伴う肝硬変なら、進行した肝硬変ではないと考えられますので
zui 先生のお考えでよいと思います。
2017/02/14(Tue) 21:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可