FC2ブログ
2014/11/30(日)静岡市・糖質制限食一般向け講演会のご案内
こんばんは。

2014/11/30(日)静岡市・糖質制限食一般向け講演会のご案内です。

静岡市は、医師会主催の講演会に講師として招いて頂いたことはありますが、一般向け講演会は初めてです。

糖尿病のお話は勿論のこと、

日本人の

四大死因(がん、心疾患、肺炎、脳血管疾患)

五大疾病(がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、精神疾患)

と糖質制限食についてもわかりやすくお話しします。

がん、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病の元凶は、糖質の頻回・過剰摂取の可能性が極めて高いのです。

近年のうつ病の増加に関しても、糖質摂取による血糖変動の関与が疑われます。

また糖質制限食の有効性・安全性・可能性についても詳しくお話します。

東海地方の糖尿人、メタボ人の皆さん、そして日本人の四大死因や五大疾病に興味がある方も、是非ご参加くださいね。


江部康二



以下、事務局からのご案内です。

☆☆☆

ブログ読者の皆様、講演会へいつも多数ご参加いただきましてありがとうございます。

11月30日(日)、静岡市内で一般向けの講演会を開催致します。
 http://toushitsuseigen.or.jp/activity.html#schedule20141130

「炭水化物を減らして健康に!~糖質制限食と糖尿病・メタボ・生活習慣病・がん…~」
と題し、理事長 江部康二がたっぷりお話し致します。

東海地方の皆様をはじめ、多数のご参加を心よりお待ちしております。

///////////////////ご案内/////////////////////

一般社団法人日本糖質制限医療推進協会主催 講演会(静岡)

 「炭水化物を減らして健康に!
  ~糖質制限食と糖尿病・メタボ・生活習慣病・がん…~」

■日時:2014年11月30日(日) 14:10~16:30頃
    ※入場受付・開場は13:50~

■会場:静岡県総合研修所もくせい会館 2F第一会議室(大会議室)
     静岡県静岡市葵区鷹匠3-6-1
     http://mokuseikaikan.jp/about/access/

     ☆アクセス
       ・JR静岡駅北口から徒歩15分
       ・静鉄日吉町駅から徒歩5分

■講師:江部 康二
     (一財)高雄病院理事長・(一社)日本糖質制限医療推進協会理事長

■内容: 講演90分・質疑応答30分程度

■受講費:賛助会員 2,000円 / 一般(非会員) 2,500円

■お支払い方法:クレジットカード/銀行振込/郵便振替
           ※事前決済のみとなります。

■お申し込み方法

・賛助会員の方
事務局までメールにてお申し込み下さい。

・賛助会員入会をご希望いただける方
1.入会案内および会員規約をお読み下さい。
 http://toushitsuseigen.or.jp/member.html
2.お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
 http://toushitsuseigen.or.jp/contact.php
 「お問い合せ内容」欄に「11/30静岡講演会、受講希望」とご記入下さい。

・一般(非会員)で、講演会の受講のみご希望の方
こちらのフォームよりお申し込み下さい。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/9fef653b323705

■お申し込みの流れ
1.会員の方はメールにて、会員以外の方は各種フォームにてご連絡下さい。
2.事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3.入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4.当日、直接会場までお越し下さい。

■その他
・予約制です。当日参加はできません。
・キャンセルは11月28日(金)までに事務局までご連絡願います。
 それ以降のご返金には対応致しかねますので予めご了承ください。

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
日本医師会雑誌
今月号の日本医師会雑誌は糖尿病治療の進歩の特集でした。
日本を代表する専門家が執筆しているので、早速読んでみましたが。
東京大学、門脇孝氏:糖尿病治療は総カロリーの制限がいちばん重要であり、これはほぼコンセンサスになっています。わが国では、全体的に摂取カロリーは増加していませんが、脂質の割合が増加して、糖質の割合が減少している傾向があります。(中略)ただし糖質摂取が40%を割るような極端な糖質制限は、インスリン作用不足が基でケトアシドーシスを起こしたり、あるいはたんぱく質や脂質の過剰摂取につながります。また、中長期的な糖尿病の病態を改善するというエビデンスはありませんので(後略)引用終了。

あいかわらずですね。

また、杏林大学石田均氏の「食事療法の考え方と今後の課題」では、糖質制限に触れています。Fooらの動物実験の論文で糖質制限で血糖は改善しても動脈硬化を促進するという結果を紹介し、‘一種のブームのように流布されている糖質制限の食事療法に対し、長期にわたる健康寿命の維持の面からも強い警鐘を鳴らしている。’と全否定しています。
そして、ユネスコの無形文化遺産に登録されたことを挙げ、日本の食文化礼賛で終わっています。
このような状況では、日本の糖尿病専門家の研究は全部信用がないように思えます。
2014/11/11(Tue) 11:35 | URL | 消火器内科医 | 【編集
Re: 日本医師会雑誌
消火器内科医 さん

情報をありがとうございます。

相変わらず、困ったものですね。
2014/11/11(Tue) 22:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可