FC2ブログ
酸化ストレスが慢性病の元凶。
こんばんは。

最近、酸化ストレスが慢性病の元凶として、問題となっています。 

今回は、酸化ストレスについて検討してみます。

人体は、酸化反応と抗酸化反応のバランスがとれていると、正常に機能します。

酸化反応が抗酸化反応を上まわった状態を酸化ストレスといいます。細胞内のミトコンドリア(*)の活動で日常的に活性酸素が発生しますが、生体の抗酸化反応で処理しています。

スーパーーパーオキシドディスムターゼ (Superoxide dismutase, SOD) は、細胞内に発生した活性酸素を分解する酵素です。生体内のビタミンC、ビタミンE、グルタチオンなどが抗酸化作用を有しています。ヒトにおいて、最も一般的な酸化ストレスの発生源は喫煙と高血糖です。

『高血糖→糖化蛋白生成亢進→糖化蛋白が種々の酵素と反応して活性酸素生成。』

高血糖は、糖化蛋白(**)の生成を亢進させます。
糖化蛋白は、様々な酵素と反応して、活性酸素を生成します。
活性酸素は生体の酸化反応の大本です。
酸化ストレスが、動脈硬化・老化・癌・アルツハイマー・パーキンソン等、様々な疾病の元凶とされています。

血糖値に関しては食後高血糖と平均血糖変動幅増大が最大の酸化ストレスリスクとされています。これは世界中の医学界において、認められています。

糖質・脂質・蛋白質のうち、食後高血糖と平均血糖変動幅増大を引き起こすのは、糖質だけです。

従って、日本糖尿病学会推奨のカロリー制限食(高糖質食)を、つらいのに一生懸命我慢して頑張っても食後高血糖と平均血糖変動幅増大を予防することは、理論的に不可能なのです。

糖尿病の食事療法において、食後高血糖と平均血糖変動幅増大を予防できるのは糖質制限食だけです。

日本糖尿病学会は、「食事療法」と「食後高血糖と平均血糖変動幅増大の予防」について、学会として指針を示すべきだと思います。

(*)ミトコンドリア
ミトコンドリアは細胞の中にあるエネルギー生産装置です。
酸素の存在下において、ミトコンドリアの中でTCA回路(クエン酸回路)が作動して、エネルギーを作って、
それにより身体は活動しています。
ミトコンドリアの活動の過程で出る「廃棄物」が活性酸素です。

(**)糖化蛋白
糖化反応(とうかはんのう)とは、グルコースなどの糖が、直接タンパク質または脂質に結合する反応の事です。
糖尿病の検査指標のHbA1cは、糖化したヘモグロビンのことです。
糖化反応の初期段階のアマドリ化合物としては、HbA1cやグリコアルブミンなどが代表的な物質です。
糖化反応系はアマドリ化合物生成までの反応を初期段階と呼び、以降の後期段階反応と区別しています。
最近AGEs(advanced glycation endprpducts:糖化最終産物)が注目されています。
AGEsは血管内皮を障害して動脈硬化の元となり、活性酸素も発生させます。


江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
最近AGEs(advanced glycation endprpducts:糖化最終産物)は具体的には?
標題の件ですが、具体的な個々の名称がわかりません。教えて頂きたくお願い申し上げます。1種類だけでなく、多くの種類があるかと存じますが、動脈硬化についてだけでも教えて下さい(ペコッ
2014/09/18(Thu) 20:38 | URL | らこ | 【編集
投薬を考えた方が良いですか?
江部先生初めまして。夫の糖尿病発覚以来、先生の書籍やブログで勉強をさせて頂いています。


先月、夫の机を片付けていたら健康診断の結果が…内容を見て愕然としました。と申しますのも去年のA1cが8.5で今年のA1cが9.9…。夫に病院を促した所、仕事が暇になったら行くと…仕事より身体と話をしたのですが聞く耳持たずで。放っておける数値では無いので早速ネットで色々調べていた所、江部先生のブログに出会う事が出来ました。


翌朝からスーパー糖質制限のメニューに切り替えました。幸い、夫も江部先生の糖質制限を知っておりましてスーパー糖質制限はスムーズにスタートが切れました。


夫の年齢は55才。身長173㎝8月の体重は77キロ。今月に入り今現在の体重は71キロです。数日前に自己血糖値測定器が届きまして毎日、血糖値を測定しています。


朝の平均が100から120。朝食後は30分後が大体140から150。昼間は食事前が130前後で昼食後が145から150です。昼間は食前の血糖値にあわせて昼食を取っています。夜は食前が120位で食事の後は殆ど血糖値が動きません。壊れてる?と思って私が測定して見ましたが測定器の故障では無いようです。


夜のメニューは先生のレシピ集を参考に糖質量10前後で食事を出しています。まだ糖質制限を初めて1ヶ月ですが毎日食事を作りながら投薬をしながらの方が良いのか?と自問自答をしています。当の夫は調子が良いから暫くこのまま頑張ると言っています。


投薬と糖質制限を平行して行った方が良いでしょうか?お忙しい中、申し訳ありませんが先生のご意見を頂ければと思います。因みに我が家の調味料全て、あらてつさんの所で揃え今までの調味料は全て棄てました。無ければ使え無いので(笑)

ゆ夕食のあと後、10前後増えて2時間後は空腹血糖値を下回る事もあります。
2014/09/19(Fri) 00:02 | URL | たつ | 【編集
Re: 最近AGEs(advanced glycation endprpducts:糖化最終産物)は具体的には?
らこ さん

AGEsは非常にたくさん種類がありますね。
AGEsには、わかっていることとわかっていないことがあります。

一言では言いにくいので、一度、記事にします。

2014/09/19(Fri) 08:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 投薬を考えた方が良いですか?
たつ さん

拙著のご購入、ありがとうございます。

血糖自己測定器を購入されたのは、大変良いことです。

「朝の平均が100から120。朝食後は30分後が大体140から150。昼間は食事前が130前後で昼食後が145から150です。昼間は食前の血糖値にあわせて昼食を取っています。夜は食前が120位で食事の後は殆ど血糖値が動きません。」

このデータなら、血糖コントロール良好です。
投薬は勿論、必要ないです。
HbA1cも速やかに改善します。

ただ少なくとも2~3年間以上、高血糖状態が続いていたと思われますので、
眼科受診して、糖尿病網膜症のチェックが必要です。
2014/09/19(Fri) 08:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限と高強度トレーニングについて
江部先生はじめまして。

糖質制限と高強度の運動との関係について教えていただく思い、書き込みをさせていただきました。
私、格闘技をやっておりまして、この種の競技につきものである試合前の減量期間に臨んでいます。

11月に試合があり、そろそろ減量を始めようかなと思っているのですが、糖質制限か脂質制限か、どちらの方法をとろうか迷っております。

と言いますのも、多くの格闘家が「高強度の運動をするのだから、炭水化物をとらないと筋肉量が減少し、結果基礎代謝が落ちるので減量がより厳しくなる。」との考え方から、炭水化物をしっかり取る低脂質ダイエットを実践しており、またしっかり計量に合わせるなど結果を残しております。

一方で、糖質制限やパレオダイエットで減量に成功している人々の経験談も良く聞きます。

減量期間に入るとこうした情報が大量に耳に入ってくるので現在、どの方法論を採用するかについて非常に迷っております。

私は一週間のうち、5日、それぞれ3時間程度の高強度のトレーニングをしています。有酸素運動というよりは、無酸素運動に該当するものだと思います。
このような文脈で、糖質制限を採用しても筋肉量を減らさずに体重減を達成することはできますでしょうか。

よろしくお願いします。
2014/09/19(Fri) 11:11 | URL | Mauricio | 【編集
ノンカロリー甘味料、血糖値を上げることも
昨日のウォール・ストリート ジャーナルからの転載です。糖尿人にとっては辛いです。
2014/09/19(Fri) 15:10 | URL | mmx | 【編集
有難うございます
先生こんにちは。

お忙しい中、早々のお返事有難うございます。投薬の迷いが有りましたが食事療法で頑張って行こうと迷いが無くなりました。眼科の受診も来週早々には行ってくれるみたいです。


どうも有難うございました。
2014/09/19(Fri) 16:27 | URL | たつ | 【編集
Re: ノンカロリー甘味料、血糖値を上げることも
mmx さん

大量に摂取しなければ大丈夫と思いますよ。
2014/09/19(Fri) 17:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限と高強度トレーニングについて
Mauricio さん

スーパー糖質制限食で持久力がつくことは間違いないです。

一方高強度の運動に関しては、よくわかっていません。

「中等度の運動までは、糖質制限食がよいが、高強度だと普通の食事がいい」という論文もあります。


2014年07月16日 (水)の本ブログ記事
「ケトン食で、オフロード自転車競技者の運動能力が向上」
をご参照いただけば幸いです。
2014/09/19(Fri) 17:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可