FC2ブログ
カロリー神話の崩壊(2)信頼度の高いRCT研究論文で検証。
DIRECT.jpg


こんにちは。

よく引用されるイスラエルのShai先生の有名な論文、DIRECT
「低炭水化物食で体重減少・ HDL-C増加・HbA1c改善  RCT研究論文」

イスラエルの322人(男性86%)
(1)低脂肪食(カロリー制限あり)女性1500kcal、男性1800kcal
(2)オリーブ油の地中海食(カロリー制限あり)女性1500kcal、男性1800kcal
(3)低炭水化物食(カロリー制限なし)
3グループの食事法を2年間
低炭水化物食が、最も体重減少。HDL-Cも増加。
36名の糖尿病患者においてHbA1cが有意差をもって改善

Iris Shai,et all:Weight Loss with a Low-Carbohydrate,Mediterranean,or Low-Fat Diet.
NENGLJ MED JULY17,2008、VOL359. NO.3 229-241


をあらためて、検証してみます。

糖質制限群は、最初の2ヶ月は20g/日に糖質を制限、その後3ヶ月目からは徐々に緩めて120g/日までOKと設定しています。

しかしながら、6ヶ月後、12ヶ月後、24ヶ月後、全て40~41%の糖質を摂取しています。

つまり、このDIRECT論文も、最初の2ヶ月間~5ヶ月間を除いたら、
糖質40%の糖質制限食群(中糖質群)と
糖質約50%の低脂肪食群、地中海食群(高糖質群)を
比べた研究ということになります。

3群とも、出発点のベースラインからは、日々の摂取カロリーが6ヶ月後、12ヶ月後、24ヶ月後と全て、有意に減少しています。

ベースラインからのカロリー減少幅に3群で有意差はありませんでした。

糖質制限食群はカロリー制限なしの設定ですが、低脂肪食群、地中海食群と有意差無く摂取エネルギーが減少しています。

結局、結果として、同一摂取エネルギーの「糖質制限食群」「低脂肪食群」「地中海食群」
の3群の体重減少を2年間みた研究ということになります。


それで女性1500kcal、男性1800calのカロリー制限ありの他の2群に摂取カロリーを合わせてみると糖質制限食群でも、女性で150g/日、男性で180g/日の炭水化物を摂取していることになります。

設定の120g/日をかなりオーバーしています。

これでは折角減少した体重もリバウンドを起こすでしょうね。

現実に2年後には、3群ともリバウンドを起こしています。

糖質制限食群も一番体重が減少していますが、当初の5ヶ月間で達成した体重減少からは少しリバウンドしています。

この経過は、グラフをご参照ください。

さて、それでも2年間の研究終了の時点で、<糖質制限食群・地中海食群>と<脂肪制限食群>の体重減少を比べてみると糖質制限食群・地中海食群が、脂肪制限食群に比し、統計的有意差をもって減少していました。

この点において、『同一摂取エネルギーなら、糖質・脂質・蛋白質の何を食べても体重に与える影響は一緒』という、「カロリー神話」は、統計的有意差があったのですから明白に崩壊しています。


次に最初の2ヶ月間~6ヶ月間を検討してみます。糖質制限食群では、3ヶ月目から、20g/日の糖質を徐々に緩めて120g/日までOKとしています。

しかし、現実には6ヶ月後には、男性180g/日、女性150g/日摂取でした。

3群とも一番体重が減少している5ヶ月目で比べてみると(グラフ参照)、糖質制限食群は、6.5kgくらい減少で、地中会食群と脂質制限食群は、4.5kgくらいの減少で、あきらかに有意差があります。

糖質制限食群は、一旦6.5kgくらい減少したあと、糖質摂取量が徐々に増える従い、体重も徐々に増加したと考えられます。

私のようにスーパー糖質制限食実践中の場合、一旦減少して適正になった体重はリバウンドを起こすことなく維持できます。
スーパー糖質制限食の場合は、40~60g/日の糖質摂取量で、糖質の摂取比率は12%くらいです。

DIRECT研究においても、40~60g/日の糖質量を守ったならば、リバウンドをおこすことなく、体重減少を維持できたと考えられます。


DIRECT

Table2 炭水化物摂取比率
糖質制限群
ベースラインン:50.8%
6ヶ月後:41.4
12ヶ月後:41.6
24ヶ月後:40.4


地中海食群
ベースラインン:51.5%
6ヶ月後:49.8
12ヶ月後:50.0
24ヶ月後:50.2


低脂肪食群
ベースラインン:51.8%
6ヶ月後:50.4
12ヶ月後:50.5
24ヶ月後:50.7




江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
教えてください
以前餃子の皮だけ販売をお願いしたものです。
(まだ願ってますが・・・)
さて、体重のことで教えてください。
やや軽めの糖質制限で余分な脂肪が落ち、ちょっとやせすぎくらいかという体重(167cm 48kgくらい)を3年ほど維持しています。
体調は始める前よりの食後の眠気の改善、偏頭痛の改善、皮膚の乾燥の軽減などよい状態かと思います。
最近やや緊張感がゆるみ、ちょっと小さなクッキー1枚、チョコ1個、あるいはいつもより果物多め〜といった感じになってしまっています。
体重が維持でき手入れは(服のサイズも変わってないし)とりあえずOKと思っていいんでしょうか?
2014/09/13(Sat) 22:24 | URL | nonnon | 【編集
糖質制限の因果率を隠すための意図的調査?
江部先生

栄養学の科学的実証の条件を正当に設定できないのは、意図的に糖質制限の減量が顕著なことを隠蔽する悪意が目立ちますね。

期間中に条件を変化させるのもおかしいし、糖質制限の因果率を不当に貶める意図が感じられますね。

わ我が身を賭けて、糖質制限療法にて4カ月間で12Kgの減量ができ、基礎体力や免疫力や気力など向上し、頭脳の活性化や熟睡など快復できていることを確かめています。

見かけ上の食欲は変化し、食事量は主食を排除した上に、主菜も半減以上となり、摂取カロリーは30%なのかも知れませんね。

タニタの測定器では、基礎代謝カロリーは1490から1330に減少しており、画期的なことと受け止めています。

2014/09/13(Sat) 23:00 | URL | 浜千鳥 | 【編集
点滴剤中のブドウ糖について
ほぼスーパーに近い糖質制限食実践して4年10ヶ月になる自称「元糖尿人」です。通院していた主治医に毎回の良好な検査値(HbA1c・血糖値)結果で「これで薬が必要なのですか?」とお聞きすると「止めて暫く様子見ましょう」となり、それ以来2年近くが経過しています。血糖値も自己測定を継続していますが、膵臓が休んだせいか昼食など炭水化物を食べた際も急激な上昇がなくなりました。
ところで現在進行形の本題なのですが、先週金曜日から左顎下周辺が腫れ上がり急遽入院して抗生物質の集中投与と膿の除去治療を受けていますが、抗生物質を6時間毎に点滴し、その他に「栄養補給」の意味合いで「パレセーフ輸液」500ccを午前午後の各1回点滴されています。パレセーフの成分をよく見ると「ブドウ糖37.499g」とあり、血糖値を自己測定したところ滅多に出ることのない「166」(AM10時)、13時には「183」です。これってどうなんでしょう?淡々と事務的に点滴をしている看護士さんとやりとりしても始まらないようですし。このようなケース沢山あり得ることだと思うのですが、どのような対処をすれば良いのでしょうか?気分的には「拷問状態」で上がる血糖値にヒヤヒヤしています。
2014/09/14(Sun) 13:05 | URL | zanpan | 【編集
フジテレビで
糖尿病特番やっています。
2014/09/14(Sun) 13:09 | URL | 長山です。 | 【編集
Re: 点滴剤中のブドウ糖について
zanpan さん

糖尿病改善良かったですね。

でも今回は、少なくとも
元糖尿病であることを主治医に話して、
ブドウ糖の入った点滴は血糖値が上昇するというデータを示して、

「生理的食塩水+抗生物質」の点滴に変えて貰いましょう。
2014/09/14(Sun) 17:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 教えてください
nonnon さん

BMI17.2ですので、痩せすぎです。

脂質・蛋白質は充分量摂取しましょう。

体調は始める前よりの食後の眠気の改善、偏頭痛の改善、皮膚の乾燥の軽減などよい状態かと思います。
最近やや緊張感がゆるみ、ちょっと小さなクッキー1枚、チョコ1個、あるいはいつもより果物多め〜といった感じになってしまっています。


これなら、OKと思います。
第一義は、しっかり食べて、体重を増やすことですね
2014/09/15(Mon) 11:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
点滴剤の選択について
 例えば、ブドウ糖の代わりに、マルトースやキシリトールの入った点滴なら血糖値は直接には上がりません。入院患者にマルトースの入った点滴を続けていて、低血糖状態になった時もあります

 また、生理的食塩水には0.9%の食塩が含まれており、500mLで食塩4.5gが血管内に入ることを認識すべきでしょう

日本糖尿病学会の糖尿病治療ガイド2014-2015には、腎症1,2期で高血圧があれば、食塩は1日6g未満と定められています
2014/09/15(Mon) 12:08 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: 点滴剤の選択について
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。
抗生剤の点滴は、通常「生食100ml+抗生剤」ですので、食塩の心配はないと思います。
2014/09/15(Mon) 12:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限の因果率を隠すための意図的調査?
浜千鳥 さん

このイスラエルのDIRECT論文は、信頼度が高いものです。
食事療法を2年間という研究はなかなか困難なので、価値は高いのです。

20g/日のあと、120g/日という糖質制限食パターンを指導したのですが、
結果として、対象者は女性150g/日、男性180g/日を摂取してしまったということになります。

それでも、糖質40%の緩い糖質制限食が、糖質50%の脂質制限食や地中海食より、2年後には
体重が減少していたという結果がでました。
2014/09/15(Mon) 12:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
リバウンドの予備実験
江部先生

やはり糖質制限の減量は、条件を緩めても顕著だとの真実が確かめられますね。

18週間で75.5Kgから63.8Kgに減量できたので、この三日間に飲酒やジャガイモやニンジンなどを含む煮物や全粒粉小麦パンを解禁してみたところ、三日目の朝に体重65.5Kgに戻りました。でも、食べたい分は減り、翌日には64.8Kgに回復しています。

減量傾向の軸はぶれていないと確認しました。素晴らしいですね。

報告まで。
2014/09/15(Mon) 21:06 | URL | 浜千鳥 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可