FC2ブログ
「脂肪・コレステロール・糖尿病の真実」東京講演会
こんにちは。

2014年9月28日(日)に、

「脂肪・コレステロール、糖尿病の真実」

と題し、東京千代田区「ワテラスコモンホール」にて、講演会を行います。

今回は、「脂肪・コレステロール」分野の第一人者である、

東海大学名誉教授 大櫛陽一先生

をお招きして、私と2人での講演会となります。

第5回 日本プライマリ・ケア連合学会学術大会、2014年5月10日(土)、
シンポジウム
10.新しい常識を人々に~糖質制限、褥瘡、脂質の考え方~


では、5人のパネリストの一人として大櫛先生と私も参加しましたが、
超満員になり、糖質制限や脂質の新常識に関心のある医師がどんどん増加しているのを実感できました。

『2263人の医師にインターネットでアンケートしたところ、過半数の医師が「糖質制限」を支持』という記事が、
日経メディカルの2014/7/9号に掲載されたのも記憶に新しいところです。

今回は、大櫛陽一先生と江部康二のコラボの講演会で、大阪中之島講演に続いて、
二回目の試みなので、さらにパワーアップでとても楽しみです。

脂肪・コレステロール、糖尿病の真実を、2人でしっかり語り、質疑応答も30分たっぷり時間をとります。

東京そして関東の糖尿人、メタボ人、コレステロールや脂質関連に興味がある方・・・奮ってご参加下さいね。ヾ(^▽^)



江部康二



☆☆☆

以下、事務局からのご案内です。

ブログ読者の皆様、講演会へいつも多数ご参加いただきましてありがとうございます。

8月3日(日)の大阪・中之島での開催に続きまして、9月28日(日)に、東京・御茶ノ水にて、東海大学名誉教授 大櫛陽一先生と江部康二理事長による、一般向けの講演会を開催いたします。

糖質制限食との関連性も高い「脂肪・コレステロール」について、この分野の第一人者、大櫛陽一先生によるレクチャーで理解を深めていただける、絶好の機会です。

糖質制限食とその有効性については、江部康二理事長がお話しいたします。

関東の皆様をはじめ、多数のご参加を心よりお待ちしております。


///////////////////ご案内/////////////////////


一般社団法人日本糖質制限医療推進協会主催 講演会(東京)
「脂肪・コレステロール、糖尿病の真実」

■日時: 9月28日(日) 13:20~16:00頃 ※入場受付・開場は、13:00~

■会場: WATERRAS COMMON (ワテラスコモン) 3F「ワテラスコモンホール」
      東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地
       http://www.waterrascommon.com/access.html

     ☆アクセス
      東京メトロ千代田線「新御茶ノ水」駅徒歩約2分
      JR「御茶ノ水」駅徒歩約3分
      東京メトロ丸ノ内線「淡路町」駅徒歩約2分

■内容

◆講演① 『脂肪とコレステロールは、あなたの体にいいですよ』
講師: 大櫛陽一 東海大学名誉教授/大櫛医学情報研究所所長

(講師略歴)
1971年 大阪大学大学院工学研究科修了
同年   大阪府に就職。以下を兼任(~1988年)
成人病センター、羽曳野病院、母子センター、府立病院
1988年 東海大学医学部教授(基礎医学系)
2012年 東海大学名誉教授、大櫛医学情報研究所所長

(著書)
・血圧が下がる新食事法(新DASH食) 成美堂出版 2013年
・健康診断の恐怖 宝島社 2013年
・間違っていた糖尿病治療 医学芸術社 2012年
・100歳まで長生きできるコレステロール革命 永岡書店 2012年
・長寿のためのコレステロールガイドライン 中日出版 2010年
・脳卒中データバンク2009 中山書店 2009年
・メタボの罠 角川SSC新書 2007年

◆講演② 『糖質制限食による糖尿病治療』
講師: 江部康二
   (一財)高雄病院理事長/(一社)日本糖質制限医療推進協会理事長

※講演後、両講師による質疑応答を30分程度予定しています。


■受講費:賛助会員 2,800円 / 一般(非会員) 3,400円

■お支払い方法:クレジットカード/銀行振込/郵便振替
        ※事前決済のみとなります。

■お申し込み方法

・賛助会員の方
事務局までメールにてお申し込み下さい。

・賛助会員入会をご希望いただける方
1.入会案内および会員規約をお読み下さい。
http://toushitsuseigen.or.jp/member.html
2.お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
http://toushitsuseigen.or.jp/contact.php
「お問い合せ内容」欄に「9/28東京講演会、受講希望」とご記入下さい。

・一般(非会員)で、講演会の受講のみご希望の方
こちらのフォームよりお申し込み下さい。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/ecbe3241312842

■お申し込みの流れ
1.会員の方はメールにて、会員以外の方は各種フォームにてご連絡下さい。
2.事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3.入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4.当日、直接会場までお越し下さい。

■その他
・予約制です。当日参加はできません。
・キャンセルは9月25日(木)までにお願い致します。
それ以降の返金は対応致しかねますので予めご了承ください。




☆☆☆

新刊のご案内です。
おかげさまで早くも2版となりました。
よかったら、アマゾンの書評を書いていただけば嬉しいです。 (^^)
よろしくお願い申しあげます。



『炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません』
生活習慣病を予防&改善する糖質制限食31のポイント
江部康二著 東洋経済新報社
2014年8月1日(金)から発売中

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
足のつりと胃の痛み
江部先生こんばんわ。
28日の日に来院させていただいたものです。
お蔭様であれから後、まだ足は1度もつってません。
指導された通りお薬も飲んで、
油とカロリーを増やしていますが、
体重が5日でトータル0.6キロ増えて、
ちょっと心配してます。

また今回の京都への旅の前半は、
慣れない列車の乗継で食事がまともな時間にとれずに、
間食(ナッツ、ゆで卵、サラミ、チーズ)等を食べ始めると
必ずその後胃が痛み出し、
脂汗が出て初めて痛み止めを飲んでやっとおさまるというのが続いていて、
受診後もホテルに着くと同時に痛み始めたので(3回目)
心配して夜なのに高尾病院にお電話さしあげてしまいましたが、
その後痛みが引いてきたので様子を見ながら食事し、
入浴するころにはすっかり治って、無事に帰ることができました。

ご迷惑をかけてすみませんでした。
2014/09/02(Tue) 19:41 | URL | フーテンのnan | 【編集
長年の苦労から解放され
江部先生はじめまして。私は糖尿病ではありませんが、ひょんなことから糖質制限を知り、体質が劇的と言っていいほど改善した40代です。自分でも驚いています。そのことをお伝えしたくてコメントさせていただく次第です。

私は、糖質制限というものがあるということは知っていましたが、従来のいわゆるダイエットの常識(高カロリー、高脂肪を避ける)を固く信じていて、関心がありませんでした。
しかも、最初に出会ったダイエット理論が、有名なSさんの、やせたいなら食べなさいという、炭水化物をたくさん摂取して、油脂を徹底的に取り除くというものだったものですから、以来何十年も、「炭水化物は良い、油は悪い」という考え方を頑なに信じてきました。
体重に気をつけていても、ゆるやかに増加を続け、気付けば10キロ以上太ってしまいました。ダイエットを試みても、食欲が抑えられず、どうしても食べてしまい、成功したことがありませんでした。

ところが、たまたま家庭の事情で、朝食(パン食)を抜くことになったことと、夕食のごはんを抜いておかずのみを食べる毎日が、半月ほど続いて、体重がカクンと減っていることに気付きました。今まで、何をやっても痩せなかったのに、です。
それと、もっと不思議だったのは、炭水化物を抜いているのに、むしろあの猛烈とも言えるような食べたいという欲求を感じなくなっていることでした。
その理由が知りたくて、先生のブログにたどりつき、本も読ませていただき、続けて糖質制限をすることにしました。

おかげさまで半年足らずで体重は標準体重まで下がり、人間ドッグの先生にも褒められ、重かった体が軽くなって元気に毎日を過ごしています。

でも、体重減少より一番私にとって嬉しいのは、あの、抑えられないような、炭水化物への欲求がなくなったこと、これに尽きます。こちらの記事にもありました、炭水化物中毒、まさに私はこれだったのですね。食べても食べても、欲しい、食べれば食べるほど、欲しくなる、今思うと辛い毎日でしたが、まさか炭水化物に中毒があったとは…。
10代以来30年ずっとあったおでこのにきびもきれいになったことにも驚いています。油脂がにきびに悪いと思っていたのに!

いつも食べ物のことばかりを考えずにはいられなかった20年余りの日々から解放されて、やりたいことに集中できるようになり、本当に嬉しく、感謝しております。いまは、ゆるやかな糖質制限で、体重をキープしています。今までずっと我慢してきた大好きな唐揚げやお肉も心おきなく食べられて、幸せです。

ありがとうございます。これからも先生の益々のご活躍をお祈りしております。
2014/09/02(Tue) 23:58 | URL | まる | 【編集
人工甘味料とインシュリン
江部先生、失礼します。
Facebookである方が、「人工甘味料は、膵臓の甘味受容体を刺激するためインスリンの追加分泌で低血糖や中性脂肪燃焼の抑制が起きるのではないか。」と書いています。先生の過去の記事を読ませていただいて、それは事実無根ではないですか?ということと、江部先生のブログ記事を紹介させていただきました。事後報告で申し訳ありません。不都合があるようでしたら削除しますのでお知らせください。
2014/09/03(Wed) 02:44 | URL | 大畑 | 【編集
動物性蛋白質のない食事の精神に対する危険性
私の関係している高齢者で約4年ほど前に拒食になった人がいます。そのため食事はエンシュアリキッド(250Kcal)を1日3缶(朝昼夜1缶ずつ)、のちにそけに昼にだけお粥(茶碗一膳のミキサー食)が加わりました。
この食事を開始した時は、普通の人と同じように周囲の質問に答えたり、歌を歌ったり、コップに注がれたエンシュアリキッドを自分で持って飲むこともできました。自分から食事を要求することはないので食事介助です。
1年半ほど経つと、周囲の質問に答えたることも、歌を歌うことも、コップから自分で飲むこともできなくなりました。始終周囲をおどおどしたような目で見て、1日に数回「ウォー」という動物がほえるような声をあげるだけです。
2年経過すると、おどおどしたような様子はなくなり、声をあげることもなくなり、ただ黙って食事介助で飲ませてくれるエンシュアリキッドを飲むだけです。一度足を折ってから歩行はできなくなりました。手足は自由に動き、ベッド上では自分で寝返りもできます。
特異なケースですが、数年間、エンシュアリキッドとお粥だけという動物性蛋白質を食べないケースとして、報告しておきます。
2014/09/03(Wed) 04:48 | URL | JUN ISOBE | 【編集
動物性蛋白質のない食事の精神に対する危険性(修正分)
すみませんが、読みづらいので次のように換えてください。お願いします。

「コップに注がれたエンシュアリキッドを自分で持って飲むこともできました。自分から食事を要求することはないので食事介助です。」を
「自分から声を出して食事を要求することはないので食事介助です(基本的に)。たまにエンシュアリキッドの入ったコップをテーブル上に置いたり手渡せば自分で持って飲むこともありました。」としてください。

「1年半ほど経つと…コップから自分で飲むこともできなくなりました。」の後に、
「エンシュアリキッドが気に入って、飲みたい時はテーブルの上にあるものを持ち上げ、ドンドンドンドン…とテーブルを強く叩き続けます。ただしエンシュアリキッドが入っていても自分からコップを持って「飲む」ことはありません。コップに入ったまま持ち上げそのままテーブルを強く叩き、こぼしてしまいます。コップに入っているものがエンシュアリキッドだと理解できないのかもしれません」を追加してください。

「2年半経過すると、…動物がほえるような声をあげることもなくなり、毎日黙っています。」のあとに
「飲みたいときにテーブルを強く叩くなどの食事の要求もほぼなくなりました。すべて介助者が行う介助状態です。手足をぶつけて痛いときも声も出さず口を大きく開けてアピールするだけです」を追加してください。
2014/09/03(Wed) 06:01 | URL | JUN ISOBE | 【編集
人工甘味料とインシュリン2
度々申し訳ありません。
ある方がケトジェニックダイエットアドバイザーの勉強会に参加され、人工甘味料を使った後の明らかな血中ケトンの下降データを見たそうです。つまり脂肪燃焼は一気に減退するとおっしゃるのです。そこには血糖値の上昇についての関連はデータには入っていなかったそうですが。その方は思い当たったので、その日から人工甘味料をやめ、一週間で3キロ体重が落ちたそうです。これは本当でしょうか?
2014/09/03(Wed) 09:57 | URL | 大畑 | 【編集
Re: 足のつりと胃の痛み
フーテンのnan さん

遠路はるばる、京都までのの受診、お疲れ様でした。
その後、足のつり(腓返り)がなくて何よりです。
胃の痛みも改善して良かったですね。

摂取カロリーを増やしても、脂質や蛋白質なら体重は増えないと思います。

テレビ朝日「お試しかっ!」
2014年9月1日
http://www.tv-asahi.co.jp/otameshi/contents/bn/
#173『もしもの1週間~カルビとハラミを食べ続けたらどうなるのか?』


カルビ1kg、ハラミ1kg・・・4000~5000kcal/日でも体重減ってますね。
2014/09/03(Wed) 12:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
読者の皆さんに、勝手にお願いです。
 新しい方がたくさん来られて、大変喜ばしい限りです。
江部先生に存分に働いて頂くため、
私は、下記の心構えを自分に課しております。ご参考までに。

・ 質問があれば、その前に過去の記事を全て読む。
・ 過去の記事にないときのみ、質問をする。
・ 他からの記事の引用がある場合は、必ず元記事のリンクを貼る。
伝聞のみで論ずるのは無責任に成りかねません。
(例 : 能登先生のメタ解析(?)と称する論文が出回っておりますが、
元論文が明らかであれば惑わされることはありません。)
・ 直に書き込まず、事前にワードなどで作文する。
他人に読んでいただく文章ならば、何度も読み直しをするべき。
・ 大原則 : 
江部先生には江部先生でなければ出来ないお仕事に集中して頂く!
2014/09/03(Wed) 13:11 | URL | ライフワーク光野 | 【編集
Re:人工甘味料とインシュリン
大畑さん

大変興味のあることなのですが、具体的な客観的な事実を教えて頂けないでしょうか?
そうでなければ、このブログを閲覧している多くの人を混乱させ不安を助長させるだけだと思います。
人工甘味料とは具体的に何を使用されてのでしょうか?
その量と試用期間は?
2014/09/03(Wed) 14:09 | URL | 福助 | 【編集
人工甘味料とインシュリン2に関して
人工甘味料とインシュリンの方は、内容がよくわからないのですが、人工甘味料とインシュリン2の方は正しいのではないかと思います、

①人工甘味料は(ノンカロリーでも)血糖値を上げるものがある
②糖質と脂質の同時摂取では、糖質が先に消費され、糖質がある程度消費されないと脂質は消費されない
ということから説明できると思います。

①は、ご指摘のとおり人工甘味料が「膵臓の甘味受容体を刺激するため」かもしれません。
この例の過程は、「血中ケトン」を使用していた(脂質が消費されている)が、「人工甘味料を使った後」(つまり糖質に相当するものを使用したため)、人工甘味料を糖と判断し、「血中ケトン」の使用が中断され、「脂肪燃焼は一気に減退」したようです。
「人工甘味料をやめ」たときから「糖が少なくなった」と判断し②の理由から、脂質の消費がはじまり「体重が落ちた」と思います。
2014/09/04(Thu) 05:11 | URL | JUN ISOBE | 【編集
降圧剤について
はじめまして、最近糖質制限を知った70代の男性です。

高かった血圧が(160ぐらい)が
今では110~120ぐらいに下がりました。

糖質制限はすごい効果です!

ただ、いまだに降圧剤を飲んでいます。
(一日一錠だけですが)
もう降圧剤は飲まなくてもいいのでしょうか?

お答えいただければ幸いです。
2014/09/04(Thu) 07:37 | URL | けんけん | 【編集
Re: 長年の苦労から解放され
まる さん

良かったです。
炭水化物依存症から、脱却ですね。

拙著のご購入もありがとうございます。
2014/09/04(Thu) 07:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 人工甘味料とインシュリン
大畑 さん

OKです。
2014/09/04(Thu) 07:49 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 動物性蛋白質のない食事の精神に対する危険性
JUN ISOBE さん

エンシュアリキッドは、大豆蛋白なので、動物性蛋白質なしですね。

貴重な報告をありがとうございます。
老いも若きも皆、人間には、動物蛋白の摂取は必要と強く思います。
2014/09/04(Thu) 07:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 動物性蛋白質のない食事の精神に対する危険性(修正分)
JUN ISOBE さん

コメントありがとうございます。

エンシュアリキッドの組成をみると、動物性蛋白質がないのと
EPAとDHAも含まれていないようですね。
2014/09/04(Thu) 07:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 人工甘味料とインシュリン2
大畑 さん

ある方がケトジェニックダイエットアドバイザーの勉強会に参加され、人工甘味料を使った後の明らかな血中ケトンの下降データを見たそうです。つまり脂肪燃焼は一気に減退するとおっしゃるのです

この情報は、論文化もされていないので、業者さんに都合のいい信頼度の低いデータと思います。

現実に医療機関で、推奨される、「難治性小児てんかん」の治療食としての
ケトン食においても、人工甘味料は使用されています。
2014/09/04(Thu) 08:23 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 人工甘味料とインシュリン2に関して
JUN ISOBE さん

人工甘味料が、血糖値を上げることはないと思います。
そして、人工甘味料が血中ケトン体を下げることもないと思います。

ケトン食は、小兒難治性てんかんの治療食ですが、血中ケトン体は2000~4000μM/Lに保つ必要があります。
医療におけるケトン食では、人工甘味料はOKですので、それが血中ケトン体を下げることはないと思います。

2014/09/04(Thu) 18:20 | URL | ドクター江部 | 【編集
ブドウ糖負荷試験の途中の値についてご質問
江部先生 こんにちは

先生の本を読ませていただきダイエットのため3ヶ月ほどスーパー糖質制限を続けています30歳男性です。ダイエットですが、順調に落ちておりうれしい限りです!

先生、ひとつ教えていただきたいのですが、家族に糖尿のものがいるので遺伝的にそういう体質かもと思い、75gのブドウ糖負荷試験を受けてみました。(今まで糖尿といわれたことはありませんが、念のため)結果は

空腹時:85
30分後149
60分後146
120分後:119

と120分後に基準値以内だったのでほっと一安心しました。質問なのですが最終的な数字は基準内ですが、30分後と60分後の数字は境界型糖尿病の範囲の140-180の血糖値に入っていますが、30分後、60分後は、この値まで血糖値が上がるのは問題ないのでしょうか?神経質なもので、教えていただけますと幸いです。

今後も糖質制限続けて生きたいと思います!
2014/09/04(Thu) 19:07 | URL | タカシ84 | 【編集
Re: 人工甘味料とインシュリン2に関して
御教授ありがとうございます。熟慮してみます。
2014/09/07(Sun) 07:39 | URL | JUN ISOBE | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可