FC2ブログ
ケトン体高値なら、低血糖になっても症状はでない?
【14/07/02 糖尿人の息子

お知恵をお貸しください。

はじめまして、管理栄養士をしているものです。

今いる患者さんでB型肝炎と糖尿病の診断がついています。この方に糖質制限をおすすめしてよいのか迷っています。

あと個人的に疑問に感じているのですが低血糖について質問させてください。

低血糖が起こるのは、そのほとんどが血糖降下薬が起因していると認識していますが、その諸症状は脳が血糖の不足で起こるのでしょうか?

ケトン体が十分産生できている場合で脳のエネルギー源となっている場合は、多少の低血糖が引き起こされたときには問題にはならない、または低血糖に陥ること自体がない、ということでしょうか?

いま糖質制限を自分で実施したりして勉強しています。ご教授のほどをよろしくお願いします。】


管理栄養士の糖尿人の息子 さんから、興味深いコメント・質問をいただきました。

要約すると

「ケトン体が十分産生できていて脳のエネルギー源となっている場合は、血糖値が低下したとき(60mg/dl以下)でも、いわゆる低血糖症状はでないのか?」

という質問です。

答えは、yes です。

私が初めて本断食(カロリーゼロ、塩分ゼロ、水摂取のみ)を行ったとき、4日目朝の空腹時血糖値は、35mg/dlでした。

1984年、34才の時のことです。

断食前は普通に糖質を摂取していましたし、初めての断食なので、肝臓の糖新生があまり上手くできていなかったのでしょう。

またスーパー糖質制限食でも30~60g/日の糖質を摂取しますが、断食の場合は0g/日の糖質摂取という差もあります。

糖尿病専門医研修ガイドブック(改訂第4版、2009年)293ページには、低血糖症の定義として、

「低血糖症状があり血糖値60mg/dl以下」

と記載されています。

35mg/dlという検査データは完全な低血糖ですが、動悸・頻脈・頭痛などいわゆる低血糖症状はなかったので、厳密には「低血糖症」とは言えないかもしれません。

35mg/dlというのは、普通なら意識不明で昏睡のレベルですが、断食中は血中ケトン体(脂肪酸の代謝産物)が高値となり、
脳の主エネルギー源となっているので、大丈夫なのです。実際、ちゃんと外来診察も行っていました。

脳はケトン体を利用するという事実を34才の本断食当時、既に自らの人体実験で証明していたみたいです。

脳がケトン体を利用できないならば、私は血糖値35mg/dlのとき、あの世に旅立っていたはずですね。

低血糖症の症状は、まずは低血糖によって誘発された自律神経系の変化に基づく反応から始まります。

個人差がありますが60mg/dl~70mg/dl以下になると、自律神経症状(アドレナリンなどの分泌による症状)が出現します。
 
自覚症状:不安、心悸亢進、動悸
他覚所見:発汗、蒼白、低体温、頻脈、振戦、高血圧、不整脈・・・

次いで中枢神経系の機能不全による症状が始まります。

血糖値が50mg/dl以下になると出現します。

中枢神経機能低下症状
 自覚症状:頭痛、かすみ目、複視、異常知覚、嘔気、眠気、倦怠感・・・
他覚所見:錯乱、奇異行動、興奮、譫妄、傾眠、失語、麻痺、痙攣、昏睡・・・


私の血糖値は35mg/dlでしたから、通常なら、上記の緑字の低血糖症状が出現して当たり前なのですが、高値のケトン体が脳や身体を守ってくれたのですね。

なお、B型肝炎と糖尿病の患者さんですが、スーパー糖質制限食実施において問題はありません。

肝硬変が重症のレベルだと、肝臓の糖新生が上手くいかなくなるので、スーパー糖質制限食で低血糖を生じる恐れがあるので適応となりませんが、肝炎ならOKです。

スーパー糖質制限食で食後高血糖は改善しますが、血糖値が正常範囲内で降下してくると、肝臓で糖新生が行われるので低血糖にはなりません。



江部康二

テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
初めまして。最近糖質制限ダイエットのことを知り、江部先生が提唱される理論に感銘を受け、実戦し始めた初心者です。

そこで質問が有ります。
現在、スーパー糖質制限で実戦して2週間近く経っているのですが、500gほどしか体重が減りません。この場合、大食漢タイプ・倹約タイプはカロリー制限が必要ということですが、始めから摂取カロリー自体は標準より少ないくらいだと思います。ただ一つ思い当たるのは、糖質ゼロコーラを毎日500mL〜1L飲んでいることです。人口甘味料は血糖値を上げないと解釈していたので平気で飲んでいたのですが、やはり問題でしょうか?身長体重、活動、大体の毎日の食事モデルは以下のようです。
身長 175cm
体重 88kg
活動 デスクワークのみ
食事 朝 無し
   昼 唐揚げ5個位 こんにゃくそうめん
     油揚げにハムとチーズを挟んだ物
   夜 ハラミ5枚 さけ(刺身or焼き)
     こんにゃく米 サラダ(レモン汁少量)

もしお時間があれば、ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
2014/07/04(Fri) 01:44 | URL | Newton Heath LYR FC | 【編集
 凄まじい臨床データをありがとうございます。非常に勉強になりました。
 素人の考えで恐縮なんですが、「ケトン体注射等が低血糖症状やハンガーノックなどに有効」なんてことになれば、世間一般に認知されているケトン体の誤った認識が解けるかもしれないですね。
2014/07/04(Fri) 09:51 | URL | 糖尿人の息子 | 【編集
京都「菓子職人」がTV「カンブリア宮殿」に登場
サラヤが販売している業務用「ラカント」の紹介で

◎糖質OFFロールケーキ」\2400

が紹介されていました。

◎糖尿病患者向けに京都高雄病院と共同開発

もしっかり字幕で出てました。

http://txbiz.tv-tokyo.co.jp/

でオンデマンドで見ること出来ます。
2014/07/04(Fri) 10:29 | URL | らこ | 【編集
こんにちは!
56歳の母が健康のために糖質制限を始めて二ヶ月ほどになります。
変化としては体重が約7キロ落ち、現在148cm、50kg前後です。
しかし、スーパー糖質制限を当初から行っていたので体重が減り続けているようで、一食くらいは少し炭水化物や糖質を入れながらキープしたいと言っております。

しかし、スーパー糖質制限だからなのか、少し糖質をとっただけでも頭痛やめまい動悸がすると言います。

例えば、スプーン一杯のごはんやあんこなど。

本人は十分痩せたし、糖質も少しとりながら食事を楽しみたいと言っておりますが、その症状がでるのが怖くて食べたいけど食べれない状態です。

この場合はどうしたらいいのでしょうか?
大好きなあんこもたまには食べたいと言っています。
一生このまま怖くて糖質がとれないのかなとさみしそうにしているので何かアドバイスをお願いします。
2014/07/04(Fri) 13:44 | URL | ゆう | 【編集
痴呆症
江部先生、いつも貴重な情報をありがとうございます。

先月30日に、私の父(80歳)が自宅の庭で倒れ救急搬送されました。
低血糖により意識を失くしたようでした。
父は、糖尿病歴20年インシュリン歴10年のベテラン糖尿病患者です。
しかし、自宅に帰ってから突然認知症のような症状が出始め、困った事になってしまいました。

父は、年齢なりのボケはあったのですが、5年前に、母を亡くしてから1人暮らしで、家事もすべて1人でこなしておりました。

搬送先の病院では、血糖値26まで下がりましたが、その後処置により、130まで回復、CTでも異常なしにて、自宅に戻りました。

そこで、先生にお聞きしたいのですが、急激な低血糖により、脳が反応して痴呆症状が出ることがあるのでしょうか?

あまりの突然変異にただただ驚いております。
2014/07/04(Fri) 15:13 | URL | astushi | 【編集
低血糖症
はじめまして。タケダと申します。
糖質制限を始めて3ヶ月ほどになります。
持病などは特になく、どんなふうに体が変わるのか興味があって始めました。
基本、炭水化物とスイーツはなし、調味料は気にせず、出先ではときに炭水化物、スイーツあり、といった感じです。

身長154cm52kgでスタートして、現在47kgで安定しています。むくみもとれて大変喜んでおります。


しかし、糖質制限に取り組み始めた最初の1週間ぐらい、動悸、頻脈、血圧上昇があり、いま思えば低血糖症になっていたのだろうかと思います。
たいしたことはなかったので、制限前から足りない気がしていた生野菜を摂ったりして様子を見ているうちに治まりました。
今は生野菜をほとんど摂りませんが症状は出ていません。

そこで質問なのですが、始めから低血糖症にならないで糖質制限するにはどうしたらいいのでしょうか?
ケトン体高値であれば大丈夫なようですが、どうすればケトン体高値になりますか?
2014/07/04(Fri) 19:33 | URL | タケダ | 【編集
Re: 京都「菓子職人」がTV「カンブリア宮殿」に登場
らこ さん

菓子職人さん、テレビにでるとは聞いてましたが
「カンブリア宮殿」でしたか。

私も、菓子職人さんのスイーツ、よく食べてます。
なかでも、ショコラドゼロ(寒い時期限定かな)が一番すきですね。
2014/07/04(Fri) 21:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
ゆう さん

お母上、機能性低血糖症のようですね。

今まで糖質を普通に食べていたときは、慣れで症状がマスクされていたのでしょうね。

ただ、葉野菜にも糖質は少量は含まれています。
それぐらいだと症状は出ないのなら、野菜関係で少しずつ糖質をふやすと良いと思います。

あんこやご飯の純粋糖質は、血糖上昇が早くインスリン分泌も多いので
機能性低血糖になりやすいのだと思います。

伊能性低血糖に関しては、扉ページの「機能性低血糖」の項をご参照いただけば幸いです。
2014/07/04(Fri) 21:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 痴呆症
astushi さん

低血糖だけでなく、入院という環境の変化で
一気に認知症がすすむことがあります。

肺炎で入院でも、骨折で入院でも、脱水で入院でも
入院という環境の変化が高齢者にはかなり影響して、認知症が急速に進行することがあります。
あるいは、環境の変化で、譫妄(せんもう)が急に出現することもありますが
これは認知症とはまた別です。

認知症なら「コウノメソッド」をインターネットで探してみると
実践している医療機関が紹介されています。
近くにあれば、相談してみましょう。
私自身は、まだ「コウノメソッド」には詳しくありませんが、
認知症に大変有効なアプローチと思います。
2014/07/04(Fri) 21:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 低血糖症
タケダ さん

通常は、スーパー糖質制限食実践でも糖新生により、低血糖症にはなりません。

炭水化物依存症的な食生活だった場合は、糖新生能力が低下していて
スーパー糖質制限食で軽い低血糖を生じる可能性があります。
この場合、緩やかな糖質制限から開始すれがばいいと思います。

糖質制限食、ケトン食、絶食で、生理的ケトン体上昇があります。
それ以外の食事よるケトン体上昇は困難です。
2014/07/04(Fri) 21:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
コウノメソッド批判
精神科医によるblogです

http://toipsy.blog.fc2.com/blog-entry-441.html
2014/07/05(Sat) 21:17 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: コウノメソッド批判
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。
2014/07/05(Sat) 21:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可