FC2ブログ
糖尿病患者、年間8%が受診中断 失明・突然死の恐れも
こんにちは

「糖尿病患者、年間8%が受診中断 失明・突然死の恐れも」
日本糖尿病学会が、2014年5月24日に発表。

ニュースの情報を長谷川さんからコメントいただきました。
ありがとうございます。

日本糖尿病学会の指摘通り、糖尿病と診断された人が治療中断は危険です。

糖尿病合併症が進行すれば、人工透析、失明、足切断・・・、心筋梗塞や脳卒中で突然死のリスクもあります。

一方、仮に、糖尿人がスーパー糖質制限食を実践して、血糖自己測定器を購入して、血糖コントロール良好(☆)ならば
高血糖の記憶(☆☆)は別にして、新たな糖尿病合併症の恐れはないこととなります。

HbA1cの自己測定器もありますがやや高価です。

血糖コントロール良好ならHbA1cも当然、コントロール良好です。

年に1回の、健康診断の時にHbA1cを調べれば、OKです。

この場合、医療機関への定期的受診がなくても自己管理ができていれば、糖尿病合併症に関しては大丈夫です。

勿論、糖尿病関連以外の、婦人科系の健診や検便や腹部エコーなど、一般的な健康診断は自己責任で実施する必要があります。

さて、年間8%が受信中断ということは、92%の糖尿人は、しっかり受診していることとなります。

一番大きな問題は、きっちり受診していても、従来の糖尿病食(低脂質・高糖質食)を摂取する限りは、理論的に考えて「糖尿病合併症」は決して防げないということです。

すなわち、「食後高血糖」「平均血糖変動幅増大」が、合併症の最大のリスクとなることには、エビデンスがあります。

従来の糖尿病食(低脂質・高糖質食)を摂取していれば、1日に最低でも3回の食後高血糖を生じ、平均血糖変動幅の増大も必ず生じます。

その証拠に、92%の糖尿人はちゃんと通院しているにも関わらず、合併症を一定の確率で必ず生じています。

年間
16000人が糖尿病腎症から透析 → 医療費800億円、
3000人が糖尿病網膜症から失明
3000人が糖尿病足病変から足切断


というのが厳しい現実です。

合併症に苦しむ多数の糖尿病患者さんの存在そのものが、

「日本糖尿病学会主導の従来の糖尿病治療が決して上手くいっていない」

ことの動かぬ証拠と言えます。

「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を生じない唯一の食事療法が、糖質制限食なのです。

糖尿病合併症を生じさせないためには、糖尿人の皆さんは、お医者さん任せではなくて自分自身の頭で考えて身を守ることが必要です。

私自身が一糖尿人ですが、本ブログが自分自身の頭で考えて身を守るための助けとなれば、幸いです。


(☆)2013年の日本糖尿病学会熊本宣言の評価指標よりは厳しい基準
空腹時血糖値:110mg/dl未満
食後1時間血糖値:180mg/dl未満
食後2時間血糖値:140mg/dl未満

(☆☆)高血糖の記憶
2013年11月16日 (土)の本ブログ記事
「糖質制限食実践中に生じることがある好ましくない症状・変化について(7)」
高血糖の記憶について
をご参照ください。


江部康二


***
朝日新聞の医療サイト apital から一部転載

【糖尿病患者、年間8%が受診中断 失明・突然死の恐れも
2014年5月25日
Clip to Evernote mixiチェック
糖尿病患者で受診を中断してしまう人は年間8%で、約22万人にのぼるとの推計を厚生労働省研究班がまとめた。治療を勝手にやめると、自覚しないうちに病気が進んで失明や足の切断、突然死につながりかねない。研究班はかかりつけ医に向け、中断を防ぐ手引書をつくった。

大阪市で開かれた日本糖尿病学会で24日発表した。全国11地域の医師会の協力を得て2009~10年、生活習慣が原因とされる2型糖尿病患者約2200人(40~64歳)を調査。予定された受診日から2カ月の間に来院しなかった人を受診の中断として集計すると8・2%が該当した。厚労省の患者調査(11年)の受診者数にあてはめると約22万人になった。

中断の理由は「仕事で忙しい」や「体調がよい」、「経済的に負担」が多かった。手引書は、多忙な患者への受診時間の配慮や知識の啓発、価格の安い後発医薬品の使用の検討などを勧めた。電話や郵便物、メールなどで受診を促すのも「有効な手段」とした。】


テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
こんな本がでますが・・・
世にも恐ろしい「糖質制限食ダイエット」(講談社+α新書)
907円(税込)840円(税抜) 送料無料
・発売日:2014年06月20日
・著者/編集:幕内秀夫
・出版社:講談社
・サイズ:新書
・ページ数:192
・ISBNコード:9784062728546

商品の詳細説明

女性が糖質制限食ダイエットを継続してやってはいけません。アトキンスダイエットから「世にも美しいダイエット」まで、これまで繰り返されてきたブームの罠。糖質を取らなければ=ごはんを食べなければ、好きなものをどれだけ食べても痩せる、といいますが、その方法はメタボの中高年男性、糖尿病患者が短期的に行う上では体重減少効果が期待できますが、食生活そのものを根本から変え、必須栄養素が不足する危険が高い方法で、けっして長期にわたって実行してはならないものです。
 女性が行えば、極端に痩せ、生理が止まり、不妊になり、各種婦人病になる危険性が高まるリスクがあると、病院等で乳がん患者などの食事指導に従事してきた著者が指摘します。
 安易に手を出して体を壊す前に考えるべきこと!
序 章 「糖質制限食ダイエット」が怖い
第一章 ダイエットブームのパターンはいつも同じ
第二章 問題は糖質より、「精製糖質」と「精製脂質」
第三章 人類史に「肉の多食時代」はない、が考古学の結論
第四章 糖質制限食ダイエットはメタボおやじの道楽
第五章 「糖質制限食」は病気のための特別な食事
2014/05/28(Wed) 17:24 | URL | 柳原 隆 | 【編集
柳原さん
類似した本が何冊か出ています。
いずれも、科学的根拠はありません。

カルピンチョ先生のブログ記事をご紹介いたします。
http://低糖.com/review/cat12/post_178.html

私が投稿したコメント

カルピンチョ先生
この記事の反応、大きいですね。
先生の怒りと悲しみ。そして、やさしい人柄が伝わって、涙が出てきます。

 岡本卓 著『本当は怖い「糖質制限」』 詳伝社
を読みました。
 このドクターは、この本の第3章で、『糖質制限で、がんになる・うつ病になる・認知症・骨粗しょう症になる・心臓病、脳卒中になる』と言っています。

 引用している文献を含め、誤解・曲解のパレードですね。
東大医学部と、ハーバード大学で学んだ方でそうです。
 
 唖然の一言です・・・。
 
 糖質制限をすることによって健康を取り戻せることを自ら実践し知っている私たちからすると、患者の健康を考えない医師に、本当に怒りを覚えます。これは、医師による「暴行・障害・殺人」ではないのか・・・。

 リチャード・バーンスタイン先生は、このような医師、米国糖尿病学会に対し「患者をレイプするもの」「精神が異常な者」と、著書『糖尿病の解決』の中で指摘されています。
   ******************
カルピンチョ先生のブログ
そして、江部先生・夏井先生・たがしゅう先生のブログや著書などが、一人でも多くの人に読まれ、糖質オフによって健康を取り戻されることを、心から願っています。

 カルピンチョ先生
頑張ってください。微力ながら、応援しています。

『論より証拠』
私は、健康を守って、意地でも、100歳まで生きて見せます
2014/05/28(Wed) 20:23 | URL | わんわんこと長谷川清久 | 【編集
妻がが一型糖尿病の為血糖測定器を使用してみる事が度々あります。
朝の血糖80台
食後2時後100~130
何時もこの様な数値なので安心していたのですが、偶々30分後に測定してみると180だったのです。
1時間後も少し下がったくらいです。
今まで食後2時間ばかりを気にしていましたが、これでは近い将来糖尿病を発症するのではないかと落ち込むばかりです。
いや、もう糖尿病に罹っているのではないでしょうか?
お尋ねしたいのは、糖質制限食に切り替える事によって、何時か30分~1時間の数値も140以内にまで戻る日が来るのでしょうか?
それとも、一度180位まで上がった者は治る事がないのでしょうか?
現在朝は野菜ジュース、昼夜は野菜魚肉豆の糖質制限食です。
毎日筋肉運動に有酸素運動を頑張っています!
宜しくお願い致します。
2014/05/28(Wed) 21:47 | URL | サイコ | 【編集
年齢を書き忘れましたが、私年齢27歳の男子です。
2014/05/28(Wed) 22:57 | URL | サイコ | 【編集
江部先生はじめまして。
御著書とブログを糖質制限実行の参考にさせていただいており感謝いたします。

>>HbA1cの自己測定器はありませんが…

・並行輸入品ではある事はあるようですね。
コスト高いみたいですが。
https://bandh-r.org/bandh/7.1/DB-A1CNW

・薬局で自己採血して検査する機材が普及するといいですね。
http://caloo.jp/articles/1/
現状では潜在的糖尿病患者を発見して通院治療を促すのが目的だそうですが、糖質制限食でコントロール中の人の自己管理にも使える様になったらいいと思います。
2014/05/28(Wed) 23:47 | URL | カイゴロン | 【編集
わけがわからん
江部先生、今晩は。
過日は岡山までお越しくださり、ありがとうございました。
江部先生の草の根講演...
こうして日本全国に糖質制限が広まっていくのですね\(^o^)/

私もこの新聞記事を読んで、調子が良いに属する者として、厚労省やマスコミの知識のなさに呆れるばかりです。

お役人の中にも医師や看護師はいるはず。しっかり勉強してほしい(;_;)/~~~
糖尿人もたくさんいるはず。
まずは自分で試してごらんと言いたい。

国の制度を操る方々、賢い集団であってほしい(`_´メ)
2014/05/29(Thu) 01:58 | URL | 糖尿人M | 【編集
Re: こんな本がでますが・・・
柳原 隆 さん

糖質制限食に関して
既に

米国糖尿病学会が2013年
スウェーデン社会保険庁が2008年
英国糖尿病学会が2011年

公的に受容しています。
世界的にみて、糖質制限食の安全性は充分担保されています。
2014/05/29(Thu) 08:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
サイコ さん

現在まで、判明していることは、
「75g経口ブドウ糖負荷試験において、
1時間値が180mg/dlを超えている人は、将来糖尿病になりやすい」
ということです。

30分値が180mg/dlでも、1時間値が180mg/dl未満なら大丈夫と思います。

「毎日筋肉運動に有酸素運動を頑張っています! 」
運動を継続することで、筋肉のブドウ糖取り込みがスムースになり血糖値改善につながることが
報告されています。

糖質制限食実践で、耐糖能が改善する人もいますが、皆が皆というわけではなく個人差があります。
2014/05/29(Thu) 08:35 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
カイゴロン さん

血糖自己測定器が、\3500-と安くなりました。

一方、HbA1cの簡易測定器は、医療機関用(開業医など)がありますが、
¥10数万以上くらいと高価ですね。

高雄病院の京都駅前診療所では、外国製のHbA1c測定器を購入して使っていますが、
便利です。

今ネットで調べたら、HbA1c 測定器・・・2回だけ測定できて¥5980-
というのがありました。
2014/05/29(Thu) 08:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
御忙しいなか御返事いただき有難うございます
自己血糖測定器は既に使用しております。
御記事の空腹時、一時間値、二時間値
それぞれの目安を参考にさせていただきます。

本日自己測定結果
空腹時血糖値:110mg/dl
食後1時間血糖値:168mg/dl
食後2時間血糖値:144mg/dl
(4月のHbA1c:5.2)

糖質制限食を始めて1カ月の頃、江部先生の過去のブログ記事を参考に一時間値と二時間値を比較したところ、二時間値の方が高値でした。

現在約10カ月目ですが、久しぶりに一時間値と二時間値を較べたところ、
逆転して一時間値の方が高くなってました。
これはインスリン分泌能の回復傾向と捉えてよろしいでしょうか?
また、今後は一時間値で計測した方が良いのでしょうか。

>>今ネットで調べたら、HbA1c 測定器・・・2回だけ測定できて¥5980- というのがありました。

私の先の投稿のリンク先もそれの事でございます。
2014/05/29(Thu) 14:17 | URL | カイゴロン | 【編集
血糖値改善しました
江部先生、はじめまして。
7年ほど前から血糖値高め(HbA1c6前後)になり、今年3月ついにHbA1cが8を超えてしまった51歳女性です。
こちらのブログを見つけ、先生の御本を読みながら、2か月間スーパー糖質制限と週1-2回の水泳(歩くだけですが)を続けました。糖尿病の薬は飲んでいません。
そして、本日の血液検査で大改善の結果が出ました!

3月20日
HbA1c 8.1; 空腹時血糖 151;TG(中性脂肪)466; γ-GTP 47;T-Cho 233
5月29日
HbA1c 5.6; 空腹時血糖 93;TG(中性脂肪)108; γ-GTP 34;T-Cho 227

血糖も中性脂肪も大改善!
お医者様が、「すごい!こんなに良くなったの初めて見た!」と驚かれてました。
総コレステロールが少しだけ高めだけど、HDL/LDLは正常で気にすることない、ということです。

体重も5キロ減り、BMI21.1で丁度良いくらいになりました。

祖母がかつて糖尿病で足を切り、自分もいつかと恐れていたのですが、
糖質制限に出会ってこれなら大丈夫と自信がつきました!
これからも糖質制限を続けようと思います。本当にありがとうございました。
2014/05/29(Thu) 17:02 | URL | しーまま | 【編集
Re: 御忙しいなか御返事いただき有難うございます
カイゴロン さん

1時間値がピークのほうが、正常型と同様ですので
耐糖能改善と考えてよいと思います。
2014/05/30(Fri) 20:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 血糖値改善しました
しーまま さん

拙著のご購入ありがとうございます。
血糖値、中性脂肪の劇的改善、良かったですね。
2014/05/30(Fri) 20:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 御忙しいなか御返事いただき有難うございます2
ここ2ヶ月程、食後2時間値の上昇幅が顕著に少なくなり困惑しておりました。
主治医からは自己血糖測定器の誤差はけっこう大きいからそのせいでは?といわれたりしてましたが、食後血糖値のピークが前倒しになったせいと判りスッキリしました。

(たまに外食するときにセイブルを頓用すると、かえって食後2時間値が高くなった事があったのですが、今考えると食後1時間に変化していた血糖値ピークが、セイブルの作用で食後2時間に遅延されたせいだったのではと思います。)

悪い変化ではないとわかり励みになりました。
まことに有難うございました。
2014/05/31(Sat) 13:14 | URL | カイゴロン | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可