『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版』 『・・・2実践編 新版』 刊行
おはようございます。

『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版』2014年(東洋経済新報社)


『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)


アマゾンで2014年3月14日(金)から販売開始となりました。

『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』2005年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2実践編』2008年(東洋経済新報社)

もそれぞれ、おかげさまでロングセラーとなり、多くの方々にご愛読いただき嬉しい限りです。

2005年から9年、2008年から6年が経過し、記載してあるデータ情報などが、どんどん変化してきました。

また、

米国糖尿病学会の2013年10月の栄養療法に関する声明の発表、

日本腎臓病学会「CKDガイド2012」でGFR60上は、たんぱく質制限なしと明記、

2013年、糖尿病の診断フローチャート、評価基準が変更・・・

など、数字データ以外にも、様々な大きな変化がありました。

今回、最新情報を入るだけ盛り込んで、大幅にリニューアルして、新版が完成しました。

皆様のお役に立てれば、幸いです。


江部康二


以下は、

『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 新版』2014年(東洋経済新報社)
『主食を抜けば糖尿病は良くなる!2 実践編 新版』2014年(東洋経済新報社)

の、「新版刊行にあたって」です。



『主食を抜けば糖尿病は良くなる!新版』

新版刊行にあたって


二〇〇五年一月に『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』(東洋経済新報社)を上梓してから九年が経過しました。

本書は日本で初めて「糖質制限食」を理論的に紹介した本であり、二〇一三年に至るまで一九刷りを記録するロングセラーとなり、日本に糖質制限食を広める先駆的な役目を果たしました。

その影響は海外にも波及しており、韓国と台湾でも翻訳書が出版されています。

ここ二~三年、テレビ・新聞・雑誌などのマスコミがこぞって糖質制限食を取り上げ、世間一般の認知度は格段に上がりました。

昨今、「糖質ゼロ」「糖質オフ」をうたい文句とした飲料や食品が当たり前のようにスーパーやコンビニの店頭に並んでいるのを見るにつけ、「糖質」という言葉すらほとんど 知られていなかった九年前とは隔世の感を覚えます。

この変化にとって一つのエポックとなったのは、二〇一二年一月一五日、京都国際会館で開催された第一五回日本病態栄養学会年次学術集会でした。

「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」というディベートセッションが行われ、私は「是」、つまり糖 質制限食を肯定する側の演者として、否定する側の先生方と議論を戦わせました。

このディベートは行われる前から医学関係者の間で大きな関心を集めていて、通常は 三〇〇〇人規模の学会に四〇〇〇人の医師・栄養士が参加するという非常な盛況ぶりでした。

糖質制限食の有効性と安全性を合理的に説明した私の主張は大きな反響を巻き起こし、その後、糖質制限食を公式に認めるべきだとする論調を高めていきます。

このディベートは、糖質制限食が医学界の表舞台に初登場したという意味を持っており、新しくて有効な食事療法としての認知が広まり、糖尿病治療の現場を変えていくための大きな一歩となりました。

以降、私に対する日本全国の医師会・保険医協会や病院からの講演依頼が急増し、北海道から沖縄まで医師・医療関係者向けの糖質制限食講演会を行いました。

医学界にも 爆発的に糖質制限食が広がり始めているのです。

今回、糖質制限食普及の原点である本書を九年ぶりに改訂することとなりました。

糖尿病研究が急速に進展したため、日本の内外における糖尿病治療のスタンスが、かなり大きく、しかも嬉しい方向へと変化しており、それに応じて内容を改める必要が生じたためです。変化の主なものを挙げます。

○米国糖尿病学会が二〇一三年の栄養療法に関する声明で、糖質制限食を治療食の選択肢の一つとして公式に認め、かつ、 「唯一無二の糖尿病食事療法はない」と明言した。

○日本腎臓病学会編『CKD診療ガイド2012』において、糖質制限食は糖尿病性 腎症第三期Aまでは適用が
 可能であるとし、それまでの情報が刷新された。

○二〇一三年、糖尿病の診断フローチャート、評価基準が変更となった。


今回、こうした新しいスタンスに対応する形へと文章を改めました。

このほか、最新 の関連研究なども付け加えています。

また本書では、日本の糖尿病患者数、高雄病院の糖尿病患者数など数字データを二〇一三年現在で最新のものとしました。

そして近年、高雄病院では、スーパー糖質制限食(ページ参照)を推奨していますので、第7章の給食の献立表などもスーパー糖質制限食としました。糖質制限食の実践ノウハウについても最新のものを付け加えてあります。

なお、HbA1c(グリコヘモグロビン値)に関して、二〇一三年四月一日から、NGSP値に統一されていますので、改訂版では、最新の糖尿病の診断フローチャート評価基準のHbA1cを、NGSP値で記載しました。

旧版の時点ではHbA1cがJDS値で、二〇一三年の新基準とは異なっていましたが、新版では、JDS値をNGS P値に換算して統一してありますのでご注意ください。

本書は、糖質制限食を世に広める起爆剤としての歴史的な意義を持つだけでなく、この食事療法のエッセンスが純粋な形で凝縮しており、入門書として現在でも最も適したものです。

新しい知見を加えた改訂版が、旧版以上に皆様のお役に立つことを著者として心より願っております。


二〇一四年二月

高雄病院理事長 江部康二



[主要目次]
カラー口絵 糖質制限食と従来の糖尿病食
新版刊行にあたって
プロローグ 糖尿病治療食はカロリー制限から糖質制限へ
第1章 糖尿病治療は糖質制限で変わる
第2章 糖質制限食で糖尿病は劇的に改善する
第3章 糖質制限食が効く理由
第4章 糖質制限食で食べて良いもの、悪いもの
第5章 糖尿病2050万人の時代
第6章 これからの食生活を見直すために
第7章 糖質制限食 1週間の朝昼夕メニュー(献立)
付録1 食品の糖質量リスト  
付録2 食べてよい食品、避けたい食品 
糖質制限食・関係機関のご案内



『主食を抜けば糖尿病は良くなる! 2 実践編 新版』

新版刊行にあたって


このたび、『主食を抜けば糖尿病は良くなる!』が新版刊行の運びとなり、よい機会ですので、続編である『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編』も改訂し、『主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編 新版』として刊行することにいたしました。

日本における糖尿病に対する認識が急速に変わりつつあり、糖質制限食への関心と期待が非常に高まっている今、旧版の表現を一部改め、さらに新しい知見を加えたほうが、よりご理解をいただきやすいだろうと考えたためです。

二〇〇八年二月に本書旧版の初版を刊行して以降も、糖質制限食を希望されて高雄病 院を受診される糖尿病患者さんは増え続けています。

二〇一三年の時点で、糖質制限食のため入院された患者さんは累計八〇〇人以上、外来患者さんは二〇〇〇人以上となりました。

二〇〇七年二月から始めたブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」も、アクセス数が約一万件という人気ブログとなっています。

こうした事実からも、糖質制限食への関心が高まっていることを感じざるをえません。

本書の改訂は、そうした多くの方々のご期待に応えるものです。

なお、二〇一三年四月一日から、 HbA1c(グリコヘモグロビン値)がNGSP値(国際基準)に統一されましたので、
新版ではNGSP値で統一しました。

また、統計数字などは二〇一三年現在の最新のものとしました。

糖質制限食の実践ノウハウなどについても最新のものを付け加えてあります。

本書が旧版以上に糖質制限食実践のお役に立つことを願っております。

二〇一四年二月

高雄病院理事長 江部康二



[主要目次]
とじ込み付録1「食品の糖質量リスト」
とじ込み付録2「食べてよい食品、避けたい食品」  
新版刊行にあたって
プロローグ 糖質制限食が理解される時代へ
第1章 糖質制限食の概要
第2章 これからの糖尿病治療に有益な知識
第3章 糖質制限食の実践
第4章 糖質制限食を実践する工夫
第5章 糖質制限食への誤解を解く
第6章 現代に必要な糖質制限
特別付録 最強のスーパー糖質制限食--1週間献立
糖質制限食・関係機関のご案内
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
読売新聞
先生こんにちは!

ようやく暖かくなってきて過ごしやすくなりましたね!

増刷おめでとうございます。
昨日の読売新聞の記事見ました!
江部先生をはじめとして、糖質制限食を推奨している先生方には大変有り難みを感じます。

最近はおからも品切れ続出になっていますね。


これからも先生のご活躍を期待しています(^O^)
2014/03/22(Sat) 12:39 | URL | コバ | 【編集
Re: 読売新聞
コバ さん

ありがとうございます。
読売新聞が、糖質制限食の特集コーナーを組んでくれたみたいですね。
糖質制限食、順調に進展しています。
2014/03/22(Sat) 17:16 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖尿病腎症
はじめまして、江部先生。
私の父は長い間糖尿病を患っております。
甘く見ていたようでずっと適当でしたが、1年以上前からはかなり真剣に取り組み始め、現在HbA1cも6以下で安定しているようです。
というのも、糖尿病腎症になってしまい、このままいくと人工透析をせざるを得ないというところまでいってしまったからです。今は少し落ち着いて透析は免れたのですが・・・。

先生の本を何冊か購入して現在糖質制限食をやりはじめたいと勉強中なのですが、私が調べたところ、腎臓病にはあまり良くないと書いてある生地をたくさん読みました。
ただ、先生のブログの記事2013年12月05日 (木)で、「2型糖尿病の高タンパク質食、腎機能に影響及ぼさず。」という内容がありましたが、実際に、糖尿病腎症の父は、糖質制限食をやり始めて良いのでしょうか?
信頼おける先生のご意見が聞きたくてメッセージしました。
よろしくお願い致します。
2014/03/22(Sat) 23:57 | URL | Momo | 【編集
4/6(日) 糖質オフ・花見会のお誘い
参加費 無


コース
  王子駅 飛鳥山公園 Pm2集合
  石神井川に沿って、桜並木を板橋宿 (都営三田線 板橋区役所前)まで

  およそ 1時間半の散策 宴会は無し
  夕方から、有志で飲み会

申込み 長谷川まで
 
kiyohisa0108@withe.ne.jp
4/3(木)までに
2014/03/23(Sun) 00:39 | URL | わんわんこと長谷川 | 【編集
新版刊行 おめでとうございます
 ますます広がるといいですね。
* * * * * * * * *
『糖尿病ネットワーク』の記事です
http://dm-rg.net/news/2014/03/014476.html

日本人の心疾患の発症がアメリカ人や日系アメリカ人に比べ少ないのは、魚をよく食べているからだとする研究成果が発表された。

魚をよく食べる日本人はオメガ3脂肪酸の血中濃度が高い
2014/03/23(Sun) 04:20 | URL | わんわんこと長谷川 | 【編集
Re: 新版刊行 おめでとうございます
長谷川 さん

ありがとうございます。

日本人が魚を沢山食べることが、心疾患のリスクを下げているということですね。
魚にはEPAなどオメガ3脂肪酸が豊富です。
2014/03/23(Sun) 12:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可