FC2ブログ
循環器専門医には糖質制限賛成派がかなり存在。

【14/03/18 精神科医師A

Dr米田の講演会

このままでは危ない!心臓病と科学的ダイエット
www.nhk-cul.co.jp/programs/program_934796.html

糖質制限食ダイエットを 心臓病の治療にも活かす
www.nhk-cul.co.jp/programs/program_933961.html】



こんばんは。

精神科医師Aさん
興味深い情報をありがとうございます。

心臓血管外科の、米田正始先生が、心臓病の予防や治療に糖質制限食が有効とお考えとは、嬉しいですね。

循環器専門医には糖質制限賛成派がかなり存在されているようです。

米田先生の他にも循環器専門医の医師には、糖質制限賛成派が複数おられます。

岐阜ハートセンター院長の上野勝巳先生は循環器内科医ですが糖質制限賛成派です。

岐阜ハートセンター副院長で循環器内科の松尾仁司先生、
岐阜ハートセンター心臓血管外科部長の富田伸司先生も糖質制限賛成派です。

岐阜ハートセンターでは、栄養士さんも糖質制限食に賛成で、2010年4月5日から糖質制限食体験入院を開始しておられます。

豊橋ハートセンター院長の鈴木孝彦先生も、糖質制限賛成派です。

2012年8月30日(木)三原市の興生総合病院で、

第一回三原糖尿病治療学術講演会 ~低炭水化物療法は、是か非か?~

が開催され、

「糖尿病に対する糖質制限食の有効性・安全性」

と題して、私が60分間講演しました。

三原市・尾道市・福山市などから、医師.栄養士.看護師約120名の参加者で立ち見がでる盛況でした。

座長をつとめて頂いた興生総合病院心臓血管センター長の平井章三先生によれば、「循環器専門医の間では、すでに糖質制限食がブーム」とのことでした。

日本全国の循環器専門医の先生方、糖質制限食推進の心強い味方として頼りにしていますので、よろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m



江部康二


以下は、精神科医師Aさんにコメント頂いたNHKカルチャー梅田のサイトから抜粋です。

☆☆☆
糖質制限食ダイエットを
心臓病の治療にも活かす

講師 高の原中央病院かんさいハートセンター特任院長  米田正始

心臓外科のスーパードクターがお話します。
心臓外科の名医として数多くのマスコミに取り上げられてきたスーパードクターの講演会。
話題の糖質制限食が心臓病の予防や治療にも役立つことがわかりました。
心臓病や心臓手術を通して正しいダイエットを考えます。


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生ご無沙汰しております。元気です。
循環器外科と循環器内科では真逆の反応でしょう。(一般的な話として特に大学病院では)
実際に人の命の現場に立ち会い懸命に自らの手技を磨く日々の、自分の施術した患者に対する思い入れの強い医師に対し、
その外科医に救われた患者を待ち受けるのが、
論文書きに忙しいのか、診察室で予後患者を前にこっくりをかます、
ある大学病院の循環器内科の医師。
「彼らは手先が器用なだけで、博士号を持つ自分の方が偉い医者なのだと!?」
そんな事でも言いたげな雰囲気で。(若干○田S先生にもそのような臭いが)

「糖質制限?ぷっ! どこの町医者がそんなとんでも話を。
そんな勝手な事をするから、いるんですよ医者の忠告を無視する人が、そういう人が又救急で運ばれてくるんですよ!また泣きついてくるんですよ!どれだけ医療費の無駄遣いになることか!」
そんな事を、顔を真っ赤にして真顔で言うんです。

私は幸い退院1週間後にネットで江部先生を知り、これだ!と糖質制限を開始。
3ヶ月後にはHbA1C 4.5となり、糖尿病の合併症で急性心筋梗塞を発症したと
診断されたのですが、結局糖尿病内科には掛かりませんでした。

循環器科も3年経過頃、明らかに薬の副作用ではと直感した事が自分の身に起きたので、
えいやっ!と以後診断を受けずに(つまり一切の服薬無しで)
救急搬送より今日7年目を迎えます。

体調は頗る良好、頭脳明晰?。

思い起こせば、私は急性心筋梗塞時に一度カテーテル施術をして以来、
一度も検査の為のカテーテル施術したことが無いのです。

痛いのは嫌だと、駄々こねてそれっきりとなっていました。
(若い外科医の習熟度upには非貢献ですね。ごめんなさい)

豊橋ハートセンター院長の鈴木孝彦先生には私の兄が(同じく急性心筋梗塞を発症)
お世話になっています。

私より5年程先行して発症したのですが、5~7年後に再狭窄が見つかり、
再度ステント留置の施術してもらっています。
私は何度も糖質制限をするようきつく話していたのですが、
自分はマクロビオ・・なんたらとか、ちゃんと健康を意識した食事を心掛けているので
大丈夫と聞く耳を持っていませんでした。

再度のステント留置施術後、その兄が別件でたまたま鈴木孝彦先生との雑談中に、
自分の弟がこんな事を(糖質制限をしろ!)と話したところ、
即座に「それが一番だよ!」と言われたということです。

やれやれ、鈴木孝彦先生有り難うございました。
兄もようやく寸止めの状況から回避できそうです。

2014/03/20(Thu) 11:07 | URL | keyeye | 【編集
循環器系の一部では
江部先生

[74]糖尿病の食

元国立循環器病研究センター
動脈硬化・代謝内科
部長 吉政 康直

http://www.ncvc.go.jp/cvdinfo/pamphlet/obesity/pamph74.html#anchor-1

絶賛されてます。
2014/03/20(Thu) 16:35 | URL | Yamamoto _ma | 【編集
Re: タイトルなし
tama さん

情報をありがとうございます。
2014/03/20(Thu) 17:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 江部先生ご無沙汰しております。元気です。
keyeye さん

お久しぶりです。
お元気で何よりです。

岐阜ハートセンターの上野勝巳院長、豊橋ハートセンターの鈴木孝彦院長は
お二人とも循環器内科のエキスパートです。

心筋梗塞や狭心症の患者さんに
心臓カテーテルでステントを入れたりするプロフェッショナルで、症例数も非常に多数です。

米田正始先生は心臓血管外科の専門医で、
開胸して、心臓弁膜症や大動脈乖離や先天性心疾患などの外科手術をされます。

循環器内科医にも心臓血管外科医にも、いろんな人がおられるのでしょうね。

兄上、鈴木孝彦先生に言って頂いて良かったですね。寿命がのびたと思いますよ。
2014/03/20(Thu) 17:44 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 循環器系の一部では
Yamamoto _ma さん

情報をありがとうございます。
吉政先生は、糖質制限食に賛成の立場を表明しておられます。

2013年8月の社団法人日本糖質制限医療推進協会の大阪設立パーティーにもかけつけて下さいました。
医師の間に着実に糖質制限食がひろがるのは嬉しいことです。
2014/03/20(Thu) 18:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
本日発売
日本人だからこそ「ご飯」を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる
渡辺信幸

http://www.amazon.co.jp/dp/4062728451
2014/03/20(Thu) 23:04 | URL | 精神科医師A | 【編集
始めまして。
昨年9月に糖尿かも、と健康診断で言われました。
前から危なかったのですが、家系だしと諦めもありました。母親が30代から糖尿でしたので。
母の食事を見て育ったので、ガッカリしたのと、あれなら酷くなってしまった方がラクだ、と思ってました。毎回の単位計算とうすーい味付け。マズイのです。

その母は、ガンで亡くなったのですが、末期ガンで抗がん剤も効かないと言われているのに、病院からは糖尿病の治療が必要なのでインスリン注射をし、薬を飲めと言われました。今更????と怒りを感じて、ますます糖尿治療に疑問や不信感やらを抱いていました。

いろいろ模索した結果、先生のブログにたどり着きました。
手探りながら食事を続けて6ヶ月。
先生のブログに登場するきよすクリニックに行ってみました。検査を受けたら、これならいいよ、と言ってもらえました。
一人で頑張るのもいいですが、状態を確認もしないと心配だし、と悩んだ結果の診察でしたが、丁寧に教えてくださり、食事の指導も安心できます。
見守られていると思うとますます続けられそうです。
食事にちょっと飽きてきてしまったのは本音としてありますが、でも大好きだった甘いものを食べた後には、舌が痺れる感覚が分かるようになり、もう一般食にもどる自信はありません、、、。

なので、これからも先生のブログ励みに続けて行きたいと思っています。

ダイエットしたくてカロリー控えていた頃は増加してばかりだった体重が、モリモリお腹いっぱいと思って食べても不思議と減って行きます。
今はやっと標準体重になりましたが、この不思議さに他の病気か??と思うほどです。
痩せるためには頑張れませんでしたが、元気でいたいと思うとできるものですね。

おかげさまで、体も軽くなり、自由に動けます。楽しい毎日です。ありがとうございます。一言お礼を言いたくてコメント欄に書き込みをさせていただきました。
2014/03/21(Fri) 00:36 | URL | kaya | 【編集
夏井睦医師参加のTV喧々諤々では
あまり、客席の賛同を得られませんでした><
賛成6:反対24が最終結果でした。
残念!
2014/03/21(Fri) 05:10 | URL | らこ | 【編集
Re: 親展
keyeye さん

心筋梗塞から蘇って、
スーパー糖質制限食で7年目、
今の血液検査データは、問題ないと思います。

HDL 75
LDL 160
中性脂肪 90


中性脂肪が低めでHDLコレステロールがしっかりあるので、
小粒子LDLや酸化LDLは少ないので、良いLDLコレステロールと思います。
2014/03/21(Fri) 10:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 本日発売
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。

沖縄の渡辺信幸 先生、ご活躍ですね。
2014/03/21(Fri) 10:10 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 夏井睦医師参加のTV喧々諤々では
らこ さん

そうですか。
それは残念でした。

それでも、夏井先生の
「炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限からみた生命の科学 (光文社新書)」

何と20万部突破の、ベストセラーです。
基本的に真理は、必ず浸透し広がっていきますので心配ないですよ。
2014/03/21(Fri) 13:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可