FC2ブログ
日本糖質制限医療推進協会主催・医療関係者対象セミナーのご案内
こんばんは

東京・品川にて、2013年12月8日(日)13:00~16:35
一般社団法人 日本糖質制限医療推進協会主催の医療関係者対象セミナーを開催します。

たっぷり時間をかけて、質疑応答もして実践的な糖質制限食による糖尿病治療の実際やノウハウをお伝えします。

今回は基本、糖尿病治療に絞って焦点を合わせてのお話です。

管理栄養士の実務的なお話しもあります。

医療関係者対象セミナーですので、参加費がやや高い設定ですが、スライドのCD(PDFファイル)も付いており、一般的な医療セミナーに比べればお得感もあるかなと自負しています。

医師・歯科医師・栄養士・看護師・薬剤師・鍼灸師など医療関係者の皆さん
振るってご参加ください。


なお、今回は密度の濃いセミナーとするため、限定50名までとさせていただきます。



江部康二



以下、事務局からのご案内です。

***************************
東京・品川にて医療関係者向けの講演会を開催いたします。

臨床における糖質制限食療法の導入について、
三部構成で具体的かつ実践的に講義いたします。

第一部と第二部は理事長 江部康二による糖質制限食療法の基礎理論・症例の検討・薬剤の使い方・最新の動向についての講義、
第三部は当協会アドバイザー(管理栄養士)による食事指導方法に関する講義となります。


//////////////////ご案内////////////////////

一般社団法人 日本糖質制限医療推進協会主催

    医療関係者対象講演会

 「糖尿病治療のための糖質制限食指導」

■日時: 2013年12月8日(日)13:00~ ※受付12:45~

■場所: TKP品川カンファレンスセンター カンファレンスルーム4C
     〒108-0074 東京都港区高輪3-26-33 京急第10ビル4F
     http://tkpshinagawa.net/access.shtml

■スケジュール:
 
第一部:13:00~14:05 「基礎理論」 ※講師A

第二部:14:05~15:10 「症例検討と薬剤の使い方」 ※講師A

休憩 15:10~15:25

第三部:15:25~16:35 「糖質制限食 食事指導の実際」 ※講師B

■講師
 
A:江部 康二 医師
  (一財)高雄病院 理事長
  (一社)日本糖質制限医療推進協会理事長

B:松本 桃代 管理栄養士
  (一社)日本糖質制限医療推進協会 アドバイザー

  佐々木 栄子 管理栄養士
  (一社)日本糖質制限医療推進協会 アドバイザー

※講義時間・質疑応答時間について
  ①②は講座各50分、質疑応答各15分
  ③は講座50分、質疑応答20分を予定しております。
 
■対象:医療関係者(医師、歯科医師、薬剤師、看護師、栄養士、鍼灸師など)

■補足:
・「糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド」(東洋経済新報社)
 レベルの内容を予定しておりますので、事前に同著を読んでおいていただく
 ことを推奨致します。

・参加者にはスライド資料データ(PDF)のCDを配布致します

■その他:関西地区でも医療関係者向け講演会を開催予定です(日程未定)。

■受講費:

・賛助会員    8,000円

・一般(非会員) 10,000円

■お支払い方法:クレジットカード/銀行振込/郵便振替 ※事前決済のみとなります。

■お申し込み方法
・賛助会員の方
 事務局までメールにてお申し込み下さい。
 その際に医療機関にて従事していらっしゃる職種をご記入願います。

・賛助会員入会をご希望の方
 1.入会案内および会員規約をお読み下さい。
  http://toushitsuseigen.or.jp/member.html

 2.お申し込みはこちらのフォームからお願いします。
  http://toushitsuseigen.or.jp/contact.php
  「お問い合せ内容」欄に以下2点をご記入下さい。
   ①「12/8講演、受講希望」のコメント
   ②医療機関にて従事していらっしゃる職種

・一般(非会員)で、講演会の受講のみご希望の方
 こちらのフォームよりお申し込み下さい。
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/b39d80ed271415

■お申し込みの流れ
1.会員の方はメールにて、会員以外の方は各種フォームにてご連絡下さい。
2.事務局よりお支払い方法についてメールでご連絡します。
3.入金確認後、予約確定のメールをお送りします。
4.当日、直接会場までお越し下さい。

■注意事項
・予約制です。当日参加はできません。
・キャンセルは12月4日(水)までにお願い致します。
それ以降の返金には対応致しかねますので予めご了承ください。

////////////////////////////////////////////////


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
江部先生
記事とは関係ないコメントで申し訳ありません。
10月23日付の記事のコメントに返信いただいた月夜野うさぎです。
http://koujiebe.blog95.fc2.com/blog-entry-2716.html#comment

こちらのブログの過去記事で「ひめのともみクリニック」を知り、西澤先生に診ていただきました。
空腹時血糖値が130。詳しい血液検査が出るまで、薬を使わずに糖質制限だけで様子をみることになりました。
現在の状況や糖質制限のコツについてなど、ていねいな説明をいただきました。
1か月後には栄養士さんからの指導も受けることになりました。
私の糖質制限は滑り出し順調というわけにはいかなかったので、やはり専門のお医者さまの指導を受けられのは心強いです。
糖質制限に理解のある医師がもっともっと増えればいいのにと、しみじみ思いました。
そんな状況ですから、江部先生のこのブログは、たくさんの糖尿人の命綱なのですね。
ありがとうございます。
引き続き勉強させていただきます。
2013/10/28(Mon) 20:48 | URL | 月夜野うさぎ | 【編集
楽しく広げる!糖質オフネット 10月例会に参加して
江部先生

ブログでのPRありがとうございました。
参加者が8名ほど増え、会場いっぱいの参加者でした。
 会の様子を簡単に・・・

例会参加者30名。

以前からのメンバーに加え、夏井Drの他、初めて参加された人が、8名くらいいらっしゃいました。

● 夏井先生の紹介

● 糖尿病の(最新の)薬物療法」の話。約40分

●「糖質を抑えた食品の紹介(パワーポイントを使用)」
  会場の皆さんと、製品についての話をしながら、約20分くらい

その後、2グループに分かれての交流会。

 皆さん熱心でしたが、終了近くに、全体で、夏井先生・たがしゅうさんや他のメンバーの数人も発言して、交流会としても、良かったと思います。

 例えば 「そもそも食事とはなにか・・」「人間を含め。動物の血糖値は、いくつ位なのか」「人類の祖先は、血糖値を上げる食物は、摂取していなかったのではないか・・」「糖質は嗜好品」など・・・
 2次会は、14名の参加で午後8時半近くまで、懇談に盛り上がりました。
    以上簡単ですが・・・・。

2013/10/28(Mon) 21:52 | URL | わんわんこと・板橋 長谷川 | 【編集
Re: タイトルなし
月夜野うさぎ さん

それはとても良かったです。
藥なしでコントロールできればそれに超したことはありませんね。
2013/10/28(Mon) 22:15 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生

10月26日の質問に対し、
ご多忙の中、ご返信いただきありがとうございました。

比較的激しい運動においても、多少血糖の上昇が起こってしまう事例があることがわかり、ほっとしたような残念なような気持ちでございます。
大幅な上昇ではございませんので、気にせず稽古を頑張らせていただきたく存じます。

スーパー糖質制限を早く3食とも実施できれば、著しく血糖コントロールできると判っていながら、仕事にかまけて2食のみですが。。。。。

ありがとうございました。引き続きご指導賜りますようお願いいたします。
2013/10/28(Mon) 23:44 | URL | ピーナッツ | 【編集
糖質制限食と脳障害について
拝啓 江部康二先生殿

始めてメールします。愛知県在住の53歳の男で、糖尿病歴2年の者です。
まずは糖質制限食を始めて、良い結果について報告します。
8月24日(糖質制限食開始前)空腹時血糖値153,HbA1c(NGSP)7,4が10月19日(糖質制限食開始後)それぞれ、114・6,9と大幅に下がりました。8月24日の診察では、医師が薬を飲むか、食事制限するかとたずねてきましたが、私は食事制限すると言いました。何故なら前の日に江部先生の高尾病院の「糖質制限」給食を買って読んでたからです。さすがに、医師がビックリしてました。
ただ、糖尿病専門医である先生の話では、糖質制食は短期間は良いが、長期的にはお勧めできないと話してました。
その理由1→極端に炭水化物を減らすと、脳障害をおこす(例えばボケ)
その理由2→心筋梗塞になりやすいとのことです。これについて江部先生のご意見を伺いたいので、よろしくお願いします。
2013/10/28(Mon) 23:54 | URL | のぶ | 【編集
アンモニアの上昇を抑えるには
江部先生

血糖を下げたり、HDLを上昇させたりすることに糖質制限は有効ですが、アンモニアの上昇を抑えるには糖質制限は有効でしょうか?
肝細胞が障害(肝細胞がん末期)されている場合、アンモニアの上昇は致し方ないのでしょうか?アミノレバンやラクツロースなどで上昇を抑制はしていますが・・・
2013/10/29(Tue) 07:15 | URL | もうあかん | 【編集
Re: 糖質制限食と脳障害について
のぶ さん

高血糖こそが、アルツハイマー病のリスクです。
糖質制限食で高血糖が改善しますので、認知症の予防となります。

信頼度の高い、ニューイングランド・ジャーナルの論文(*)で、
高炭水化物食が冠動脈疾患のリスクであり、高脂肪・高タンパク食はリスクなしでした。
米国の女性看護師82,802人を20年経過観察した研究です。

  
(*)Halton TL, et al. Low-carbohydrate-diet score and the risk of coronary heart disease in women. New England Journal of Medicine 2006;355:1991-2002.
2013/10/29(Tue) 09:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: アンモニアの上昇を抑えるには
もうあかん さん

アンモニアの上昇を抑えるのに糖質制限食は無効と思います。

肝硬変など肝細胞がかなり障害されている場合、
糖新生ができなくなるので、糖質制限食は適応となりません。
2013/10/29(Tue) 09:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご回答ありがとございます。
そうですよね。肝細胞が障害されていると糖新生ができないですもんね~となると絶食+点滴でアンモニアの上昇を抑えるほかのかぁ。
ブドウ糖の入った点滴は止めてもらいたいなぁ
2013/10/29(Tue) 21:36 | URL | もうあかん | 【編集
はじめてメールさせていただきます。沖縄在住30才女子(看護師)です。スーパー糖質制限をし約4カ月になります。現在、約5Kgほどの減量に成功しています。体調も良好で、疲れづらく元気に毎日を仕事に遊びに楽しく過ごす毎日です!先日は初のハーフマラソンにも挑み、見事完走することもできました。これも、この食事法と出会うことが出来たおかげだと感謝しています。今までの自分では考えることの出来なかった領域にも踏み出せる勇気やパワーをもらっている気がします!
スーパー糖質制限を本格的に取り入り組むことに決めたのは、ダイエットはもちろんですが、両親が糖尿病という生粋の家系に生まれたことも一つですが。。。 周りの人たちを見ていると、本当に沖縄は肥満大国だなと実感します。自分が、その一つの光になれたらという思いもあります。 少しづつ、周りのみんなにも広めて行けたらなと思っています。まだまだ、私の周りには浸透していない、糖質制限ですが少しずつ輪を広げて行けたらいいなと思っています。 この食事法に出会えて本当に感謝しています。先生のご活躍を期待しています!! PS、沖縄でも講演会を是非お願いします!絶対行きます!!
2013/10/29(Tue) 21:50 | URL | ちゅらローカーボ女子 | 【編集
はじめてメールさせていただきます。沖縄在住30才女子(看護師)です。スーパー糖質制限をして約4か月、プチ~スタンダードの時期を入れると1年4か月になります。その間、約10Kgほどの減量にも成功し、心身ともに元気に、仕事に遊びに楽しい毎日を送っています。糖質制限に出会い、新しい自分を手に入れたからだと日々実感し感謝しています。 
 スーパー糖質制限に切り替えたのは、ダイエットはもちろんですが、両親が糖尿病という背景もありますが。。。 それにしても、沖縄は肥満大国だなと周りを見渡しても、実感します。親戚、友達、肥満の人がほんとに多い。長寿の島と言われたのは一体いつのことだったのかと・・・自分自身も肥満で苦しんだので、この糖質制限と出会い、日々変わっていく自分に一喜一憂です。周りの一筋の光となれるよう、これからもスーパー糖質制限を続けてゆこうと思っています。
PS、江部先生。是非沖縄でも講演会をお願いします!ぜひ参加したいです!!県外はなかなか参加できず。悔しいです。
2013/10/29(Tue) 22:06 | URL | ちゅらローカーボ女子 | 【編集
セミナーについて
東北地方での開催予定はありますでしょうか?
2013/10/30(Wed) 09:06 | URL | くすり | 【編集
江部先生
初めまして。本記事とは関係のない相談で大変申し訳ありませんが、聞いていただけると幸いです。

江部先生のブログ、著書を読ませていただき、糖質が制限食がいかにヒトに適したものであるかを知って大変感銘を受け、実行しております。
私は20代の学生(女)ですが、肥満家系に生まれ、幼い頃から非常に高度の肥満でした。小学校を卒業する頃には90kgを超え、高校卒業時には100kgを超えていました。
大学に入学し健康診断を受けた際の体重は104kgで、大学側から指導を受けました。家系的にも糖尿病患者が多く、このままでは私も確実に若いうちに糖尿病になると言われて一念発起。極端なカロリー制限により1年間ほどで50kgほど落としました。
BMIが一般的な正常値の下限になり、それ以上減量させるのは危険だとは思いましたし実際すでに体力もかなり落ちていましたが、以前の食生活に戻せば必ずリバウンドすると分かりきっています。さてどうしようかと悩んでいる時に、江部先生のブログに出会い糖質制限食の有効性を知りました。
糖質制限食を始めてからは以前感じていたような体のだるさはなく、リバウンドもないまま過ごせていました。
しかし最近になって急に、「過食衝動」が襲ってくるようになったのです。糖尿病の母が低血糖を起こしている際に見られるようなソワソワ感が抜けず、身体が震えるような感覚に陥り、空腹というわけでもないのに何か口にしなくてはいられない衝動にかられます。
ネットで検索してみると「脳への糖が足りてないからだ」のようなことが書かれていたりしますが、糖質制限食を実行しておられる方で「過食症が改善した」という話はあれど、「過食症になった」という話は聞いたことがなく、戸惑っています。
もしかしてすでに糖尿病なのか?と不安になり簡易検査を受けましたが全く異常はありませんでした。
糖質制限と過食衝動には、何か関連があるのでしょうか?糖質制限を開始して以来、以前は旺盛すぎた食欲も安定していただけに、突然の変化に対処出来ず本当に困惑しています…
単に私の食欲を抑える意思が弱いだけなのでしょうか?
2013/10/30(Wed) 11:34 | URL | しょう | 【編集
一時間後の血糖値
江部先生

はじめまして。私は大学生で現在21歳です。大学の健康診断で尿糖がでてしまい、血液検査したところ空腹時血糖値90、HbA1cが5.4%でした。そこで普段は糖質制限を行い、時々SMBGで血糖値を測定しています。

そこで気になることがあるのですが、私は糖質を多めに取ると1時間後の血糖値がほとんど上がらず、二時間目にピークを迎えることが多くあります。具体的には糖質70gで1時間後が95、二時間後が110程度です。また私の場合は糖質を200gとってもピーク値では140g前後で収まりますが、そのあと血糖値が一時間で10程度しか下がりません。

このようなことが起きる場合、膵臓はどの程度機能が落ちていると考えられるのでしょうか。

もしお時間があれば回答の程、よろしくお願い致します。
2013/10/30(Wed) 12:18 | URL | 大学生 | 【編集
Re: タイトルなし
ちゅらローカーボ女子 さん。

ご両親が糖尿病なら、私と同様「サラブレッド」の家系ですね。
30才ですからまだまだ若いので、糖質制限食で将来の糖尿病発症を予防できますよ。

2013年3月1日(金)18:00~19:30
〒904-2195 沖縄県沖縄市知花6丁目25番15号
ちばなクリニック4階ちばなホールにて、医療関係者対象の糖質制限食講演会を行いました。
沖縄県立中部病院や近隣の病院の先生方で、ご自身が糖質制限食を実践されているドクターもおられましたよ。

沖縄、是非また行きたいですね。
2013/10/30(Wed) 16:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: セミナーについて
くすり さん

仙台で、一般向け公開講座が開催されますよ。
こちらは、医療従事者対象ではありません。

江部康二


操体バランス運動研究会主催 公開講座

食の常識非常識!?糖質の役割と糖質制限の可能性

●期 日:2013年11月9日(土)13時-17時

●会 場:東京エレクトロンホール宮城 (宮城県民会館6階601号会議室)
           仙台市青葉区国分町3-3-7 TEL 022-225-8641

     13時 基調講演「糖質制限の可能性―食のパラダイムシフト」   
        講師 江部康二(高雄病院)

     15時 パネルディスカッション
     「食における糖質の位置づけ―社会との共生」     
     講師 須永隆夫(木戸クリニック)
渡邉勝久(神戸温古堂)
           江部康二(高雄病院)
           橋本雄二(橋本クリニック)

●参加費(事前申し込み)    2000円(資料代として)

●お問合せ・お申し込み 
 〒980-0822  仙台市青葉区立町27-21 温古堂内
        第30回全国操体バランス運動研究会実行委員会
        TEL 022-223-3230  FAX 022-223-3233 
        メールアドレス tatee55@yahoo.co.jp
2013/10/30(Wed) 16:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
しょう さん

炭水化物依存症の人が、スーパー糖質制限を開始した初期の段階で
炭水化物渇望のような症状がでることがあります。
これは魚や肉を満腹まで食べても炭水化物でないと満足感がないという症状です。

ある意味、ニコチン依存やアルコール依存と似た構造ですが、
それらよりは抜けだしやすいと思います。
時が解決するというパターンです。

しかし、すでに一定期間糖質制限食をしていて、「過食衝動」というのは初めて聞きます。
何か口にしたい衝動に対しては・・・チーズ、スルメ、貝柱の干物、ウルメイワシ、干しエビ、葉野菜などを
間食してしのいでは如何でしょう。
一定期間が経過すれば落ち着くと思います。
2013/10/30(Wed) 16:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 一時間後の血糖値
大学生 さん

糖質70gで1時間後が95、二時間後が110程度

2時間値のほうが、高値というのは、インスリン追加分泌がやや遅れてでていると思われます。
しかし、糖質200gという超大量でも、140mg前後なら、
全体的なインスリン作用は全く問題ないです。

今後、継続的に糖質200gとか摂取するような食生活をしなければ
将来糖尿病になることもありません。

緩やかな糖質制限でも充分と思います。
2013/10/30(Wed) 16:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可