FC2ブログ
米国糖尿病協会と 糖質制限食
おはようございます。
12月5日、xiangdaoさんから、貴重なコメントを頂きました。カステーラさんのブログに載ったものを教えて頂きました。

アメリカ糖尿病協会(ADA)が2008年1月に発表する指針で、糖尿病に対するローカーボダイエットの有効性を、あるていど反映させる方針に変わるかもしれないというニュースです。

これは
『Diabetes in control.com』
http://www.diabetesincontrol.com/results.php?storyarticle=5299
という米国医療関係者用のニュース&情報サイトに載ったニュースレターを、カステーラさんが翻訳していただいたもののようです。

xiangdaoさん、カステーラさんありがとうございました。

2008年のADAの指針がどの程度まで、ローカーボを認める方向になるのかはまだ不明ですが、少なくとも今までの指針よりは、期待できそうですね。(o^。^o)

江部康二

■カステーラさんのブログより
アメリカ糖尿病協会(ADA)では来年の指針で、なんとローカーボダイエットの有効性も認めるかもしれないということです。

以下がサイトのURLと私の意訳です。

『ADAがカロリーのほとんどを炭水化物から摂取するようにという勧告を後退させるというのは本当だろうか? 炭水化物を制限せずにより多くの薬を服用することが、糖尿病患者にとって最善の治療ではなかったことを、彼らはついに認めるのだろうか?

「炭水化物、たんぱく質、脂質のベストな配分は個人個人の状況によって変わる」としているアメリカ糖尿病協会は、これまで、さまざまな理由から炭水化物の大幅な制限には否定的だった。そういった食事は継続困難であること、また、たんぱく質や脂質の増加は健康によくないというのがその理由だ。しかし、ローカーボダイエットが2型糖尿病患者にさまざまな恩恵をもたらすという新しいエビデンスは、益々増えている。たとえば、減量効果、血糖値の改善、中性脂肪の劇的な低下など、健康面での利点は多い。さらに、長期にわたる研究によっても、懸念されたような悪影響は認められていない。

ADAでは毎年1月、糖尿病治療における最新の科学的成果を反映させるため、食事と治療のガイドラインを発表している。2008年版の最終的な文言はまだ完全には決まってないが、ADAの2007年版栄養ガイド執筆陣の共同議長を務めたジュディス・ワイリーロゼット医師は次のように示唆している。「ローカーボダイエットを含むさまざまなダイエットが減量に効果があるという認識が高まっている。また、食後高血糖を改善するためには、炭水化物を控えることが重要であることも認識されている」。ワイリーロゼット医師は当然のことながら、2008年版の正確な最終的言い回しの推測は避けたものの、ローカーボダイエットが糖尿病患者に有効であるという指針は、より大きな形で反映されるだろうと考えている。

我々は「Diabetes Care」2008年1月号に載る、新しいガイドラインの最終バージョンを読むのを心待ちにしている。』

**
以下は原文です。
http://www.diabetesincontrol.com/results.php?storyarticle=5299

ADA To Change Thinking On Low Carb Diets?

Might it be a reality that the ADA might reduce its recommendations of
getting most of our calories from carbohydrates? Could it be that they
finally recognized that taking more medications rather then reducing the
carbohydrates may not be the best treatment for patients with diabetes?

Up to now, the American Diabetes Association, while admitting that
"the best mix of carbohydrate, protein, and fat appears to vary depending on
individual circumstances," has been reluctant to recommend significant
carbohydrate restriction for a number of reasons. These include concerns
that the diet is too difficult to follow, and that increasing fat and
protein in the diet may cause health problems. However, there is new and
mounting evidence that a low-carbohydrate diet can be helpful to Type 2
diabetics in a variety of ways, including weight loss, reduction of blood
glucose, an often dramatic decrease in triglycerides, and other health
benefits. Additionally, longer-term studies are so far not showing the ill
effects that were feared.

Each year in January, the ADA publishes new dietary and other
treatment guidelines for diabetes, intended to reflect advances in the
scientific understanding of how best to treat diabetes. Although the final
wording of the 2008 document has not been fully decided upon, Dr. Judith
Wylie-Rosett, co-chair of the writing panel for the ADA's 2007 Nutrition
Recommendations, has indicated that, "there is growing recognition that a
variety of diets including low carbohydrate diets, can achieve weight loss.
The importance of controlling carbohydrate intake to improve postprandial
blood glucose is also recognized." Although Dr. Wylie-Rosett is
understandably hesitant to guess at the ADA's exact final wording for the
2008 update, she does think that it will reflect the growing indications
that low carbohydrate diets can be helpful some diabetics.

We shall anxiously await the opportunity to read the final version of
the new ADA guidelines in the January 2008 issue of the journal Diabetes
Care.

American Diabetes Association. "Nutrition Recommendations and
Interventions for Diabetes." Diabetes Care. 30:S48-S65 (2007)
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック