FC2ブログ
インスリンの必要性
こんにちは。

今回はインスリンの必要性について考えてみます。

インスリンには、24時間継続して少量出続けている基礎分泌と、糖質を摂取して血糖値が上昇したときに出る追加分泌の2種類があります。

これで解るのは、食物を摂取していないときでも、人体の代謝には、少量のインスリンが必須ということですね。

このインスリンの基礎分泌がなくなったら、人体の代謝全体が崩壊していきます。

つまり、基礎分泌のインスリンなしでは、筋肉など体の主要な組織で、まともにエネルギー代謝が行えません。(まあ、脳細胞とか赤血球とか特殊な細胞は、インスリンに非依存的にブドウ糖を利用していますが・・・)

例えば「運動をしたらインスリン非依存的に血糖値がさがる」といっても、インスリン基礎分泌が確保されているのが前提のお話です。

もし、基礎インスリンが不足している状態で運動すれば、血糖値はかえって上昇します。

また、肝臓で行っている糖新生も、基礎インスリンが分泌されていなければ制御不能となり空腹時血糖値が300mgとか400mgとか以上にもなります。

また、糖質を食べて血糖値が上昇したとき、追加分泌のインスリンがでなければ、高血糖が持続します。

高血糖の持続は糖毒といわれ、代謝全てを乱していきます。

急激に発症するタイプの1型糖尿病であれば、短期間でインスリン分泌がゼロになるので、基礎分泌も追加分泌もなくなり血糖値が急上昇して、随時で250~500mgとか600mg/dl以上1000mgにもなります。

細胞はブドウ糖を利用できないので、脂肪の分解産物のケトン体が急上昇し、エネルギー源にしますが、酸性血症となり意識障害を生じ、放置すれば死にいたります。

インスリン作用が不足しているときの血中ケトン体上昇は病態であり、極めて危険です。

上述のインスリン作用欠落による糖尿病ケトアシドーシスは、インスリン作用が確保されていて糖質制限食や断食で生理的にケトン体が上昇する場合とは、まったく異なる病態です。

実際、インスリンが発見される以前の1型糖尿病は、発症後数ヶ月から2年以内に死にいたる、致命的な病だったのです。人体にとって、いかにインスリンが必要かということがわかると思います。

それからGlut1(糖輸送体)は、インスリン非依存的で脳細胞や赤血球の表面にあり、いつでも血液中からブドウ糖をとりこめます。

しかし、筋肉細胞や脂肪細胞の糖輸送体ははGlut4で、常は細胞内部に沈んでいます。

インスリン追加分泌があると、Glut4は細胞表面に移動して血液中のブドウ糖を取り込みます。

このようにインスリンは、人体の生存に必須のホルモンなのです。

糖質代謝の調整が主作用ですが、それ以外にも下記のごとくいろいろな働きがあります。

☆☆☆インスリンの作用

インスリンは、グリコーゲン合成・タンパク質合成・脂肪合成など、栄養素の同化を促進し、筋肉、脂肪組織、肝臓に取り込む。インスリンが作用するのは、主として、筋肉(骨格筋、心筋)、脂肪組織、肝臓である。

1)糖質代謝
*ブドウ糖の筋肉細胞・脂肪細胞内への取り込みを促進させる。
*グリコーゲン合成を促進させる。
*グリコーゲン分解を抑制する。
*肝臓の糖新生を抑制し、ブドウ糖の血中放出を抑制する。

2)タンパク質代謝
*骨格筋に作用してタンパク質合成を促進させる。
*骨格筋に作用してタンパク質の異化を抑制する。

3)脂質代謝
*脂肪の合成を促進する。
*脂肪の分解を抑制する。



江部康二




テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
私は糖尿病性腎症でしょうか?
はじめまして。
バイブルのようにいつもこちらのブログを拝見しています。

今回初めて質問させていただきます。
今まで尿蛋白は+-または+だったのですが、今日の検査で初めて2+と出てしまいました。
糖質制限食を初めて3ヶ月でHba1cも12から6に下がり喜んでいた所ですので、スーパー糖質制限食をやめたくありません。
このまま糖質制限食を続けても良いのでしょうか?
2013/08/22(Thu) 18:21 | URL | ムクチャイ | 【編集
書き忘れましたので追記させていただきます。
尿素窒素は17.3クレアチニンは0.52です。
いつもこれぐらいで、今回も特に大きな変動はありませんでした。
2013/08/22(Thu) 18:32 | URL | ムクチャイ | 【編集
Re: 私は糖尿病性腎症でしょうか?
ムクチャイ さん

糖尿腎症第3期A(顕性タンパク尿陽性で血液の腎機能はeGFR60以上)までは
摂取蛋白量の制限はありません。

血液検査でクレアチニン値が正常なら、糖質制限食OKです。

「3ヶ月でHba1cも12から6」

このまま6%くらいを維持すれば、蛋白尿が陰性になる可能性もあります。
2013/08/22(Thu) 19:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
お忙しい中、お返事どうもありがとうございます!
eGFRも現在100以上を保っていますし、クレアチニンも正常範囲内です。
これからも安心して糖質制限食を続けていこうと思います。
本当に血糖値が下がるのかな?と半信半疑ではじめたのですが、あまりの効果に驚いています。
本当にありがとうございました。
2013/08/22(Thu) 19:21 | URL | ムクチャイ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可