FC2ブログ
「糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド」 発売
おはようございます。

「糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド」江部康二著
東洋経済新報社 
2013年8月9日
いよいよ、アマゾンで発売開始です。



今回の本、¥ 3,465と、高いです。 m(_ _)m

医家向けに書いた初めての本です。

一般の人には少し難しいと思います。

医師・医療関係者・専門的な知識を得たい人のための本です。

エビデンスレベルの高い研究論文から、従来の糖尿病治療の限界を証明し、糖質制限食の有効性や安全性を実証しました。

論文も各章で整理して、読者が調べやすいように配慮してあります。

繰り返される非科学的な糖質制限食批判へも徹底反論しています。

食事指導・投薬方針など、高雄病院で行われている治療の実際も公開し、これからの糖尿病治療、メタボ・肥満対策の具体的な指針を示しました。

平均血糖変動幅増大と食後高血糖の酸化ストレスリスクなども詳しく考察しています。

内容紹介

【主要目次】
第1章 糖質制限食に関するエビデンス
第2章 従来の糖尿病治療の限界を証明する研究
第3章 糖質制限食への批判に答える研究
第4章 生理学的な事実
第5章 生理学から見る糖質制限食の安全性
第6章 栄養学的な事実
第7章 糖質制限食の実際
第8章 糖質制限食の可能性


◆前帯コピー

医師をはじめ医療関者、専門的な知識を得たい人--必読!

もう、知らないではすまされない!

エビデンスレベルの高い最新研究から、従来の糖尿病治療の限界を証明し、糖質制限食の有効性や安全性を実証。
繰り返される非科学的な糖質制限食批判へも徹底反論。

食事指導・投薬方針など、高雄病院で行われている治療の実際も公開し、これからの糖尿病治療、メタボ・肥満対策の具体的な指針を示す。

◆後帯コピー

これからの糖尿病治療、メタボ・肥満対策のバイブル

三大栄養素の生理学的な事実から考えて、血糖コントロールの上で、従来の高糖質の治療食よりも糖質制限食のほうが有利となります。

さらに、体重減少、体内の脂質状況の改善についても効果があることは、複数の非常にエビデンスレベルの高い研究により証明されています。

近年、大きな注目を集めている、食後高血糖の防止、血糖変動幅の縮小、低血糖の予防に関しても、糖質制限食は抜群の効果があり、ますます評価が高まっています。

事実、欧米では、数々のエビデンスがあり、既に糖質制限食の有効性と安全性については認められていて、公式な治療食の選択肢の一つとなっています。

これからの糖尿病治療において、日本でも、糖質制限食は重要な選択肢となるでしょう。
(本書「まえがき」より)


☆出版社からのコメント

話題の糖質制限食の第一人者が、医師など医療関係者に向けて書いた初めての医学書です。医療現場で糖質制限を取り入れる場合の、格好の理論・実践書となっています。

理論面においては、エビデンスレベルの高い研究から、従来の糖尿病治療の限界を明らかにし、糖質制限食の有効性や安全性を証明しています。

また、繰り返される非科学的な糖質制限食批判に対しても、信頼性の高い最新研究から徹底反論。「日本糖尿病学会への提言」も収録しました。

実践面においては、高雄病院で行われている食事指導、投薬方針などを初めて公開し、具体的な治療法を解説しています。

高度な内容なので、医師をはじめ医療関係者むけの本ですが、専門的な知識を得たい人にとっても必読の内容になっています。



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質セイゲニストin○○ 増殖中
in宮崎は、鍋倉さん(バルカドーロ)、in福岡は、山口さん(ニューオータニ)。いずれもシェフの方です。
例会の会場の心配もなく、糖質制限食がいただける。
こういう”基地”が全国にできるといいですね。
2013/08/10(Sat) 09:08 | URL | 北九州 三島 | 【編集
糖質制限食パーフェクトガイド
Amazonの糖尿病医学の分野では、いきなり2位です。”科学的根拠に…”を追い越しましたね。

www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/2442260051/ref=pd_zg_hrsr_b_1_5_last

でも浮かれてはいけません。このような本も出ています

Diabetes Strategy 2013年 Summer号 (Vol.3 no.3)
『低糖質食を科学する』
www.sentan.com/cgi-bin/db_n.cgi?mode=view_backno&no=974

メンバーの面をみれば、何を言おうとしているか、大体想像はつく
2013/08/10(Sat) 12:01 | URL | 精神科医師A | 【編集
糖尿病診療マスター
本誌でも糖質制限食はとりあげられています

http://ej.islib.jp/ejournal/1415101512.html?

11巻4号(2013.05) P334-338

糖質制限食の有用性は─異論/争論,私の意見

徳丸季聡、篁 俊成
2013/08/10(Sat) 15:05 | URL | 精神科医師A | 【編集
糖質制限を実践中で、毎日こちらのブログを拝見しております、okaと申します。
某書店で医書を担当しております。
この度の新刊、目にした時はうれしくて、はりきって棚に並べました!
微力ではありますが、多くの方に手にしてもらえるよう努力したいと思います。
2013/08/11(Sun) 00:12 | URL |  | 【編集
Re: タイトルなし
oka さん

応援ありがとうございます。

「糖尿病治療のための!糖質制限食パーフェクトガイド」
が、医師や医療関係者のお役に立てば幸いです。
2013/08/11(Sun) 09:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖尿病診療マスター
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。

金沢大学は、糖質制限食に積極的に取り組んでいますね。
2013/08/11(Sun) 12:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
購入させていただきました
早速、アマゾンで注文して今日届きました。早速、ざっと読まさせていただきました。たいへん良くまとまっている素晴らしい本ですね。これでまた、糖質制限治療が広まれば良いですね。
2013/08/11(Sun) 14:59 | URL | waka | 【編集
内分泌・糖尿病・代謝内科
第37巻第1号(2013年7月発行)

www.kahyo.com/item/B201307-371

糖尿病の食事療法の現状と課題

 東京慈恵会医科大学・糖尿病・代謝・内分泌内科 宇都宮一典

Metabolic surgeryの現状と今後

 四谷メディカルキューブ・減量外科センター 関 洋介,ほか
2013/08/11(Sun) 20:34 | URL | 精神科医師A | 【編集
PRACTICE
2013年7月号より連載開始

www.ishiyaku.co.jp/magazines/practice/PracticeBookDetail.aspx?BC=003004

[食事]
第1回 適正な糖質摂取比率は? 黒田暁生
2013/08/11(Sun) 20:40 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: タイトルなし
gumicoco さん

拙著のご購入、ありがとうございます。
糖質制限食の効果は実践すればたちどころにわかります。
反対派は全て、自分では実践していない医師・栄養士です。
本日のブログ記事にも書きましたように
現行の糖尿病学会推奨のカロリー制限食は、合併症産生食です。
理論的に破綻している高糖質食に早く見切りをつけないと犠牲者が後を絶ちません。
なんとか、糖質制限食を広めていきたいものです。
2013/08/12(Mon) 16:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 内分泌・糖尿病・代謝内科
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。

私は、外科手術の前に、「スーパー糖質制限食」だと思います。
2013/08/12(Mon) 17:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: PRACTICE
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。

黒田 暁生医師は、ご自身が1型糖尿病です。
カーボカウントを積極的に取り入れる方針の医師ですので、
期待できるかもしれません。
2013/08/12(Mon) 17:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
購入
初めまして。
埼玉県にある病院管理栄養士です。

今日、Amazonで購入しました。
しっかり読み勉強したいと思います。
2013/08/13(Tue) 17:44 | URL | dietician | 【編集
Re: 購入
dietician さん

拙著のご購入ありがとうございます。
読んで疑問があれば質問していただけば幸いです。
2013/08/14(Wed) 12:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可