FC2ブログ
鰻の蒲焼きとスーパー糖質制限食
こんばんは

今日は、鰻の蒲焼きとスーパー糖質制限食のお話しです。

毎週月曜日は、連れ合いが江部診療所の夜診です。

江部診療所の月曜日の夜診は、私の同級生の革島先生の担当です。

私は午前中、高雄病院京都駅前診療所で外来診察のあと、午後からは高雄病院で病棟回診で、そのあとは理事長室でブログの更新や原稿書きなどです。

上記のようなパターンなので、月曜日の夕食は、一人で食べることが多いのです。

8月5日(月)の夜は、高雄病院理事長室でのパソコン仕事を終了したら、午後7:45くらいでした。

そのまま、丸太町の生協に行ったら、「鰻の蒲焼き」丸ごと一匹が、半額でした。

「鱧おとし」も半額で「鯛と鮪の刺身」も半額でした。

鰻の蒲焼きに塗ってあるタレに砂糖が使ってあるのは承知の上でゲットしました。

最後に、「蒸し鶏と野菜のサラダ」3割引も購入して帰宅しました。

家に帰って、糖質ゼロ発泡酒(あさひスタイルフリー)350ml缶を飲みながら上記を全部食べました。

サラダには、家のキューピーのマヨネーズです。

鰻の蒲焼きについている、別包装の甘ダレはさすがに廃棄しました。

発泡酒のあとは、焼酎(25%)の水割り(氷たっぷり)をちびちび4杯くらい飲みました。

蒲焼きに最初から塗ってあるタレの糖質が数グラム、鱧おとしと鯛と鮪の刺身は糖質は1グラム以下、蒸し鶏の糖質はほぼゼロ、サラダの野菜の糖質が約3グラム、ということで、合計しても、一回の夕食の糖質量は、せいぜい10グラムくらいです。

このように、工夫すれば鰻の蒲焼きも、スーパー糖質制限食OK食品となるのでした。(^^)

皆さんもたまにどうぞ。


江部康二



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
ずっとずっと我慢していました…鰻!そうですね、ご飯が一緒でなければたまには食べても大丈夫ですね!明日、早速食べます!ありがとうございました!
2013/08/09(Fri) 22:51 | URL | すかれっと | 【編集
糖質制限と帯状疱疹
江部先生

いつも、ブログ読ませていただいております。

現在、糖質制限を始めて、2か月が経とうとしております。体重も、8kgほど減り、また血圧等も安定しておりました。(もともと高血圧症で薬飲んでおります。)
ところが、3日ほど前に頭の頭皮が右側だけ痛くて、最初はさほど気にしていなかったのですが、右側半分だけ、重く感じ、これはおかしいと思って、皮膚科の病院へ昨日いったところ、「帯状疱疹」ですと診断されました。
体力が低下して免疫力が落ちた時に罹る病気らしく、確かに仕事等で疲れていたことはありましたが、睡眠等も普通にとっていたので、かなり驚きました。唯一思い当たるのは、糖質制限していることでした。
スーパー糖質制限をしておりますが、帯状疱疹を患ったことと糖質制限は関連があるのでしょうか?一気に体重を落としたことで免疫力が落ちたことは考えられるのでしょうか?
このままスーパー糖質制限を続けるべきなのか?それとも、普通食又はスタンダード糖質制限にすべきなのか?教えて頂けたら、幸いです。
2013/08/10(Sat) 02:41 | URL | KEN | 【編集
Re: タイトルなし
すかれっと さん

砂糖タレなしの鰻の白焼きならば、安心なのですが、
蒲焼きでも組み合わせ次第でOKですね。
2013/08/10(Sat) 08:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限と帯状疱疹
KEN さん

糖質制限中の帯状疱疹というのは、長い歴史の中で始めて聞きました。
糖質制限食と関係ないと思うのですが、厳密には不明です。
ともあれ、極めてまれな事象です。
私個人的には、このままスーパーを続けられて、問題は無いと思います。
2013/08/10(Sat) 08:21 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: こちらに対してのコメントではなく申し訳ありません。
aloha さん

インスリンは二重三重の肥満ホルモンです。
インスリンを大量分泌させずにすむのが
1回の食事の糖質量20g以下をめざすスーパー糖質制限食です。
糖尿病の人でも、1回の食事の糖質量が20g以内なら、食後血糖値が180mgを超えることはなく
動脈硬化のリスクが減ります。
高雄病院給食の1回の食事の糖質量は、9~15gくらいです。
30~40gの糖質量だと、正常人では、インスリンが大量にでます。
30~40gの糖質量だと、糖尿人では、食後血糖値が軽く、180mgを超えてきます。

2010年03月19日 (金)の本ブログ記事
「糖質制限食と糖新生・2010年3月」

2013年06月22日 (土)の本ブログ記事
「脳はケトン体を主たるエネルギー源として利用できる」

2013年01月07日 (月)の本ブログ記事
「インスリンは二重三重の肥満ホルモン」

をご参照ください。
2013/08/10(Sat) 08:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
輸入肉などの残留ホルモンと女性の生理や排卵とのバランス
江部先生
ヒトはなぜ太るのか?の書籍から先生のことをしりました。糖質制限をして今まで後4キロが痩せない。と悩んでいたものが1ヶ月ですっかり解決しました!ありがとうございます。書籍の中でも書かれていた卵巣摘出後の肥満に関して、もう少し詳しくしりたいのですが、輸入肉などを食べると残留女性ホルモンがあるとのことをよく言われていますが、和牛ばかりを食べることはとても難しいですので、できればどの肉でも可能であれば良いなとは思っています。先生は輸入の残留ホルモンに関してどうお考えでしょうか?女性特有の悩みと糖質制限食との関連で、同時に両方とも改善できた例などありますでしょうか?よろしくお願いします。
2013/08/11(Sun) 15:50 | URL | nami | 【編集
Re: 輸入肉などの残留ホルモンと女性の生理や排卵とのバランス
nami さん

この件に関しては私は詳しくありません。

ただ
アメリカとカナダの牛肉に、残留ホルモンがあるので、
EUが、輸入禁止にしたことがあります。

オーストラリア産は、OKと思います。
2013/08/12(Mon) 07:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可