FC2ブログ
漢方と西洋医学
こんばんは。
最近、腎不全漢方養腎降濁湯>への問い合わせが、本ブログにも結構あります。

現在、糖尿病が原因で腎不全になり、人工透析に入る人が、年間1万3000人もいますから、是非 糖質制限食で糖尿病のコントロールをして、腎機能が悪化しないようにしたいものです。

万一、既に腎機能が悪化しているときは、「養腎降濁湯」が7割の人に有効です。腎不全の原因が糖尿病でも慢性腎炎でも有効です。
 
そんなわけで、今日は久しぶりに漢方のお話です。

西洋医学は、原因がはっきりしている病気はとても得意としています。

たとえば、梅毒はトレポネーマという菌が感染して発病することがわかって、ペニシリンなどの抗生物質が特効薬として開発され、簡単に治るようになりました。

江戸・明治時代までは、原因がわからず不治の病だったのですから、えらいもんです。
 
ところが今、平成の世の病気をみてみると、原因がはっきりしない病気が8割以上です。梅毒のような根治療法が期待できる病気は1~2割で8割以上は対症療法です。

言い換えれば、西洋医学が苦手な病気が『澱』のように溜まって残ってきたと言えます。

高雄病院には、西洋医学単独では治りにくい様々な現代病の漢方治療を求めて、京都市内はもちろん、全国からたくさんの患者さんがやってこられます。

たとえば、厚生省が難病に指定しているMCTD・潰瘍性大腸炎などをはじめとして、ネフローゼ症候群、気管支喘息、慢性関節リウマチ、過敏性腸症候群、花粉症、不妊症、生理痛、冷え性、肝炎、胃炎、じんましん、アトピー性皮膚炎・・・と臨床各科にまたがる患者さんです。

漢方は、西洋医学的に原因がわからない病気に対しても、気の流れや血の流れをスムースにして、五臓六腑の機能を整えて自然治癒力を高め、根治に結びつく可能性があります。

また漢方的な熱や湿を生薬でとってやると、関節の痛みや、皮膚炎が良くなることが多いのです。

東洋医学西洋医学どちらか一方が優れているというよりも、
例えば、西洋薬でとりあえず症状をコントロールし、漢方薬で根治をめざすというような役割分担が大切と思います。

江部康二


2017年7月、追加
養腎降濁湯で腎機能が一旦、改善しても、半年~1年くらいで、再び悪化する症例もあり、なかなか一筋縄ではいきません。
なお、多発性嚢胞腎の場合は、嚢胞による物理的な腎障害なので、効果がでにくいです。

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック