FC2ブログ
富山市糖尿病ミーティング。CGM・平均血糖変動幅・食後高血糖。
こんにちは。

2013年4月13日(土)午後7:30、富山市糖尿病スモールミーティングが、ボルフォートとやまにおいて、某製薬メーカーさんの主催で開催されました。

江部診療所の外来診察が終了してから、、京都駅に駆けつけましたが淡路島地震の影響で、乗車予定のサンダーバードが運休してしまい、どうなることかと思いました。

幸い、メーカーのMRさんが、危機管理能力を発揮してくれて、米原まで新幹線→金沢まで特急「しらさぎ」→タクシーで富山というパターンで何とかギリギリ、会場に辿り着きました。

メーカーさん、タクシー代が大変でしたが、まあ必要経費なので大丈夫でしょう。(^^)

メーカーさんのCGM(*)を使っての製品説明のあと、

「糖質制限食の有効性と安全性 ~糖尿病・動脈硬化・ガン・生活習慣病と糖質制限食~」

という題で、私が特別講演の演者をつとめました。

対象は医師のみの少人数の会でしたが、その分充分な質疑応答の時間があり充実した会となりました。

最初にCGMの話題があったので、最近一番ホットな話題となっている「食後高血糖」と「平均血糖変動幅(**)の増大」について、しっかりお話ししました。

過去当分の間は、空腹時血糖値とHbA1cで、糖尿病コントロール状況の評価をするのが、一般的でした。

しかし、近年、食後血糖値や1日を通しての血糖変動幅が注目されてきました。

つまり、空腹時血糖値とHbA1cだけでは、動脈硬化のリスクを見落としてしまうのです。

CGMの研究で、MAGE(1日24時間を通しての平均血糖変動幅)増大が、一番酸化ストレスと相関していて、次が食後高血糖で、それぞれ心血管疾患のリスクとなることが明確となったのです。

そして、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を生じるのは、糖質摂取時だけであり、脂質・タンパク質摂取では生じないのです。

このことは、糖質制限食が糖尿病の食事療法において最適である充分な根拠と言えます。ヾ(^▽^)

一方、従来の糖尿病食は高糖質食なので、「食後高血糖」と「平均血糖変動幅増大」を必ず引き起こすという大変なリスクを抱えた食事療法であり、充分な説明もなくこのような食事療法を糖尿病患者さんに押しつけるのは犯罪的とさえ言えます。

とまあ、このような内容でかなり盛り上がった講演会でした。

講演会終了後は、座長の中山先生、メーカーさんとステーキディナーのフルコース・・・美味しかったです。

ガーリックライスを皆が食べないのでシェフが怪訝な顔をしてました。

イタリア、スペイン、フランスと1本づつ赤ワインも頂きました。

ちょっぴり焦ったけども充実した一日となりました。

講演会の座長をつとめて頂きました
東とやまクリニック 院長 中山郷三先生
ありがとうございました。

中山先生は、糖質制限食実践中の糖尿人も診察しておられ、ご自身は緩やかな糖質制限食を実践しておられます。


江部康二


(*)
CGM(Continuous Glucose Monitoring:持続ブドウ糖測定)システム

ブドウ糖値を数日間連続的に測定できる持続ブドウ糖測定装置(CGMS)が、2012年4月から日本でも保険適応となり、日常臨床で使用できるようになりました。

ブドウ糖値の日内変動を24時間通して把握できるので、SMBG(血糖自己測定器)やHbA1cによるデータとは異なる情報を得ることができます。

5分ごとに測定して、24時間で288回のブドウ糖測定が可能です。

血糖ではなく皮下間質液中のブドウ糖値を連続測定するのですが、血糖値と同様とみなしてよいと思われます。
2000年頃、欧米で開発され使用されるようになりました。

(**)mean amplitude of glycemic excursions (MAGE):平均血糖変動幅


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
京都診療所の診察番号7302
江部先生へ 京都診療所の診察番号7302
報告です。本日午前中は 毎月の血糖検査でした。今回もHba1cは3.8でした。それで地元の通院先から1年間3.8~4.2だったので 次回から毎月の血糖検査をしないことが告げられました。3ヶ月ごとの蓄尿検査の時にだけでいいことになりました。糖質制限食のおかげです。また夏になりましたら京都に行きます。よろしくお願いします。あとは腎臓のことだけ考えていこうと思います。(^。^)
2013/04/15(Mon) 16:41 | URL | 茨城の患者:たこ焼き頭  | 【編集
はじめまして。
富山で開業獣医師をしている者です。
夏井先生のサイトより教えて頂き、いつも勉強させて頂いております。
富山にいらしてたんですか!
しかもボルファート。歩いて5分。
当院のスタッフのお父様が長年糖尿病と闘っておられ、富山にも糖質制限を実施されている先生はおられないものかと探しておりました。
東とやまクリニックの中山先生ですね。
早速スタッフに連絡させて頂きます。
当方、糖質制限にて14kgの減量に成功しました。(糖尿人ではありません。)
今は、獣医領域の中で糖質制限の有効性に関していろいろと検討させて頂いております。
今後とも宜しくお願いします。
2013/04/15(Mon) 18:37 | URL | どくたけ | 【編集
OMGの対象者について
先生、こんばんは。
ミーティング、お疲れ様でした。先生の講演、私も聞きたいです><

OMGについて教えてください。検査対象となる患者さんは、やはり1型の方なんでしょうか(インスリンの量を調整するためとか・・・)また、2型の方でも対象となる場合は、どのような状態の方なんでしょうか_
2013/04/15(Mon) 19:39 | URL | ごまごま | 【編集
間違えました・・・
OMGって・・・(汗)CGMの間違いです。どこからOMGってでてきたんだろ・・・ごめんなさい。
2013/04/15(Mon) 19:41 | URL | ごまごま | 【編集
Re: 間違えました・・・
ごまごま さん。

CGM(Continuous Glucose Monitoring:持続ブドウ糖測定)システム・・・

2型でもOKです。
情報量は多いです。

インスリンポンプで治療している患者さんがいる医療機関なら、健康保険で検査ができます。
高雄病院では、インスリンポンプを使っていないので、残念ながらCGMを導入していません。
2013/04/15(Mon) 19:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
どくたけ さん。

減量成功、良かったですね。
東とやまクリニックの中山先生、連絡してみてください。

私の愛犬は柴犬で、アトピー性皮膚炎で、大変でしたが、糖質制限の餌にして
症状が10→1~2に減りました。

獣医領域の糖質制限食、またご教示ください。
2013/04/15(Mon) 19:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 本の中の計算結果の疑問
敬子 さん。

拙著の御購入ありがとうございます。

当該の本の116ページにご指摘の記載が見当たらないのですが?

出版社と本の名称をもう一度、ご教示ください。



2013/04/16(Tue) 10:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
富山でとは夢のようです。
江部先生、初めて書き込みをさせて頂きます。
いつもブログは拝読させて頂いております。ありがとうございます。
私は、横浜在住ですが富山生まれ富山育ちです。懐かしさとうれしさでいっぱいです。いつの日か富山で糖質制限食のグループが出来ることを夢見てまいりましたが、このような形で先生のお話を富山の方達が・・・と思うと例え製薬会社さんの主催であっても、少人数であったとしても、大きな希望です。
私自身は糖尿ではないのですが、亡くなった祖母が晩年インシュリン注射なしに生活できなくなり、悲しい食生活を送り、つらい思いをしていたのを見て20代を過ごしました。40代になってからお世辞にも普通体型と言えない状態になったことから、段々恐ろしくなり、いろいろな情報を探して先生のご著書や、おやじダイエットの桐山氏のご著書に行き付き、今は順調に減量傾向、体調も大変良いです。
私にとっては希望の持てる、素晴らしいニュースでした。心から感謝いたします。
2013/04/17(Wed) 08:20 | URL | YUKO姐☆彡 | 【編集
MAGE
は、CGMSが前提なのでしょうが、それは無理なので
遅まきながら、二週間前にFredom Liteを入手して今、SMGBで頻繁に測ってます。
スーパーを続けているので、食後高血糖が高くても食後1時間や食後2時間は140mg/dLは超えませんが、空腹時は低い時は70台なことがある(普通80台)ので、大きな日はMAGEは50くらいあるんじゃないかという感じですが、あまりよろしくないですか?
できるかぎり小さいほうがいいのでしょうが、目安としては、どのくらいを目指したらいいでしょう?
2013/04/17(Wed) 09:03 | URL | to | 【編集
Re: 富山でとは夢のようです。
YUKO姐☆彡 さん。

拙著のご購入ありがとうございます。

富山を始め、日本全国いろんな地域で、糖質制限食を取り入れる医師が確実に増えています。
喜ばしいことです。
2013/04/17(Wed) 11:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: MAGE
to さん。

平均血糖変動幅の計算式は、面倒なのがあります。

ともあれ、スーパー糖質制限食なら、食前と食後の血糖値の差は少ないです。
50mgの幅があっても問題ないです。

糖質を食べている糖尿人なら、食前が100mg →  食後200~300mg
とかの、100mgを超える大きな差となります。
2013/04/17(Wed) 11:58 | URL | ドクター江部 | 【編集
わたしは、スーパーを始める前は境界型(隠れ糖尿病)でHbA1 5.9(JDS)でした。
今、半年近くのスーパー等質制限食で直近の採血で
HbA1c 4.8(JDS)(5.1(NGSP))
になっていますが、
先日Freedom Liteを手にれたことがきかけで
一週間ほど前に 昼食に
ちょっと実験してみました。

とんこつラーメン1杯、餃子3個
(おおよそ 糖質 85gか?)
食べて測定してみました。
驚きの変化でした。

食前    81
30分    177
1時間   224
1時30分  228
2時間   230
2時間30分 182
3時間   177
3時間30分 189
4時間   169
4時間30分 144
5時間   124
5時間30分 103
6時間    80

それでやっと血糖値下がったの確認して
家族と今度は居酒屋へ(笑)
ほとんどこの6時間後に次のもの食べました。

芋焼酎水割り一杯
アボガドとエビのサラダ
チーズしそベーコン巻き串1本
砂ずり串2本
豚バラ串2本
ねぎま串2本

それで 

その食事中 78
食後30分  84
1時間    90
1時間30分  97

ここで約4km(50分)のウォーキング開始

2時間    67 (ウォーキング途中)

ウォーキング終了

2時間30分  86
3時間   101

そして 翌朝おきて 92

(2時間の 67 は、測定誤差っぽいです)

これを糖質制限の理解のない先生に見せたら
わたしは投薬されますよね?

正常人はこれと同じことをしても140mgを超えないのでしょうか?
ちょっと信じられないんですが。

参考までに投稿しました。
2013/04/17(Wed) 15:02 | URL | to | 【編集
Re: タイトルなし
to さん。

興味深いデータ、ありがとうございます。
糖質恐るべしですね。

食後2時間で140mg未満なら、正常型とされています。
2013/04/18(Thu) 19:14 | URL | ドクター江部 | 【編集
富山人です!
おお!今更のコメントで済みませんが、富山にいらしてくださったのですね。
私は富山在住です♪

私の主治医の先生は、糖質制限に対して猛反対というわけではないですが、基本「ご飯は普通に食べてね」とおっしゃってます(私の糖尿病ブログにもちょこっと書いてます)

糖質制限で私の数値が良くなれば、主治医もわかってくださるかな?と期待しています。
何せ、まだ20代の若い先生なので、考え方も柔軟かなと。

これからも江部先生のブログで勉強させていただきますね!

2015/01/25(Sun) 17:07 | URL | みさこ | 【編集
Re: 富山人です!
みさこ さん

糖質制限食で数値が改善したら、
主治医の先生、理解してくれるかもしれませんね。
2015/01/25(Sun) 20:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可