FC2ブログ
米国医師の語る糖尿病
こんばんは。
今日から沈黙療法解除で、小さな声で外来を開始しました。
さすがに予約患者さんを少し少なめにさせてもらいましたm(_ _)m

しばらくは嗄れ声が続きそうです。

さて昨日のブログは、日本の糖尿病治療の最先端のお話でした。今回は、11月9日(金)の毎日新聞朝刊に、米国の糖尿病専門医にインタビューした記事が載っていましたのでかいつまんで報告します。

米国では糖尿病に起因する病気で死亡する人が年間約15万9000人に上り、全死者数の10%を超えます。

テキサス大サウスウェスタンメディカルセンターの
フィリップ・ラスキン教授(代謝・内分泌学)は語ります。

「テキサス州を含む米国南西部で2型糖尿病になる人が多い。これは貧困のため健康的な食生活ができないことによる。」

2型糖尿病の治療は、食事・運動療法が基本だが、それだけで血糖値をコントロールできる人は患者の5%程度に過ぎない。」

「このため最初は経口薬を処方することが多いが、血糖コントロールがうまくいかず、薬を増やしたり変えたりしているうちに、インスリン分泌能力がほとんどなくなってしまうケースが少なくない。」

「私は、生活習慣の改善が困難と判断したら、最初からインスリン注射と経口薬の併用を勧める。インスリン導入をためらう医師も多いが、この治療法は効果がよい。」

2型糖尿病は予防も治療も基本は同じ。食事と運動が重要である。糖尿病悪化予防には、発症後早い段階でインスリンを導入する治療法の普及が必要と考える。」

11.9(金)のブログでは、日本の糖尿病専門医の
名古屋大学糖尿病・内分泌内科学準教授 中村二郎先生に登場していただきましたが、本日の米国のフィリップ・ラスキン教授(代謝・内分泌学)の意見も、ほぼ同様で一致していますね。

『早期からのインスリン導入で血糖コントロールし、膵臓のβ細胞の疲弊を防ぐ』

どうやらこれが世界の文明国の糖尿病専門医の共通認識のようです。

私もお二人のご意見に、昨日も今日も大賛成です。血糖コントロールの方法がインスリンを使うか 糖質制限食を実践するかの差だけですが、QOLも医療費も 糖質制限食の圧倒的勝利ですね(=^▽^)σ

それにしても「米国では食事・運動療法だけで血糖値をコントロールできる人は2型糖尿病患者の5%程度に過ぎない。」というのは、かなり厳しい現状ですね。

スーパー糖質制限食を実践すれば、食事療法だけで95%以上の確率で2型糖尿人の血糖コントロールが可能です。

まあ残念ながら、嗜好の問題で約2割の糖尿人が 糖質制限食から脱落していくのもまた現状ですが・・・ (´・⊇・`)

江部康二

テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
沈黙療法解除おめでとうございます。

無言の行を成し遂げられた江部先生の、
明日の講演が楽しみです。
沈黙というのは、
内観的な思考法に磨きがかかるんじゃないかなぁ~と、
私も一度やってみようかなぁ~なんて思ったりしています。

せっかくの京都講演ですので、
糖尿人の父と脂肪肝の母を連れて行き、
糖質制限食を始めるきっかけをつかませられないかと思ったのですが、
旅行が入っているとのことで駄目でした。残念。(´ヘ`;)

ともあれ、
孝行娘が講演拝聴し、啓蒙活動を続けていこうと思っています。
糖質フリーな食材の試食&ゲットも楽しみにしてま~す。v-271σ(^¬^@)
2007/11/10(Sat) 20:12 | URL | ラオ子 | 【編集
先生、沈黙療法大変でしたね。わたしもソプラノヴォーカリストなので、喉の不調はものすごいストレスです。
ところで、先日、血液検査をしました。スーパー糖質制限食に変えて、薬をやめてからはじめてでした。A1c5.5、食後3時間血糖91ほか、コレステロール、肝臓の数値もすべて基準値の枠内になってました。
体重も2か月で8キロ減りました。
結果がついてきました。この調子でがんばりたいです。
2007/11/10(Sat) 23:21 | URL | maru | 【編集
maruさん。
ソプラノヴォーカリストですか。
私などアマチュアと違って声の管理大変ですね。

「A1c5.5、食後3時間血糖91ほか、コレステロール、肝臓の数値もすべて基準値の枠内になってました。体重も2か月で8キロ減りました。」

きっと 糖質制限食実践優等生なのですね。
今や中身も外見も完全無欠の正常人ですね。
この調子で、美味しく楽しく 糖質制限食を続けてくださいね。
2007/11/11(Sun) 09:06 | URL | 江部康二 | 【編集
masakoさん。
ダイエットということならば、
「糖質制限食 夏のレシピ」東洋経済新報社
が一番わかりやすいです。

より理論的に知りたいということであれば
「主食を抜けば糖尿病は良くなる」東洋経済新報社
がよいと思います。
2007/11/11(Sun) 09:10 | URL | 江部康二 | 【編集
ありがとうございます。
その2冊を すぐに注文したいと思います。

これからの食生活を、この機会に身に付けていきたいと思います。

あと、親が糖尿病だと 私もなる確率が高いのでしょうか??
今から気をつけていれば 大丈夫ですか??
 
2007/11/11(Sun) 13:38 | URL | masako | 【編集
masakoさん。
親が糖尿病だと、そうでない人に
比べて明らかに糖尿病になりやすいです。
でも今からなら、 糖質制限食とか
低GI食品とかで予防できると思いますよ。
2007/11/11(Sun) 17:52 | URL | 江部康二 | 【編集
やはり・・・
おそらくそうではないかと思いました・・。

本は2~3日後に 届くと思います。
よく読んで、きちんと糖質制限食でやっていきます。

低GI食品も 学ばなくては・・・です。

本当に、ご丁寧に ありがとうございます!

2007/11/11(Sun) 19:21 | URL | masako | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック