FC2ブログ
<糖質制限食に関するお知らせ・お願いなど>
【本ブログのコメント・質問・記事に関するお願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

糖質制限食に関する質問についてですが、実際に高雄病院や江部診療所に来院されて診察した患者さんに対しては、医師としての責任・債務がありますので、個別に説明もしっかりさせて頂いていますし、フォローもしております。

一方、ブログ読者の皆さんの質問に関しては、糖質制限食に詳しい医師として、ボランティアで回答させていただいています。

診察もしておりませんしフォローもできませんので、責任もとれません。

私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見とお考え頂けば幸いです。

また、ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見とお考え下さい。

従いまして、読者の皆さんが私の参考意見を読まれて、どのように利用されるかは、自己責任でよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

そして読者の皆さんからもご意見いただきましたが、普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、ご自分の主治医にご相談頂けば助かります。

またネットで簡単に検索可能なことは、ご自分でお調べください。

質問が増えてきましたので、糖質制限食と関わりがないと判断した質問にはお答えできない場合もありますので、ご了承ください。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文記事にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。

質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、質問がかなり増えてきていますので、なかなか即、お答えすることが困難となってきています。

糖質制限食に関わりのある全ての質問に、本文かコメントでお答えするようできるだけ努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。


【糖質制限食を実践される時のご注意】

本にも書いてありますが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。

このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は、低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人やメタボ人は、低血糖の心配はほとんどないので、自力で 糖質制限食を実践して糖尿病やメタボ改善を目指していただけば幸いです。

内服薬やインスリン注射なしの糖尿人が糖質制限食を実践すると食後高血糖は改善しますが、低血糖にはなりません。

血糖値が正常範囲であるていど下がると、肝臓でアミノ酸・乳酸・グリセロール(脂肪の分解物)などから、ブドウ糖をつくるからです。これを糖新生といいます。

血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合、肝硬変の場合、そして長鎖脂肪酸代謝異常症は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全と活動性膵炎には適応とならないのです。

肝硬変では、糖新生能力が低下しているため適応となりません。

長鎖脂肪酸代謝異常症では、脂肪酸が上手く利用できないので、適応となりません。

なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。

糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。


<参考図書>

理論
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!糖質制限食のすすめ」2005年
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」2008年
「我ら糖尿人、元気なのには理由がある。」2009年
「やせる食べ方」2010年
「うちの母は糖尿人」2010年 監修:江部康二 著:伊藤きのと
(東洋経済新報社)
「糖尿病がどんどんよくなる糖質制限食」2010年(ナツメ社)
腹いっぱい食べて楽々痩せる『満腹ダイエット』 (ソフトバンク新書) 2011年
「主食をやめると健康になる」(ダイヤモンド社)2011年
「血糖コントロールの新常識! 糖質制限 完全ガイド」 (別冊宝島)2012年
「糖質オフ!健康法」(PHP文庫)2012年
「主食を抜けば糖尿病はよくなる!糖質制限食のすすめ」(文春文庫)2012年
「主食を抜けば糖尿病は良くなる!実践編」(文春文庫)2012年


レシピ
「糖尿病が良くなるごちそうレシピ」2006年(東洋経済新報社)
「糖質オフ」ごちそうごはん2009年(アスペクト)
dancyuプレジデントムック 「満腹ダイエット 」 2009年(プレジデント社)
「血糖値を上げない!健康おつまみ109」2010年(東洋経済新報社)
「やせる食べ方レシピ集」 2010年(東洋経済新報社)
「糖質オフダイエット 」2011年(レタスクラブ、角川マーケティング)
「誰もがストレスなくやせられる!糖質制限ダイエット」 2011年(講談社)
「主食を抜けば糖尿病はよくなる」レシピ集2011年(東洋経済新報社)
高雄病院の「糖質制限」給食2012年(講談社)
糖質制限の「主食もどき」レシピ2013年(東洋経済新報社)
高雄病院Dr江部が食べている「糖質制限」ダイエット2013年(講談社)

DVD「糖質制限食を語る」http://www.yaserutabekata.com/shop/dvd.php 2011年



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
糖質制限まとめサイトについて
 おはようございます
ざと さんが作った 「糖質制限まとめサイト」です。
 江部先生が、何度か紹介されましたが、糖質制限初心者むけに基本的知識をまとめています。
 読者の交流コーナーもあります。
「糖質制限なんでも掲示板」
http://tsmatome.bbs.fc2.com/

気楽に、初歩的なことについても経験交流できますので、活用してください。
 江部先生に質問するのは敷居が高いという方、是非どうぞ。参考資料など、ご紹介します。
専門的な医学的質問には、お答えできませんが、役に立つ情報も提供します。
 私、「わんわん」も、ほぼ毎日見ています。
2013/03/25(Mon) 07:16 | URL | わんわん | 【編集
Re: 父のことですが・・・
糖尿人・よっこ さん

拙著の御購入ありがとうございます。

父上、糖尿病の薬は、アクトスとエクアだけですので、低血糖にはほとんどならないです。
従いましてスーパー糖質制限食、OKと思います。

SU剤を飲んでおられたら、低血糖の恐れがありますので、必ず医師と相談が必要です。
2013/03/25(Mon) 07:51 | URL | ドクター江部 | 【編集
おつかれさまです
記事にしなければならないほど、反響があるということでしょうか・・。
多忙極まれり・・ですね。
ご無理をなさらないようにしてくださいね。
これからもよろしくお願いします。
2013/03/25(Mon) 08:38 | URL | クワトロ | 【編集
糖尿病の基礎的知識
いつもお世話になります。墨田区在住のNsのChieです。

ナース向けの雑誌なのですが、糖尿病についてわかりやすく、薬等のことも触れてありますので、糖尿病の方は、ご参考にされると江部先生のお話も理解しやすくなるかと思います。糖質制限についてはふれてはいませんけれど。
月刊ナーシング(看護師向け)なのですがナースのためのよくわかる糖尿病の最新知識 10月増刊号
http://gakken-mesh.jp/journal/detail/2703682102.html
の中で(前半は医師が書き、後半部分は、糖尿病認定看護師が書いております)
2013/03/25(Mon) 09:43 | URL | Chie | 【編集
ありがとうございます。
早速、お返事いただきありがとうございました。大変感謝しています。父も今朝から先生のブログを楽しみにやって来ました。
先生のお返事に大変喜び、スーパー糖質制限食やる気満々です!! 絶対に結果を出してやる!!・・・と張り切っています。
長年、苦しんできたものが少しでも、良くなれば私も本当にうれしいです。皆さんの寄せられる投稿などもとても励みになり、大変ありがたいです。私も父もまた、良い結果を先生にご報告できれば・・・と、思っています。ありがとうございました。
2013/03/25(Mon) 10:45 | URL | 糖尿人・よっこ | 【編集
筋力低下と基礎代謝について質問です
はじめまして。
2月20日より糖質制限を始めて約1か月になります。
週に5日はスーパー、2日はスタンダードでやっております。
1か月で3キロほど減量できましたが、筋肉量が減ってきたように感じます。
週に数回バレトンというエアロビクス的なものやピラティス等もやっております。
しかし、体組成計で計測すると、体重は落ちても体脂肪が落ちていません。筋肉量も減ったようです。体感的にも筋肉が落ちた感があります。
階段の上り下りも以前よりしんどい気がします。(息切れなどではなく、筋力的に)
筋肉痛の回復も以前より遅いです。

筋肉にタンパク質を取り込むために糖が必要だと聞きましたが、運動しているといっても筋トレなどではないので、運動後に糖質をとるのは不安です。
筋肉が落ちると当然基礎代謝が落ちるので、痩せにくくなるとも言われました。
どうしたらいいのでしょうか。

蛋白質は普段以上に十分とっております。
だいたい、イカや皮なしの鶏胸肉やささみと大豆製品がメインです。
高脂肪にならないようにも気をつけております。
カロリーは、減量狙いで1500Kcal程度にしておりますが、少ないでしょうか。
筋肉が少なく、基礎代謝が低そうなため、このくらいかなと思ったのですが、どうでしょうか。

ちなみに私はBMIが29~30くらいの境界型です。
肥満だと食後の運動で血糖値を下げる方法には効果がないと以前書いていらっしゃいましたが、だとしたら、私の場合は食後運動にこだわらず、痩せるための運動を優先したほうがいいのでしょうか。(ということは、食前?)

これから減量しながら血糖コントロールをしていかなくてはならないので、頑張ります!
お手すきの際に、お教えいただけと大変幸いです。
2013/03/25(Mon) 11:34 | URL | みゅう | 【編集
Re: 筋力低下と基礎代謝について質問です
みゅう さん

ほとんどの人は、糖質制限食でスタミナがつきます。

1500kcal/日は、低カロリー過ぎると思います。

「筋肉量も減ったようです。体感的にも筋肉が落ちた感があります。
階段の上り下りも以前よりしんどい気がします。」


糖質制限食で筋肉量が減ることはありませんが、低カロリーで筋肉量が減ります。
脂質もしっかり摂取して、エネルギーを確保しましょう。
体重はゆっくり減ればいいです。
2013/03/25(Mon) 16:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖尿病NETの記事
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2013/019857.php

PM2.5で糖尿病リスクも上昇
 PM2.5が懸念されるのは、健康被害を引き起こす可能性が指摘されているからだ。PM2.5は粒径が小さいため、呼吸とともに肺などの呼吸器の奥に入り込みやすい。PM2.5濃度が高い環境に長い期間とどまっていると、心臓病や喘息、肺がんなどが増え死亡率が高まる。
 心筋梗塞患者がPM2.5により汚染された環境で暮らしていると、死亡リスクが増大するという調査結果が英国で発表された。この研究は、2004年~2007年に心筋梗塞で入院した15万人強を調査し、同時期の大気汚染との関連を調べたもの。

 心筋梗塞を経験した人では、PM2.5の濃度が10μg/m3(1μgは1000分の1mg)増えるごとに死亡率が20%増えるという結果になった。ロンドン大学衛生・熱帯医学大学院の研究者は「PM2.5の発生がなければ、死亡率を12%減らせる」と述べている。

 糖尿病とPM2.5との関連も指摘されている。米ボストン小児病院の研究チームは、成人の2型糖尿病とPM2.5による大気汚染は関連があるという研究を2010年に発表した。

 これは米環境保護局(EPA)が発表した全米各地のPM2.5の時系列の濃度と、米疾病対策センター(CDC)が発表した同時期の糖尿病有病率マップを重ねあわせて検討したもの。PM2.5濃度が高いと糖尿病の有病率が上昇するという結果になった。

 これに先立つネズミを使った実験では、PM2.5濃度の高い環境に長期間さらされたネズミは、血中の炎症マーカーが上昇し、インスリン抵抗性が亢進していたという。
2013/03/25(Mon) 18:13 | URL | わんわん | 【編集
Re: 糖尿病NETの記事
わんわん さん

興味深い情報をありがとうございます。

PM2.5と糖尿病・・・ウーム、ますます中国恐るべしですね。
2013/03/25(Mon) 18:27 | URL | ドクター江部 | 【編集
PM2.5と糖尿病
Association Between Fine Particulate Matter and Diabetes Prevalence in the U.S.
Diabetes Care 33(10)2196-2201, 2010

http://care.diabetesjournals.org/content/33/10/2196.full
2013/03/26(Tue) 08:57 | URL | 精神科医師A | 【編集
Re: PM2.5と糖尿病
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。
2013/03/26(Tue) 10:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
いつもブログ記事には大変お世話になっています。

私は正常人ですが糖質制限で20kgの減量に成功しました。
カロリーの計算は困難なため、糖質の量を気にしながらスーパー糖質制限を行っています。。
この減量効果で私の知人が同様にスーパー糖質制限(毎食糖質10~15gほどに制限しているそうです)
を始め2か月半経ちましたが1か月で85kgからはじめ80kgでピタっと止まり、それ以上体重が落ちなくなりました。
まだまだおなかはでっぷりしておりなぜなんだろう、といろいろ聞いてみると
・身長175cm
・境界型糖尿病
・高血圧
・高脂血症
であるらしく、高血圧と高脂血症の薬を服用しているそうです。
実は私もけっこう糖質に気を使って食事をとっておりますが
やはり、これ以上やせないので体の中でどんなことが起こっているのか知りたいところです。
とはいえ、いままでの食生活(糖質たっぷりの日本食)に戻るのは考えていません。
糖質、脂質、タンパク質のバランスの落としどころが個々人にあるのでしょうか。
私は現在、身長180cm,体重74kg~76kgをいったりきたり。正常人です。
2013/03/27(Wed) 23:21 | URL | およよ | 【編集
Re: タイトルなし
およよ さん。

現在、身長180cm,体重74kg~76kg・・・BMI22.84~23.46

BMI20~25の間で、その個人の適正体重があります。

およよさんは、現在BMI22.84~23.46なので、20kg減量されて、既に適正体重なのだと思います。
2013/03/27(Wed) 23:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントありがとうございます。

> BMI20~25の間で、その個人の適正体重があります。
個人の適性体重(体がそう判断する?)となったらそれ以上、脂肪は落ちなくなるのでしょうか。件の知人も6月の定期検査は楽しみにしてるそうですが5kgの減量でも高脂血症や高血圧の改善がみられれば適性体重だ、と体が判断しているということでしょうか・・・。
2013/03/28(Thu) 12:23 | URL | およよ | 【編集
Re: タイトルなし
およよ さん

BMI20~25の間に入っているなら、そのように思います。
2013/03/28(Thu) 16:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
お世話になります。

> BMI20~25の間に入っているなら、そのように思います。

おいそがしいのにコメントありがとうございました。
2013/03/30(Sat) 00:02 | URL | およよ | 【編集
難治性ネフローゼと糖質制限について
はじめまして。最近糖質制限のことを知り、江部先生のブログを拝読させて頂くようになりました。
九州在住の平川と申します。先生の糖質制限を始めて1週間ですが、そんなにきつくなく、楽しく続けられており、体重も順調に減少しています。こんなに効果がでるダイエットは初めてなので、糖質制限のすごさを実感しております。

さて、突然ですが、難治性ネフローゼと糖質制限について質問させてください。
私の友人で、難治性ネフローゼ症候群になっている人がいるのですが、ステロイドを多量に服用しているため、脂肪がたくさんついてしまったことと高血糖に悩んでおります。この場合、糖質制限で脂肪を減らすことと血糖値を下げることは可能でしょうか?
また、ネフローゼですので、たんぱく質制限もしなければいけないのですが、糖質制限とたんぱく質制限を同時に行えばよいでしょうか?

インターネットで検索しても、ネフローゼと糖質制限に関する情報はほとんどなく、また友人のかかっている病院も糖質制限を取り入れている病院ではないため、ここで江部先生に教えていただければと質問いたしました。

そしてもう一つ質問なのですが、江部先生は漢方治療でネフローゼを治療されたご実績がありますことを、ブログを拝読して知ったのですが、難治性のネフローゼには西洋医学よりも漢方治療が有効なのでしょうか?友人はもう2年ほどステロイドを投与しておりますが、なかなか良くなっていません。漢方が有効なのであれば、漢方専門医にかかることを考えているようです。

本来ならば高雄病院に伺い直接聞かなければいけないことなのですが、このような所での突然の質問になり、申し訳ありません。
お返事を頂ければと思います。よろしくお願いします。
2013/04/01(Mon) 02:53 | URL | 平川 | 【編集
Re: 難治性ネフローゼと糖質制限について
平川 さん

タンパク質制限が1kgあたり、0.8~1.0gくらいなら、
ケトン食まではいかない「糖質制限+タンパク質制限」が可能かもしれませんね。

難治性ネフローゼ症候群に漢方が有効なこともありますが、有効でないこともあるのが
現状です。

2013/04/01(Mon) 19:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 腎臓への負担について
美枝子 さん

腎臓が1つでも、クレアチニンの数値が、正常なら、糖質制限食OKです。
1~2ヶ月みて、万一クレアチニンが悪化するようなら主治医と相談され、
糖質制限食を中止してください。

2013/05/25(Sat) 16:59 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可