FC2ブログ
3/9日のNHKEテレ、糖尿病②、「ステーキで血糖上昇」は間違い。
おはようございます。

3/9日(土)のNHKEテレ、

名医にQ、糖尿病②(2012年12月の再放送)において

河盛隆造先生が

①ステ-キを食べても血糖値は上昇する。
②糖質制限食は中性脂肪が上がる。
③最低でも150g/日の糖質は人体の活動に必要

と強調されたそうですが、生理学的事実とエビデンスにより、①②③は全て間違いです。

ゆきさん、名古屋・hさん、コメント・情報をありがとうございます。

確かに、糖質制限食を実践するときは、理解ある医師に相談することが望ましいですね。

しかし、


ステーキを食べても血糖は上昇しません。

ステーキに含まれるアミノ酸の中で、ロイシン、アルギニン、リジンは、 インスリンを分泌させます。

そして同時にグルカゴンも分泌させます。

インスリン分泌とグルカゴン分泌が、相殺されて、血糖値上昇はないのです。

2004年版のLife With Diabetes(米国糖尿病学会・ADA)には、

「食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わり、タンパク質・脂質は血糖に変わらない。」と明記されています。

糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。一方、蛋白質・脂質は、血糖値に影響をあたえません。(*)

1997年版のLife With Diabetesでは、

「タンパク質は3時間前後をピークに約半分が血糖に変わり、脂質は数時間から24時間で10%以下が血糖に変わる」

という記載がありますが、2004年版では削除されています。

2009年版Life With Diabetesも、2004年版と同様の見解を継続しています。

「吉岡成人先生は焼き肉を食べるとすぐには血糖値は上がらないが、後から血糖値が上昇すると述べられた」

1997年版のLife With Diabetesの記載のことを述べておられるようですね。


複数の信頼度の高いRCT研究論文により、糖質制限食で中性脂肪が下がることは証明されており、エビデンスがあります。


寝ている時は肝臓で、アミノ酸や乳酸やグリセロールからブドウ糖をつくります。

これを糖新生といいます。

必須アミノ酸、必須脂肪酸はありますが、必須糖質はありません。

糖質制限食で食後高血糖は改善しますが、低血糖にはなりません。上述の糖新生があるからです。

農耕前の人類のご先祖は、狩猟・採集が上手くいかないときは、1週間~2週間くらいの絶食はざらにあったと思いますが、普通に生きています。


(*)
Life With Diabetes:A Series of Teaching Outlines by the Michigan Diabetes Research and Training Center,American Diabetes Assoiation ,3rd Ed,2004



江部康二

【13/03/09 ゆき

タイトルなし

NHK教育TVの糖尿病の番組土曜、河盛さんは「糖質制限は今ブ‐ムになっています。ステ‐キを食べてもグルカゴンを刺激して血糖値はあがります、寝ている時に炭水化物が消費されるので、150gは必要です。だから糖質制限をする前に医師に相談して欲しいです」と言われてました。】



【13/03/09 名古屋・h
誤った見解の放送を繰り返すNHKの無神経
3/9日のNHKEテレ、名医にQ、糖尿病②(2012年12月の再放送とのこと)において、

河盛隆造先生は、①ステ-キを食べても血糖値は上昇する。②糖質制限食は中性脂肪が上がる。③最低でも150g/日の糖質は人体の活動に必要との見解を強調された。

また、吉岡成人先生は焼き肉を食べるとすぐには血糖値は上がらないが、後から血糖値が上昇すると述べられた。

全く事実と反する見解を盲信しているのか、または事実を知りながら故意に事実に反する見解を言い続けるかは知らないが、医者としては恥ずべきことと言わざるを得ない。

また、NHKがこのような放送を繰り返ことは、自ら公正性を放棄するものである。

NHKは大いに反省し、両先生の見解は事実に反するものであったことを訂正放送すべきであると思います。

名古屋・h】



テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
NHK教育: 名医に聞く
2012/12/8 初回放送内容

http://www.nhk.or.jp/kenko/drq/archives/2012/12/1208.html

2013/3/9, 3/15 再放送
www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2013-03-15&ch=31&eid=30656

2013年3月15日(金) 午後1:05~午後1:50(45分) の再放送です
2013/03/10(Sun) 10:28 | URL | 精神科医師A | 【編集
1型糖尿病において
江部先生


御無沙汰しております。

『インスリン分泌が枯渇した1型糖尿病(2型糖尿病)において』
ステーキは血糖値を上昇させる


が正しいですよね。

この血糖上昇に合う作用を有するインスリン製剤がないのが困ります(CSIIなら可能ですが…)
2013/03/10(Sun) 10:52 | URL | 内科大学院生 | 【編集
Re: NHK教育: 名医に聞く
精神科医師A さん

情報をありがとうございます。
2013/03/10(Sun) 10:52 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 1型糖尿病において
内科大学院生 さん

お久しぶりです。

『インスリン分泌が枯渇した1型糖尿病(2型糖尿病)において』
ステーキは血糖値を上昇させる


その通りです。
グルカゴンが分泌されて糖新生しますが、インスリンは分泌できないので、結果として血糖が上昇します。

しかし、ステーキのタンパク質が直接血糖に変わるということではありません。
2013/03/10(Sun) 10:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
河盛先生はガッテンにも出ていたインスリンが大好きな先生ですね。

本放送は見ましたけど、
たしか糖質制限のことを暴飲暴食だと言ってませんでしたかね?

酷すぎて笑ったのを覚えています。

再放送は見ないで消去したけど、
帰って本放送をチェックしてみます。

2013/03/10(Sun) 11:18 | URL | マキマキ | 【編集
河盛先生
糖質制限のことを暴飲暴食と言ったのではないみたいですね。
訂正します。

ところで・・・。
糖尿病の私の母は、下記①~③の順番で病院を変えました。

①近所の総合病院
②自転車で20分の距離、糖尿病学会加盟の病院
③車で40分の距離、糖質制限に理解のある病院

私は糖尿病に関し、何の知識も有りませんでした。
河盛先生が出ていた試してガッテンを見て、糖尿病学会加盟の病院に変えた時、江部先生のご本「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」を持参して、正直に
「母は一カ月ほど糖質制限をしています。先日の検査で随時血糖値、食後約2時間半の値が157に改善しました」と言ったのに、アマリール他2種類の飲み薬が増えてしまいました。

薬が増えて母が嫌がったのと、江部先生のご本にもアマリールは駄目だと書いてあったので、少し遠いですが糖質制限に理解のある病院に行くことにしました。
昼食後約5時間の血糖値が103だったのでその日のうちに飲み薬を全部止めてもらうことが出来ました。

とにかく嬉しかったけど・・・。
2日ぐらいしか違わないのに、薬が増える病院があったり、薬が全部なくなったり・・・。
本当に疑問が残ります。


2013/03/10(Sun) 14:20 | URL | マキマキ | 【編集
Re: 河盛先生
マキマキ さん

糖質制限食に理解のある病院が見つかって良かったです。
薬がなしで血糖コントロール良好なら、それにこしたことはありません。
2013/03/10(Sun) 17:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
河盛講義録
このblogに全文掲載されてます

http://blog.goo.ne.jp/ms926/e/622a69cb63eadcc4792d62879db32729

『健康な時はいくら暴飲、暴食をしても血糖値は見事にコントロールされてますね。だけど糖尿病の方はインスリンの分泌が落ちていたりインスリンの働きが低下しているのですね。だから血糖値が高くなってしまっている』
2013/03/10(Sun) 18:10 | URL | 精神科医師A | 【編集
江部先生
有り難うございます。
2013/03/10(Sun) 18:54 | URL | マキマキ | 【編集
第10回 月例会のご報告
年度末のお忙しい中、メンバーの皆さんにお集まりいただき、

新刊書の読後感、
メディア情報、
近況報告、
ライフワーク光野さんの糖尿病腎症解説、
私の検査報告、
サバサンドの低糖質ランチ(大好評!)
矢永さんの丸パンのお土産
デーツ+くるみ+チーズのおつまみで、オールフリー各社新製品の味比べ(汗;)

で盛り上がりました。
毎月第二土曜日に定例化することで、日程を立てやすくしました。
人数が増えたら、会議室でも借りようかと思っています。
2013/03/10(Sun) 21:27 | URL | 北九州 三島 | 【編集
逆流性食道炎
糖質制限がんばっています。
先日大腸検査の後胃が収縮し痛むので胃カメラを受けましたところ、逆流性食道炎と診断されました。

胸やけなどはないのですが、胃酸を抑える薬タケプロンとガスモチンという薬を処方されました。

逆流性食道炎に良くない食べ物というパンフレットをもらい見ると、脂肪分の多いものベーコンや肉の脂身、イカ、タコ、貝類、というのが気になりました。

糖質制限を続けていて、脂肪は多めに摂っています。オリーブ油も多めに摂っています。
ネットで見ても脂肪は控えるようにというのが殆どです。

糖質が胃酸の分泌を促すと思っていましたので意外でした。糖質制限で逆流性食道炎が改善したという人が書き込みをしておられるのを何度か目にしていたので、えっと目を疑いました。

これも日本糖尿病学会の常識にもとづいているのかと、思うのは間違いでしょうか。

2013/03/10(Sun) 21:39 | URL | よよ | 【編集
前にもNHKで・・・
私が東京に在住していたときに、ゴールドジムのインストラクターかつ整体の先生が、NHKの放送で筋肉のことについて不備なことを放送したのを、公共の電波を使って嘘を流すな!と指摘しました。
初めは高圧的な態度を取っていたのですが、理詰めで2度3度語っていくと、コロッと態度を変えて、実はあの先生にもこちらも困っているんですよ・・といきなりの豹変に言葉を失ったといいます。
でも、日本文化の悪いところというか、まぁあまりことを大きくすることないなと放っておくのが美徳だという感覚がダメですね。
バシッとより正しい証明を認めさせなければいけませんね。
本当に、日本からでも糖質制限が当たり前の食生活になることを願います。
2013/03/10(Sun) 21:51 | URL | クワトロ | 【編集
Re: 第10回 月例会のご報告
北九州 三島 さん

第10回 月例会
相変わらずの盛況ですね。
第二土曜日、定例化はとても良いと思います。

私も第三金曜日定例ライブです。 (^^)
2013/03/11(Mon) 16:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 逆流性食道炎
よよ さん

過去、糖質制限食で、逆流性食道炎が改善した人は沢山おられます。
ブログ読者さん、私の患者さん・・・30名以上はおられます。

胸やけがないなら、逆流性食道炎の症状はないように思います。

また逆流性食道炎の診断がついても、糖質制限食を実践すれば症状はでないと思います。
糖質を一定量以上摂取すると、胸やけなどの逆流性食道炎の症状が出現します。
2013/03/11(Mon) 16:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
今月の定期検診にて
江部先生こんにちわm(_ _)m以前、糖尿病と眼圧についてコメントを取り上げて頂いたほっとろぉどです。その節は有り難うございました。今回もご質問させて下さい。糖質制限を始めて半年が過ぎましたが、体重は90→54となり現在もキープしています。それ自体はいい事なのですが、T-Cho・LDL-Cともにとんでもない数値を叩き出してしまいました。糖質制限を始める前の数値はT-Cho→200~230の間、LDL-C→100~140の間くらいでしたが、徐々に上がっていき今月の定期検診ではT-Cho→503・LDL-C→316と散々な結果に(苦笑)しかしHDL-Cは49→89まで増えました。そしてもう一つ、今月はこれらの数値が高いこともあり、甲状腺の機能も併せて検査しました。結果はTSH・FT4共に1.1、FT3のみ僅かに低値で2.0でした。医師からは「軽度甲状腺機能低下症」だと言われました。本当に甲状腺の異常なのか少し疑問です。私なりに色々と考えてみましたが、糖尿病の影響で代謝が悪くなっているのでしょうか?病歴が長いですから…しかし、現在の血糖値のコントロールは悪くはないと自分では思っています。糖質摂取量は一日2食で(朝・昼)で一食あたり10g以下。間食は5g以下を毎日守っています。今月の検診ではHA1C4.5、食後2時間血糖92。HA1Cは4%~4%台半ばをずっとキープし続け、食後血糖1時間、或いは2時間、病院で測定しても専門機関の検査、自己測定でも100を越えているのを見たことありません。しかし、ダイエットが成功してから不調が続いています。食後、体がふらつき、だるい訳ではありませんが体に力が入らない時や目眩があります。次に生理が2ヶ月止まっています。かと思えば去年の9月には不正出血でガン検診をしたところ異常はナシ。手足も結構冷えます。そして元々便秘知らずでしたが、便秘になりました。少し前に比べればマシにはなりましたが…。38歳という年齢も考えると、これらの症状は女性ホルモンの影響なのか、甲状腺の数値が低値を示していることが影響しているのか、またコレステロール高値は糖質制限の影響か、甲状腺の影響かなど、色々と考えを巡らせていますが判断がつきません。後、コレステロール降下剤としてクレストールを処方され、貰ったものの飲むべきか迷っています。何が影響して高値を示しているのか判断がつかないので…。長くてスミマセンm(_ _)m
2013/03/11(Mon) 17:31 | URL | ほっとろぉど | 【編集
ありがとうございました

以前、饅頭を2個食べた時、さつまいもを多めに食べた時、食べ過ぎた時には酸っぱいものが上がって来たのを思い出しています。

糖質制限をして一度もそういうことはありません。
コーヒーをブラックで空き腹に飲むと胃が痛むことはありますが、胃酸があがるということはありません。
今の症状は、胃がお腹が空いた時や緊張した時のように、常にクークー鳴っています。安心して脂肪を摂りたいと思います。
2013/03/11(Mon) 22:32 | URL | よよ | 【編集
解釈の角度
いつも勉強させて頂いています。ありがとうございます。

精神科医師Aさまの示されたブログ大変興味深いです。

しかし河盛医師は糖新生の事を認識されているのですね。
『ステーキはインスリンの分泌も刺激して血糖値を上げるグルカゴン(肝臓からブドウ糖を放出して血糖値を上げるホルモン)というホルモンの分泌も刺激するんですね。両方が増えて肝臓がブドウ糖をたたき出して、全身の細胞がブドウ糖を使って血糖値は変わらない。

ところが糖尿病の方ではインスリンの分泌が低くなっています。グルカゴンは却って強くなっています。従ってステーキを食べても実は血糖値は上がってしまうんですね。』

そして糖尿病患者は糖新生を促す働きが強くなっているとも認識している。
しかし糖の摂取の必要性は説く
『それから僕たちの体は寝てる間も1時間に5gから10gのブドウ糖を使ってます。そうすると24時間にわたって少なくとも150g程度のブドウ糖は炭水化物から取らないといけないですね。

それが足らなかったら実は筋肉からタンパクがブドウ糖に変わるために、筋肉のタンパクが減ってきたり、そして脂肪をエネルギーに変えようとすると、種々の老廃物が増えてきたりするんですね。』

つまり低血糖の心配はされてないわけです。

糖新生の為にタンパク質不足が起きる事を心配されている。
また脂肪の代謝を身体に悪いと言っておられる。
タンパク質は十分に摂取すれぱ問題なさそうである。
脂質の燃焼を否定すればそもそも体脂肪すら落とせない。
何故かインスリン分泌能が落ちているので血糖をあげる糖質を摂らない様にとはならないらしい。
彼の言っておられる事が全て真実としても、インスリン分泌能が落ちていたり抵抗性がある身では、糖質を制限するメリットの方がはるかに大きい。
印象操作に近いやり方だなぁと感じました。
ある意味文学的かと。
2013/03/12(Tue) 01:25 | URL | しん | 【編集
糖質制限食のおかげさまです
昨年の11月下旬頃病院で糖尿病と言われ薬を出されたのですが、江部康二先生の書かれている書物を拝読させて頂き、すぐに実行しました。3月の定期検診でほとんどの数値が平均値以下になりました。薬も飲まなくて良くなりました。もちろんステーキ、焼き肉等肉類、魚類、野菜類をたらふく食べて、糖質だけ制限しただけです。何事も実行しなければ解りませんよね。後は、コレステロール値が少し高いので薬を出されたのですが、飲まなければならないでしょうか?このまま糖質制限食を続けて行けば、改善されるでしょうか?教えて下さい。お願い致します。先生を師と慕う者より
2013/03/12(Tue) 06:33 | URL | べんばふん | 【編集
Re: 河盛講義録
精神科医師A さん

ありがとうございます。
2013/03/12(Tue) 09:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 今月の定期検診にて
ほっとろぉど さん

体重は90→54 ・・・痩せすぎのように思います。
BMI22は、維持した方がよいと思います。

「食後、体がふらつき、だるい訳ではありませんが体に力が入らない時や目眩があります。次に生理が2ヶ月止まっています。」

低カロリー過ぎる可能性がありますので、ご注意ください。
甲状腺機能も低カロリー過ぎると見かけ上、機能低下のように見えることがあります。

コレステロール高値は、菜食中心だった人は、肝臓が沢山コレステロールを作るようになってます。
そこに糖質制限で高コレステロール食になると、「肝臓で沢山作る+食物からも沢山」で
高コレステロール血症になります。1~2年で落ち着くことが多いですが、
ゼチーアを飲むと、食事中のコレステロールが吸収されにくくなるので著明な効果があります。医師とご相談ください。
2013/03/12(Tue) 09:19 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限食のおかげさまです
べんばふん さん

拙著の御購入、ありがとうございます。

コレステロール値は、このまま経過をみられても良いと思います。

もし気になれば、スタチン系の薬より、食事中のコレストロールの吸収を抑制するゼチーアが、
糖質制限食実践者にはよく効きますので、医師とご相談ください。

カテゴリーの「コレステロール」の項目もご参照ください。
2013/03/12(Tue) 09:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
うまく出来てる
返信ありがとうございます。
ほんとですね。
良く解りませんね。

ステーキを食べて糖新生が促されるのであれば、アミノ酸から糖新生されてもステーキからアミノ酸が十分補給されるでしょうし。
糖質から糖分をとるより、タンパク質~アミノ酸~糖新生(肝臓のストックもある)の方がはるかに穏やかで必要なインスリンははるかに少ないのに。
タンパク質の血糖値上昇だけ問題にする。(糖質の方がもっと直接的で急激なのに)
糖新生の原料のアミノ酸の欠乏だけ気にする。(タンパク質を十分にとればよい。糖質制限すると必然的にタンパク質や脂質の摂取がふえる)

ひとつひとつの事柄は間違いとまでは言えないかも知れませんが、つなげるとおかしいです。

印象操作だなあと思ったしだいです。

2013/03/12(Tue) 11:28 | URL | しん | 【編集
Re: 解釈の角度
しん さん

『それから僕たちの体は寝てる間も1時間に5gから10gのブドウ糖を使ってます。そうすると24時間にわたって少なくとも150g程度のブドウ糖は炭水化物から取らないといけないですね。

それが足らなかったら実は筋肉からタンパクがブドウ糖に変わるために、筋肉のタンパクが減ってきたり、そして脂肪をエネルギーに変えようとすると、種々の老廃物が増えてきたりするんですね。』



河盛先生、
人類が、700万年間、狩猟採集が上手くいったりいかなかったり、
食事にありついたり、1~3.4週間の絶食を繰り返しながら、
生き延びてきた進化の歴史はどう考えておられるのでしょうね?
2013/03/12(Tue) 11:45 | URL | ドクター江部 | 【編集
このまま続けます
早速のお返事ありがとうございます。病院から出された薬は、リピトールと言う薬です。先生のおっしゃる薬を言ったら出して貰えるでしょうか? とにかく言ってみます。 ありがとうございました。
2013/03/12(Tue) 13:37 | URL | べんばふん | 【編集
何度もすみません
ちなみに私のコレステロール値は、250mgでした。 薬を飲むほど高すぎでしょうか? 糖質制限食で下げられないでしょうか? よろしくお願い致します。
2013/03/12(Tue) 15:27 | URL | べんばふん | 【編集
Re: 何度もすみません
べんばふん さん

250mgでしたら、私もそんなものです。
総コレステロールは現在、ガイドラインから外れています。

本ブログの扉ページの
カテゴリーの「コレステロール」項もご参照ください。
2013/03/12(Tue) 16:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
理解してくれる医師を探す難しさ
お忙しい中ご返答有り難うございますm(_ _)m薬のことは主治医に相談しようと思いますが、最近は主治医に対して自分の意見が少し言いにくくなりつつあります。というのも、血糖値が改善され最初は理解を示してくれていたものの、今では言葉の端々に「あぁ本当は反対なんだな」とわかるようなことをかなり言われます。とにかく全てを糖質制限のせいにされてしまいます(T_T)今月の定期検診でも診察室に入り、座るや否や「糖質制限は早死にする事が最近わかってきた」と言われました。勿論、そんな証拠はどこにもないので完全無視です。理解してくれる或いは、自分自身の考えはひとまず置いて、患者の選択を見守ってくれる医師を探すのは大変ですね(T_T)先生のブログに糖質制限を実践しておられる病院・医師を紹介されている回がありましたが、私の住んでいる所にはなさそうでした。自分なりに探しましたが、大体がカロリー重視の方針をとっているところばかりで…。患者である私の考えは実に単純で「肝臓を患っている人にお酒を控えなさい、または止めなさいという…それならば糖尿病患者も糖質を制限するべきでは?」そんなに単純なものではないのでしょうか?(苦笑)
2013/03/12(Tue) 21:44 | URL | ほっとろぉど | 【編集
Re: 理解してくれる医師を探す難しさ
ほっとろぉど さん

糖質制限食に理解のある医師を探すのは、確かに一苦労です。
ちなみに、ほっとろぉどさんの住所はどこになるでしょうか?
2013/03/12(Tue) 21:52 | URL | ドクター江部 | 【編集
有り難うございますm(_ _)m
ご返答有り難うございますm(_ _)mほっとろぉどです。理解してくれる医師を探すのは本当に難しいです(T_T)因みに私は愛媛県松山市在住です。
2013/03/12(Tue) 23:07 | URL | ほっとろぉど | 【編集
Re: 理解してくれる医師を探す難しさ
ほっとろぉど さん

高松には、糖質制限に理解のある医師がおられるのですが、遠いですね。
2013/03/13(Wed) 10:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
ご返答有り難うございますm(_ _)m同じ四国ですが、やはり毎月通うのは遠いです(>д<)せめて県内であればいいのですが…
2013/03/13(Wed) 11:09 | URL | ほっとろぉど | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可