FC2ブログ
沖縄の短命化について
こんにちは。

中年サムライさんから、沖縄の短命化について、コメントいただきました。

中年サムライさん、糖質制限食をご自身で実践されて、効果を実感されてその後患者さんにも指導され、感謝されているとのこと、良かったです。

沖縄の短命化には興味があるので、その内記事にしたいと思います。

とりあえず、沖縄が男性も長命だった昭和47年の統計では、獣鳥肉類摂取が100g/日を超えていて、当時の日本平均の倍くらいでした。

短命化し始めてからは、日本の内地の食事内容にどんどん接近しているのが、統計上、明らかです。

今は内地の食事内容と沖縄とほとんど一緒です。

沖縄の食生活変化と長寿についての
意識に関する分析(pdf)
http://nodaiweb.university.jp/noukei/pdf/NSO110_08.pdf



そしてアメリカでは、30年間、脂肪摂取比率は減り続け、糖質摂取比率は増え続けて、肥満倍増です。


以下は、全米健康調査のデータです。
       1971   →    2000
脂質     36.9        32.8%
糖質     42.4        49.0%
肥満率    14.5        30.9%



江部康二


【13/03/05 中年サムライ

本日のNHK

昨年から実践して、効果を実感し、患者さんにも多く指導して感謝されています。

本日のクローズアップ現代で「沖縄県民寿命の短命化」についての報道がありました。

確かに、以前の長寿県から急速に寿命の悪化していることは知っていたのですが。

相変わらず、NHKの切り口は、アメリカナイズ、高カロリー、高脂肪食というものだけでした。

何か、切り口の足りないような、、、、、

どうしても、近年のアメリカの肥満増加を高カロリー、高脂肪食と片づけてしまう傾向があるのでしょうか?】



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
昨日のクローズアップ現代は本当に恣意的でした。アメリカ政府が高脂肪食をやめようとコマーシャルを打っているというような解説で(録画してないので性格ではないかもしれません)、この映像が流れてました。
http://www.youtube.com/watch?v=Vtil_kFMvoU
youtubeでみてみれば、禁煙、運動、サラダを食べるなどして、健康な生活をしよう、明日に引きのばさないで、すぐはじめよう、との内容で、高脂肪食については何も言っていません。しかも広告はBlue Cross Blue Shieldなので、政府ではなく保険会社というのが正しいんじゃないかと思います。
NHKってこんなにいい加減なの?と今更ですがびっくりさせられるました。
思いこみで高脂肪食が悪いというのはやめてほしいです。もっと、炭水化物と脂肪のよりよい割合などについての研究を紹介してほしいと思いました。
2013/03/06(Wed) 16:52 | URL | sara | 【編集
沖縄の食生活について
江部先生、いつもブログを拝読し、勉強させて頂いております。
今回の記事を読み、思わず初コメント失礼致します。
沖縄県の食生活については私も以前より興味を持っており、沖縄食も大好き(低糖質でお酒に合う物が多い)のですが、昨年秘密のケンミンショウというTV番組を観て愕然としました。
沖縄県民は、米国文化の影響もありお酒のシメにステーキを食べると紹介されまして、ここまではさすが長寿県、と感心していたのですが画面を観ると皆さんステーキと共に大量のライス、ポテトフライ、さらにはコーンポタージュスープも摂取されているのです。
もちろん沖縄県の皆さんがこんな食生活ではないでしょうが、他の場面でも高脂肪高タンパクプラス高糖質摂取傾向にあるとしたら、長寿県としての沖縄はこの先一体...と他県事ながら暗い気持ちになりました。
先生のご著書にもありましたが、ブーム食、ご当地グルメってホント高糖質なものが殆どですよね。気持は分かるのですが、ため息です。
最後になりましたが私自身は糖尿家系のアラフォー女性で、痩せ型(BMI18未満)、HbA1cは正常も食後は血糖値が高いと言う予備軍で約三年前に先生のご著書と出会いプチ〜スタンダードの糖質制限を実行中です。
先生には感謝で一杯なのですが、さすがに書き切れませんので二大感謝を申し上げますと、空腹感が心地よいものになった(私精神科医師なのですが、糖質制限まえは外来をしていてお昼を過ぎると辛くて。朝ごはんをしっかり食べてもダメでした。今はお陰様で外来が長引いてもどんと来いです)こと、そして何より「糖尿になったら厳しい食事制限をしないといけない、お酒もやめないといけない」という恐怖に近い不安から開放された事です!
患者さんや同僚にも糖質制限を勧め、実行された方には喜ばれています。これからも超微力ながら先生のお考えを広めさせていただきます。ご多忙かと存じますが先生もご自愛なさってください。
長文失礼致しました。
2013/03/06(Wed) 17:16 | URL | はる | 【編集
ラカントと腎臓について
主人が糖尿で妻の私がアトピーで、先生の著書には本当にお世話になっています ありがとうございます 先生の講演会にも参加し、家庭の甘味料は全てラカントにかえました 血糖値が上がらない糖類があるなんて、感激でした 今日は糖尿ではありませんが、腎臓のクレアチニンの値が1.34の父の事をおたずねします サラヤに問い合わせた所、腎臓機能が弱っているマウスにラカントを与えても、腎機能に変化は見られないとの事ですが、人体に適用できるかはデーターがないので、使用はお勧めしませんとの事でした 先生の御意見をお聞かせ願いたくメールを送信します 宜しくお願いします
2013/03/06(Wed) 17:55 | URL | ピーナッツ | 【編集
沖縄在住のものです。
私も昨日のNHK見ました。
私は40代ですが、同居していた亡くなった祖母は85歳までピンピンでしたし、母方の祖母は93歳の現在も足腰と少し痴呆が入ったものの寝たきりにはならず、食欲旺盛です。
彼女らは肉好きです。沖縄では肉というと豚肉。味噌汁に硬めの野菜をいれてラードを足して食べていました。
知ってる長生きしているお年よりは皆豚肉が好きです。それ以上に野菜も上手に食べていました。
昔は米はなかなか手に入らず、炭水化物の主食は芋(サツマイモ)ぐらい。豆腐は毎日食べていたと思います。豚肉も貴重だから塩漬けした肉を少しずつ使い、ラードもうまく使って料理していたそうです。だから昨日の取材は合点が行きません。
私たち世代は復帰後世代で、学校給食でカレーとかスパゲッティーとか、コッペパンとか出されて食べてした世代です。伝統的な琉球料理が好きではない人も多いですし、今の若い子達もそうだそうです。タコライスなどを代表するように、今の沖縄のファストフードは糖質たっぷり+脂質タップリなメニューなので影響が出てるのではないかと私は思います。
かく言う私も、米大好きで、糖質制限を始めるまでは体重が増える一方でした。幸いまだ血圧は正常ですが、血糖値は境界型って感じです。
糖質制限を始めて、これ以上の悪化を食い止めるべく、これからも江部先生の著書を頼りに頑張ります。
4月の沖縄講演、是非伺いたいです。
2013/03/06(Wed) 18:02 | URL | みーすけ | 【編集
常識を見直さなければならない
tagashuu@大学病院神経内科医です.

遅ればせながら先日のNHKクローズアップ現代「沖縄の短命化」特集の全文テキストを読んでみました.

「脂肪悪玉説」,「カロリー神話」という従来の常識から脱却できないためにあらゆる専門職が誤った解釈をしてしまっています.

その中で特に気になった内容がありました.以下に転載します.

『アメリカで報告されたある研究成果に今、注目が集まっています。
脂肪のとり過ぎが体に悪いと分かっていてもついつい食べてしまうのはなぜなのか。
その驚くべきメカニズムが分かってきたのです。
研究リーダーのジーン・ジャック・ワンさんです。
高脂肪食をとり続けて肥満した人の脳を詳しく調べました。
通常、人が物を食べると、脳内ではドーパミンという物質が放出されます。
これがD2受容体と呼ばれる受け皿でキャッチされると、やがて満足感を感じて食欲が収まります。
ワンさんは、高脂肪食をとり続けた人たちの脳にあるD2受容体の量を調べました。

これは健常な人の脳の断面を上から見たものです。
D2受容体の多い場所が赤く示されています。
一方、こちらは高脂肪食を食べ続けている人の脳。
赤い部分が大幅に小さくなっています。
D2受容体が、およそ20%も少なくなっていたのです。
高脂肪の食事は、脳内に大量のドーパミンを放出させます。
過剰な興奮を抑えるためにD2受容体が減ったと考えられます。
D2受容体が減った脳は少量のドーパミンでは満足感を得られません。
そこで、ますます高脂肪の食事をとり続けてしまうのです。』

 違うのです.事実はそうであっても正しい解釈はそうではないのです.

 ドーパミン回路を回して中毒性をもたらすのは高脂肪ではなく,高糖質なのです.

 高脂肪摂取者と紹介されている人は同時に高糖質も摂取されているから中毒性が形成されてしまうのです.

 これは自分が糖質制限食をしているからよくわかることです.糖質を過剰に摂取していたころの私は明らかに食べ過ぎで,食欲を自制することができませんでした.

 しかし今は糖質制限食の実践により空腹感が容易にコントロールできるようになっており,誰に指示されるでもなく自然と1日1~2食程度に落ち着いています.今糖質制限食という「高脂肪食」を食べているにも関わらずです.この現象は上述の研究者の解釈では説明できません.

 また糖質は自己流の表現をさせて頂くと「脂肪回路opener」の役割をしています.

 糖質は飢餓の時代に生き延びるために,効率的に脂肪を取り込む働きをしていました.

 つまり糖質を制限している状況ではたとえ脂肪がたくさん入ってきても肝臓がうまく調節して脂肪過剰にはなりませんが,糖質を普通にとっている状況下で脂肪をたくさんとってしまうとその脂肪がどんどん体内に取り込まれてしまう回路が開いてしまうのです.

 上記の研究者の方は賢い方なのでしょうが,「脂肪が悪である」という従来の常識が頭から離れない故に,得られた結果を誤った解釈として報告してしまっています.

 この研究者だけでなく,専門家も統計学者も栄養士も同じ「脂肪を減らすべき」という誤った方向性で考えてしまっています.

 これは糖質制限食を学んでいなければまったく気が付かないことでした.

 いかに知識があっても,柔軟力がなければ大きな過ちをおかしてしまうよい例だと思います.

 「お医者さんは頭がいいからお医者さんの言うことは間違いない」と思ってはいけません.

 専門医だからといってそれだけで盲信してはいけません.

 大事なのは自分で考える力です.事実を検証する力です.それは必ずしも学力と比例しません.教科書に書いていることがすべてではありません.

 今ある常識を見直せなければ,日本(世界)はとんでもない方向に進んでしまう,と強い危機感を感じる話題でした.
2013/03/06(Wed) 18:32 | URL | tagashuu | 【編集
はじめまして
初めてコメントするものです。
糖尿病患者です。
糖尿病と診断されて、朝抜き 昼夜のみ普通に食べるという生活をおくるも半年で断念してしまいました。確かに血糖値は良くなりましたが続きません。

現在空腹時インスリン2.4
空腹時血糖 180

A1Cは8.8 です。

これから糖質制限食を試してみようと思っています。
3ミリアマリール
ボクリボース 内服中

栄養ドリンクはファインやカロリーオフでも摂取さけた方がいいですよね?
2013/03/06(Wed) 21:29 | URL | 紅 | 【編集
クローズアップ現代
2013年3月5日(火)放送
沖縄 長寿崩壊の危機~日本に迫る“短命化社会”~

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku/detail02_3320_1.html

…全内容がごらんになれます
2013/03/07(Thu) 09:39 | URL | 精神科医師A | 【編集
問題の番組
http://v.youku.com/v_show/id_XNTIyOTUyMzEy.html
番組、今ならまだ見る事ができます。
誤った問題認識では解決する事がないでしょう。
糖尿病学会等終お偉いさんたちが間違いに気付くまで待っていては取り返しのつかない時間を過ごす事になります。
糖質制限、湿潤療法など新常識を身につけなければ後悔しますね。
2013/03/07(Thu) 12:19 | URL | 町田 | 【編集
番組は恣意的な印象を受けました。
NHKのクローズアップ現代での沖縄の短命化は高脂肪食の過剰摂取が原因と医師の方々も述べていましたが、脂質、糖質、タンパク質の摂取割合と平均総摂取カロリーを明示された上で述べていただかないと全く誤った印象を視聴者に植え付けてしまいます。
また、番組中オリーブオイルを常用されている方への栄養士の発言は、オイレン酸やトランス脂肪酸のことについての言及があるかと思いきや
「オリーブオイルも他の油もカロリーは一緒ですよ」だけのコメント。糖質制限されると国内のコメあまりや食料需給バランスがくずれたり、糖尿病専門医の投薬等に影響を与える事になるからなのでしょうか?
他の方のコメントにもありましたが、とても恣意的な番組構成に思えました。
2013/03/07(Thu) 14:05 | URL | じゅんさん | 【編集
糖質制限食のおかげです
江部先生はじめまして。きちべい(52歳)と申します。

昨年12月の人間ドックで糖尿病が判明しまして、HbA1cが7.9(JDS)、空腹時血糖が141とのことで、すぐに専門医の診断を受けて治療を開始せよとの受診結果が記されておりました。人間ドックの結果が郵送されてきたのが年の暮れでして、正月に一念発起して、やせると決意した次第です。(それでも、正月にはおもちなどをまだ食べていました・・・)

 私の両親も糖尿病で、たまたま現在の主治医に糖質制限食を奨められてから症状が凄く改善したと聞いていましたので、江部先生の著作やブログ、その他の著作などで勉強し、糖質制限食の凄さを知りました。
 そこで、家内の協力も得ながら1月25日から、本格的にスーパー糖質制限食にチャレンジしました。

 糖尿病の診断を受けるなら、理解のある先生にと思いまして、予約がなかなか取れない中、本日(3月7日)、人間ドックの診断以来初めて専門医の診察を受けました。
 正直トキドキでしたが、結果はHbA1cが5.2に改善しており、朝食をとって、昼前の時点で血糖値が91とのことで、先生からも「凄く良くなっています。頑張りましたね。」とお褒めの言葉を頂戴しました。

 尿酸値が高いのと、血圧も高めなので、まだまだですが、その他の肝機能や中性脂肪、LDLコレステロールなどは劇的に改善して、正常値とのことでした。先週末には焼肉屋さんでタレに注意しつつ、たらふく美味しいカルビ・ホルモンに舌鼓を打つなど、楽しい食生活を送っての結果だけに、本当にビックリです。
 体重も86キロから76キロに減って移動が快適ですし、喉のイガイガも消えてなくなり、脳の動きも明らかに活性化しているのを感じます。

 たまたま、東京に住んでいて、職場から徒歩圏内に糖質制限の中華料理店やイタリア料理店があり、自宅近くの洋菓子店では低糖質ケーキを売っている、糖質制限による糖尿病の治療に力を入れている大学病院も近場にあるなど、恵まれた環境に感謝しつつ、今後も引き続き糖質制限食で過ごしてまいる所存です。
 また、この感動を身近な人たちに微力ながら伝えてまいりたいと思います。

 それと、次回の5月の診察に向けて、引き続き食生活をしっかりとしたものにしたいと思います。

 何はともあれ、有難うございました!
2013/03/07(Thu) 14:22 | URL | きちべい | 【編集
全く、同感です。
tagashuu さんのコメントに全くの同感です。

糖質制限を行って、血液検査をするとコレステロールが上昇しており、医師に指導・治療範囲に引っかかりますねと言われました。
自分的には中性脂肪がかなり低下してたので、安心してました。
卵がよくないんですよ、1日1個は多すぎます・・
まぁ、私も非糖尿人ですが、体調不調のため糖質制限を実施してみることにしました。
体調は調子いいですね。
ただ、コレステロールという今までの常識とされる理論に振り回される次第でしたが、最近落ち着いてきました。
tagashuu の言われるとおり、自分で考えて行動しなければダメだということです。
自分で身体を管理して、糖質制限をして不調ならいろいろ変化させればいいのです。
そう思いつつも自分に甘く、今少し緩めの糖質制限になってますが・・・。
近代栄養学を見直す時期なんでしょうね。
・・・大きく叩かれるでしょうが・・・(笑)
2013/03/07(Thu) 15:21 | URL | クワトロ | 【編集
Re: 沖縄の食生活について
はる さん

体調、良好良かったです。

「画面を観ると皆さんステーキと共に大量のライス、ポテトフライ、さらにはコーンポタージュスープ」

ステーキはさておき、あとはトリプル炭水化物ですね。
2013/03/07(Thu) 17:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
オリーブオイル
家庭でオリーブオイルを使用している方に対し、栄養士が「オリーブオイルも他の油もカロリーは同じですよ」と指導してました。

当たり前やろ。

まあ糖質制限してない方は油を控えたほうがいいかも知れんけどね


2013/03/07(Thu) 17:11 | URL | マキマキ | 【編集
Re: タイトルなし
sara さん

情報、ありがとうございます。

NHKも正確な情報を期して欲しいものですね。
2013/03/07(Thu) 17:17 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ラカントと腎臓について
ピーナッツ さん

拙著のご購入ありがとうございます。

サラヤさんは、立場上は「勧めません」となるでしょうが、
大量のラカントSを摂取するわけではなく、甘味料としての摂取ですので
まず問題ないと私は思います。
2013/03/07(Thu) 17:22 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
みーすけ さん

「彼女らは肉好きです。沖縄では肉というと豚肉。味噌汁に硬めの野菜をいれてラードを足して食べていました。」

豚肉+ラード、とは動物蛋白・脂肪、バッチリで長生きですね。
2013/03/07(Thu) 17:24 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
紅 さん

栄養ドリンクには、ショ糖やブドウ糖が入っているのでNGです。

アマリール3mgは多いです。
低血糖の恐れがありますので、1mg以下の方が安全です。
主治医とご相談ください。
2013/03/07(Thu) 17:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: クローズアップ現代
精神科医師A さん

情報、ありがとうございます。
2013/03/07(Thu) 17:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 問題の番組
町田 先生

同感です。
2013/03/07(Thu) 17:50 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 番組は恣意的な印象を受けました。
じゅんさん

同感です。

台頭する糖質制限食に対して、守旧派の必死の抵抗でしょうか?
2013/03/07(Thu) 17:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限食のおかげです
きちべい さん

拙著のご購入、ありがとうございます。
データも素晴らしい改善ですね。
良かったです。
2013/03/07(Thu) 17:57 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 食事内容と生理について
とうと さん

低カロリー過ぎる可能性があります。
摂取カロリーが少なくて、体重が急速に減少すると生理が止まることがあります。
2013/03/07(Thu) 18:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可