FC2ブログ
~糖質制限食in埼玉~ のご案内 2013年3月17日(日)
こんばんは

~糖質制限食in埼玉~ のご案内です。

江部康二


以下は、主催のローカーボクラブ 医療法人鴻生会 小室クリニック の事務局が作成されたちらしです。

~糖質制限食in埼玉~

糖尿病の新しい食事療法としてここ数年注目されている「糖質制限食」。

昨年は一大ブームが巻き起こりました。

血糖値の改善はもちろん、メタボ予防、ダイエットの分野でも非常に高い成果が得られるとして、ますます人気が高まっています。

従来のカロリーを控える食事療法ではなく、食事(食品)に含まれている糖質量を控えていく新しいスタイルの食事法。この分野での日本の第一人者、京都高雄病院理事長で医師の江部康二先生が多くの症例と実績をもとに、糖質制限食の理論をわかりやすく解説致します。

午後からは、埼玉県内で糖質制限食に取り組んでいる医療機関からの状況、症例報告を含めたシンポジウムを行います。地域団体の活動、飲食店での取り組みなどの報告もあります。

江部先生を囲んで、いろいろな分野からの取り組みが聞ける今までにないシンポジウムです。

まるまる一日糖質制限食を学べる絶好のチャンス!!

糖尿病の方はもちろん、糖質制限食に興味関心のある方、医療関係の方、飲食店、食品会社関係の方もこの機会に是非ともご参加下さい。たくさんの方々のご参加をお待ちしております。

下記の案内に関する内容をご確認の上、お申し込み下さい。



*日時:2013年3月17日(日)
*場所:埼玉県朝霞市 中央公民館・コミュニティーセンター3階ホール
    住所 埼玉県朝霞市青葉台1-7-1
    TEL 048-465-7272
    最寄駅●東武東上線 朝霞駅南口下車 徒歩約10分(交通案内をご確認下さい。)
    市内循環バス●膝折・溝沼線 図書館入り口バス停徒歩1分
           根岸台線 図書館バス停徒歩0分

駐車場が狭いためお車でのご来場はご遠慮下さい。公共交通機関のご利用をお願い致します。

*主催:ローカーボクラブ/ 医療法人鴻生会 小室クリニック/
    NPO法人糖質制限食ネットリボーン

*受付:9時30分~ 開演:10時~

*午前の部・講演:10時10分~11時40分

講演テーマ「糖質制限食 その有効性と安全性を考える」

講師 高雄病院理事長 江部康二先生

~昼食休憩~
(昼食に関しましては、「昼食のご案内」をご確認下さい。)

*午後の部・シンポジウム:13時~16時

 症例報告:医療法人鴻生会 小室クリニック医師 小室富美子先生
      産科・婦人科 永井クリニック管理栄養士 松本桃代先生
 地域からの報告:埼玉県鴻巣市飲食店での取り組み
 埼玉県朝霞市地域団体での取り組み

*参加費:2000円
*申し込み方法
必ず事前申し込み、参加費の送付が必要となります。「申し込み方法」をご確認下さい。
*定員:200名

昼食のご案内

講演会の会場ホール内での飲食は禁止となっております。
同館内の別室に移動していただき、各自ご準備いただいた昼食をお召し上がり下さい。
中央公民館1階にあります集会室A・Bの二部屋をご利用いただけます。
一部屋45人収容ですので、入れ替え制とさせていただきます。
昼食がお済の方からご退室いただきます。
時間内に皆様の昼食が済むように、ご協力のほど宜しくお願い致します。
尚、ゴミは全てお持ち帰り願います。

<会場周辺飲食店のご案内>

中央公民館から徒歩約5分 ファミリーレストラン2件
朝霞駅から中央公民館までの間にコンビニ、スーパーなどがございます。

申し込み方法

講演会の事務局は小室クリニックとなっております。

以下の順にお申し込み手続きをお願い致します。

①小室クリニックへ電話またはメールにて仮申し込みをして下さい。(氏名・連絡先)

 TEL:048-541-0020
 お電話による仮申し込みは9時~17時まで(木・土曜日午後・日・祝日は除く)
 メールアドレス:pansy@komuro-clinic.or.jp

②受講料2000円を現金書留にて小室クリニックへ送付して下さい。

 小室クリニックの住所 〒365-0078  埼玉県鴻巣市加美1丁目3番48号
 仮申し込み後、1週間以内にご送金ください。

③事務局から受講券(領収書・受講券)を郵送致します。
(尚、送り先は書留封筒のご住所に送らせていただきます。)

申し込み受け付け期間:1月21日(月)~
定員になり次第締め切りとなります。

当日は必ず受講券をご持参いただき受付の際にご提示下さい

*当日の進行タイムスケジュールにつきましては、若干変更する場合がございますので、予めご了承下さい。

<交通案内>

【鉄道】
・東武東上線(地下鉄副都心線・有楽町線乗入れ)
 (池袋~和光市~朝霞台~川越~坂戸~小川町方面)
 (各停・準急は停車、急行は通過)
 (川越→約18分300円、池袋→約16分240円)
・朝霞台(北朝霞)駅→約3分140円
*最寄駅は朝霞駅です。(朝霞台駅ではございません。お間違えのないようにご確認下さい。)
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
血糖値
はじめまして!
血糖値についてお聞きしたいのですが、、、。
先週、何となく健康診断で血液検査をしてもらったら空腹時血糖値が95g/lで基準内した。
一年半前には空腹時血糖値が86g/lでしたので、かなりの上昇のような気がするのですが、これだけの期間をあけてこの数値はどうなのでしょうか?
血糖値はやはり常に変動しているのでしょうか?
ちなみに、当方34歳で一ヶ月前からレストランのお菓子部門に勤めているので、仕事中は常にお菓子の味見をしている状態です(最小限の味見で極力しないように気をつけています)。
どうしても気になったのでコメント致しました。
2013/01/21(Mon) 01:54 | URL | 菓子や | 【編集
初めまして
先生初めまして。
私は糖尿病ではありませんが、体重60㎏、体脂肪率34%で隠れ肥満です。健康診断の時、いつもコレステロール値が測定の上限を振り切ってしまい、先生から注意されていましたが、痩せなければと焦るものの、味気ない&量が少ないダイエットで何度も挫折していましたので、もう何をやったら痩せられるのか、分からなくなっていました。先週、ふとしたことから「糖質オフダイエット」という言葉を知り、書店に行ってみますと先生の「食品別等質量ハンドブック」という本があり、購入させていただきました。先週から始めて、「これだ!!」という確信がすでにあります。糖質量を守れば、沢山食べられますし、スイーツまである。今までのストレスだらけのダイエットは何だったのか?もっと早く知りたかったです(笑)病院の給食の献立を拝見し、ひっくり返りそうになりました。こんなにボリュームがあり、美味しそうなメニューが病院食だなんて・・・。
昨晩早速頂いて、大満足です。
インシュリンを打ち続けて一昨年亡くなった叔母に教えたかった。
県内では、結構評判の良い糖尿病の先生でしたが、一度も「糖質オフ」という提案をされたことがありません。
叔母は「大好きなお肉50グラムしか食べられない」と嘆いていたのを覚えています。結局病院食に耐えきれず、隠れて色々食べてしまっていたようです。

亡くなった叔母はもう仕方がありませんが、叔母と体質が非常に似ている私は、ありがたいことに江部先生の考え方を知ることが出来ましたので、これからダイエット&糖尿病予防に楽しく励みたいと思います。ありがとうございます。

話しは変わりますが、ダブルショコラロール購入させていただきました。初めての購入でしたので、1本購入しようか、2本にしようか迷いましたが、2本にして良かったです。なぜなら、私が注文させていただいたすぐ後に、完売になってしまったからです。届いたロールは「何かを制限している食べ物」とはとても思えない、チョコレートの芳醇な香りと、たっぷりのクリームでテンションが上がりました。さっそく食後に頂きますと、とっても美味しくて、やみつきです。2本買っておいて良かったです。今度はフォンダンショコラを買おうと主人と話しておりました(主人も糖尿病ではありませんが、肥満体です)。ショップのトマトパスタと、たらこクリームパスタは、ランチの時に頂こうと、購入させていただきました。

現在、夫婦で1冊づつ先生のハンドブックを持ち歩き、ランチなどの参考にさせていただいています。すでにこの糖質オフという考えに大賛成で、楽しく実践させていただいています。端から見たら、私達がダイエットしているなんて誰も思わないでしょうね。先生、素晴らしい方法を教えて下さってありがとうございました。新刊のレシピ本も購入させていただく予定です。これからもこちらのブログで、勉強させていただきます。
本当にありがとうございました。
2013/01/21(Mon) 10:46 | URL | MILK | 【編集
Re: 血糖値
菓子や さん

空腹時血糖値「100mg/dL以上109mg/dL未満」の場合、正常高値という、範疇で
境界型とか都尿病型の人が25%くらいいるとされています。

95mg/dlなら、大丈夫と思います。
2013/01/21(Mon) 18:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 初めまして
MILK さん。

拙著のご購入、ありがとうございます。
ご夫婦で一緒に糖質制限食なら、とてもやりやすいので
ダイエットもきっと成功されるでしょう。
2013/01/21(Mon) 18:05 | URL | ドクター江部 | 【編集
in埼玉 楽しみです
こんばんは、大変お久しぶりです。
以前、糖質制限食で質問させていただきました。
あれからまた時間が経ちましたが、なかなか継続が難しく、制限食から普通食に戻りつつあります。情けないです・・・・・・
血糖値もせっかく正常値の範囲内にあるので、どうにか維持しなくてはと思いながら、ついつい好物のパンに手が伸びてしまいます。
減量した体重もだんだん戻ってきているので、自分に厳しく初心に戻って糖質制限をしなくてはと痛感しています。
そんな時、in埼玉の記事を見つけました。
是非参加したいと思います。申し込みしなくては・・・・・
先生の講演、楽しみに待っています。
私のようにリバウンドする人はいるのでしょうか?
リバウンド後、また始めることは有効ですか?
糖質制限食では1回の食事の糖質量が10~20グラム以内のようですが、この範囲内ならどのような形で糖質を摂取してもいいのですか?
たんぱく質のとれるプロテインダイエットなどは
糖質量をクリアすれば栄養バランスもとれるし有効ですか?
3月までまだまだ日にちがありますが、それまでには自分の体を立て直して、先生に会いに行きたいです・・・・・
2013/01/23(Wed) 23:58 | URL | アン | 【編集
Re: in埼玉 楽しみです
アン さん

リバウンドというか、脱落される方は、結構おられます。
また糖質制限食を始めたら、効果があります。

「糖質制限食では1回の食事の糖質量が10~20グラム以内のようですが、この範囲内ならどのような形で糖質を摂取してもいいのですか?」
それでよろしいです。

「たんぱく質のとれるプロテインダイエットなどは
糖質量をクリアすれば栄養バランスもとれるし有効ですか? 」
有効と思いますが、私自身は食事で糖質制限食することが原則です。

2013/01/24(Thu) 17:08 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可