FC2ブログ
人工甘味料、2011年6月の米国糖尿病学会(ADA)での発表
こんばんは

精神科医師Aさんから、人工甘味料の情報をコメントいただきました。

1)ダイエットソフトドリンクを1日2本以上飲む人は、そうでない人に比べて腹囲の増加があった。

2)アスパルテームを与えたマウスは、対照群に比し、血糖値が高く、インスリンレベルが低かった。

2011年6月の米国糖尿病学会(ADA)での発表ですが、いずれも1年以上経過して論文になっていないので、エビデンスとはいえないとの精神科医師Aさんの見解で私も同感です。


江部康二


12/12/23 精神科医師A

Texas大学の甘味料研究
www.americanrunning.org/w/article/diet-soda-and-weight

2011年6月の米国糖尿病学会(ADA)で、the University of Texas Health Science Center at San Antonioより2種の発表が行われた。

1) the San Antonio Longitudinal Study of Aging の対象者474名の年配者を10年間調査した。Diet soft drink を1日2本以上飲む人は飲まない人に比べて、最長ウエストサイズの増加が、10年間で5倍以上に達していた。

2) マウスを20匹づつ2群に分け、片方にaspartame を与えた。3ヶ月後には、aspartam群は対照と比べ、血糖値は37%高く、インスリンレベルは27%低かった

このニュースが英語圏のメディアにセンセーショナルに報道された

ただしこの研究発表は、2012年12月現在、論文化されておらず、evidenceとはなりえない。当然ながら、2012年7月のADA/AHA合同声明には一切反映されていない




テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可