fc2ブログ
「糖質セイゲニストin北九州」の三島さんのご報告、自分で考える。
こんばんは。

「糖質セイゲニストin北九州」の三島さんから元気いっぱいの活動報告です。

インスリンフリーとなったメンバーがお二人、素晴らしいです。

自分の頭で考え、自ら研究することはとても大事です。

残念ながら医師の多くが「ガイドラインおたく」「エビデンスおたく」に陥って、自分の頭で理論的に考えることを放棄しているのが日本の医学界の現状です。

私は、ガイドラインやエビデンスが要らないとは思っていませんが、それらを鵜呑みにして、自分で考えるという、もっと大切なことに目が向かなくなった医師の方々には、もの申したいです。

本当に新しいことは、それが真実であってもエビデンスもガイドラインも絶対に存在しません。

夏井先生の「湿潤療法」
高雄病院の「糖質制限食」

がその実例ですね。

自分の頭で考えてできれば実践して、その是非を判断して欲しいものです。

「糖質セイゲニストin北九州」
糖尿病専門医、整形外科医、栄養士、薬剤師、退職組、エステシャン、主婦、不動産屋さん、

・・・・・実に多彩なメンバーです。

これら豪華メンバーを仕切るのがカリスマ教師三島さんですね。

皆で考えて、糖質制限的な新しい企画がどんどん生まれそうで、楽しみです。

低糖質たこやき(大豆粉使用)・・・・・美味しそうですね。


江部康二


【12/11/18 北九州 三島

インスリンからの解放

「糖質セイゲニストin北九州」のメンバーに、インスリンから解放された方が二人おります。

医者の言うこと、やることに疑義を抱き、自ら、研究した方たちです。

糖質制限をし、データ観察をしながら、薬剤を調整していかれました。

当初、主治医と悶着もあったようですが、劇的な改善に、主治医も言葉を返せなかったようです。

そうした方たちと、月1の勉強会を開き、モチベーションを維持できることは恵まれていると思います。

第6回の月例会は、今月25日の日曜、12時からです(すでに満員です)。

糖尿病専門医、整形外科医、栄養士、薬剤師、退職組、エステシャン、主婦、不動産屋さん、…で、 新着トピックスや情報交換をし、低糖質たこやき(大豆粉使用)を焼きます。】


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
自分で考える
本日11月18日、京都新聞にアンパンマン作者のやなせたかし氏のインタビュー記事が掲載されていました。御年93歳にして現役、その健康の秘訣についての記事です。

やなせ氏は10年前、83歳の時糖尿病になったそうです。とことんやらないと気が済まない性格だそうで、医者に血糖値測定は1週間ごとでいいと言われたものの、自己測定器を購入し、食べ物と血糖値の関係を分析。その結果、鰻はタレとご飯を減らすと血糖値をあまり上げない、ステーキもソースをさっぱりしたものにすると大丈夫とご自身で発見されたそうです。

得られたデータを素直に、科学的に考え、糖尿病と向き合ってらっしゃる姿勢に、明確に糖質制限をされているとは書かれていないものの、やなせ氏は糖質制限実践者に違いないと思った一文でした。
2012/11/18(Sun) 23:33 | URL | kaz | 【編集
重い非定型うつ病が治りました・・。
非定型うつ病、パニック障害と診断されて4年。大学卒業後はとても体調が悪く、ずっとひきこもっておりました。何度か自殺未遂をしたことも・・・。アトピーもひどかったです。なぜか、ふと、糖質制限、油を除去するということを思いつき、そして調べまくり、11月11日から糖質制限をやりはじめました。(芋は食べています。一日じゃがいも2個くらい。)パン、うどん、パスタなどの小麦製品を一切立ちました。米も一切立ちました。そばも断ちました。私は過食症でした。もう7年も。
そして一日中体が重く重く動かず眠かった。。。一日16時間寝てました。毎日。そして毎日昼夜逆転してました。精神科にも行きましたが、薬が効かなく副作用が強かったため、薬は飲んでいませんでした。カウンセリングにも何年も通いました。でも、食事制限は厳密にはしていなかった・・・。テレビ、マスコミの薄い話をうのみにして、それを信じていたり。。(全粒粉を食べるなど。)毎日食パンを5枚食べたりしてました。雑炊を3杯とか。うどんも毎日食べてました。野菜もたくさん食べてましたが。皮膚病もひどく。

12日から初めて一週間。
なんと、除去初めてから、その日から夜眠れるようになりました。そして、毎日15時間寝てもだるかったのが、一気に7時間になりました。5時間でも寝起きがぴんぴんしています。あんなに体が動かなかったのに・・。
そして、日中も全然眠くありません。体がだるくありません。そしてすぐにやせました。パンパンでステロイドの副作用のムーンフェイスだった顔がほっそりとし、足がすっと細くなり、腹もすっと細くなりました。体が軽いです。風呂にも1週間入ってないのにこんなに体が軽いとは。
三日前、ごま油とオリーブ油でアレルギー反応をおこし顔が腫れて災難でしたが、薬を塗り、それから一切の油を断ち、しそ油を飲んで今2日目。
一日で変わりますね。痒みもなくなりずっと悩んでいた目のふちのただれが消滅しました。
おとといの昼は定食屋でブリを食べましたが、白米とマヨネーズ入りのサラダを断りました。
そのあと買い物にいき、なんて体が軽いことか。
歩ける歩ける。疲れやすく、すぐ過呼吸が出ていて外出困難だった私のこの変化。
みなさまに伝えたい。
精神科の薬も、治療も、もしかしたらいらなかったのかもしれません。
非定型うつ病は、「甘いものの過食」という状態が起こると本にはかかれています。
もしかしたら、その糖分の過剰摂取が、精神異常と全身の鈍麻作用を起こしていたのかもしれないな・・と思いました。
こんなにも口にいれるもので体って変わるのですね。
おそらく、これから私の人生は変わるでしょう。

先生、糖質制限の活動、心から応援しております。日本がもっとよくなるように、男性も女性も、もっと元気に活性化するように、
子どもたちももっと健康になるように、みんなが幸せで健康な国になるように、
心から祈っています。

長文失礼いたしました。
もし誰かの励みになればと思い、こちらにてご報告させていただきました。
2012/11/19(Mon) 05:37 | URL | あやこ | 【編集
伸之介よりお礼
今回も早速のご教示を頂き感謝申し上げます。実は小生は4月からの糖質制限ライフ内容に絶対の自信を持っており、又家内もa1cの驚異的改善を内心期待していた様でした。半年後の10月にはa1cは完全健常者レベルに低下する場面を密かに描いていた(それ程に手前味噌ながら食生活を「徹底」)のですが、このところ「5.7(JDS)」(5年前は「9.9」max.)程度で安定しています。今回「慢性膵炎」を宣告された訳ですが、この事実と関係があるのではないかと、納得するようになりました。「飲酒OK・肉魚沢山OK」と自分で勝手に有頂天になっていた面もありました。
糖尿病患者であるという原点に立ち返り、ワインのボトルを空ける、というような態度は改め、先ずはお誘いを受けた席を除いて慎ましい飲食に改めようと考えています。「発熱・腹痛無し、アミラーゼ/CRP/白血球etc.正常」であり、活性膵炎では無いとの判断のもとに、先ずは「糖質制限食を継続できる」ことのよろこびを噛みしめ、a1cの健常者レベルまで改善できるのかどうかに挑戦してみます。今回のアドヴァイス本当に有難うございました。
2012/11/19(Mon) 09:31 | URL | 伸之介 | 【編集
私も参加してきました
先月参加してきました。皆さん本当に真剣でしたし、私自身色々勉強になりました。
網膜症で硝子体手術をされた方とお話も出来て有意義な時間でした。

それから新作パンを作った時は、一応血糖値を測定しています。
パン講習会の参加者の方には、血糖値の上がり方には、個人差がある事も付け加えておりますm(__)m。
来年は更に講習会が忙しくなりそうな気配(笑)ですので、気を引き締めて、江部先生の講演会に行きしっかり再勉強して頑張ります。
2012/11/19(Mon) 09:32 | URL | 摂津のエクレア | 【編集
熊本県の糖尿病予防対策
北九州で、インスリンから解放された患者さんがいらっしゃるのに、同じ九州の熊本では、カロリー制限・塩分制限を推し進めています。
ブルーサークルメニューと言って、日本糖尿病学会と、熊本大学と熊本県が糖尿病患者用メニューを考えたそうです。
患者さんがどの方法を選択するかは、その人が決める事ですが、こんな風に県や大学から提案されると、それが最善であるかの様に思ってしまいます。
糖尿病の患者さんに糖質制限を知ってほしい事は勿論ですが、お医者さんが頭から否定せずに、こういう方法もあるよと伝えてくれる様になればいいなと思います。

ニュースになったURLを添付します。
<http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121110-00000232-mailo-l43>
ブルーサークルメニューの内容です。
<http://kumamoto-dmstaff.org/bcm/list.html>
2012/11/19(Mon) 09:46 | URL | しー | 【編集
自宅の測定器と院内血糖値との違い
お忙しい先生をわずらわせてはいけないと思いながら、どうしてもなぜ?となってしまって、コメントします。

以前に糖質制限をはじめて、3週目で血糖値が180→136、HbA1cは8.4→7.6になり、体重も2キロほど減ってうれしくて先生のブログにおじゃましたものです。
あれから、1か月半ほどの検診があり、どきどきしながら行ったのですが、血糖値は148に、HbA1cは変わりませんでした。
でも、家で測ると、空腹時は薬を飲んだ翌日で82、一日薬を飲まなかった翌朝120なんです。
血糖値測定器は、ニプロフリースタイルフリーダムです。
いろいろ前ブログを拝見すると、自宅の機械のほうが高く出るともありましたが、その反対もあるのでしょうか。

また、検査日前日に、大建中湯を飲みました。このせいもありますでしょうか。

来月まで、様子を見ようと思っていますが、
なんだかどの数値を信じればいいのかわからなくなり、書き込みさせていただきました。

お忙しいでしょうから、この記事を読みなさいとしじしていただくのでも構いません。
よろしくお願いします。


2012/11/19(Mon) 10:37 | URL | hikidashi | 【編集
あやこさんへ
あやこさん、本当に本当に良かったですね!
(。≧∀≦)
炭水化物依存はまた襲ってくるかもしれませんが、諦めないで、楽しく頑張りましょう!(低カロリー過ぎに気をつけてくださいませ)
油も徐々に摂れるようになるといいですね。


江部先生、皆様、毎日記事upやたくさんの情報を本当にありがとうございます!

少し前の記事、NHKの番組(利権まみれのNHK、T大理事そのもの)の事やあらゆるネガティブキャンペーンに凸活動したいと思います。

私は江部先生のご活躍に希望と感謝の気持ちがある反面、先生ご自身や高雄病院に何か不都合や嫌がらせがないかいつも心配しています。

セイゲニスト北九州三島塾羨ましいなぁ
(⌒~⌒)
全国に広めてください!
エクレア様のご活躍も素晴らしいし。
私も何か考えて、やっていきたいです!
2012/11/19(Mon) 17:49 | URL | もんたろ | 【編集
トクホペプシがアメリカデ笑われています
豚に口紅の化粧ですって・・・

http://www.care2.com/causes/pepsi-unleashes-so-called-fat-blocking-soda-on-japan.html#ixzz2CeZJ3rjS

政府も勉強して欲しいです。
2012/11/19(Mon) 18:33 | URL | Yamamoto_ma | 【編集
Re: 重い非定型うつ病が治りました・・。
あやこ さん。

症状改善、良かったです。

確かに糖質の過剰摂取が主たる要因で、心理的に不安定になっている場合があるようです。

勿論、全ての非定型うつ病、パニック障害が、糖質制限食で治るとは言えませんが、
あやこさんの場合は、ぴったりの食事だったのでしょう。
2012/11/19(Mon) 18:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 自宅の測定器と院内血糖値との違い
hikidashi さん。

血糖自己測定器の誤差は、±20%くらいあります。

高く出ることが多いですが、当然低くでることもあります。

人参、山椒、乾姜が大建中湯の主成分ですが
膠飴(麦芽糖)と呼ばれる“あめ”もたくさん入っています。
大建中湯と小建中湯は糖尿人には向かないと思います。
2012/11/19(Mon) 18:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
江部先生
ありがとうございました。低めに出る機器もあるのですね、了解いたしました。
低いからといって、有頂天にならないようにします。

また、大建中湯は、腸閉塞になり、それ以来、小建中湯とともに、ずっと飲んでいた時期がありました。
思えば、血糖が高くなったのも、そのあとだったかもです。
先日飲んだのは、ちょっと腸が今日は動いてないなーと思い、久しぶりに飲みました。
これからは気を付けます。

次回の検査がどうなるか心配ですが、糖質制限の日々を楽しみます。
ありがとうございました。
2012/11/19(Mon) 21:37 | URL | hikidashi | 【編集
ブルーサークルメニュー
2012/11/19(Mon) 22:10 | URL | 精神科医師A | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可