FC2ブログ
糖質制限食実践中は、必要充分量のカロリーを摂取しましょう。
こんにちは。

先日、NHKの朝の番組で、糖質制限をして失敗した方のメールが紹介されたそうです。

ナリジンさんからコメントをいただきました。
ありがとうございます。

この患者さん、体重が減りすぎて精神的にも不安定になったそうです。

これは、糖質制限というより、極端なカロリー制限ですね。


2012年8月30日(木)NHKクローズアップ現代でも、糖質制限食を特集しました。

その時も、糖質制限食成功例とともに、失敗例も報道されました。

失敗した方は自己流で糖質制限食を実践して、体力が低下して階段ものぼれなくなったということですが、ご本人が

「カロリーは以前の半分くらいしか摂ってなかった」

と仰有ってました。

こちらも、糖質制限というより、極端なカロリー制限ですね。

糖質制限食ですので、脂質・タンパク質は充分量摂取してもよいのですが、今までの長年の習慣と栄養指導で脂質制限も継続する方がおられるようです。

そうなると、結果として、エネルギー摂取不足となり、血糖値は改善したけれど、体力が低下してヘロヘロになったとか訴えられます。

高雄病院の患者さんでも、そういう患者さんが何人かおられましたので、管理栄養士が1日の総摂取カロリーを計算したところ、全て摂取エネルギー不足でした。

しっかりカロリー摂取していただいたら、皆すぐに回復されました。


糖質制限して、脂質・たんぱく質はしっかり摂取して、血糖コントロール、体重コントロールOK・・・美味しく楽しく糖質制限食ですね。


江部康二


【12/11/09 ナリジン

カロリー不足について

先日、NHKの朝の番組で、糖質制限をして失敗した方のメールが紹介されていました。

体重が41Kgまで減少。(身長は聞きそびれました)。精神的にも不安定になってしまいました云々。

糖質を制限する=主食を抜く という減らすばかりで、タンパク質や脂質を増やさない場合、カロリー不足になるケースが想定されます。

タンパク質や脂質で1800Kcalを摂取しようとすると結構なボリュームになりますが、ちょっと気を抜く、または現在1800Kcalを摂取している人が単純に糖質だけをoffしたような場合、カロリー不足になって、糖質制限は大変なことになるという誤った方向に行ってしまう可能性が考えられます。

糖質摂取を薦めるDrに変な口実を与えてしまいそうな事例でしたので、カロリー不足を招かないよう注意喚起喚起されてはいかがでしょうか。

また、この方の場合中性脂肪52、空腹時血糖118と上昇。一時的に低血糖症状が強くなっているようにもみえますがいかがでしょうか。

といっても、対応は糖質制限を継続するしか無いようにも思うのですが・・・。】


テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
再びコメントさせて頂きます棗です。

私も番組内で紹介された方と同じく、ダイエット目的で糖質制限を始めたのがきっかけです。
当時は「低インシュリンダイエット」が流行し出した頃でした。2002年の春だったと記憶してます。

開始して1週間も経たないうちに、それまで悩まされていたPMSや激しい生理痛、原因不明の強い耳鳴り、おなかがすくとフラフラになったりひどい時は昏迷か?という状態にまでなっていた不快な症状が、ものの見事に消滅しました。

ダイエットのつもりで始めた糖質制限が、思いがけない嬉しいプレゼントをくれました。
もちろん減量も、1ヶ月経つ頃にはすっかり別人の体型になりました♪
結果は62kg→50kgで、今でも維持してます。

私は「はやってるからちょっと試してみよう」という軽い気持ちで始めたので、番組で紹介された方のような真剣さがまったくなく、糖質制限に入ってからなぜか無性に脂っこいものが食べたくなっても、その衝動を抑えませんでした(笑)
それが功を奏して、カロリー不足に陥らなかったのだと思っています。

今でも糖質をうんと抑えると、脂っこい物を体が要求するのは変わりません。とにかく美味しいんですよね、肉の脂身なんてほっぺが落ちそうです…(笑)
とてもダイエットをしている人の発言ではありませんが…。

別人になった私を見て、当時沢山の方々にこの糖質制限方法を聞かれ、そのたびにお伝えしてきました。
10年経った今でも、続けている方は多く、いつも感謝されます。

体質で合う合わないはあると思いますが、合えば生涯続けていける、精神的に無理のない食習慣であると認識してます。

きっと、江部先生はじめこちらに書き込みなさっている方々も、無理なく続けられるという点において、同じようにお思いですよね。

そんな「糖質制限」の良さが、もっと広く世間に認知されていけばいいですね!

そのためにも、成功者の実例が沢山情報として提供される江部先生のブログが、更に多くの方に読まれますよう、そして江部先生の今後のますますのご活躍を、お祈りしています。

長くなってしまいましたが、世間の糖質制限のマイナスイメージを払拭するお役に、ささやかながらでも立てればと思い、コメント致しました。
2012/11/09(Fri) 18:58 | URL | 棗 | 【編集
カロリー不足で動悸が頻発しました
カロリー不足が原因で、動悸を起こすのはよくありました。今は間食にナッツ類を食べてます。
2012/11/09(Fri) 19:25 | URL | 佐藤隆 | 【編集
糖質制限の特集と言いつつ、糖質制限を否定するような内容が多いように思います。

「きょうの健康」の糖質制限はまあまあではなかったですかね?
出てきたお医者さんが、良く締まっていました。
2012/11/09(Fri) 23:00 | URL | マッキー | 【編集
離乳食
いつも勉強させていただいています。ありがとうございます。

私は一歳になる娘がいます。
先日離乳食教室なるものが、市のほうで開かれ、私の奥さんが参加しました。
その際「離乳食では脂肪の少ないものを与えるように。プロセスチーズは塩分が多いので勧められない、カッテージチーズは塩分が少ないので食べさせて良い。」と聞いてきました。
配られた冊子には、脂肪分の摂取制限については書かれておらず、プロセスチーズを使った離乳食のレシピは書かれていました。
普段私はスーパー糖質制限をしていますのでプロセスチーズをよく食べ、娘にも少量与えていましたのでうちのに大丈夫であるか聞かれました。

カッテージチーズは非加熱チーズなので江部先生のブログでリステリア菌の中毒の注意喚起がされていたのでおかしいと思い、脂肪摂取の事とともに当市の管理栄養士の質問をしました。

まずリステリア菌については知識がなく不勉強であったとのこと。他の項目で加熱したものを与えるよう注意したのでとのこと。
脂肪はとりすぎると下痢や肝臓に負担がかかるとのこと。

むむむ、カッテージチーズは通常生食用だよなあ。(うちの奥さんもカッテージチーズは生で与えてよいと理解していた。)参加者はプロセスチーズとナチョラルチーズの製法の違いを理解できているのだろうか?わざわざ生食用のナチョラルチーズを勧める意味はあるのだろうか?
脂肪に限らずとりすぎれば体に悪いだろうし、下痢をするだろうがなあ、何故脂肪分だけ強調されるのだろうかなあ?

やはり市から配布された資料には、カッテージチーズの記載はなく、プロセスチーズを勧めているし、脂肪摂取の注意はない。

この管理栄養士さんの自分の意見なんだろうなあと。(文献等参考資料を教えてほしい旨伝えたが、解らないといわれた。)

リステリア菌の注意喚起ありがとうございます。
知らずにカッテージチーズを娘に与えてしまうところでした。
脂肪の必要性も江部先生のブログで勉強させていただいていますので、娘にも十分に良質な脂肪を与えたいと思います。

ありがとうございます。
2012/11/10(Sat) 01:34 | URL | しん | 【編集
PMSや激しい生理痛
糖質制限食を10年前からとはすごいですね。また生理痛が劇的に改善したとは・・・初めて知りましたがこれはもう一般に知られてるんでしょうか?棗 さんがさらっと流されてるんで驚きです。もし糖質制限食が月経障害に効果的であるなら喜ばれる女性は多いのではと思いました。
2012/11/10(Sat) 15:11 | URL | ちえ | 【編集
糖質制限を初めて2キロ体重が減りました。食後で血糖が300近くになり、だるくて仕方がなかったのが楽になりました。ありがとうございます。

質問なのですが、先生は1食糖質20gとおっしゃっていますが、それはどうしてでしょうか?

バーンスタイン医師が糖尿人は糖質1gに対して3あがるからでしょうか?

ということは、食後の血糖値の上昇は60以内に留めましょう。という理解でいいでしょうか?

私は、この一月のデータをみて、糖質1gにたいし、血糖値は5あがります。これは、食後2時間値を目安にしています。

もし、食後の血糖の上昇は60以内にしましょう。とことであれば、私の1食あたりの糖質は12にしたほうがいいのでしょうか?

お時間のあるときに答えていただけるとありがたいです。

よろしくお願いします。ちなみに私は開始時82.5キロあり、体脂肪率は47%。現在は80.4キロ、体脂肪率44%でかなりの減量が必要です。
2012/11/11(Sun) 23:06 | URL | ころん | 【編集
ちえさんへ

長い私のコメントを読んで下さってありがとうございますm(^^)m

もう10年以上も経つと、当たり前の事なのでついさらっと流してしまいましたが(笑)
以前は生理痛で通院する程でしたよ。あんまりひどくて職場で救急車呼ばれた事があります…。
市販の薬なんてまったく効かなかったです。

今では、あの苦しかった歳月は前世の記憶だったんじゃないかという位、自分の過去と思えなくなっています。

糖質制限を試して、私と同じく激痛の悪夢から救われる女性が沢山増えるといいなと、心から願います!
2012/11/12(Mon) 08:47 | URL | 棗 | 【編集
Re: 離乳食
しん さん。

そもそも母乳は、総カロリーの48.46% が脂肪で、
高脂肪食です。

離乳食も脂肪摂取、何の心配もないです。
2012/11/12(Mon) 19:29 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 痩せについて
匿名希望の 快里 さん。

摂取エネルギー不足です。
脂質・タンパク質はしっかり摂取しましょう。

チーズ、ナッツの間食OKです。
2012/11/12(Mon) 19:33 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
ころん さん。

食後1時間血糖値:180mg/dl未満
食後2時間血糖値:140mg/dl未満

が目標です。
それで、食後高血糖による動脈硬化が予防できます。

1回の糖質量はおよその目安ですが、10~20g以下だと
多くの2型糖尿人において目標達成できると思います。
2012/11/12(Mon) 19:52 | URL | ドクター江部 | 【編集
脂肪摂取
ありがとうございます。
うちの奥さんにも江部先生のコメントを見せて安心させました。

私もネットで調べて見ましたがやはり、先生のご指摘どおり母乳の約半分は脂肪の熱量ですし、やはり離乳食を初める初期の生後半年頃は摂取カロリーの五十%は脂肪で摂ると言う指針があるようで明らかに矛盾します。
しかし、世の中の離乳食の書物は一様に根拠なく脂肪の摂取を控えるよう勧めています。
また、胃酸やタンパク質分解酵素の活性の問題で乳幼児はタンパク質の摂取量に気をつけるようにとの記述もありました。
つまり、多くの栄養士や書籍にある、高タンパク低脂質の離乳食は危険であるとも考えられます。

食中毒菌や厚生労働省の注意かんきにを知らず、脂肪摂取や母乳の成分、タンパク質の赤ん坊の消化能力の知識もなく、危険な離乳食を奨める栄養士が公的な栄養指導をしていることに慄然としています。

市ともう一度話しをしてみます。
2012/11/12(Mon) 20:24 | URL | しん | 【編集
はじめまして
数ヶ月前から低血糖症状が出て、調べてもらったら、反応性低血糖症でした。

糖質を抜けばいいと聞いたので、色々調べてこちらのブログにたどりつきました。

糖質制限をすれば、低血糖にならないと伺いましたが、夕方になると症状が出てしまいます。
始めて一週間ですが、最近は仕方ないのでしょうか?
しばらく続けると症状はなくなりますか?

良くなるようでしたら、糖質制限を続けていきたいと思っています。
2012/11/12(Mon) 20:29 | URL | サンタ | 【編集
Re: 脂肪摂取
しん さん。

一般的な栄養士さん、
ご指摘通り、とにかく勉強不足ですね。
糖質制限食の基礎知識も含めて
一歩一歩啓蒙活動が必要と思います。
2012/11/13(Tue) 09:11 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
サンタ さん。

摂取エネルギー不足にならないように気をつけ、
少し緩やかな糖質制限食から開始されては如何でしょう。
2012/11/13(Tue) 09:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
ありがとうございます
急に減らしたのが良くなかったかもしれないですね
先生の本で勉強したいと思います
摂取エネルギーは、間食にナッツなど食べるようにして、工夫していきます。
2012/11/13(Tue) 12:14 | URL | サンタ | 【編集
江部先生、はじめまして。
「主食をやめると健康になる」と「満腹ダイエット」を買い、糖質制限を始めて一週間の初心者です。

糖質を抜くとやはりどうしてもカロリー不足になるので
先生が推奨していらっしゃるナッツを毎日食べているのですが、
ナッツはアレルギー誘発性の高い食べ物だということを最近知りました。
特にアーモンドがアレルギー誘発しやすいということなのですが、
ミックスナッツには必ず入っているものなので、これからも食べ続けていいものか少し心配です。

毎日ではなく、三日に一回や一週間に一回程度の摂取に抑えて、
カロリーは脂質などで調整したほうが良いのでしょうか?

ナッツのアレルギー誘発について先生のお考えを教えて頂ければ幸いです。
2012/11/13(Tue) 15:12 | URL | 糖質制限初心者 | 【編集
はじめまして
夏の暑さと様々なストレスからか、夏あたりから体調を崩し食欲がなくなっていきました。
パンやフルーツなどの手軽に口にできるものを頻繁に食べていたら、低血糖のような症状が出るようになりました。
元々不安障害の治療中なので、色々と調べたら精神疾患と低血糖との関係性を初めて知り、その日から糖質制限食を始めました。

やるならば!と極端に考えてしまい、いきなり炭水化物ゼロでスタートしました。
そうしたら日に日に体調が悪化していき不安にさいなまれましたが、糖質をとって発作が起きるのも怖く壁にぶつかっていました。

食欲不振のまま糖質制限を始めたので、全くカロリーが足りていなかったんですね。
血液検査で血清鉄21・フェリチン5という結果が出て、貧血もあるようです。
動悸、息切れ、息苦しさ、抑うつ、イライラ、倦怠感など、精神的な病気が悪化したのかと不安に思っていましたが、貧血のせいもあるのでしょうか?

未だに胃腸の調子が悪く、食欲がありません。
ナッツや他のタンパク質をとりすぎると、鳩尾あたりが圧迫されて気持ち悪くなってしまいます。
糖質制限をしながらカロリーを確保するには、どうしたら良いでしょうか?

アドバイスを頂けると助かります。
よろしくお願い致します。
2012/11/13(Tue) 22:02 | URL | むつみ | 【編集
Re: タイトルなし
糖質制限初心者 さん。

拙著の御購入ありがとうございます。
アレルギー体質の人において、
牛乳、卵、小麦などが有名なアレルギー源です。
ピーナッツも欧米では主たるアレルギー源です。

一方、糖質制限食で、アレルギー体質が改善する側面も期待できますので、
毎日適量を食べても問題ないと思います。
2012/11/14(Wed) 07:30 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
むつみさん。

低カロリー、貧血もあるようです。

まずは、緩やかな糖質制限食から開始して、糖質もあるていど摂って、摂取カロリーも充分確保するのがよいとおもいます。
2012/11/14(Wed) 07:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
生理痛
糖質制限ダイエットを今年の一月中旬から始めました。

これを始めてから体重が減少したというギフトの他に、二十年以上悩まされていた生理痛が全くない生理を先月迎え、生理痛という毎月の経験から初めて痛み止めを飲まなかったのです。本当に驚いています。

そして、昨日、歯のクリーニングに行ってきました。いつもは、小さい虫歯が発見されるのに、今回はありませんでした。

糖質制限ダイエットは、体重減少ではなく、いろんなメリットが身体にあります!

これからもいろいろとご指示願います。
2013/03/22(Fri) 12:56 | URL | ゆめこ | 【編集
Re: 生理痛
ゆめこ さん

症状改善、良かったですね。
糖質制限食で全身の血流・代謝が良くなるので
様々な症状が改善するものと思います。
2013/03/22(Fri) 20:01 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可