FC2ブログ
「食品別糖質量ハンドブック」洋泉社 江部康二 監修、刊行
おはようございます。

「食品別糖質量ハンドブック」洋泉社 江部康二 監修 
2012年10月25日刊行です。

http://www.amazon.co.jp/%E9%A3%9F%E5%93%81%E5%88%A5%E7%B3%96%E8%B3%AA%E9%87%8F%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%96%E3%83%83%E3%82%AF-%E6%B1%9F%E9%83%A8-%E5%BA%B7%E4%BA%8C/dp/4800300223/ref=pd_sim_b_3

この本、¥840- と手軽な価格でよくまとまっています。


じっくり時間をかけて作っていただいたので、とても使いやすい完成度の高いハンドブックとなりました。

写真も鮮明で、糖質量の文字も大きくて、わかりやすいです。

洋泉社さん、ありがとうございます。 m(_ _)m


まだ発売前で、予約受付中の段階で、アマゾン総合ランキング20位前後と、とても好調な出足です。

http://www.amazon.co.jp/gp/bestsellers/books/ref=pd_dp_ts_b_1


ブログ読者の皆さん、是非、お手元に一冊どうぞ。


江部康二



☆☆☆
以下
「食品別糖質量ハンドブック」のはじめにです。

はじめに

2005年に「主食を抜けば糖尿病は良くなる!」(東洋経済新報社)を、日本で初めて「糖質制限食」の理論的な本として上梓しました。その後、理論面の本やレシピ本などを各社から多数出版してきました。この間、糖質制限食を日本に広める役目を確実に果たしてきたかなと自負しています。特にこの1~2年、テレビ・新聞・雑誌などのマスコミが、こぞって糖質制限食を取り上げ、世間一般の認知度は格段に上がったと思います。2012年1月15日、京都国際会館で開催された第15回日本病態栄養学会年次学術集会において「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」というディベートセッションが行われ、私は是側の演者として講演しました。通常は3000人規模の学会に4000人の医師・栄養士が参加し大きな反響を巻き起こしました。このことは糖質制限食が医学界の表舞台に初登場したという意味で、大きな一歩といえます。私のブログ「ドクター江部の糖尿病徒然日記」のアクセス件数もこの日を境に1000件以上増えて、現在1日に15000件のアクセスがある人気ブログとなりました。さらにこのセッション以降、日本全国の医師会や病院から講演依頼があり、2012年はすでに12回の医師・医療関係者向け糖質制限食講演会を行いました。医学界にも爆発的に糖質制限食が広がり始めていて、嬉しい限りです。このような状況の中で、糖質制限食を推進しておられる医師や栄養士から、食品や料理の糖質のグラム数がわかり、持ち運びもできるようなハンドブックを是非出版して欲しいとの声が多く聞かれるようになりました。確かにそのようなハンドブックがあればとても便利です。本書は、身近な食品や料理の糖質量・たんぱく質量・カロリーなどが、写真入りでひとめでわかるように工夫されています。糖質制限食を指導する立場の医師・栄養士はもちろん、糖質制限食実践中の患者さんにも強い味方となってくれると思います。是非ご一読いただければ幸いです。

2012年10月
高雄病院理事長
江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
タンパクダイエット
おはようございます。
江部先生のブログを最近知って楽しみに拝見しています。
以前、ミヤネ屋に出演されていたのを見ました。
私は、昨年12月よりタンパクダイエットを勧められ約半年間自己流で実施し、7キロやせました。
発端は、腰痛治療のための減量でしたが、血糖値も高く、薬も飲んでいたので、決心して始めました。結果的に、先生の糖質制限食だったと思います。
現在、ほぼ通常食に戻ってしまい2キロリバウンドしています。
タンパクダイエットで糖尿の数値も安定し、薬もなくなりましたが、このまま通常食(特に、パンが好物)を続けると元の木阿弥だと思い、糖質制限食を実施して血糖値の安定、減量をしようと考えています。ハンドブックも購入して参考にしたいと思います。
先生に質問ですが、一度タンパクダイエットを行い、通常食に戻り、再度 糖質制限食を実施しても効果はありますか?
コレステロールも高く、リピトールを服用しています。
このような状態で糖質制限食をスタートしてもいいでしょうか?
ブログチェックが遅れ、19日のTV放送は見逃してしまいました。残念です・・・・・
宜しくお願いします。
2012/10/20(Sat) 10:27 | URL | アンアン | 【編集
絶対に買います!
アマゾンに予約しますね。
2012/10/20(Sat) 19:02 | URL | 薬剤師 泉谷修一 | 【編集
とても不思議な現象についての質問
はじめまして。
48歳女性です。
質問させていただいてもよろしいでしょうか。
Tarzanの先生の特集を読んで、糖質制限をやってみました。ほぼひと月近くですね。
たまたま義母が糖尿病なので自己測定器があり、計測もしていました。
糖質制限食では、血糖値が空腹時で87、食後も110以下が多かったので安心していたのですが。
きょう久しぶりにインドカレーを食べにいったところ、食後1時間が146、2時間が194、4時間で165、5時間半後で201。
測定器が壊れているのかと思いました。
が、わたしの方が糖尿病なのかも?
ナンを全部食べたので、炭水化物の量は相当なもの。
そのあと帰宅後運動もせずに寝てしまっています。
間食はしていません。
いったん下がって上がることなどあるのでしょうか。
ちなみに睡眠不足が続いています。
両親は糖尿病ではありません。
判断に苦しんでいます。
受診すべきかどうかも合わせてご指導ください。
よろしくお願いします。
2012/10/20(Sat) 19:48 | URL | 糖尿病かもしれない人 | 【編集
待ってました^^
食品栄養成分表のハンドブックは、カロリーがメインで糖質が省略されてるものが多かったりしたので、とても待ち望んでいました。
ありがとうございます。
2012/10/21(Sun) 10:05 | URL | nicotto | 【編集
Re: こんばんは☆
ドリーム さん。

了解です。
2012/10/21(Sun) 18:00 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タンパクダイエット
アンアン さん。

糖質制限食を実践していただいて大丈夫です。

脂質・タンパク質はしっかり摂取しましょう。

効果がでれば、主治医と相談されて、リピトールの減量・離脱もめざしましょう。
2012/10/21(Sun) 21:25 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
薬剤師 泉谷修一 さん。

ありがとうございます。
2012/10/21(Sun) 21:26 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: とても不思議な現象についての質問
糖尿病かもしれない人 さん。

脂質と糖質と共に摂取すると、胃の通過時間が長くなることがあります。

そうすると
食後1時間が146、2時間が194、4時間で165、5時間半後で201・・・
といったこともあり得ると思います。
また睡眠不足でも血糖値は上昇します。

ただ随時血糖で201mgですので、糖尿病の疑いはありますね。
一度受診されたほうがいいと思います。
2012/10/21(Sun) 21:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
みるく さん。

糖尿病ではありませんので、
1回の糖質摂取量を30~40gくらいする「緩やかな糖質制限食」がほどよい選択と思います。

緩やかな糖質制限食で、しっかり脂質・タンパク質を摂取して、
適量の果物、チーズ、ナッツなどの間食や料理にオリーブオイルを使用して
エネルギー摂取量を増やして、体重増加を目指しましょう。
2012/10/21(Sun) 21:36 | URL | ドクター江部 | 【編集
今日の健康
いつも楽しく拝見しています。
NHKの今日の健康の今月号で糖尿病のことを特集していたので読んでみたところ、糖質制限食についても紹介されていました。
従来のカロリー制限食の方が当然メインの扱いでしたし、糖質制限食は栄養バランスが崩れるなどと書いてあったり、あまり好意的な記事ではありませんでしたが、選択肢のひとつとして提示してあるだけでも、糖質制限食が浸透してきたということかな、と思いました。
先生が、ためしてガッテンに出演される日も近いかも…、と期待してしまう記事でした(^-^)
2012/10/21(Sun) 22:06 | URL | 元気ハツラツ | 【編集
Re: トレーニング(ボディービル)時の糖質制限
ボディビルダー、廉 さん。


1.糖質制限をすることでのカタボリック状態の懸念

低カロリーになりすぎなければ、異化昂進にはなりません。

2.トレーニング強度の低下(グリコーゲン・レベルの低下により)

強度の高い運動で筋肉中のグリコーゲンレベルが枯渇したときは、糖質を摂取しても
インスリン非依存的に筋肉細胞が血糖を取り込むので、糖質摂取してグリコーゲンレベルを回復させても
いいと思います。

3.筋回復の低下

同上。


体重減少させる時期も、基礎代謝分は確保したカロリーの糖質制限食が有効と思います。
2012/10/21(Sun) 22:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 今日の健康
元気ハツラツ さん。

情報をありがとうございます。
選択肢の一つとして取り上げただけでも画期的ですね。
2012/10/21(Sun) 22:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可