FC2ブログ
極端な炭水化物制限はNG? →極端なのは糖質60%食の方です。
おはようございます。

2012/9/2付 日本経済新聞 Web刊に

「極端な炭水化物制限はNG 1食で小おにぎり1個が目安」

という記事が載りました。

<コンビニのおにぎり1個=糖質30g>に加えて、野菜分の糖質、衣の糖質、おかずのタレ・ソース・調味料の糖質・・・などを合わせると、結局、合計1食40数グラムで、1日約130gの糖質となり、緩やかな糖質制限食なら許容ということでしょう。

緩やか糖質制限食は、総摂取エネルギーの、約30%が糖質ですね。

高雄病院のスーパー糖質制限食は、総摂取エネルギーの、約12%が糖質です。

さて『極端な炭水化物制限』という言葉を、日経の記者さん、安易に書いてくれてますが、純粋に理論的に、考察してみます。

まず、日本の食生活の歴史の考察です。

日本列島に、ヒトが住み始めたのが9万年前の旧石器時代です。

この頃は、マンモス、ナウマン象、ニホンシカ、イノシシ、ウサギ・・・などを狩猟。

1万6千年前から、縄文時代で、狩猟・採集・漁労の3本柱が生業。

約3千年前から、弥生時代で農耕が主で穀物が主食。

日本列島のヒトは、8万7千年間は、穀物は存在しなかったので、摂取していません。

これは論争の余地のない歴史的事実です。

それが、弥生時代以降は、大変な変化が訪れます。

すなわち総摂取エネルギーの50~60%を、未だかつて食べたことのない穀物が占めるようになりました。

そして、8万7千年間はせいぜい、総摂取エネルギーの10~20%に過ぎなかった糖質を総摂取エネルギーの実に60%摂取するようになったのです。

これを極端と言わずして何を極端と言うのでしょうか!? ヾ(゜▽゜)

世界史を振り返ってみても、人類、700万年間の狩猟・採集時代のあと、最近の1万年間だけが、穀物を摂取するようになりました。

農耕以前の700万年間は、穀物はないので、食べようがありません。

我々の直系の祖先の、ホモ・サピエンス・サピエンスだけを考慮しても、20万年間の狩猟・採集時代を経て、1万年間の農耕・穀物時代に移行したのです。

すなわち、日本列島のヒトと同様に、700万年間、総摂取エネルギーの10~20%に過ぎなかった糖質を、この1万年間は、総摂取エネルギーの実に60%摂取するようになったのです。

これを極端と言わずして何を極端と言うのでしょうか!? ヾ(゜▽゜)

日本史でも世界史でも、人体の消化・吸収、生理・代謝・栄養システムは、狩猟・採集すなわち糖質制限食を実践しながら突然変異を繰り返して完成されたものです。

当然、人体のシステムは本来、糖質制限食に適応しています。

その糖質制限食に適応した人体に、いきなり穀物を主食として、総摂取エネルギーの60%を糖質に依存するという、極端な大変化を課してしまったのが、農耕以降の現実なのです。

結論です。

人類は、700万年間、

「総摂取エネルギーにおける糖質10~20%」

程度の食生活をしてきました。

しかし農耕以後は、

「総摂取エネルギーにおける糖質50~60%」

という、極端な糖質過剰の食生活になってしまったのです。



【2012/9/2付 日本経済新聞 Web刊 
極端な炭水化物制限はNG 1食で小おにぎり1個が目安

ご飯やパンなどの主食を控える「糖質(炭水化物)制限食」が糖尿病治療やダイエット目的で広がっている。メニュー作りが面倒なカロリー制限に比べて簡単で満腹感があり、継続しやすい。効果が強調される一方で「極端な制限は健康に悪影響」との指摘もある。何に気をつければよいのだろうか。】



テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
泉谷 しげる さんの話
口蹄疫で苦しむ、宮崎を応援するコンサートで、
泉谷さんが、
「おれは肉食ってるから、元気なんだ~。」
と叫んだそうです。
「おれは米食ってるから、眠いんだ~」
と、言わせないのは、どうも、コメ離れを畏れる農政族かも。(笑)
大櫛陽一『間違っていた糖尿病治療』の最終章には、
「ネガティブキャンペーンに騙されるな」
とありました。
今朝の夏井睦先生のブログでは、
「自分で信じられるものを信ずる」
とありました。
いずれも、合点がいきます。
2012/09/12(Wed) 09:56 | URL | 北九州 三島 | 【編集
NHKのあさイチ
本日のあさイチで『うつを食事で改善する』をテーマにやっているのをちらっと見ましたが、そのなかでネバネバ食材(納豆、オクラ、長芋が出てました)が血糖値の上昇を抑えてくれるとあり、アナウンサーの方が実食されていました。

結果、ネバネバ食材を食べても、食べてなくても血糖値の上昇は10mgほどしか変わってなかったです。血糖値の上昇は割と緩やかではありましたが・・・。
結局、糖質を摂取してしまえば、糖質を摂取する前に脂肪類や野菜類を食べても血糖値は上昇してしまうという解釈でよろしいでしょうか?

http://www.nhk.or.jp/asaichi/2012/09/12/01.html
2012/09/12(Wed) 10:21 | URL | もうアカン | 【編集
こんなニュースを発見しました
ストレスだけでなく、食物繊維が少なく、糖質(おにぎりなど)の過剰摂取もあるのかな? と思います。

http://news.mynavi.jp/news/2012/08/30/025/index.html

東北大、震災の影響で心不全や脳卒中などが明らかに増加したことを確認
デイビー日高  [2012/08/30]

東北大学は、宮城県医師会および宮城県内の12広域消防本部に全面的な協力を得て、東日本大震災後に心不全・急性冠症候群(不安定狭心症および心筋梗塞)・脳卒中(脳梗塞および脳出血)・心肺停止・肺炎が増加したことを明らかにしたと発表した。

成果は、東北大大学院 医学系研究科 循環器内科学の下川宏明教授らの研究グループによるもの。研究の詳細な内容は、8月28日付けでヨーロッパ心臓病学会の学会誌「European Heart Journal」にオンライン掲載された。

東日本大震災が心血管病発症に与えた影響を明らかにするため、今回の研究では、震災4週間前の2011年2月11日から震災15週間後の6月30日までの宮城県における全12消防本部の救急車の搬送記録の調査を実施。また、比較のため2008年から2010年の3年間の同時期の救急搬送記録も調査された(調査総件数は124152件)。

心不全・急性冠症候群(不安定狭心症および心筋梗塞)・脳卒中(脳梗塞および脳出血)・心肺停止・肺炎の5疾患について調査を行った結果、これらの疾患は2008年から2010年と比較し、いずれも震災後に明らかな増加が認められたという(画像)。

対象疾患の週間発生件数の推移

これらの疾患の増加の時間経過には明らかな違いがあり、心不全と肺炎の増加は震災後約6~8週まで長期間持続。脳卒中と心肺停止は4月7日の最大余震の後に第2のピークを形成した。疾患により異なった時間経過を示すことも明らかにされたのである(画像)。

また、これらの増加は、年齢・性別・居住地域によらず認められたところから、宮城県内では、老若男女を問わず、また沿岸部・内陸部を問わず、県民が等しく大きなストレスを受けたことが示唆された。唯一肺炎のみは沿岸部でより多いという結果で、これは、津波による直接被害の影響と思われるという。

今回の研究は、震災と心血管病発症について、広範囲かつ長期的な期間に渡って行われた世界で最初の研究であり、また、震災後に心不全が増加することが初めて明らかにされたものであり、心血管疾患増加の背景には、ストレスや、薬剤の不足、塩分の過剰摂取などさまざまな要因が推定されているが、今回の研究は、今後の災害医療の発展への貢献が期待されるものになるという。

そのため、これらの結果を受け、これまでいわれていた肺血栓塞栓症などに加え、災害時にはさまざまな心血管病について予防対策を講じる必要があると考えられると、下川教授は述べている。
2012/09/12(Wed) 12:02 | URL | あまない | 【編集
糖質制限でも血糖値がさがらないことがありますか?
はじめてコメントさせていただきます。約2年程までに糖尿病が発覚し昨年の暮れでHbA1c(旧)が8.0でした。その後7.0まで下がりましたがその後下がらず5月より砂糖絶ちとご飯(50g)で7月には6.7(新)まで下がり「処方はネシーナ、メトグルコ、アマリール」、7月からは先生の本に出会いスーパー糖質制限をはじめました。低血糖が怖くてその時から薬はのみませんでした。
今日検査を楽しみに(笑)病院へいきましたが、なんとほとんど変わらずの6.8(増えてますね。)でした。あまりのショックに凹んでます。。尿素窒素、空腹時血糖値、ldlも7月よりあがっていました。糖質制限してもすぐにはHbA1cへの効果はでないものでしょうか?薬をのむかどうかまよっています。本来なら主治医に聴くべきなのでしょうがあまりのショックで聴き忘れてしまいました。怒られそうですよね。。数字的にはそれほど悲観しなくていいとはいわれましたのでこのまま糖制限を続けていくつもりですが。少々不安になりコメントしました。よければご意見お聞かせください。
2012/09/12(Wed) 12:04 | URL | みどり | 【編集
Re: NHKのあさイチ
もうアカン さん。

「結局、糖質を摂取してしまえば、糖質を摂取する前に脂肪類や野菜類を食べても血糖値は上昇してしまうという解釈でよろしいでしょうか? 」

私もそう思います。
血糖値の上昇がやや緩やかになることはあると思いますが、
結局は上昇しますし、吸収される糖質の総量は一緒です。
2012/09/12(Wed) 12:39 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: こんなニュースを発見しました
あまない さん。

そうですね。
やむを得ない事情で、糖質の過剰摂取となり、
血糖値の乱高下により、急性冠症候群を生じやすくなった可能性があると思います。
2012/09/12(Wed) 12:41 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 糖質制限でも血糖値がさがらないことがありますか?
みどり さん。

アマリールは1%、
ネシーナは0.9~1%、
メトグルコは0.5%
HbA1cを改善するとされています。

薬を全て中止して、HbA1cが悪化しなかったなら、
大変上手く、糖質制限食ができています。

HbA1c6.8%(NGSP)なら、コントロール良好です。
このまま美味しく楽しく糖質制限食をお続けください。
2012/09/12(Wed) 12:46 | URL | ドクター江部 | 【編集
妊娠糖尿病?糖尿病?
江部先生、はじめてコメントさせていただきます。

わたしは現在、妊娠8ヶ月(30w)の36歳女です。
この1週間で先生の著作を購入させていただき、毎日繰り返し熟読させていただいております。

・・・というのも、妊娠後期の50gOGTTスクリーニングで陽性となり、さらに先日受けた75gOGTTにて陽性となりました。結果は、

空腹時血糖 72
60分後 179
120分後 210
HbA1c 5.8 (NGSP)

でした。わたしの体格は妊娠前157cm、50kgで、妊娠後の今現在の体重増加は約4kgです。いままでに糖尿病関連の検査で陽性になったことはありませんが、

1、父が糖尿病
2、反復流産経験
3、35歳以上の妊婦

であり、今回の検査をうけて妊娠糖尿病であろうとは思っていました。
しかし、75gOGTTの結果をうけて、120分後の血糖値が210であり、妊娠前からの糖尿病であったばあいの診断基準に該当するのでは・・・と思っています。

こういった場合でも、出産後に糖尿病が治る可能性はあるのでしょうか?
それともすでに糖尿病確定なのでしょうか?
とてもとても不安で怖いです。こんな私にもご助言いただければ助かります。

ちなみに、先生の著作を読んですぐ1週間前から、スーパー糖質制限食をはじめています。(ほぼ、スーパーかも^^;)

長文になり、たいへん失礼いたしました・・・どうかお願い申し上げます。

2012/09/12(Wed) 13:25 | URL | ままっち | 【編集
先日、某韓国ドラマでこれからは、「これからは、米の時代だ!!」と言うセリフがありました。「米は食べると、また食べたくなる。」とも…聖徳太子の名前が出てきたのでその時代の韓国のお話だとおもうのですが…私自身ダイエット目的で、ダイタイ糖質制限にチャレンジしてますが(3ヵ月目)2kg減で止まってます。でも肌の調子とシャンプーレスは順調です。これからもチャレンジを続けます
2012/09/12(Wed) 13:46 | URL | なかなか | 【編集
早速のお返事ありがとうございました。先ほどは完全にパニくっておりちゃんとした文になっておらずおはずかしいです。現在55歳の女性です。糖質制限を始めてから体重も5kg減りました(152cm59→54kg)。その後2ヶ月あまり変わりませんでしたがここ数日ヘリはじめました。ダイエットが目的なら続かなかったでしょうが「血糖値」が切実でずっと続けていけそうです。無知というか糖質を2ヶ月とらなければすぐに正常値になると思い込んでいました。いきなりではないんですね。それと先ほど自己血糖値測定器買って来ました。これで様子みながら薬をどうするか考えます。。ありがとうございました。
2012/09/12(Wed) 14:07 | URL | みどり | 【編集
境界型発覚
こんにちは!関東はいつまでもいつまでも暑いです
(≧ヘ≦)
しかし富士山の初冠雪は平年より18日も早いそうです。
ウソみたい(笑)


あさイチ見ました!
もうアカンさんの報告に付け足します~。

ネバネバ食品で血糖値の上昇を防げる(?)実験をした男性アナウンサー。ご飯と[納豆・オクラ・長芋]に続いて、比較の為にご飯+[大豆・ブロッコリー・じゃがいも]を食べる。
食べる前の血糖値108。ネバネバ食品じゃない方は最高値198!ネバネバ食品は180!
(°□°;)

スタジオでは、ゲストが結果の前に、彼の血糖値の高さを心配(笑)
アナウンサーの彼は「実は境界型と言われまして‥空腹時はまったく正常なんですが。検査しました」

オイオイ、空腹時108とは、すでにギリギリだし。今日から糖質制限した方がいいよ~。

番組では、うつに苦しんだ男性が回復した再現もやってましたが、規則正しい生活に変えるほか、朝ごはんを必ず取り、3食欠かさずに食べる。この男性のうつの原因のひとつが、もし血糖値の乱高下だとしたら、上がった血糖値が下がりきる前にご飯を食べて低血糖を防ぐという、高値安定というか(笑)、糖尿病に突き進む道ではないかと感じました。
精神科の医師は「うつの場合は血糖も計る。糖尿病との関連もある」とおっしゃっていたと思います。
ああ、それなのに、わかっちゃいるのに、ご飯をしっかり食べるのをすすめてしまう矛盾、虚しさ。

糖質セイゲニストの皆様なら、NHKだから、やっぱり裏にいろいろあると、もう当たり前に思いますよね。
2012/09/12(Wed) 14:22 | URL | もんたろ | 【編集
はじめまして
はじめまして、糖尿人の36歳男です。
8月の健康診断で血糖値192、尿糖2+ だったので、これはヤバいと思い血糖値を下げる方法を探してる時に先生の「主食を抜けば…」を見つけて購入.実践させてもらってます。
おかげさまで血糖値が126、尿糖-になりました。

これからも糖質制限で頑張っていきます!!

ブラックコーヒーも炭水化物が0.3~0.7入ってるのですが、気にせず飲んで大丈夫でしょうか?



2012/09/12(Wed) 14:25 | URL | シンディ | 【編集
狩猟採集民族
現代の狩猟採集民族の食事をみると、エスキモーのような肉食はまれで、動物食以外に相当量の果実、根茎を食べていると思います。ですので狩猟採集時代の糖質の摂取量はもうすこし高かったのではないでしょうか。もちろん糖質の含有量は少ななく、甘みもほとんどなく繊維質も多く、低GIだったと思いますが。
2012/09/12(Wed) 15:41 | URL | よいこ | 【編集
冷蔵庫にペタリ
こんにちは

この記事を
夫が丁寧に切り取って
朝食時に渡してくれました

よりにもよって
次の日は
低糖質メニュー実行2週間目の検査の日
夫は
心配だったのでしょう

普段なら
気まずいケンカに
なってしまう所ですが…

私は静かに心で
決意新たにいたしました

私の体と健康で
必ず証明してみせるぞ♪*'
ニヤリ


大丈夫よ
先生がちゃんと
血液検査で確認しながらやってるから
心配ないのよ
と言いながら

新聞切り抜きを
冷蔵庫にペタリと
貼りました


切り抜きを
夫がゴミ箱に
ぽ~ぃする日も
来ることでしょう


ぁ~♪*'
たのしみ


(-∀-`)プヘ



2012/09/12(Wed) 17:07 | URL | 梅しば | 【編集
脳梗塞、心筋梗塞のリスクに関して
初めまして。

三年前より自らの不摂生が祟り、境界型から一気に糖尿病の世界に足を突っ込みました。

仕事柄、自分が糖尿病の犬猫の治療をしてるので、インシュリンなどに抵抗は無いのですが、内服で血糖値コントロールが可能ならばと、グラクティブ、アマリール、メトグルコを服用してましたが、先生の著書を読んで、一切をやめて糖質制限のみで安定して居ます。

本当に先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

実は同僚の糖尿病の方にも糖質制限を勧めた所、主治医から心筋梗塞や脳梗塞のリスクが跳ね上がるから、辞めなさいと言われたそうです。

糖質制限することで、そういうリスクが実際報告があるんでしょうか?
2012/09/12(Wed) 18:22 | URL | 糖尿病獣医 | 【編集
江部先生
以前ローフードをしてた時がありましたが、淡水化ブルのご飯やパンの代わりに野菜やナッツをご飯に見立てての食べ方です。炭水化物はタンパク質よりも消化悪く身体に負担となります。食べるなら最後に食べるという順番です。果物も食べますが、その時期身体は冷えていました。体質もあるかもですが、合わなかったです。
先生の言われる 極端な糖質過剰は本当に身体に負担だと感じます。
2012/09/12(Wed) 20:05 | URL | T.K | 【編集
ニカウさんの食事
先日、BSフジで、「ムツゴロウとゆかいなブッシュマン」の再放送を見ました。

ブッシュマン達の主食はダチョウの卵や動物の獲物に雑草、また草の根っこで水分補給。草も殆ど生えていないような荒野では、水分が多い種の草の根はとても大切な水分源なのだそうです。

印象的だったのは、水が大切だから、草や木の実を茹でて食べるようなことはせず、苦味を絞って生で食べるんだそうです。水が豊富ならゆでれば苦味が落ちるけれども、水が大切だからそれは出来ないのだとムツゴロウ氏が解説していました。

番組を見ていて、穀物に必要な煮る・炊くというのは、水道設備があってはじめて現実的になるのではないかなと感じました。

あさイチも見ました。糖尿病患者さんの鬱病治療を担当している時に、食事と鬱症状の緩和に関係があることに気づいたのだとか。

血糖値調整が大切、と強調しながら出て来たのは、どんぶり一杯はありそうな白米に、オクラ、納豆、山芋の組み合わせ。栄養価的にヘルシーではあるのでしょうけど・・既にコメントされているように、血糖値は10くらいしか変わってないのにはがっかりというより、びっくりしました。
これって意味あるの?!というか・・・

でも6年間重い鬱病を患い、改善したという方の食事が映っていましたが、豚しゃぶたっぷりのサラダ(本当にどかっと山盛り)、野菜の煮付け、冷や奴、野菜のおひたし等の小皿類に、炭水化物はお稲荷さんが2つでした。
見掛け上は炭水化物はかなり量が少なく、その他がたっぷりです。糖質制限的なお話は一度もでてこなかったのですが、やっぱり炭水化物は控えめに・・という指導を受けているんじゃないかなと思わせる映像でした。
2012/09/12(Wed) 23:22 | URL | ロバート・ダウっ子 | 【編集
糖質制限食は糖尿病産業の敵
糖質制限が効果があると庶民にばれると、米が売れなくなる、不勉強な栄養士が失業、糖尿病の薬、透析が要らなくなる、など商売が成り立たなくなる業界がネガティブキャンペーンをやる動機と見てます。
糖質で味をごまかしている外食、中食業界も困るでしょう。
糖尿病産業に食い物にされないために、このサイトと江部先生の本でしっかり勉強は続けます!
これからもご指導よろしくお願いしますo(*⌒―⌒*)o
2012/09/12(Wed) 23:54 | URL | suwan | 【編集
はじめまして
1年前の9/12に糖尿病発覚…その日のうちに先生のブログに出会い、夕食から糖質制限を開始

1年間続けた記念に初めてコメント致します

2011年9/12(39才♀)
身長155.5センチ
体重69.0キロ
HbA1c7.7
空腹時血糖178
LDL-C198
中性脂肪660


1年後…
2012年9/12(40♀)
身長155.5センチ
体重53.6キロ
HbA1c5.0(5.4)
空腹時血糖110
LDL-C138
中性脂肪79


最初の4ヶ月はエクア錠をのんでいましたが、以降は糖質制限のみで安定した状態を保てております

先生がブログで惜しみなく糖質制限について書いて下さっている御蔭で、糖尿病発覚当時から糖質制限に取り組む事が出来ました

本当に感謝しております

ありがとうございます
2012/09/13(Thu) 01:38 | URL | どすりん | 【編集
以前テレビで見てから、時々こちらのブログを拝見させていただいております。


【炭水化物ダイエットが引き起こす「死に至る病い」リスク増の恐怖】という見出しで「女性自身」のインターネット記事をたまたま見つけました。

内容は以下の通りです。


『炭水化物ダイエット』『糖質制限ダイエット』が今、巷で大ブームになっている。人気の理由は、その手軽さ。スイーツやご飯など、糖質の多いメニューを減らせば肉でも魚でも、カロリーを気にせず食べていいという。新聞などでも糖質制限食を推奨する記事が掲載されなど、『糖質制限』はちょっとした社会現象になっている。

しかしこのダイエット、いいことずくめというわけにはいかないようだ。7月下旬、日本糖尿病学会は「極端な糖質制限は健康被害の恐れがある」と発表した。発表によると「極端な糖質制限を行うと、短期的にはケトン血症や脱水、長期的には腎症、心筋梗塞や脳卒中、発がんなどの危険性を高め、糖尿病や合併症の重症度によっては生命の危険さえあり、勧められない」というのだ。


「糖質を摂取すると血糖値が上昇し、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは血中に増えた糖を細胞内に取り込むので、糖質を取ると太りやすくなるのは事実です。しかし、糖質は脳や赤血球を作るための大事な栄養分でもあります。一般の方が極端な糖質制限を行った場合、低血糖による頭痛、眠け、発汗、動悸、意識障害などの症状が現れる場合があります」


そう話すのは糖尿病治療の現場に30年以上携わってきた、東京都済生会中央病院・糖尿病臨床研究センター長の渥美義仁先生。渥美先生も所属する日本糖尿病学会では、糖尿病患者のための食事として1食の総摂取カロリーのうち、各栄養素の割合を『炭水化物50〜60%、脂質25%以内、タンパク質25%程度』と定めている。


「もし、炭水化物を全体の40%以下に制限してしまうと、その分タンパク質や脂質の過剰摂取につながってしまいます。タンパク質の過剰摂取は、とくに腎臓へ強い負担を与えます。腎臓は毒素を水分とともに体外に排出し、体の中を“クリーニング”する働きがありますから、それができなくなると倦怠感やむくみなどの症状が出ます。最終的には腎不全などに陥る可能性もあります。また脂質も、ご存知のとおり動脈硬化を引き起こすため、心臓に負担をかけることになり、心筋梗塞や脳卒中の原因となる可能性もあるのです」(渥美先生)


痩せると大人気の『炭水化物ダイエット』だが、糖質制限という言葉のとおり、そう“甘くない”話のようだ。


この記事が悪いとは言いませんが、知らない人がまともに受ければ誤解を招くことは当然で、今日の江部先生のブログで、ますます糖質制限の意味を教わった気がします。
2012/09/13(Thu) 09:42 | URL |  | 【編集
血統コントロールの新常識
大柳先生と、共同監修。
宝島・1902
9月14日、刊行、おめでとうございます。
さっそく、アマゾンに発注しました。
週末の楽しみが一つ増えました。
2012/09/13(Thu) 14:26 | URL | 北九州 三島 | 【編集
スポーツと糖質制限
11月17日の東京での公演、申し込みさせていただきました。よろしくお願いします。

私は45才男。空腹124、hba1c6.2で糖質制限を開始しました。
2週間経過。空腹95前後。食後2時間125前後。で落ち着いています。
以前より、自転車(ロードバイク)を行っています。大会に出場する1週間前よりカーボ・ローディングとして、パスタ等の炭水化物をたくさんとるようにしてきました。例えば、富士山の麓から5合目まで上る大会は、1時間半から2時間くらい、心拍数160から170くらいで上ります。今後もこのようにした場合血糖値的に悪影響でしょうか。
年に1,2回の限定的なものと考えています。
よろしくお願い致します。
2012/09/13(Thu) 15:19 | URL | 東京都 エス | 【編集
Re: はじめまして
シンディ さん。

拙著のご購入、ありがとうございます。

そして症状改善、良かったですね。

ブラックコーヒー、私も1日に3~4杯飲んでます。

「1gの糖質が3mg血糖値を上昇させる」
これだけは覚えておいて、ください。
コーヒーを2杯連続で飲んでも、血糖値の上昇は、3mgていどで、問題ないですね。
2012/09/13(Thu) 17:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 狩猟採集民族
よいこ さん。

農耕が始める前の糖質は、果物・ナッツ類・根茎・・・

ご指摘通り、時代、環境でかなり異なると思います。

日本でも、旧石器時代は針葉樹林でナッツ類がほとんどないので、糖質はせいぜい10~20%、
縄文時代は広葉樹林でナッツ類(ドングリ、クルミ・・・)が採れるようになったので、20~30%くらいかもしれませんね。
2012/09/13(Thu) 17:40 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 冷蔵庫にペタリ
梅しば  さん。

家族が協力的だと
とても糖質制限食続けやすいですね。
ありがたいことです。
検査が楽しみですね。
2012/09/13(Thu) 17:43 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 脳梗塞、心筋梗塞のリスクに関して
糖尿病獣医 さん。

拙著のご購入、ありがとうございます。

信頼できる論文では、
「糖質制限で心筋梗塞や脳梗塞のリスクが跳ね上がる」というようなことはないです。

一方、信頼度の高い論文で、
「糖質制限食と高糖質食で心筋梗塞リスクの優位差なし」という報告があります。

ニューイングランド・ジャーナル2006年。
8万2千人、20年間の追跡で、
脂肪と蛋白質が多く炭水化物が少ない食事をしているグループでも、
高糖質食のグループに比し心臓病のリスクは上昇しなかった。
一方総炭水化物摂取量は冠動脈疾患リスクの中等度増加に関連していた。
高GLは冠動脈疾患リスク増加と強く関連していた。

Halton TL, et al. Low-carbohydrate-diet score and the risk of coronary heart disease in women. New England Journal of Medicine 2006;355:1991-2002.
2012/09/13(Thu) 17:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: ニカウさんの食事
ロバート・ダウっ子 さん。

ブッシュマンは、ほとんどスーパー糖質制限食なのですね。

かつてのイヌイットと同様、糖尿病・アレルギー疾患など生活習慣病は、ほとんどないかもしれませんね。
2012/09/13(Thu) 18:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: はじめまして
どすりん さん。

素晴らしい改善です。

薬もなしで、医療費削減にも貢献ですね。
2012/09/13(Thu) 18:07 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 効果が出ました
いわしの頭 さん。

症状改善、良かったですね。
2012/09/13(Thu) 18:09 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし

この「女性自身」のインターネット記事

一連の「読売新聞」「日本経済新聞」の記事とほぼ同じ内容ですね。

渥美義仁先生のお話しも、エビデンスレベルはゼロであり、全て私見に過ぎません。

本ブログでも、「読売新聞」「日本経済新聞」の記事に反論しています。


2012/09/13(Thu) 18:13 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 血統コントロールの新常識
北九州 三島 さん。

早速にありがとうございます。
2012/09/13(Thu) 18:18 | URL | ドクター江部 | 【編集
統⇒糖
誤字がないように。
本文を確認して、送信したのに、
タイトルが・・・。(汗;)
2012/09/13(Thu) 19:09 | URL | 北九州 三島 | 【編集
Re: スポーツと糖質制限
東京都 エス さん。

カーボローディングで増える筋肉中のグリコーゲンは、せいぜい50gていどなのでしょうか?

結局、長距離走や長距離バイクは、少々心拍数が上がる段階の負荷でも
できるだけ「脂肪酸-ケトン体」エネルギーシステムを利用して
「ブドウ糖-グリコーゲン」エネルギーシステムを節約して、
ラストスパートで一気に「ブドウ糖-グリコーゲン」を使うというのがリーゾナブルです。

糖質制限食で、折角「脂肪酸-ケトン体」エネルギーシステムが活性化して燃えやすくなっているのに
カーボローディングをすると「ブドウ糖-グリコーゲン」エネルギーシステム優位になっていまいます。

わずか50gのグリコーゲンのためにカーボローディングするのは損と思います。
2012/09/13(Thu) 19:53 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可