糖尿病はなぜ増え続けているのか?
こんばんは。今、ブログを書き終えました。
自宅から徒歩数分の小さなお店に行って、これからステーキと赤ワインの夕食といたします。サラダも野菜たっぷりでハムもあって美味しいんですよ。豚汁も食べます。勿論、お肉も安くて美味しいです。いつもはヒレ肉ですが、今日はロース肉にしてみます。

さて、本題です。

厚生労働省や医学界、保健所などの懸命の努力にもかかわらず、糖尿病が増え続けています。医学界もそろそろ素朴に「何故だ?」という疑問を持って欲しいですね。

今日は、なぜこれだけ糖尿病が増えているか、考察してみました。

福岡県にある久山町は、人口約8000人の町ですが、1961年から九州大学医学部が、ずっと継続して40才以上の全住民を対象に研究を続けていて、日本の医療におおいに貢献してきました。またこの研究は、世界的な評価も高いです。

5年に一度の健康診断の受診率は約80%もあり、他の市町村に比し高率です。また、死後の解剖検査も82%の住民において実施されていて、精度の高い研究の支えとなっています。
 
この久山町の1988年の75g経口ブドウ糖負荷試験を用いた健診では、男性の15.0%、女性の9.9%が糖尿病と診断され、当時の医学界の常識よりはるかに増えてきていることがわかり警鐘となりました。

1988年以降、九州大学のグループは運動や食事療法を住民に徹底的に指導して、糖尿病の増加を防ごうと努力されました。

しかし、2002年の調査では予想に反して、男性の23.6%、女性の13.4%が糖尿病と増加していました。

さらに、空腹時血糖値が軽度高値(110mg~125mg)、食後2時間血糖値が軽度高値(140mg~199mg)の何らかの耐糖能以上を有する糖尿病予備軍を併せると男性の59.9%、
女性の41.3%に激増していました。

14年間の努力が全く無に帰したのですから、衝撃的な結果(大失敗)です。運動療法と食事療法の指導だけですから、失敗の原因は運動?食事?

運動療法が糖尿病予防に悪影響があるとは全く考えられませんので、残るのは『指導した食事療法がかえって糖尿病を増やした』という厳然たる事実です。

日本糖尿病学会推奨の「糖質60%、脂質20%、タンパク質20%」で食事指導を行う限りは、いくら運動療法を頑張っても糖尿病の増加をくい止めることはできなかったということが、久山町研究ではっきり証明されたわけですね。

今の日本のごく普通の食生活において、総摂取カロリーの60%を糖質で摂る時、その糖質のほとんどは精製された炭水化物になります。

即ちGI値(血糖上昇指数:6.13ブログ参照してくださいね)が高い、パン、白米、うどん、ラーメンなどが主食ですね。

これら精製炭水化物を摂取すれば、毎回ブドウ糖ミニスパイク(7.26ブログ)が生じ、血糖値は正常人でも30~60分で160mg程度に上昇します。

肉や魚、豆腐などタンパク質と脂質が主の食品は血糖値をほとんど上昇させません。玄米はパンや白米よりは血糖値を上げにくいです。

久山町研究でも、 糖質制限食はまあ無理としても、せめて主食を玄米にしていれば将来の糖尿病発症予防効果があるていどあったと思うのですが・・・ (´・⊇・`)

ちなみに白パンのGI:90~100、白米:70~80、玄米:50~60です。大豆は10~20です。

まだ糖尿病になっていない正常人でも、朝・昼・晩と主食(精製炭水化物)を食べ、間食に菓子パン、ケーキ、清涼飲料水、アイスクリーム、チョコレート・・・、

だめ押しで夜食にラーメン、おにぎり・・・。

一日に数回、ブドウ糖ミニスパイクが生じています。その度にインスリンが分泌され、30年、40年、50年・・・。

とうとう膵臓のベータ細胞が疲れ果て、インスリンの分泌不足が起こり糖尿病の発症です。日本人・アジア人はインスリンの分泌能力が欧米白人より少ないので、糖尿病になりやすいとされています。

また、インスリン(肥満ホルモン)がまだ過剰に分泌されている段階では肥満を伴うことが多く、これがインスリン抵抗性を増加させ、やはり糖尿病になりやすくします。

結論

精製炭水化物の過剰摂取による、日常的なブドウ糖ミニスパイクとインスリンの分泌こそが、糖尿病がこれだけ増えてきたことの元凶です。

まだ糖尿病になっていない方々、 糖質制限食あるいは、せめて低GI食品で糖尿病発症の予防をめざしてくださいね。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
中鎖脂肪酸
以前、インシュリン抵抗性の糖尿病についてご相談したmaruです。
糖質制限食で完全にごはんをやめて、1か月半で6キロ痩せました。

ところで、油のことですが、オリーブオイルが良いことは、わかっているのですが、少し、香りが苦手です。

中鎖脂肪酸がはいったものや、太りにくい油(エコナ)などの油もあまり良くないのでしょうか。
2007/10/15(Mon) 21:15 | URL | maru | 【編集
初めまして!始めました!
江部先生こんばんは
(*^-^*)
初めましてseiと申します。
糖質制限食始めました。まだ一週間ですがだるさがなくなり体調がよくなりました。
私は血液検査では血糖値106でHbA1c5.9でした主治医からは様子を見ていい数字なのでカロリーを抑えるようにいわれました。
でも糖尿人の母に自宅で測定してもらった食後血糖値は220もあり36歳にして糖尿の仲間入りかと思っていた時《主食を抜けば》と巡り会え実践を決意したのです。
長年、母の糖尿食を見てきて先生の本を読んで納得!ナルホド!!と目からウロコです!
さっそく母にも《主食を抜けば》を勧め購入させました。
そこで質問させて頂きたいのですが食後血糖値が200を超えた私は糖尿病ですよね?
(T-T)
また、家で尿をかけると糖が出ているか検査できるものは目安になりますか?
それから月に1度くらい《友人とランチなどにいく時》パスタなども我慢した方がいいですか?
くだらない質問で申し訳ありません。
かなり気になっており質問させて頂きました。
それからブログ楽しみにしております。これからも明るく楽しく為になるブログをよろしくお願いします!
東京で公演がありましたら是非とも参加したいです!!

2007/10/15(Mon) 23:31 | URL | sei | 【編集
この人の言っている事はでたらめでしょうか
はじめまして。

当方、糖尿人ではありませんが、
いつも楽しく拝見させていただいております。
近くに住んでいますので、某焼肉屋で参った話などローカルな話題に
親近感を覚えています。

ところで、下記リンクで、先生のおっしゃていることと
全く正反対の記述をみました。
http://www.eps1.comlink.ne.jp/~mayus/diabetes/diabetes.html

ミスリードの連発だと思うのですが、ここはこうおかしいと
論理的に、なかなか看破できません。
2007/10/18(Thu) 12:19 | URL | ままん | 【編集
ままんさん。
コメント・質問ありがとうございます。
早速そのサイトを見てみました。

「しかし、1960年、ウィルカーソン(Wilkerson)らが受刑者を被験者として低糖質食が耐糖能に与える影響を再検討して、糖質の摂取量を1日50グラムに制限しても耐糖能には大きな影響を及ぼさないという報告を行った(5)。この報告がNew England Journal of Medicineという影響力の大きな医学誌に掲載された」

反論は、このサイト自身に乗っているこの論文でも充分と思いますよ。


また
「ところが、最近のアジア人は、欧米の栄養学に惑わされて、糖質が少なく蛋白質や脂肪が多い食事を摂るようになった。多量のインスリン分泌を必要するようになってしまった。」

冒頭の記載も根本的に間違っています。
多量のインスリンを必要とするのは、糖質を摂取して血糖値が上昇したときだけです。
タンパク質や脂質の摂取はほとんど血糖値を上げず、インスリンを必要としません。
これは生理学上の事実なので論争の余地はありませんね。
2007/10/18(Thu) 18:17 | URL | 江部康二 | 【編集
回答ありがとございました
さっそくの回答ありがとうございます。

まだまだ、勉強がたりないことを痛感しました。
これしきでぐらっとしないようしっかり理論武装していきたいと思います。

本当はコメントを非表示にするつもりだったのですが、
うっかり公開で投稿してしまいました。もし不都合があれば
本件、非公開にしていただいても構いません。
2007/10/18(Thu) 21:45 | URL | ままん | 【編集
50年前の糖質エネルギー比
ブログ興味深く拝読しております。

国民栄養調査によりますと、約半世紀以前の日本人の炭水化物のエネルギー比は75%に達しています(主として米)。

現在の日本人より炭水化物の摂取は多いと思われますが、糖尿病が国民病になっていないのはなぜでしょうか?

藤原道長も明治天皇も糖尿病でなくなったようですが、単に診断されなかっただけとか、糖尿病発症以前に脳出血や結核で死んでしまったいたのでしょうか?
2011/01/05(Wed) 20:58 | URL | 旧日本人 | 【編集
Re: 50年前の糖質エネルギー比
旧日本人 さん。

明治、戦前の日本人は、ご指摘どおり、総摂取カロリーの70~80%が炭水化物です。
にもかかわらず、糖尿病が少なかったのは、1つには運動量の差が大きいと思います。
もう一つは、こちらもご指摘どおり、結核や梅毒や脳出血で、糖尿病年齢になる前に
死亡する人が多かったと思います。
2011/01/06(Thu) 17:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
単純な質問ですいません
はじめまして。お恥ずかしい話ですが、炭水化物だけが血糖を上昇させるということを最近知りました。
たまたまあるエッセイを読んでいて、そのことを知って本当にびっくりです。
インスリン注射は30年弱になりますが、上記の事実を教えてもらった記憶は全くありません。
掲示板等を見て、現在では多くの方々が当たり前のこととして捉えていることにもショックを受けました。
血糖コントロールの根幹であるはずなのに、今までどこからもその情報が自分に入ってこなかったのはなぜでしょうか。


2011/11/12(Sat) 21:15 | URL | ピーヴィー | 【編集
Re: 単純な質問ですいません
ピーヴィー さん。

医師・栄養士の教育において、人間栄養学という概念が日本ではありません。
「血糖値を上げるのは糖質だけ」というような大事なことが、日本では教育されません。

従って、多くの医師・栄養士が、
「血糖値を上げるのは糖質だけ」という基本的なことをご存じないのが日本の現状です。
2011/11/13(Sun) 12:32 | URL | ドクター江部 | 【編集
糖質制限実験
現在、糖質制限食生活を開始実験して20日経ちました・・・。
ほぼ、この20日間、白米は食べていません。もちろん、目に見えてはっきりする糖質というやつはとっていませんよ・・・。
でも、ちゃんと生きています・・・。問題なし・・。
問題があるとすれば、定食屋さんで定食が食べれない・・・。単品で2品番も注文するなら2倍もかかった;;
工夫が大事だなぁ~~^^
空腹の朝の血糖値も20日前までは260くらいあったものが、今は140になった・・。
食後1時間半後は160くらいだ・・・。20日前までは300は超えていたのに・・・^^
糖質制限は正解だと・・・今のところそう思う・・。
なんでも、実験が大事・・・。実験証明ほど強いものはない・・。
間違った常識を変革することは使命である。
2013/04/05(Fri) 22:24 | URL | 佐藤駄目夫 | 【編集
Re: 糖質制限実験
佐藤駄目夫 さん。

実験成功、おめでとうございます。
一人の実験はエビデンスにはなりませんが、その一人においては全てであり、大変重要です。

少なくとも佐藤さんにおいては、糖質制限食は、大正解ということは間違いありませんね。
2013/04/05(Fri) 22:42 | URL | ドクター江部 | 【編集
合併症が出た人に・・
江部先生ありがとうございます。
自分の父も糖尿病で、心筋梗塞、脳梗塞と命に関わる病をギリギリのところでなんとか乗り越えましたが、今でもインシュリンに頼らざるを得ない状況に陥っています・・・。
もう10年も前に先生に縁していたならば、今頃、一緒に糖質オフのビールなんかをお互い飲みながらっていうこともあったかもしれませんね・・。
その人の現在の状況によっても糖質制限食が良いかどうかはあると思いますが、糖尿病末期になっても効果があるものなのでしょうか?
僕の父のように心筋梗塞や脳梗塞をやった人間にも効果があるものなのでしょうか?
教えてください、よろしくお願い申し上げます。
2013/04/05(Fri) 23:15 | URL | 佐藤駄目夫 | 【編集
Re: 合併症が出た人に・・
佐藤駄目夫 さん。

高血糖が長く続き、既に確定している動脈硬化病変は、消えない借金として残ります。

今日から、スーパー糖質制限食実践で、高血糖が正常血糖になっても、
昨日までの過去の高血糖の借金(動脈硬化)は残るということです。

一方、高血糖が持続すれば、さらなる動脈硬化のリスクが増大して、
心筋梗塞や脳梗塞の再発の可能性が増えます。

つまり効果は限定的ですが、糖質制限食の意味はあります。
しかしながら結論として、糖質制限食開始は早ければ早いほど、利点は多いのです。
2013/04/06(Sat) 07:56 | URL | ドクター江部 | 【編集
こんにちは(^^
先生
糖質60%、脂質20%、タンパク質20%の
比率をどう変化させればいいか
ご教授ください。
2014/12/22(Mon) 12:12 | URL | のんのん | 【編集
Re: こんにちは(^^
のんのん さん


2014年08月29日 (金)の本ブログ記事
「各糖質制限食のスタンス」

をご参照いただけば幸いです。
2014/12/22(Mon) 16:21 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック