FC2ブログ
食育3・テーラーメードダイエット
こんばんは、江部康二です。
今日は、食養生・食育シリーズの三回目です。

『人類の本来の食生活を探求し実践する』これが現在の私の食養生ですし食育です。
 
久しぶりの格好いい決めぜりふですね。 └(^へ^)┘

そして、農耕以前の人類の本来の食生活、 糖質制限食の範疇であった可能性が極めて高いのです。

もっとも、地球の人口60億人が全員、 糖質制限食をすることは不可能ですよ。農耕の最も大きな意味は、狩猟民族時代に比べて単位面積当たりで養える人口が約60倍になったことですから、 糖質制限食では1億人しか賄えない計算です。59億人飢え死にしたりしたら洒落になりませんから・・・ <(_ _)>

糖質制限食が向いてない人は、既に腎機能障害や膵炎がある人です。理論的にはそれ以外の人は老若男女全員 糖質制限食OKです。

でも、上記の養える人口の理由で、テーラーメードダイエットがどうしても必要となってきます。

テーラーメードダイエットとはワンパターンの食事療法ではなくて、一人一人の病状・年齢・体質・嗜好などに合わせた食事療法のことです。

「糖尿病・肥満と糖質制限食」の題目でで講演会をするときも、たいていは、最後にテーラーメードダイエットのお話をします。

即ち、既に糖尿病や肥満になってしまった人は「糖質制限食」が適応です。「糖質制限食十箇条」がお奨めです。(5.9ブログ参照してくださいね)

一方、子供達、アトピー・喘息などアレルギー疾患の若い人達、高齢の人でも糖尿病や肥満のない人達は、主食は未精製の穀物にする低GI食品中心の「高雄病院食生活十箇条」
の実践です。(2.27ブログ)

糖質制限食だとグルコーススパイク(空腹時血糖値と食後血糖値の差)がほとんどなくて、代謝は極めて安定します。糖質・脂質・タンパク質代謝全てが安定しますので自己治癒力も活性化します。

玄米魚菜食などの未精製の穀物が主食で低GI食品を摂る食生活も、 糖質制限食ほどではありませんが、グルコーススパイク(7.26ブログ)はかなり小さくてすみますから代謝がそれなりに安定します。

白いパンや白米が主食で、清涼飲料水やケーキ・ポテトチップ・チョコレート・アイスクリーム・・・ラーメン・うどん・焼きそば・お好み焼き・・・など、精製炭水化物が主の食品を食べると、正常人でもその度にグルコースミニスパイクを生じ、代謝は一日に何度も乱れて、その度に肥満ホルモンであるインスリンが分泌されます。

『分かっちゃいるけどやめられない、これじゃ身体にいいわけ無いさ』ってやつですね。

以上、食養生や食育に対する私の基本姿勢を述べてみました。

江部康二

☆☆☆
『糖質制限食十箇条』 -糖尿病や肥満が気になる人に-

一、魚貝・肉・豆腐・納豆・チーズなどタンパク質や脂質が主成分の食品はしっかり食  べてよい。
二、糖質特に白パン・白米・麺類及び菓子・白砂糖など精製糖質の摂取は極力控え   る。
三、主食を摂るときは未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
四、飲料は牛乳・果汁は飲まず、成分未調整豆乳はOK。水、番茶、麦茶、ほうじ茶も   OK。
五、糖質含有量の少ない野菜・海草・茸類は適量OK。果物は少量にとどめる。
六、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)は積極的に摂り、リノール酸を減らす。
七、マヨネーズ(砂糖無しのもの)やバターもOK。
八、お酒は蒸留酒(焼酎、ウィスキーなど)はOK、醸造酒(ビール、日本酒、など)は   控える。
九、間食やおつまみはチーズ類やナッツ類を中心に適量摂る。菓子類、ドライフルー   ツは不可。
十、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ。

『糖質制限食』の3パターン
一、スーパー糖質制限食は三食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のお薦め。
二、スタンダード糖質制限食は朝と夕は主食抜き。
三、プチ糖質制限食は夕だけ主食抜き。嗜好的にどうしてもデンプンが大好きな人に。
 *抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などの炭水化物。


☆☆☆
アトピー性皮膚炎やアレルギー疾患の患者さんに、そして糖尿病や高脂血症などの生活習慣病予防に、「食生活十箇条」を提案しました。

『高雄病院食生活十箇条』
一、主食は未精製の穀物が好ましい(玄米、全粒粉のパンなど)
二、白パン・白砂糖など精製炭水化物の摂取は極力減らす
三、発酵食品(味噌、漬け物、納豆など)をきちんと食べる
四、液体でカロリーを摂らない(飲みものは水、番茶、麦茶、ほうじ茶など)
五、魚貝類はしっかり食べ、肉類は適量を摂る
六、季節の野菜や海草はしっかり食べ、旬の果物も適量摂る
七、オリーブオイルや魚油(EPA、DHA)など身体に良い油脂は積極的に摂る
八、牛乳は極力減らし、チーズやプレーンヨーグルトは適量摂る
九、できる限り化学合成添加物の入っていない安全な食品を選ぶ
十、食事は楽しく、ゆっくり、よくかんで 
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
声がでないなんて~
ドクター江部康二さま。

声がでなくなったなんて、
人前に立つのがお仕事のドクターにとっては、なんと、お気の毒な事態に…。
どうぞ、気を落さず、
手術はうまくいって、
また、ドクターの美声を
全国に響かせてくださいませ。
ポリープの手術は、そんなにむずかしくないと聞いています。
かつて、爆声の大物歌手の和田明子Aさんも、
手術して、爆声を取り戻したような気がします。

食育に関してのドクターのお立場、
私も共感しております。
普通に人間観察していると、
気づくことのように思えてなりません。
それで、私もドクターのテキストをもとに、
研究・実践・発言していこうと思います。
ありがとうございました。
また、詳しく読んでこら、コメントさせていただこうと思います。
とり急ぎ、お見舞いと、励ましと、お礼まで。
2007/10/06(Sat) 18:50 | URL | シープシぺッタ | 【編集
江部先生、こんにちは

昨日久々にお医者さんに行ったところ、毎日空腹時100食後120程度で血糖値も安定しているし、いいですねーと言って頂きました。これも江部先生とスーパー糖質制限食のおかげです。

で、そのDr.に糖質制限食はいいのだけど、私は脂肪肝ぎみでもあるので、脂肪肝の治療には糖質少しとらないと、よくならない、少し取った方がいいよというようなことを言われました。

どういうことなのでしょうか?やはり少し増やした方がいいのでしょうか?
2007/10/07(Sun) 00:31 | URL | k | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック