FC2ブログ
【本ブログのコメント・質問・記事に関するお願い】など
【本ブログのコメント・質問・記事に関するお願い】

ブログ読者の皆さんには、いつもコメントいただき、ありがとうございます。

糖質制限食に関する質問についてですが、実際に高雄病院や江部診療所に来院されて診察した患者さんに対しては、医師としての責任・債務がありますので、個別に説明もしっかりさせて頂いていますし、フォローもしております。

一方、ブログ読者の皆さんの質問に関しては、糖質制限食に詳しい医師として、ボランティアで回答させていただいています。

診察もしておりませんしフォローもできませんので、責任もとれません。

私の回答は、あくまでも一般論としての参考意見とお考え頂けば幸いです。

また、ブログ記事や本に関しても同様に、糖質制限食に関する一般論としての参考意見とお考え下さい。

従いまして、読者の皆さんが私の参考意見を読まれてどのように利用されるかは、自己責任でよろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

そして読者の皆さんからもご意見いただきましたが、普通のお医者さんに相談可能な個人的な内容の質問は、ご自分の主治医にご相談頂けば助かります。

またネットで簡単に検索可能なことは、ご自分でお調べください。

質問が増えてきましたので、糖質制限食と関わりがないと判断した質問にはお答えできない場合もありますので、ご了承ください。m(_ _)m

普通のお医者さんでは解答不能の、糖質制限食に関わる質問は、何でもどんどんしていただけば嬉しいです。 (^_^)

掲載OKの質問に関して、読者の皆さんに共有していただきたい情報の場合は、ブログ本文にて、できるだけ順番にお答えしたいと思います。

質問によってはコメント欄でお早めにお答えする場合もありますのでご了承ください。

一方、質問がかなり増えてきていますので、なかなか即、お答えすることが困難となってきています。

糖質制限食に関わりのある全ての質問に、本文かコメントでお答えするようできるだけ努力はしていますが、できないときはご容赦願います。m(_ _)m

それから、「管理人のみ閲覧できる」「匿名希望」などの質問に関しては、コメント欄にお答えするか、一般的な話題に置き換えてブログに記載するようにしていますので、よろしくお願い申し上げます。

なお、糖質制限食が世の中・医学界にかなり浸透してきたことは間違いありません。

2012年1月15日(日)、第15回日本病態栄養学会年次学術集会が国立京都国際会館で開催され、「糖尿病治療に低炭水化物食は是か?非か?」というディベートセッションが行われました。700人の会場に1200人が集まる大盛況でした。医学界にも確実に糖質制限食が広がっています。

ブログ読者の皆さんには、これまでと同様応援のほどよろしくお願い申しあげます。m(_ _)mV


【糖質制限食を実践される時のご注意】

本にも書いてありますが、 糖質制限食によりリアルタイムに血糖値が改善します。

このため既に、経口血糖降下剤(オイグルコン、アマリールなど)の内服やインスリン注射をしておられる糖尿人は、低血糖の心配がありますので必ず主治医と相談して頂きたいと思います。

一方、薬を使用してない糖尿人やメタボ人は、低血糖の心配はほとんどないので、拙著などを参考に、自力で糖質制限食を実践して糖尿病やメタボ改善を目指していただけば幸いです。

血液検査で血清クレアチニン値が高値で腎障害がある場合と、活動性の膵炎がある場合、肝硬変の場合は、糖質制限食は適応となりませんのでご注意ください。

糖質制限食は相対的に高タンパク・高脂肪食になるので、腎不全と活動性膵炎には適応とならないのです。

肝硬変では、糖新生能力が低下しているため適応となりません。

なお、機能性低血糖症の場合、炭水化物依存症レベルが重症のとき、糖新生能力が低下していることがあり、まれに低血糖症を生じますので注意が必要です。

また、どのような食事療法でも合う合わないがあります。

糖質制限食もその一つですので、合わないとご自分で判断されたら中止していただけば幸いです。


【糖質制限食とは】

米国糖尿病協会(ADA)によれば、食べ物が消化・吸収されたあと、糖質は100%血糖に変わりますが、タンパク質・脂質は血糖に変わりません。 

また糖質は、摂取直後から急峻に血糖値を高く速く上昇させ、2時間以内にほとんどすべてが吸収されます。

これらは含有エネルギーとは無関係な三大栄養素の生理学的特質です。 
 
1997年版のLife With Diabetes(ADA)では、

「タンパク質は約半分が血糖に変わり、脂質は10%未満が血糖に変わる」

という記載がありましたが、2004年版では変更されています。

このように糖質、脂質、タンパク質のうち糖質だけが血糖値を上昇させます。

従って、糖質を摂取した時にはインスリンが大量に追加分泌されます。

脂質を摂取しても、インスリンの追加分泌はありません。タンパク質はごく少量のインスリンを追加分泌させます。

現在糖尿病において、食後の急激な高血糖(グルコーススパイク)が大きな問題として注目されています。

食後高血糖が、心筋梗塞や脳梗塞などの合併症を起こす危険因子として確立されたからです。

そして、食後高血糖を起こすのは、三大栄養素のなかで糖質だけなのです。

1gの糖質が、体重64kgの2型糖尿病の人の血糖値を約3mg上昇させます。

炊いた白ご飯茶碗1杯150g(252kcal)には、55.3gの糖質が含まれており、血糖値を166mg上昇させます。

一方、牛サーロインステーキを200g(約1000キロカロリー)食べても、糖質含有量は1gもないので、食後高血糖はほとんど生じないのです。 

なお、1gの糖質が体重64kgの1型糖尿病の人の血糖値を5mg上昇させます。

糖質制限食の基本的な考え方は、上述のような生理学的事実をベースに、できるだけ糖質の摂取を低く抑えて、食後高血糖を防ぐというものです。

簡単に言えば、主食を抜いておかずばかり食べるというイメージになります。

抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類など糖質が主成分のものです。
 
3食主食抜きのスーパー糖質制限食(糖質12%、タンパク質32%、脂質56%)なら、薬に頼ることなく速やかにリアルタイムで良好な血糖コントロールが可能です。

一方、上述の白ご飯とステーキの例でも明らかなように、カロリー計算に基づいて血糖値をコントロールすることは理論的に不可能です。

従って、現行の日本糖尿病学会推薦の糖尿病食(糖質60%、タンパク質20%、脂質20%)を実践する限りは、一日の摂取カロリーを1200キロカロリーと低く抑えたとしても、食後高血糖が必ず生じるのです。

糖尿病の改善には、カロリー制限より糖質制限ということがおわかりいただけたと思います。

なお糖質制限食は、カロリー無制限ということではありません。

一般的な標準摂取カロリーの範囲、すなわち日頃の運動量に応じて
男性なら1600~2400キロカロリー、女性なら1200~1800キロカロリーくらいが目安です。


【『糖質制限食』の3パターン】


一、スーパー糖質制限食は三食とも主食なし。効果は抜群で早く、一番のお薦め。
二、スタンダード糖質制限食は夕は主食抜き。 朝と昼のどちらか一回主食あり。
三、プチ糖質制限食は夕だけ主食抜き。嗜好的にどうしてもデンプンが大好きな人に。

*抜く必要がある主食とは米飯・めん類・パンなどの米・麦製品や芋類などの炭水化物。
*炭水化物=糖質+食物繊維

一番目のスーパー糖質制限食では朝昼晩、すべての食事について糖質の多い食品を避けます。血糖値は糖質を摂らなければ上昇しませんから、スーパーならば、一日を通して一度も食後高血糖が生じませんので糖尿人には最適です。

そして肥満ホルモン・インスリンが少量しか出ませんから、ダイエット効果も一番高くなります。

二番目のスタンダード糖質制限食は、一日三食のうち、一度の食事だけは主食などの糖質を摂り、残りの二回の食事については主食を含めて糖質の多い食品を避けます。

糖質を摂る一回の食事は、朝食でも昼食でも構いませんが、夜は避けます。

夕食後は、基本的に運動もしないし寝ます。またブドウ糖を多く消費する脳の活動も減少しますから、血糖が利用されにくくなり、残った血糖は、インスリンにより中性脂肪に変えられて脂肪組織に蓄えられ太りやすいのです。
従って、夕食で主食を摂るのはやめた方がいいわけです。

さて、サラリーマン諸氏が昼食を摂るとき、糖質制限食が困難な場合があります。

例えば、会社の弁当とか食堂の定食とか、主食がどうしてもついてきます。

このような時は、おかずは全部食べて、ご飯は半分とかにして身を守ることも必要です。

また主食摂取直前にαGI剤(グルコバイ、ベイスンなど)あるいは即効性インスリン分泌促進剤(グルファスト、スターシスなど)を内服する選択肢もあります。

しかし薬を飲んでも、血糖値を20~60mg/dl下げるていどで大きな期待はできません。つまり薬を飲んでも一日一回は、ある程度の食後高血糖を生じます。

従って、本当は糖尿人にはスーパー糖質制限食が一番いいに決まっていますが、全国のサラリーマン諸氏の昼食事情に配慮して、こちらをあえてスタンダードという名称にしたのです。

三つめがプチ糖質制限食です。これは一日三度の食事のうち、夕食だけ糖質の多い食品を避けます。三食のうち一回だけですから、実行は非常に楽ですが、糖尿人では食後高血糖が二回生じるので勧められません。

また体重減少効果も一番遅いですが、プチだけでダイエット成功する人もいます。スーパー糖質制限食を2週間くらい続けて減量して、目標体重を達成したら、プチ糖質制限食というやりかたもあります。



江部康二
テーマ:糖質制限食
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
カロリー制限?
大変お忙しいなか失礼致します。江部先生の新刊本が出た矢先、今度は北里大学病院の山田悟先生の糖質制限本が立ち並んでいました。その他食事療法の本棚には、AGA牧田クリニックの牧田善二先生の糖質制限本も置いてあり、この食事療法の効果の素晴らしさを物語っています。
さて、僕自信糖質制限食を始めて半年が経ちますが、ヘモグロビンA1c値(NGS5.9で落ち着きつつあるようです。ただ、カロリーを意識していないのにもかかわらず、ふとカロリーを計算してみると1日1350~1500㌔㌍でおさまっています。しかも1日三食炭水化物80%の食事をしていた位甘党の体質が改善され、いまは8枚切りの食パン1枚半でも満腹感があります。これも糖代謝が正常化した証拠なんでしょうか?
2012/04/21(Sat) 23:39 | URL | DJニューエラ | 【編集
明日23日、京都診療所9:20予約です。これから高速バスに乗ります。よろしくお願いいたします。
返信なしでお願いします。
その頃はバス中ですから。
2012/04/22(Sun) 16:36 | URL | たこやき頭:茨城の先生の患者 | 【編集
3年半前に 先生のブログに出あいました
先生のブログに出会ってから 3年半になります
糖質制限食にして10キロ位体重が落ちて 今では血液検査でも老廃物などの数字も凄くよくて
身体全体が 調子良いです 本当にお久しぶりにこちらにきました 先生のブログに出会い身体が変わりました 気をぬくと 炭水化物食べちゃって あらーーってなりますが 何とか維持しております 炭水化物カットっといっても 色々な物殆どの物に含まれていて 調味料なども気をつけないといけませんが それでも教えを守ってると
確実に体重も落ちるし結果もでますので
皆様も 頑張って下さいね それでは先生ありがとうございます 又お邪魔致しますね
2012/04/22(Sun) 17:04 | URL | まる子 | 【編集
Re: カロリー制限?
DJニューエラ さん

山田悟先生が「糖質制限食のすすめ」(東洋経済新報社)を上梓されましたね。
とても嬉しい限りです。

DJニューエラさん
「8枚切りの食パン1枚半」食べて血糖値が上昇しないのなら、
耐糖能がかなり改善して正常に近いのでしょう。
2012/04/22(Sun) 19:34 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: タイトルなし
りんご さん。

5月20日(日)の、医療関係者むけセミナーご参加、ありがとうございます。

75gOGTTの検査結果は正常型です。
しかし60分値が198mgで、180mgを超えているので、将来糖尿病になりやすいです。

HbA1cが5.5%で、今回は5.1%なので、改善しています。

血糖値が180mgを超えると尿糖が陽性となります。

今後、スタンダードでよいのですが、食後血糖値が180mgを超えない量の糖質摂取に
とどめるのが安全ですね。
体重はBMI:20くらいまで増やすのがいいと思います。
2012/04/22(Sun) 19:48 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 左脚静脈に血栓が!
春日井の
規さん。

理論的には糖質制限食で、血栓はできにくくなります。

イヌイットは4000年間、生肉・生魚が主食で、高タンパク・高脂質食(スーパー糖質制限食)ですが、
心筋梗塞や脳梗塞が、伝統的食生活のころは、ほとんどありませんでした。

運動のあと脱水気味だと血栓ができやすくなるので注意が必要です。
2012/04/22(Sun) 19:54 | URL | ドクター江部 | 【編集
Re: 3年半前に 先生のブログに出あいました
まる子 さん。

10kgの減量成功、
良かったですね。

糖尿病がなければ緩やかでもいいので、糖質制限食をお続け下さいね。
2012/04/22(Sun) 19:55 | URL | ドクター江部 | 【編集
先生、こんにちは。
現在、私は透析をして八年目です。

透析を始めて、看護士の指導通り、リン、タンパク、カリウムを制限し、規則正しく三食白米でお腹いっぱい(玄米はカリウムが高いので禁止されています)にするようにし始めた途端、体重は15キロに増加。体脂肪は41%となり、筋肉量も激減しました。一緒に食事をする妻に至っては25キロほど太りました。

私の父も含め、父方の親戚、兄弟は皆糖尿でインシュリンを打っているので、私もとても怖いです。このままでは透析に加え、糖尿にもなってしまう。透析も糖尿も経済の仕組みの一部に埋め込まれている…そんな恐怖がありました。このままではいけないと。

真面目にやればやるほどうまくいかず妻に申し訳ないと思っていた時、先生の本と出会いました。現在は先生の御著書とブログを読み、リンの計算をしながら、糖質制限を実践しています。

スーパー制限にして、リンが増えぬよう、一日のトータルバランスで考えて朝と昼は野菜中心、こんにゃく麺などで我慢して、夜お待ちかねの糖質0ビールと八年ぶりのステーキを堪能した時は情けなくも涙が出ました。

おかげでスムーズに体重が落ち、ドライウエイトが絞れて、たった二週間のスーパー制限にして体重は3キロ減りました。しかし、計算上はリン制限内よりずっと少ない量(体重は1キロ当たりタンパク1g、リンは1日800mg以内。)の摂取でもリンが高く出る事があるので、まだ薬の飲み方や食べ方に改善の余地があります。私はぜひ改善していきたいと思っています。

薬のコントロールや糖質制限を理解し、相談をできる透析病院があれば移りたいと思っています。福岡市内の透析病院でご存知の所があれば、ぜひともおしえてください。養腎降濁湯は三宅先生の所で現在のんでいます。

お忙しいとは思いますが、ぜひともよろしくお願いします。







2012/04/23(Mon) 19:03 | URL | 戦うサラリーマン | 【編集
Re: タイトルなし
戦うサラリーマン さん。

減量良かったです。

「体重は1キロ当たりタンパク1g、リンは1日800mg以内。」
これを守りつつ、何とか糖質制限もできればいいですね。

糖質制限食を理解している透析病院は残念ながら知りません。
2012/04/23(Mon) 21:31 | URL | ドクター江部 | 【編集
コレステロールについて
糖質制限食は、主食カット、糖分カットだけれど、唐揚げOK,チーズOK.マヨネーズOK これでコレステロールが高くなったりしないのでしょうか?コレステロール値が高めなので、ちょっと怖いような気がします。
2012/04/23(Mon) 22:24 | URL | 団子っ子 | 【編集
Re: コレステロールについて
団子っ子 さん。

糖質制限食で中性脂肪値は低下し、HDLコレステロールは上昇します。

LDLコレステロールだけ、低下・上昇・不変と、3パターンあります。

上昇した場合も半年~1年~2年で、基準値になることがほとんどです。
2012/04/24(Tue) 09:03 | URL | ドクター江部 | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可