FC2ブログ
糖尿病のコントロール・教育入院     
おはようございます。

10.1、高雄病院京都駅前診療所(075-352-5050)電子カルテ初日、いやはやさすがに疲れました。

お昼は、大豆クッキーと蒸し大豆、コンビニのおでんで、糖質制限なメニューを院内で3分で食べました。

まあ、サンヨーメディコム(電子カルテの会社)からきてもらってる指南役のおねえさんからは、「おじさんのわりにはパソコン操作うまくやれている。」とお誉めの言葉を頂きました。

これも、ブログで毎日パソコンにふれている効果かと、ちょっぴり嬉しくなってます。

朝の9時からお昼の3時まで、40名の患者さんですが、かなり予約時間に余裕を持たせたので流れはスムースでした。一ヶ月くらいたったら、午後一時くらいまでに40人は診なくてはなりませんので、まだまだ精進が必要ですね。
 
さて今日はミントさんからの質問に答えて、糖尿病の「 糖質制限食、コントロール・教育入院」のお話です。

「江部先生。早速お返事ありがとうございます。
HbA1cは、糖尿病宣告を受けたときは13.5だったんですが一ヵ月後に11になりました。(その次の検診はまだです)
確かに下がってはいるのですが、気になるのがスーパー糖質制限を始めた直後と比べて全体的に50くらい血糖値が下がってはいるのですがそれからあまり下がらないんです。
大体朝は150前後で、日によっては130くらいのときもありますが180くらいのときもあります。
その日高めになってしまうと夕食後は200を超えることも結構あります。

もしかして、血糖値に一喜一憂して早く下げないとっていつも考えていることがストレスになってたりするんでしょうか・・・

それか、もしかしたら自分の気づいていないところで糖質を摂ってしまってるかもしれないので一度高雄病院に入院させていただこうかと思ったりもしてます。。。
(それで下がったらどこかで摂取してた可能性も大きいですよね)
by: ミント * 2007/09/30 23:29 * URL」


ミントさん。いつもコメントありがとうございます。
『HbA1cは、糖尿病宣告を受けたときは13.5だったんですが一ヵ月後に11になりました。』

これは、HbA1cが一ヶ月で2.5%減少してますから素晴らしい改善ですよ。ミントさん、自信を持ってください。

早朝空腹時血糖値は、110未満が正常、126未満が境界領域、126以上が糖尿病です。

早朝空腹時血糖値は、夜中の肝臓の糖新生が大きく関わっています。インスリンの基礎分泌が、この夜中の糖新生を抑制して、早朝空腹時血糖値を正常に保ちます。

しかし、糖尿病でインスリンの基礎分泌が不足していると、糖新生を抑制できないので、空腹時血糖値が高くなります。場合により、寝る前の血糖値より早朝空腹時の血糖値が高くなることもあります。また、不眠などのストレスでも血糖値は上昇します。

外来で、なかなか血糖値が下がりきらない時、入院すると改善する人がほとんどですので、ミントさんの仰るとおり『コントロール・教育入院』がお奨めです。

14日間あれば、コントロール・教育入院が可能です。勿論健康保険が効きます。

インスリン注射をされている時は、3~4週間あったほうが確実に減量できます。上手くいけばインスリン離脱もできます

入院して一日7回食前・食後の血糖値を測定することで、「通常のカロリー制限の糖尿病食」と「糖質制限食」の効果の差がリアルタイムに確認できます。

入院中はその他、内臓脂肪CTや頸動脈エコーなど、糖尿病に関連するいろいろな検査もあります。一日の尿をためて、尿糖測定やインスリン分泌量測定(尿中Cペプタイド測定)も行います。

管理栄養士による具体的な栄養指導もあります。
 
糖質制限食を体験し学ばれて、退院後は地元の病院で通院され、3ヶ月~4ヶ月に一回くらい高雄病院に来て頂ければよいかと思います。

高雄病院では現実に、関東、北海道、九州、東海、中部、中国地方など、様々な遠方地域の糖尿人の入院も多いです。

ミントさんも高雄病院の 「糖質制限食、コントロール・教育入院」熱烈歓迎いたしますので、是非一度どーぞ。

全国の糖尿人の方々も、入院治療ご希望の場合は、
高雄病院 075-871-0245
まで、電話でご相談いただけば幸いです。

江部康二
テーマ:糖尿病
ジャンル:ヘルス・ダイエット
コメント
食育について。
ドクター江部康二さま。
高雄病院京都駅前診療所開設、予約の患者さんへの対応で大忙しの幕開け…よかったですね! おめでとうございます。
電子カルテも、ドクター江部ならば、ブログ効果できっとすんなり使いこなせるんじゃないかしら。
私は、ドクターより10歳以上(?)は若いと思うのですが、ブログ開設に四苦八苦しております。
私も、ドクターを見習って、ブログ効果で減酒への近道を狙っているのですが。

さて、食生活全般についての質問です。お時間があったら教えてください。

いま世間では、ちょっとした「食育」ブームですよね。
メディアでも頻繁に使われるようになった言葉ですが、
その使われ方にハテナ?と思うことがしばしばなんです。

本来「食育」という言葉は食養生の考えから生まれた言葉であるはず…。
その根幹には、日本の伝統的な食生活を見直そうという発想があったと思うんです。
季節感、土地のもの、なるべく安全な食品…。
大量生産、大量流通、大量消費への警鐘というか。
そういったことがキーワードだったように記憶しているのですが。

現在は、規則正しく朝昼晩三食きちんと食べて、
しかも、栄養バランスを考えて、好き嫌いをなくしてなんでも食べる。
それが食育の基本のように言われています。
西洋栄養学の、カロリー計算的な視点で語られているような気がするんです。
食の安全性については一切触れられない(企業との絡みがあるからでしょうか)
これはこれで一見間違ってはいないようでもあるが、なにか根本がズレている…。
息子の幼稚園にやってくる地元保健所の栄養士さんの話を聞いていると、
なんでこんなややこしい話になるのだろう? と思うことがしばしば。

とにかく、炭水化物でお腹をいっぱいにして、
副食は赤青黄色の野菜をたっぷりとって、
動物性たんぱく質は少なめに、脂質はできるかぎり抑える(肉は控え、揚げ物は厳禁)。
バターはダメでマーガリンにしましょう。
カロリー計算も忘れずに…。
という感じなんです…。とほほ。

ウチの6歳の息子は、「糖質制限食」的食生活をしていて、
どうも幼稚園で浮いているようなんです…。
食生活の常識は、ドクター江部の理論ですっかりくつがえされたと思うのですが、
打破していくには、まだまだ行政レベルでは、ハードルの高い課題です。

ちょっと脱線しましたが、
「食育」という言葉の定義をドクター江部ならばどのようにお考えでしょうか?
本来的な意味もきちんと知りたいと思う今日この頃でした。

シープシぺッタ
2007/10/02(Tue) 11:31 | URL | シープシぺッタ | 【編集
ありがとうございます。
糖尿病生活3年目となりました主婦松村です。風邪で発熱した際発覚いたしました。ha1c10.2でした。アマリールを服用し一ヶ月少しで5.8にまで改善しました。徹底的に脱炭水化物食とし、運動も一日1万歩以上必ず歩きました。
アマリールは結局8ヶ月飲みました。低血糖を感じることがあり医者と相談して無投薬となり、その後ha1c5.4~5.6位で経緯しています。実は私は昔栄養士の資格を持ってまして、糖尿病の病院食を作る手伝いの経験がありました。
40年以上前のことです。それ以来糖尿病についての知識は全く増えることなく、まず、糖制限食ということしか知りませんでした。現在病院ではご飯をとりなさいと指導していて、納得がいかず、何冊か本を読み、やはり炭水化物カットで行こうと決心しました。体重も順調に15キロ近く落ち、もともと血糖値以外は殆ど異常がなかったものですから、いまではまったく健康人だね、とお医者さんからも言われています。
最近少し体重が戻り気味なのと、この暑さで運動不足なので、江部先生のこのブログに出会い、またカツを入れ直しています。私が疑問に思っていた数々の事柄がこのブログでクリアになり、本当に嬉しく思います。ありがとうございます。
2007/10/02(Tue) 17:00 | URL | 松村nori | 【編集
江部先生、丁寧な回答ありがとうございました。
ストレスはある程度自分でも改善できるとしても糖新生はなかなか難しそうなのでとりあえず考えすぎないようにしたほうがよさそうです。
それもまたストレスになりそうですしね(笑)
かなりストイックな糖質制限をしているつもりなのですがなかなか100を切らないので結構へこんでいたのですが2.5%でも改善しているという方向でしばらくこのままがんばってみることにします。
あまり思いつめないように(?)しようと思います。
様子を見てもしうまくいかないようでしたらお願いすることもあるかもしれませんがそのときはよろしくお願いいたします m(_ _)m
京都に行きたいという本音もあるんですけどね(笑)
2007/10/03(Wed) 23:44 | URL | ミント | 【編集
お疲れ様です。
京都駅前の診療所ができて先生の診察がより受けられやすくなるのでありがたいです。遠方におりますが先生の診察を受けてみたいです。その時は宜しくお願いします。m(__)m

私の食後の血糖値パターンですがブドウ糖負荷の際のパターンと普通に食事を摂った時のパターンとはかなりことなります。ブドウ糖ですと1時間でピークを迎え2時間で落ち着きますがたとえばカレーライス(カーボ140g)ですと2時間で280、3時間でも280で5時間でやっと下がり始めます。で、今のところは空腹時が90から100くらいです。カーボ制限ですと2~3時間で血糖値が元の数値に落ち着くのですが。カーボを摂取した時の血糖値のパターンは2時間までだけでなくもっと後の時間も調べたほうがいいのではないかと思いました。食後の血糖値を測るなんてまだまだ測定法としてあまり知られていませんからね・・・いまだ血糖値といえば「空腹時」の数値を基準に考えている人達が多いです。今後は食後の(とりわけカーボの量による)血糖値のパターンを調べることが大事であることを認知していくようにしていかないといけないですね・・・。
2007/10/06(Sat) 12:11 | URL | 哲学者 | 【編集
楽しい入院生活
長崎から教育入院させていただき有難うございました。
プチ制限から段々と昼も夜も主食を抜いたものの、上手に血糖をコントロールできず、段々と追い詰められたようになりました。

入院して分かった事は一日の糖質を30gほどにする事
思いのほか野菜を食べてよい事(一日分で生の状態で計って500g)でした。

先生のとの質問の時間を設けてくださって疑問に思っていた事もすべてお聞きする事が出来たし栄養士さんと2度の懇談でお腹すいたとき用に「くるみ入り田作り薄味」のアイディアを頂きました。

採血や検査の合間をぬって、バスに飛び乗り沢山の寺院を見て歩き、同室の患者同士で「どうしたら楽しく美味しく」上手に糖質制限できるか話し合いをして大変勉強にもなりました

先生のスローガン「美味しく楽しく」そのとおり3度の食事は満足するものでしたし本当に居心地の良い入院生活をさせていただきました。

心からお礼申し上げますとともに入院を悩んでる皆様に
是非お勧めいたします。
 
2009/02/02(Mon) 23:29 | URL | アザミ | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック